ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

新鋭リーグ戦

弥生にのどかな配当3連発の住之江準優+笹川賞+若松植木カップ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 月曜日から13日の金曜日までオール平日の5日間開催ながら豪華メンバーが集まった住之江競艇の新機新艇シリーズのどか弥生競走は本日4日目準優勝戦の日を迎え、今シリーズ活躍の主力陣で3つの準優は1号艇トリオを中心に今回は本命ムードたっぷりの最終関門となっています。

 1号艇飯山泰を取り巻く1つ目の準優10Rは125/346の進入から04トップスタートの飯山やすしが5号艇金子良昭のつけまいをブロックして逃げ切り、これで住之江2度目の優出となる1着ゴール。
 後続は順走の2号艇服部幸男先生に6号艇松浦博人の差しが迫るも2M松浦を行かせて捌いた服部先生が2着で住之江8度目の優出。尚、2連単180円2連複100円戻しの超本命決着でしたが、拡連複1=2は120円ついてお得な配当になっております。

 1号艇の王者松井繁が大本命の11R準優勝戦。デビュー初優出狙う赤い彗星3号艇の哀・戦士井上大輔(岡山99期4410)が3カドに引いた枠なり2vs4の進入から12スタートの井上大輔がつけまいを敢行しますが、09トップスタートの2号艇・今年の新鋭チャンプ松下一也が先捲り。
 しかし松下一也の捲りは10スタートの王者に全く届かず、王者のイン逃げ圧勝劇を披露した貫禄の1着ゴールで住之江68回目の優出。
 Panasonic製大型映像装置ボートくんの前を2番手で通過した松下一也ですが2Mでもたついてしまい、1M差し3番手から艇を外へ持ち出していた4号艇竹上真司がここで松下一也を差しきり、2周1M松下一也の全速戦をこらえきって逆転2着になり、松松ワンツーを阻止した松竹ワンツーで住之江7度目の優出。パナソニック発祥の地大阪府にある住之江競艇での初優出はお預けになった新鋭チャンプ松下一也ですが、3着に入って3連単860円を提供。ちなみに今節は愛知100期4442松竹大輔も出場してます。

 予選を無傷の5連勝でクリアした1号艇田中信一郎を取り巻く12R準優勝戦は枠なり3vs3の進入から09トップスタートを決め、住之江51回目の優出となる1着ゴール。
 捲り差した三号艇三井所尊春が2着に入り、ミーショは笹川賞初出場と住之江初優出でWのおめでた。3着には1M外マイの4号艇笠原亮が入り、どちらも2番人気ながら2連単290円3連単590円の激安セール。特に3連単は本日の最低配当。


 タナシン初の完全Vが懸かった優勝戦は以下の枠順。

1:田中信一郎 2:松井繁 3:飯山泰 4:服部幸男 5:三井所尊春 6:竹上真司

 佐賀のミーショが動いてやっさんがカドになったら若干波乱の余地もありそうですが、枠なりならすんなりっぽいですね。

福岡SG笹川賞出場選手発表

 上位48人が当選になる笹川賞ファン投票、昨日出場選手が発表されたわけですが、ここでは中間発表(2月5日時点)との相違点を。尚、中間発表第8位で1万票以上あった横西奏恵と同37位の中村有裕がフライングの為選出除外です。

 まず、中間発表48位以上で本番49位以下だった選手は
中間発表23位中島孝平
同25位白井英治
同33位石田政吾
同34位笠原亮
同35位峰竜太
同36位辻栄蔵
同38位佐々木康幸
同39位市川哲也
同41位横澤剛治
同43位秋山直之
同44位濱村美鹿子
同46位西島義則
同47位山口剛

 以上の選手が最終得票では49位以下に。このうち、白井と辻と秋山は委員会推薦で出場が決定。濱村は予備1位です。

 逆に中間発表49位以下から最終発表で当選したのは
最終得票14位山崎哲司
同18位三井所尊春
同19位平石和男
同20位重野哲之
同21位金子良昭
同22位星野政彦
同30位川崎智幸
同32位芝田浩治
同35位深川真二
同37位藤丸光一
同40位白水勝也
同41位山本浩次
同43位須藤博倫
同44位長野壮志郎
同47位金子龍介

 これを見てどう思うかは人それぞれでありますが、とりあえず白水勝也初出場おめでとうございます。ただ、飯山やすし(中間58位)と山口つよしが落選したからかなりテンションダウン。
平和島54周年初日の白水2009SasakawaVote


若松G3新鋭リーグ戦競走第2戦植木通彦フェニックスカップ2日目

 若松競艇をホームに活躍したのはかつて艇王・不死鳥と呼ばれた植木通彦競走会理事。ほんでもって、SG総理大臣杯を控える多摩川競艇の開設記念はG1ウェイキーカップ、津競艇のタイトル戦はフェニックス賞
 そして、今回の新鋭リーグはその2つを合わせたかのような名前で、昨年2月の一般公募で昨年3月に決まったのが「植木通彦フェニックスカップ」。年度の関係で第2回は新鋭リーグ第17戦として今年もう1回行われます。

 植木カップというのを強調したいので、上の部分は最終日にも一部使い回すと思いますが、当blogの目標として今年は女子リーグより新鋭リーグにCatchUp!していこうという事で昨日書き忘れた植木カップの話題を今日書きます。女子王座の売上100億に対し新鋭王座の売上69億という今年度の状況ですが、それだからこそ今年は新鋭中心に追いかけていって来年遠征予定の浜名湖新鋭王座を盛り上げたいなと。ちなみに今年の新鋭リーグ日程は全20戦で、東京3場で無いのは非常に残念(平和島&多摩川はリーグ活性化の為にもリーグ戦復活すべき)ですが、その東京3場と児島・福岡を除く19場(若松2回)で開催されます。

 初日は選手紹介に加え、植木通彦&瓜生正義トークショーもありましたが、水上のメインはドリーム戦。ここは枠なり3vs3の進入から1号艇今井貴士(福岡)が4号艇稲田浩二の捲りを張りながら翼を広げる豪快なイン戦で1着。
 その今井、初日1走目の5Rは6号艇で枠なり3vs3の6コースから、3号艇岡祐臣が捲った展開を突いて捲り差し狙うも、内で1号艇土屋智則が振り込んだところに2号艇齊藤優共々突っ込んでしまい、その影響で5着(動画)。その分をドリーム戦で挽回した格好でした。

 今井の今日は4R3号艇1回乗り。波高8cm東追い風8mの荒れ水面で234/516の2コースから31と一番遅いスタートをやらかしてしまいましたが、他艇の旋回が荒水面で軒並み流れる中冷静な小回りを見せて1着。尚、30スタートで1M2艇に捲られるも2Mと2周1Mで1艇ずつ押っつけて2着になった2号艇長畑友輔(多摩川地区スター)はオール2着ながらも今節唯一のオール2連対。
 さて、師匠に大庭元明を持つ今井貴士は福岡支部というだけでなく、今年のV2が1月戸田東京スポーツ杯と前走地桐生サンケイスポーツ杯(しかも滝沢芳行と夢のワンツー!)で共に関東地区とあって今節特にCatchUp!な存在。明日は5R5号艇と10R2号艇の2回乗りです。
この記念品展示コーナーに植木カップも加わるでしょう

【みどりのヘルメット】2009年の新鋭は峰竜太にお任せ!【祝G1初V】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 全国地区選手権のトップを切って1月29日から開催された芦屋G1九州地区選手権競走。2月1日にはカッチカチやぞー!のザブングルが宮島競艇で公演を行い、九地区の方も同日に福山雅治のものまね芸人みっちーが来場したそうです。そして3月1日には泰葉が浜名湖競艇で公演を行う等、競艇場は100円で有名人ショーが見られる実にお得なスポットであります。

 さて、優勝戦は全員A1選手ながら、3日目11Rで通算1000勝を達成した2号艇瓜生正義(福岡76期3783)以外は全員記念初優出で、進入は123/465。
 スタートは3号艇石橋道友が13トップスタートでしたが、18スタートの1号艇・ガッチガチやぞー!の峰竜太がガッチガチにならずに石橋をビシバシを張り、差して2番手の5号艇伊藤宏(福岡76期3782)に2M内から迫られるもののなんとか振りきり、あとは緑のヘルメットを輝かせてトップ快走(動画)。
 競艇学校時代から大注目で、新鋭リーグ世代では群を抜いたスター性を持つ佐賀95期4320峰竜太23歳は昨年9月の当地G3新鋭リーグ戦以来となる芦屋連続の通算11回目にして92期以降の現新鋭リーグ世代一番乗りとなる記念初優勝。やはり2007年末の競艇CM記者会見アッコにおまかせ!コンビと共演した華々しいスターは水上でもスターですね。
 尚、ウリ坊は2周1Mで6号艇貞兼淳二が4号艇川添英正に押っつけた展開に巻き込まれ、川添に飛ばされ玉突き式に落水してしまいました。

 ちなみに、記念ウィナーを擁した新鋭王座は唐津で開催された2006年の第20回が最後。峰竜太はこの優勝でオーシャン出場も有力になり、F休みにならない限り来年の浜名湖新鋭王座も当確。4年ぶりに記念ウィナーが新鋭王座出場濃厚というのは嬉しいですね。2009年の新鋭リーグは峰竜太におまかせ!

尼崎G3新鋭リーグ戦プリンスロード優勝戦

 同一年度の周年(桐生・戸田・江戸川・蒲郡)にも及ばない記録的大惨敗だったびわこG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦から僅か4日後の1月29日から始まった2009新鋭リーグ第1戦。ここまで5日間の売上は12億4506万3800円で、最高値だった2月1日の2億7524万6900円を始め節間5日間全て1日2億円超えと、びわこショックのプリズンロードから多少回復傾向に見える新鋭リーグ。峰竜太の九地区Vで4年ぶりに記念ウィナーが今後の新鋭リーグに参戦するのも明るい材料ですね。

 外枠3人が全員準優2号艇だった優勝戦は08トップスタートぶちこんだ4号艇稲田浩二がイナダッシュカド捲りを敢行し、抵抗した1号艇毒島誠を撃破。
 しかしブス島に抵抗されたイナダは先頭に立てず、ブス島と2号艇小坂尚哉の間を捲り差した5号艇進藤侑、それに小坂と3号艇ファン謝恩岩田優一の間を割った6号艇吉川喜継がイナダを捕らえ、内の利で2Mを先行したびわこのヘラクレス吉川がたすくの差しとイナダの全速戦を振りきり、通算4回目にして尼崎初優勝。自身の成績も売上も残念な結果に終わった新鋭王座ですが、気持ちのリセットに成功です。
 後続は2周1Mイナダの全速戦をこらえきるタスクをこなしたたすくが単独2番手になるも、3周2Mでイナダの差しが入り両者ほぼ同体でゴール。ですがイナダ逆転ならず、0.1秒差たすくが粘りきりました。


 ここで3月1日に行われる予定の「G1第22回JAL女子王座決定戦前夜祭Venus Night」を紹介。

1.日時 3月1日(日)18時30分〜(2時間程度)
2.場所 大阪市内のホテル(レース名からして恐らくホテル日航大阪
3.募集人数 ペア50組100名様
4.主な内容
G1第22回JAL女子王座決定戦出場選手へのインタビュー、
素敵な賞品が当たる抽選会、チャリティーオークション等
※参加選手は初日ドリーム戦出場6選手を予定。メンバーは1号艇淺田千亜希・2号艇横西奏恵・3号艇田口節子・4号艇濱村美鹿子・5号艇谷川里江・6号艇日高逸子
5.応募方法
郵便はがきに、[1]郵便番号[2]住所[3]氏名[4]年齢[5]性別[6]職業[7]電話番号[8]同伴者氏名[9]同伴者年齢[10]同伴者性別を明記のうえ、下記宛先までご応募ください。
<宛先>
〒530-0004 大阪市北区堂島浜1-4-16
「女子王座決定戦 ヴィーナスナイト」係
※2月16日(月)必着

6.発表 当選者には招待状を発送いたします。

※参加者1名様につき参加費2000円(ペアで4000円)を徴収させていただきます。
※会場までの交通費、宿泊費等は当選者のご負担となります。


大村ケイズカップ優勝戦

 樋口保宏元選手の展示解説とレース予想でお馴染み大村競艇の今節は3個準優制4日間シリーズ、ケイズカップ。レース名のケイズは長崎に拠点を置くパチンコ&パチスロ店ケイズグループで、K'z PLAZA大村店等の長崎県内に留まらず秋葉原万世橋そばのパーラービッグアップルを始め東京にも進出してます。

 優勝戦は確変連荘モード突入で6戦全勝の1号艇森秋光に完全優勝、6戦オール2着の4号艇真庭明志に完全準優勝の期待がかかりましたが、1236/45の進入から真庭は捲り差し狙うも6号艇福島勇樹王子に張られて不発の6着。
 一方、逃げ込み図る森はターンマークを外した所を2号艇樋口亮(今節選手代表)に差されてしまい、2M大村咲きマイで振りきった樋口Jr.は通算17回目の優勝を父親参観レースで飾り、パチンコ玉を模したトロフィーも獲得。ちなみに大村では2006年正月スポニチ金杯争奪新春特選レース以来約3年ぶりのV。
 森はあと一歩というところで完全Vを逃し2着に終わりましたが、今日は川口市営第9回第2節優勝戦でも森且行がまさかの落車と、公営競技の森メンバー受難の1日。

びわこ日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 フォトギャラリー公開中の新鋭王座から5日後の1月30日から始まったポイント制男女混合6日間シリーズ。
 SGウィナー2人(2号艇江口晃生と6号艇太田和美)も優出した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇鳥飼眞が13トップスタートから先行体勢も、鳥飼とシエロの間を鋭く割った3号艇川村正輝が見事な捲り差しを決め、通算8回目にしてびわこ初優勝

 ちなみにびわこ競艇のマスコットはビナちゃんですが、みどり豊かなビナウォークは琵琶湖と全く関係ない海老名にあります。そしてびわこのゆうは明日丸亀市議会議長杯優勝戦で3ヶ月の故障から復帰即優出4号艇の中村有裕ですが、2月15日のビナウォークにはtvkの顔中村優がsakusakuっと来場します。ほんでもってビナウォークのマスコットはエビナちゃんではなくビナセブン
ビナちゃん入口

アマノスキーな丸亀艇友ニュースアダムスキーC+若松SOYJOYカップ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 まるがめ競艇のインターネット予想を提供している艇友ニュースのマスコットキャラクターはCoCo壱番屋を愛するアダムスキー坊や。そして艇友ニュース本社のある丸亀で3日から始まった5日間シリーズは艇友ニュースアダムスキーカップ
 プロの選手が意地をぶつけ合う優勝戦は艇界に3人しかいない天野選手のうち2人が優出を決め、3787天野誠53.8kgが3号艇で3621天野晶夫53.8kgが4号艇と、さながら艇友ニュースアマノスキーカップに。ちなみに残る3905天野友和は今節に出ておらず、10日から競艇王チャレンジカップ前哨戦!遠鉄アタックに登場します。
 ですが、枠なり5vs1となったレース本番で天野選手はお呼びがかからず、19と一番遅いスタートだった4号艇天野晶夫は15スタートの5号艇中里昌志に絞られ6着。次に、14トップスタートの3号艇天野誠は中里に抵抗して先捲りも鬼神Ogreと化した1号艇大賀広幸にあっさり張られて5着と天野選手が下位を独占してしまいました。
 ちなみに逃げ切った大賀は3月若松西部競艇記者クラブ杯争奪戦以来となる通算57回目の優勝。2着は捲り差しの中里でした。

若松G3企業杯新鋭リーグ戦大塚製薬SOYJOYカップ初日

 シリーズ4日目と5日目の土日には感動をありがとう植木通彦ファイナルが行われ、4日目の10日は艇に乗ってのラストラン、5日目の11日は100人握手会が行われることから若松競艇場にかなりの人が集まりそうな今シリーズはSOYJOYのタイトル戦。3Rはイン09スタートの1号艇篠崎元志(福岡96期)が直外2号艇村上彰一(福岡96期)の+01スリットオーバーに惑わされずに逃げ切り1着となりましたが、2Mで村上絡みのアクシデントが。
 村上はFコールを受けて艇を外へ持ち出そうとしますが、そこには1M大外捲りからBS外目を航走していた6号艇田中和也(若松初参戦)が。そして村上の艇尾と田中の舳先が接触して両者転覆です(動画)。

 内枠2艇を剛の者が固めたドリーム戦は枠なり3vs3の進入から1号艇山口剛が格上の貫禄漂わせる堂々たる逃げで1着
 後続はカドから差した4号艇長野壮志郎が2番手で、順走の2号艇川上剛と2番差しの6号艇篠崎元志が3番手を争う形となるも、2Mで両者はっきり明暗が。内をくるりと運んだ篠崎兄は長野の内に潜り込んで2番手争いに持ち込んだのに対し、川上剛は1M捲り差しから2M切り返してきた5号艇峰竜太に前をカットされて大きく後退。
 ということで長野と篠崎の2番手争いになりましたが、2周1M年長の貫禄で重量感溢れるつけまいを決めた長野壮志郎56.3kgが篠崎を捲りきって単独2番手を奪い返し、山口との県名ワンツーを完成させています。

下関美祢組合開催40周年競走優勝戦

 14/2/356の進入から2号艇市橋卓士が捲り差しを決めて、10月の丸亀さわやかオータムカップ以来となる通算8度目の優勝
 大混戦の2着争いは、2M手前で切り返した1号艇吉永泰弘が巧みに内を突く好旋回で5号艇横田茂の進路を峰打ちして2番手浮上も、2周1M手前で切り返した横田が巧みな小回りで吉永を逆転。2周2M内から優位に旋回して2着争いに競り勝ちました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ