ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

新鋭戦

松本勝也1000勝達成記念開催の浜名湖+新鋭戦準優のびわこ

 初日の18日土曜日には福永達夫新選手会長来場、2日目の19日日曜日には上げ潮コンビナイツによる漫才があって盛況だったらしい浜名湖競艇のW準優制5日間シリーズ日本モーターボート選手会会長杯

 そんな今節の主役は2日目5Rで2号艇1コースから爽快な逃げを決め通算1000勝を飾ったSG常連レーサー松本勝也
 「センプル軍団の中で誰よりも早くモンキーターンを取り入れて、現在の兵庫躍進の礎を築いた裏六甲のスピードかっちゃん松本勝也。お尻を高く跳ね上げて旋回半径極小のモンローモンキーはまさにターンの芸術品。そんな華麗なるコーナリングを駆使してデビューから丸18年。史上795人目の1000勝へと向かいます。(動画」と工藤浩伸アナに言わしめた兵庫支部文明開化の礎を築いた男が、1000勝レースと同じ2号艇で乗艇した優勝戦
 予選1位だったマツカツはW準優の着順点で2号艇になりましたが、波高4cm北西追い風6mで安定板使用の水面で123/465隊形の2コースから11スタートを決め、19スタートの1号艇勝野竜司(兵庫)をたっぷりマイシロを取った状態から余裕綽々に差しきり、1000勝達成記念シリーズを今年2回目・通算28回目の優勝で締めくくりました。
 差された勝野は2番差しの4号艇金子良昭(静岡)を2M外全速戦で振り切り2着を取り切って兵庫ワンツー完成。

 尚、3号艇沖島広和との3番手争いを2周2Mの差しで競り勝った金子良昭ですが、新年度から自らが出場する浜名湖開催の指定日に抽選でファミリー1組をスワッキールームに招待する「KANEKOボックス」を始めました。KANEKOボックスの企画意図と本人コメントは「競艇徒然ぶろぐ〜KANEKOボックスへ皆さんをご招待!」に掲載されております。

びわこ新鋭リーグ第4戦関西スポーツ新聞5社杯争奪G3新鋭戦

 今年で44回目を数える伝統の新鋭戦はベスト18メンバーが出揃った準優3個カードがメインの5日目。
 準優1つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から05トップスタートの2号艇安達裕樹が19スタートの1号艇平本真之を捲りきって1着。捲られた平本は粘りきって2着。
 尚、3着争いを演じていた5号艇岡祐臣が2周1Mで捲り差しに構えた際、内から来た3号艇岡村仁と接触して転覆。岡祐臣は負傷帰郷となってしまいました。

 準優2つ目の11Rは枠なり3vs3の進入から渾身の02トップスタート踏み込んだ4号艇・びわこ地区スターの是澤孝宏(京都98期4388)が一気にカド捲りを決め1着。捲られた17スタートの1号艇篠崎元志は粘りきって2番手を航走し、1M差しハンドルから2M篠崎に押っつけてきた3号艇古賀繁輝を行かせて捌き優出確保。

 準優3つ目の12Rは枠なり3vs3の進入から1号艇峰竜太(佐賀県)が逃げ切り1着
 10トップスタートから捲りに行った3号艇毒島誠は振り込んでしまい、2番手争いは2号艇今井貴士と4号艇吉川喜継(今節選手代表)と6号艇西山貴浩の3艇による差し合戦に加え、ブス島と今井の間を捲り際した5号艇山口高志(佐賀県)も2番手争い。
 その中から2M翼を広げて外全速の今井貴士と豪腕差しを入れた山口高志のWたかしが2着争いを優位に進め、2周1M内から艇を伸ばして来た吉川を包みつつ今井を牽制した剛球ターンの山口高志がここで一歩抜けだし、2周2M再び艇を伸ばして来た吉川を行かせて捌き佐賀県ワンツー。


 優勝戦にCatchUp!

1:峰竜太 2:安達裕樹 3:是澤孝宏 4:篠崎元志 5:平本真之 6:山口高志

 ここを最後に斡旋が無い峰竜太が休養前最後の一戦をVで飾るのか、それとも地区スターの是澤が元99期訓練生で今節GOLDEN BOYSリポーターの濱野智紗都(京都)が見てる前で初V飾るのか?はたまた篠崎がカド捲り決めるのか?
 インが弱いびわこなだけにエース機&今節イン戦4戦全勝&唯一のG1ウィナー&休養前最後の一戦で気合いが入る峰竜太といえども絶対視はできないかと。

伊藤○二コンビも優出した三国さつき第2戦は2艇Fの波乱

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 三国プールのさつき第2戦は瞬間沸騰の短期決戦最終日を迎えまして、全て答えは水の上。努力の跡全てが詰まった2分間。フィナーレ優勝戦の開始です。
 2月のきさらぎ第1戦に続いて3号艇で優出した西島義則が2月と同じくイン進入を敢行して2月と同じく優勝を狙う一戦はインコースから3/12/456の順です。1秒前、スタートいたしました。ペリカンさんと1号艇新美恵一が思い切り飛び出して行きまして、イン超速攻のペリカンさんが2月と同じく先頭に立ちましたがスタート審議の結果+05のフライング。差し不発で4番手の恵一くんも+03のフライングに消え、捲り差しの2号艇伊藤誠二と差す4号艇田中豪で先頭争い。Fのペリカンさんが最初に回った2Mは内の田中に対し外の伊藤誠二が全速戦で挑みHSではややリード。伊藤誠二は2周1M外から締めて先行しますが、ここで芦原温泉方面に膨れてしまい、冷静に小回りした田中豪が逆転(動画)。初日おはよう特賞1号艇で2着と初っぱなにつまずきながら6号艇の三国選抜では一転トップでゴールインと今節は一癖ある成績だった田中豪は通算33回目となる優勝のゴールイン。ちなみに前回優勝は昨年12月福岡JLC開局15周年レースですが、この時は1号艇井上恵一がフライングしての恵まれ優勝。今回同様に1号艇の恵一選手がFに消えた一戦でした。
 尚、2着には伊藤誠二、3着には5番手から繰り上がった5号艇伊藤雄二が入っており、伊藤○二コンビでヒモトリを固めております。

 ここで三国競艇HPにあったおすすめ記事を紹介。ファンが選ぶ福井支部選手スペシャルインタビューVol.2加藤奈月編が公開され、とっても健康的な98期4400加藤奈月2カド体験談とかMizrockが一押しミュージックだったりとか気になるファッションはBLUE MOON BLUEとかの話をしていますが、特にファンからの質問コーナーでは音声付き動画で回答しておりまして、好きな寿司ネタは炙りサーモンとか、チャームポイントは髪型とかを明るく元気に答えています。

鳴門四国キヤンテイーン杯競走優勝戦

 四国コカ・コーラボトリングのベンダーである四国キヤンテイーンの4日間タイトル戦は枠なり3vs3から6号艇清水敦揮が17トップスタート放って絞りに行くも、4号艇向後龍一と3号艇大場敏が抵抗して清水は捲り差しに。そして大場が向後を張っての先捲りを打つも、これを寄せ付けなかった1号艇占部彰二(福岡)が通算49回目の優勝
 後続はデビュー初優出の5号艇下河誉史(福岡89期4151)が差し、順走の2号艇伊達正利と艇を併せ牽制する間に大場と清水が共に切り返して2艇の内に。そして2M一番内側になった清水が先行態勢を取りますが、ここで下河誉史が果敢な全速戦で一気に清水を捲りきって突き放し2着。ここで清水は引き波にのまれ、伊達の差しは大場が壁になり、BS最後方ながら巧みに内潜り込んだ向後が大場との3番手争いに持ち込み2周1Mを内から先行。ここで差した大場が2周2Mを先行するも、差し返した向後が3周1M大場を牽制しながら先行して競り勝ちました。
 果敢な2M攻めで2着に入った下河誉史は弟に98期4395下河雅史がいる兄弟レーサー。そんな下河誉史に興味を持ったファンはblogよしもとの競艇人間を読むのがおすすめです。

びわこG3新鋭リーグ戦関西スポーツ新聞5社杯争奪新鋭戦優勝戦

 来年びわこで開催される第23回G1新鋭王座決定戦よりも歴史が長い今節新鋭戦は今年で43回目。そんな伝統の一戦は枠なり3vs3から1号艇吉川喜継(滋賀)が09トップスタートを決め、北東追い風5mに乗って1Mを先行。吉川は4号艇吉田拡郎に差されそうになりますが、艇を伸ばしきって先に回った吉川が今年2回目の通算2回目にして地元初優勝
 2Mでよしだかくろうは波高7cmのうねりにのまれてしまい、1Mつけまいから4番手の2号艇川島圭司(滋賀93期4254)には捲られ、二番差しから3番手を航走してた6号艇長尾章平(山口93期4264)には差されで2艇に挟まれてしまって拡連複圏外にまで後退。そして2番手に上がった長尾が川島の追撃を振りきり2着。

 びわこ競艇の今月発売レースはこれで終了。びわこでは31日からG1高松宮記念杯競輪が開催されますので、もちろん平和島SG笹川賞の場外発売はありません。

芦屋G3企業杯アサヒビールカップ優勝戦

 アサヒビールの企業杯は準優3つが全て1-2決着(一覧)で2連単平均配当210円という状態でしたが、優勝戦はビール色の5号艇白水勝也スタート展示でインに入りレース前から波乱ムード。そして本番は1号艇荒井輝年が枠を主張しますが展示インの白水も2コースまで入り内2艇が深い15/23/46の並び。この隊形から白水が21と凹んで荒井は壁無しになり、助走距離を充分に付けた3コースから07トップスタートを放った2号艇中島孝平の旬果搾り捲りが荒井を直撃。捲られた荒井は艇が浮いてしまい3号艇瓜生正義と4号艇須藤博倫を道連れにして圏外に去り、中島は芦屋2回目・通算20回目の優勝。ちなみに前回優勝は昨年10月浜名湖G3企業杯河合楽器スポーツ杯と、前回も企業杯でした。
 凹んで波乱を誘発した白水はしっかり小回りで2番手に付け、差し伸びてきた6号艇平尾崇典を2M行かせて捌き2着。焼酎白水(はくすい)はキリンビールの製品ですが、白水(しろうず)はアサヒビールカップで2着に入り2連単7280円3連単44760円の高配当を提供。



戸田スポーツ報知スプリングカップ優勝戦

 5号艇木村光宏スタート展示の枠なりから本番コースをCHANGEして152/346の進入に。
 そして内2艇がややスタート遅れて2号艇齊藤寛人が先捲りを打ち、兄弟同日優勝を狙う3号艇吉川昭男(弟:吉川喜継)の二段捲りを振りきった齊藤寛人が通算18回目にして戸田初優勝
 後続は吉川が4号艇吉田俊彦の三段捲りを振りきり2番手も、1M差しからBS伸びた6号艇小川晃司が内の利で2Mを先行。しかし小川のターンは漕艇場のせせらぎに流れ、HSは吉川2番手で吉田3番手。ですが2周1M内に潜り込んだ1号艇大平誉史明を包んだ吉川は流れ、鋭い差しハンドルを入れた吉田が逆転。吉田は2周2M突っ込んできた小川を包んでかわし2着を取り切りました。その2周2Mで吉川、晃司を行かせて差しきり3着。

大村日本MB選手会会長杯優勝戦

 マイルクラブ大村24告知VTRがとっても競艇あみーごな大村競艇の6日間シリーズは枠なり3vs3から1号艇伊藤宏が2号艇吉田弘文とカドから攻める4号艇山田豊(京都在住滋賀支部)をブロックしての逃げで圧勝を飾り、通算16回目の優勝。伊藤が吉田と山田をブロックした展開を突いて捲り差しを決めた5号艇沖口幸栄(京都在住大阪支部)が2着。

住之江新緑きらめき競走優勝戦

 5号艇向達哉(大阪)が動いて125/346の進入から3号艇白石健(大阪在住兵庫支部)が14トップスタートからカド捲り一撃。しかし6号艇金子勝利が向を叩いての差しでしらけんを捕らえ、埼玉65期3426の金子がデビュー初優勝目指して2Mをトップで旋回。ですが金子は勝利のカーブを描けず、行かせて差したしらけんが先月のG3企業杯アサヒビールカップから住之江連続Vで住之江V5、自己通算では36回目の優勝
 惜しくもデビュー初Vならなかった金子は2周1Mで1号艇深川真二に内に入られ並ばれててしまいますが、2周2M外全速で深川に挑んだ金子は3周1Mで深川を差しきり2着争いに勝利してここは三六競艇。

浜名湖ボートピア岩間4周年記念茨城放送ゴールデンレース4日目

 予選4日間が終わって茨城県民は内山文典11R準優勝戦3号艇、福島勇樹王子が11R4号艇、飯島昌弘10R準優勝戦4号艇で3人が予選通過。
 次に準優の1号艇は12R準優勝戦が予選1位の坪井康晴、残る2つは10Rが中村有裕で11Rが守田俊介と、浜名と琵琶の湖勢力が占める結果に。ちなみに浜名湖からは今節選手代表の大役を務める重野哲之29歳も12R4号艇に乗艇。

 で、予選をトップで駆け抜けたつボイの2走はどうだったかというと6号艇の6Rが132/645の4カドから絞りに行くも2号艇菅沼佳昭と3号艇足立保孝が先捲りで抵抗。つボイは捲り差しに切り替えるも、菅沼のに抵抗していた足立がターンマークにぶつかり転覆(動画)。つボイは事故を避けるターンになって外へ流れ、つボイに続いていた4号艇長野壮志郎と5号艇島田一生に差されてしまい、39ドカ凹みスタートから小回りの1号艇北岡淳にも内から伸びられてしまいますが、北岡が2着を狙いに行った分北岡を差す事が出来て3着と、事故レースとはいえ今節初めて2連対を外してしまいました。
 1号艇で登場した後半12Rは枠なり3vs3から2号艇飯山晃三のつけまいを張りに行った分4号艇北中元樹の捲り差しを許してしまいますが、今節最もノリノリ男なつボイは2Mで北中を元気に差しきり逆転1着と前半で狂いかけたリズムの修正に成功。

 明日は笹川賞初日と茨城ゴールデンレース準優勝戦と若松かっぱ杯争奪戦優勝戦をお送りする予定です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ