ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

日刊ゲンダイ

【江戸川】今日は関東2場の日刊ゲンダイ杯が初日と最終日【戸田】

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日から江戸川のポイント制5日間シリーズ日刊ゲンダイ杯が開幕。
 ちなみに江戸川HPでは被災地支援に関する場内チャリティー活動の結果報告が公開されており、6月15日に行われたチャリティー販売イベントの様子が紹介されてます。

 「昨日は九州北部と関東甲信越、そして北陸地方で梅雨明けしたとみられると発表されまして、いよいよ夏本番を迎えます。ここ江戸川ボートは今日から5日間のミドルシリーズ。第11回日刊ゲンダイ杯。本日は初日を迎えてます。競走水面上はシリーズの開幕戦、第1R一般戦のメンバーが登場です。そして今日から5日間実況は私森泉宏一が担当します。(動画

 ということで森泉宏一アナの自己紹介で始まった江戸川日刊ゲンダイ杯。
 ボートにおいて当日の実況アナの公開は全国発売競走無料中継を除くと大村が出走表で公開してるくらいで、個人的にレースを見て実況は誰なんだろうと気になる時もあるので、森泉アナの自己紹介を支持します。

 その1Rは6号艇野間大樹が捲って先頭に立ち、講談社グループ日刊ゲンダイのタイトル戦は創業者一族と同じ苗字の野間が先頭に立ちましたが、野間は2M出口でキャビって失速。
 この展開を突いて2号艇中村智也が4号艇古田祐貴を行かせての差しを決め、1M差して2番手だった智也が抜きで日刊ゲンダイ杯開幕戦を飾りました。

 5Rひろ君ママにとても感謝は冠協賛レース。
 「レースオーナーのおおたあつし様よりメッセージが届いています。「ひろ君とパパがBOATRACE江戸川で観戦が楽しめるのはママのおかげ、ありがとう。」とメッセージを頂きました。さあ、パパはその感謝の気持ちを今日は是非とも結果であらわしたいところ。そしてひろ君はパパにおもちゃを買ってもらえるようにしっかり応援しましょう。(動画
 その第5Rは1号艇中西長松が01タッチスタートの速攻で1着になり、ブログ競艇と野球休止後初のレースで結果を出しました。

 南風と下げ潮のハーモニーが強烈なうねりを呼んだ10R(南追い風8m波高10cm)は1周BSの入口で外目にいた6号艇前沢丈史がバック向かい風に煽られて転覆。
 ちなみに1着は捲りきった3号艇鈴木茂高でしたが、2周BS事故艇付近を2番手で航走した1号艇谷勝幸のターンが2周2Mで掛からず流れてしまい、その現場を差しきった2号艇玄馬徹が逆転2着に。

 そんな10Rが終わったところでレースは2周戦に変更され、11R(南追い風9m波高15cm)はスタート直後に5号艇丹下将が水面に前のめりに引っかかってあわや失格になりかけますが、踏ん張って航走続行。
 直後、37スタートの1号艇佐竹友樹が1M先行しようとするも全くターンかからず大きく流れてしまいますが、こちらも道中スピードは全くのらなかったもののなんとか完走。
 そんな11Rは6号艇浮田圭浩が丹下を叩いての差しで1着になりました。
 ちなみに江戸川区の船堀と西葛西の間にある地名は宇喜田町です。

 江戸川選抜(南追い風8m波高15cm)は優勝者当てクイズに投票した5号艇横澤剛治が53スタートとスタート遅れる誤算で、小回り差しで立て直すも2号艇角谷健吾との3番手争いに競り勝っての3着まで。
 1着はイン戦押し切った1号艇渡邉英児、2着は捲った4号艇丸尾義孝でした。

戸田日刊ゲンダイ杯最終日

 外枠3人を埼玉支部が占めたファイナルを前に、オープニングは内枠3人が埼玉支部で外枠3人が東京支部新鋭の1R特別企画・埼玉vs東京支部バトル
 レースは123/465の進入から2号艇武田正紀が差しを決め得て1着。
 捲った3号艇小巻良至が2着、2Mで東京支部2人を行かせて捌いた1号艇堂原洋史埼玉支部長が3着で、特別企画は埼玉支部が上位独占。

 個人的に注目してた愛知80期3895堀本裕也と福岡95期4301関裕也のShake it up Baby Twist and Shout Battleは2回戦で、1回目の4Rが4号艇堀本が3着で6号艇関が4着。
 2回目の10R選抜戦は1号艇関裕也、3号艇堀本裕也の番組。
 レースは134/562の進入から関が17トップスタートを決めますが堀本が差しきって1着になり、裕也ワンツーは堀本が先着して、過去に2007年2月三河湾グランプリ初日12R(堀本が先着)で1回だけ実現した裕也対決は先輩の堀本が3戦全勝です。

 そして迎えた優勝戦
 「早くも梅雨明けとなりましていよいよ夏本番。爽快な水しぶきが似合う季節が到来です。焼け付く日差し降り注ぐ競走水面上は第6回日刊ゲンダイ杯優勝戦を迎えています。(動画
 レースは埼玉トリオがダッシュ戦になった枠なり3vs3の進入から5号艇関口智久が渾身の03トップスタートを決めて捲りきり、神業関口は今年2回目・戸田4回目・通算12回目の優勝
 後続は差しで立て直した4号艇山本良一が2番手を航走し、外に持ち出しての外マイで立て直した3号艇前野竜一が2M内に切り返して先行するも良一が立て直し、竜一を振り切った良一がりょういちバトルに競り勝ち、田島美生アナ優勝戦実況デビューの晴れ舞台に埼玉ワンツー完成。

 ということで個人的に待ちに待った田島アナの優勝戦デビュー、早く実現して欲しいと思ってましたが実現してとっても嬉しいです。
正月の江戸川鏡開きで司会を務めた田島さん


住之江日刊スポーツ盾争奪しぶき杯競走優勝戦

 5月に日刊ゲンダイ杯を開催した住之江の日刊スポーツ盾争奪しぶき杯競走。

 5号艇鈴木幸夫がインを取った5/12/346の進入になりますが、2コースになった1号艇魚谷智之がスズキを難なく差しきり、住之江3回目・通算61回目の優勝は3日目10R5号艇2着以外オール1着の準完全V。
 差し切られたスズキですが3号艇辻栄蔵の捲り差しをシャットアウトして2着に踏ん張り、奇数艇トリオのワンツースリーは153の順でした。


 ここでお知らせ。
 住之江では今月27日の大阪スポーツ賞アクアクイーンカップ最終日からBS11で無料全国中継「BSイレブン住之江ボートレース中継」が始まります。
 住之江HPによると第1回の出演者はHPの紹介順に以下の通りです。

梅田淳(元関西テレビアナウンサー)
夏川純
島あたる
友松純


 島ちゃんとトリプルじゅんがお送りします。

平和島報知杯優勝戦

 6月1日に日刊ゲンダイ杯B1グランプリを開催した平和島の報知杯。

 福田裕美アナが実況した優勝戦は21/3/456の進入から2号艇西田靖が02スタートを踏み込んでの1M先制で押し切り、平和島8回目・通算63回目の優勝
 ちなみに平和島8回目というのがわかるのは福田アナが実況で言ってくれたおかげです。
 個人的に優勝戦で通算優勝回数と当地優勝回数を言ってくれるアナウンサーは高評価なのです。

 差し順走で2番手の1号艇三角哲男が+01のフライングに散るアクシデントがあり、つけ回って3番手の3号艇柳沢一が2着に。

【江戸川】明日は関東2場の日刊ゲンダイ杯が初日と最終日【戸田】

ブログネタ
競艇 に参加中!
 明日から江戸川のポイント制5日間シリーズ日刊ゲンダイ杯が開幕。

 初日メイン江戸川選抜戦選出の特命を受けた、ただの人では終わらない6精鋭です。

1:渡邉英児 2:角谷健吾 3:吉田徳夫 4:丸尾義孝 5:横澤剛治 6:石塚久也

 この中では海苔オが久々の江戸川で、2007年10月ナイタイスポーツ杯優出4号艇以来の江戸川出場です。

 また、講談社グループ日刊ゲンダイのタイトル戦である今節は講談社創業者一族と同じ苗字の大阪102期4508野間大樹も出場します。
 野間大樹は1R6号艇と8R5号艇。
 また、10Rでは5号艇小澤和也(追加斡旋)と1号艇谷勝幸の対戦も組まれてます。

 尚、5Rは冠協賛競走「ひろ君ママにとても感謝」です。

【明日は戸田日刊ゲンダイ杯最終日

 ポイント制5日間シリーズを勝ち抜いた、やる気まんまんそれいけ大将6人衆がお手合わせする特命ファイナル優勝戦は以下の通り。

1:柏野幸二 2:福来剛 3:前野竜一 4:山本良一 5:関口智久 6:谷津幸宏

 外枠3人を埼玉支部が占めました。

 埼玉支部3人といえば1Rは「特別企画・埼玉vs東京支部バトル」で、こちらは内枠3人が埼玉支部で外枠3人が東京支部です。

 また、愛知80期3895堀本裕也と福岡95期4301関裕也のShake it up Baby Twist and Shout Battleが4R10R選抜戦で実現。
 過去の裕也対決は2007年2月三河湾グランプリ初日12R(堀本が先着)の1回だけで、M-1グランプリ以来の直接対決が戸田で実現します。

 尚、当日は戸田場外ボートピア岡部で、5月までボートピア習志野競艇大學マイスターとして活躍した埼玉支部羽尾勉元選手が後半レースの予想を行います。

桐生JLC杯オール女子戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇中谷朋子がスタート凹み、絶好の展開をしっかり生かした3号艇三浦永理が捲り差しを決めて1号艇岩崎芳美を差しきり、、三浦永理は今年3回目・桐生2回目・通算11回目の優勝

江戸川日刊ゲンダイ杯は早くも予選最終日の3日目

ブログネタ
競艇 に参加中!
 BOATRACE江戸川今シリーズは「佐々木梨絵のトレーダー宣言!」などの連載記事を読める夕刊タブロイド紙日刊ゲンダイのタイトル戦、日刊ゲンダイ杯

 ちなみに上記通り今節レース名と縁が深い佐々木梨絵はブログによるとプライベートで江戸川に来場してたようですが、佐々木梨絵は多摩川G1関東地区選手権4日目の12日日曜日4R&6R発売中に鎌倉涼とのトークショーで多摩川に来場します。

 さて、明日の優勝戦進出を懸けてエキサイティングな攻防が相次ぎました予選最終日は1着勝負の12R5号艇で見事捲り差しを決め1着ゴールと友達(動画)になれた川上聡介が最後に勝負駆けを決め、優勝戦最後の1席に滑り込みました。
 ちなみに川上聡介が2着だった場合は着位差で藤井定美が優出でした。

 次に、今節のA1は中野次郎小野信樹の小野次郎コンビですが、今日は江戸川初V目指す地元中野次郎が第4R2号艇、2003年7月さわやか杯コカ・コーラカップ以来の江戸川V目指す小野信樹が第8R5号艇でどちらも1回乗り。
 そしてどちらもA1の格を見せつけ、全速20スタートの中野次郎は16アジャストトップスタートの1号艇中島浩喜をあっさり捲って1着、13トップスタートの小野信樹は内4艇をあっさり捲って1着と、どちらも1回乗り1着で優出成功です。
 尚、第4Rで5番手だった6号艇長野道臣が3周1Mで先行艇の5号艇増田進がキャビったところに追突して転覆しました。

 昨日まで3戦全勝の佐竹恒彦第6R6号艇と11R3号艇の2回乗り。
 前半第6Rは差し届かず連勝が止まりましたが、2M艇を伸ばしての2番手ターンは1M外マイの3号艇山崎紳弘に差されて3番手になったものの2周1Mで山崎を差して2周2Mを先行して逆転2着。
 完全Vは消えたものの2着で6号艇を乗り切った佐竹恒彦の後半11Rは2号艇中島浩喜の捲りを捲り差しで捕らえての1着で優出ポールポジション獲得です。

 尚、第10Rは3号艇片山友多加が1着でしたが、1号艇の中井俊祐は2号艇小林一樹と片山友多加に叩かれ、4号艇草場康幸には弾かれ失速して6着に敗れた後負傷帰郷。
 中井俊祐は前半第4Rも2周1Mで失速して6着でしたが、どちらかのレースで失速した際に痛めたのでしょうか。
 ちなみに1着の片山友多加はマラソンマン重野哲之の師匠ですが、重野は併用発売の浜名湖G1東海地区選手権で明日優勝戦1号艇です。

 また、第9Rでは1M捲った4号艇吉村誠が2M外握って振り込み選手責任転覆を喫しましたが、同レース3号艇で4着の松本浩一がレース後本人辞退で帰郷いたしました。


 やる気まんまんの6精鋭が勝ち上がった優勝戦の枠番です。

1:佐竹恒彦 2:伯母芳恒 3:小野信樹 4:中野次郎 5:川上聡介 6:草場康幸

 果たして佐竹恒彦は2002年5月江戸川一般競走以来となる優勝を準完全Vで飾れるでしょうか?

艇王植木通彦生誕39周年記念日の住之江春たけなわ競走

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 春たけなわのメッカ住之江で開催中の4日間開催春たけなわ競走は予選最終日の3日目。先ずは10R3号艇1回乗り4着条件だった服部幸男先生が枠番通りの3コース進入も4号艇渡邊伸太郎の4カド捲りにやられ、差しで巻き返し狙うも直内の2号艇鈴木猛がターンマークに当たったところに突っ込んでしまい行き場を失った結果まさかの5着動画)。優出1号艇を狙える位置でした服部先生まさかの優出漏れでござる、ニンニン。

 11Rは2号艇山崎智也が2コース差しから2Mを先制し、3周2Mは昨日の12Rに続いて十八番のフラミンゴターン(動画)も見せる華麗な走りで順当に1着。服部先生まさかの脱落により優出1号艇最短距離にいた貴公子智様が最終レースを待たずして優出1号艇を決めました。

 1968年4月26日生まれの艇王植木通彦に住之江が与えたバースデイプレゼントは12R1号艇1回乗り。今日1番堅い1号艇はこのウェイキーくんか丸亀W準優シリーズ春の陣初日12R山川美由紀(祝女子初の1500勝)かというところでしたが、ウェイキーくんは圧倒的大本命のプレッシャーに負ける事無くイン13トップスタートの速攻戦で圧勝の1着となり勝負駆け成功。バースデーを白星で飾りました。
艇王ウェイキーくん、お誕生日おめでとう!



 優勝戦の枠番はこうなりました。

1:山崎智也 2:植木通彦 3:木山誠一 4:大場敏 5:深川真二 6:小菅文隆

 住之江の一般戦を走るのは2002年6月9日の住之江王冠競走以来、そして勝てばそれ以来となる住之江優勝を飾れる事になる71期3622智様に対し、永遠のライバル・71期3623深川真二が深川ド〜ンと阻止を狙うか。それとも、艇王ウェイキーくんが住之江でのSG賞金王決定戦V2実績にものを言わせてバースデーシリーズをものにするのか。服部先生は予選落ちしたものの目が離せない一戦です。

江戸川日刊ゲンダイ杯優勝戦

 江戸川競艇第8回日刊ゲンダイ杯。4日間の短期シリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。1号艇岡本慎治がすんなりインから逃げまして独走ぶっちぎり、江戸川4回目・今年3回目・通算57回目となる優勝のゴールイン。日刊ゲンダイ杯は江戸川でやる気まんまんのオカモトがオットセイに覆い被さる強さを4日間見せ続けました。
 後続は2コース順走の2号艇杉山正樹が2着、5コースから差した5号艇草場康幸が3着でした。

予選最終日の江戸川日刊ゲンダイ杯3日目&芦屋静岡祭

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇4日間の短期シリーズ日刊ゲンダイ杯レースは昨日と同様に今日もアグレッシブなレースが大いに期待されます3日目の水面上。予断を許さぬ激しい攻防戦が続いています。第2Rでインの利を取りに行くも3着に終わりました池上隆行が6号艇の後半第6Rを選手責任欠場、そのまま負傷帰郷しました。どこを負傷したかはわかりません。

 第8Rが始まりました。1着を取って結果待ちといきたい4号艇笠原亮は2コースつけまいの2号艇橋本久和を4カド捲り差しで振り切り念願のシリーズ初1着で予選を終え、予選得点率8.00として残りのレースを待つ事になりました。尚、2着の橋本はここで優出当確です。

 第10Rが始まりました。超抜25号機のパワー炸裂の5コース捲りで5号艇永井源1着、大外から冷静な捲り差しで続いた6号艇岡本慎治(優出当確)が2着。愛知の永井はこれで勝負駆け成功、当確のオカモトは最終を待たずして優勝戦ポールポシジョンを決めました。

 11Rが始まりました。1号艇西村拓也が13トップスタートのイン速攻で1着になったこのレース、3番手を争っていた3号艇久田敏之と4号艇上平真二が3番手を争い、3周1M内の上平が久田にボートを合わせていき追い出していく力業(動画)。張られた久田は振り込んで5着に敗れ、3着争いに競り勝った上平は同時に優出も決定。と見せかけて、不良航法-7点を取られた上平はまさかの優出失敗となってしまいました。

 明日行われる優勝戦進出を懸けての最後のレースが始まりました。12Rは上平減点により、1着勝負駆けながら自力優出の可能性が出てきた2号艇草場康幸が2コース差しで1着となり見事勝負駆け成功。3コース捲り差しの杉山正樹(完走当確)がイン先マイの長尾章平を捕らえて2着に入り、5着条件の長尾は3着に入り、優出6人中3人がこのレースの上位3人ということに。と見せかけて新婚さんいらっしゃい!の長尾章平は待機行動実施細則違反(動画)で-7点。三枝も椅子から転げ落ちそうな衝撃の優出失敗となってしまいました。これにより、相手待ちの笠原がまさかまさかの優出成功です。


 優勝戦のベスト6強です。

1:岡本慎治 2:杉山正樹 3:永井源 4:橋本久和 5:草場康幸 6:笠原亮

 当地実績No.1橋本久和のカド戦も捨てがたいですが、オットセイでお馴染み日刊ゲンダイレースで強さを発揮したオカモトに超抜25号機の永井(愛知)が強力そうですね。尚、追加配分で小川時光先山健司の91期コンビが1日だけ登場します。

芦屋日本モーターボート選手会会長杯争奪戦優勝戦

 節間7勝の成績で1号艇を手に入れた82期3960菊地孝平(静岡)がイン10トップスタートの速攻戦で圧勝、今年V4、通算19回目の優勝となりました。2号艇2コースの82期3956横澤剛治(静岡)は若干キャビったのが響いて3着に終わり、大外から捲り差しを決めた5号艇二橋学(静岡)が二着。
 かくして4人優出の静岡が上位3艇を独占したのですが、4号艇4カドの野長瀬正孝(静岡)は1Mで直内の3号艇安田政彦(芦屋市でお馴染み兵庫県)が壁になって最下位。上位4艇独占はなりませんでした。

住之江春たけなわ競走2日目

 1号艇大場広孝・2号艇大場敏の枠順となった10Rはどっちの大場か?レースはイン取り意欲の大場敏に遠慮?したかスタート展示3コースの大場広孝が本番も枠を主張せず3コース。3コースの大場広孝25歳は捲りに行きますが流れ、インの大場敏40歳がキャリアの厚みにものを言わせて俊敏に逃げ切り1着。2コース順走の71期3623深川真二が2着に入り、大場広孝は大外差しの6号艇宇土泰就に差されて4着に終わりました。

 12Rは1号艇山崎智也(71期3622)に4号艇服部幸男先生(64期3422)と、昨日の12R春たけなわ特選と逆の枠順。そして着順も逆で、インの智様が1着、4カド差しで斬り込んだ服部先生が2着でした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ