ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

日刊スポーツ

日刊の3連単スタ展スクープがあった今日は江戸川ABC5日目

ブログネタ
競艇 に参加中!
 始めに、本日の日刊スポーツに掲載されたスクープ記事から抜粋。

 今年10月から11月にかけて開催されるナイター場で1節限定で2連単、2連複のみを発売し、2000年10月の発売開始以降売上の8〜9割を占める3連勝式舟券は発売しない事と同時に2002年8月5日以降を初日とするレース場から実施されていたスタート展示も試験的に中止する方向で近く正式発表されるというスクープが掲載されてました。
 90年代回帰な2連勝式&展示航走のみとなる試験開催を実施予定のレース場は、ファンの注目度が高く、電投及び場外併売の比率も高くて通常開催との比較もし易そうなナイター開催の桐生・蒲郡・住之江・丸亀・若松の5場。
 時期は10〜11月にかけての2週間あまりで、各場が競合するような形で行われるそうです。

 ところで、一二三ダーのかけ声でお馴染みアントニオ猪木を導入時の宣伝に起用した3連単といえば、24場で3連単を最後に導入した桐生(2002年8月サルビア杯争奪レース)が施行者(当時は桐生市)のゴタゴタもあったとはいえ桐生の2連勝式末期は一番近い戸田や同じナイターの蒲郡に売上を食われまくってた過去があったのと、2連単の本命だとオッズが2倍を切ってる時もあるので、2連単メインで買ってる自分ですが3連単はあった方がいいと思いますね。
 ちなみに今日は大村蛭子能収杯真夏の女王決定戦5日目8Rで返還無しでの3連単史上最低配当220円が出たので、ボートの3連単は半ば宝くじ化してるJRAの3連単とは全くの別物で本命党向けのものというのを改めて感じました。
 尚、当該レースの売上は直後のレースより多い2870万2800円で1日総売上は3億6564万6400円で本日開催した17場中1位でした。


 そんな話題が飛び込んできた今日のBOATRACE界ですが、スタート展示は進入ではなく行き足を見る為の要素がメインになってる枠なりの江戸川ワールドは本日アサヒビールカップ5日目で予選最終日。
 スタート展示は導入当初スローとダッシュの区分けが大不評で売上激減の主な要因になったと言われてますが、そういうのと最も無縁だったのがエドガワールドです。

 今日はまず競技情報から紹介すると、第8Rで逃げて先頭の1号艇橋口真樹が+05フライング、初日にFを切った難波雄三第9Rを走った後に帰郷という出来事がありました。

 一方、甲子園の高校野球は神奈川県代表東海大相模が本日決勝戦を戦いましたが、神奈川県代表の現江戸川地元スター大池佑来は本日連勝でデビュー2度目の優出にして江戸川初優出を決めました。
 東海大相模は惨敗でしたが、2号艇で優出した大池は今日の第4R2号艇で難なく差しきりを決めており、今日と同じ枠番で戦えるメリットを生かして初Vの期待大です。

 そんな優勝戦は賞金150万円を懸けて東京支部3人と香川支部3人による対抗戦の様相に。

1:田上晋六 2:大池佑来 3:秋山広一 4:若林将 5:上田隆章 6:村越篤

 江戸川の若大将から大江戸将になった若林将も本日2着2本で優出を決め、デビュー初Vを飾った前節大江戸賞と同じ枠番で2節連続優勝へ期待大。
 また、今節オレが田上だの存在感を見せつけて2009年6月住之江2009ダイスポジャンピーカップ以来の優出をポールポジションで決めた田上は2005年9月浜名湖スポーツニッポン菊花杯以来遠ざかってる優勝を2002年1月新春金盃競走以来優勝から遠ざかってる地元江戸川で決めたいところ。
若林将と大池佑来が大江戸賞をPR

江戸川と住之江しぶき、2つの日刊スポーツレースは共に2日目

 第9R以降打ち切りとなった前日とは打って変わり風も波も、そして気温の方も落ち着いた江戸川競艇の日刊スポーツ杯は開催2日目の競走水面。第1Rを迎えております。切れのある差しを入れた2号艇三浦高志が先頭で、11のトップスタートから捲り差した5号艇大熊辰弥が2番手。ですが、2周1Mで大熊の艇が三浦の艇に乗っかってしまい、煽りを受けた三浦は大きくスピンしてしまいました(動画)。この結果、内を通って難を逃れた3号艇小林純一がラッキーな1着です。そして2着のビッグベアーは当然不良航法となっています。

 初日の第5Rを波風恐れぬ果敢なカド捲りで制した高橋直哉が5号艇で登場の第4R。高橋はここも果敢に捲りますが、届かず5番手。2Mの全速戦も届かず5番手のままで、差しに転じようとした2周1Mで残念無念のエンスト失格(選手責任)です。

 さて昨日が途中打ち切りになったことにより、本日は2日目の選手と初日の選手が相まみえる1日に。特に12Rは4人もの選手が本日初日と、開催2日目とは思えないメンバー構成でした。

住之江日刊スポーツ盾争奪しぶき杯競走2日目

 日刊スポーツ盾を巡って争うしぶき杯一番の目玉選手は2004年10月G1高松宮記念特別競走動画)以来の住之江参戦となる石田政吾。この日メインの11R1号艇で登場した石田政吾は見事インからガンバリマシテ今節初の1着。この1着は2004年10月12日G1高松宮記念特別競走初日6R以来となる住之江での1着でした。

 そんな石田政吾は初日11Rにして早くも田中豪との石田豪対決が実現しており、4着と6着ながら一応田中豪に先着を果たしてます。

【明日最終日のグレードレース2つ】

 明日で終わるびわこG2結核予防事業協賛秩父宮妃記念杯ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースである優勝戦は以下の6選手です。

1:吉川元浩 2:池田浩二 3:重野哲之 4:山田豊 5:馬場貴也 6:稲田浩二

 池田浩二と稲田浩二のい○田浩二コンビが勝ち上がってきた準優11Rは6人中5人が○田なレースだったのですが、6号艇の伊田浩二もとい唯一の田無し伊藤誠二がフライングに散っています。


 もうひとつ、徳山G3企業杯大塚SOYJOYカップ優勝戦は以下の6選手です。

1:木村光宏 2:前野竜一 3:泉具巳 4:亀山雅幸 5:吉田宗弘 6:秋山昌宏

 提案!ランチダイエット。フルーツたっぷり、まるごと大豆バーSOYJOY田中麗奈のCMでもお馴染みSOYJOYのタイトル戦はドリーム戦を制したみっちぃがその勢いで突き進み優勝戦も1号艇。みっちゃんみちみち、最後もニコリンコと締めたいですね。

南寄りの追い風が強く吹きます猛暑33℃の江戸川競艇初日は?

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 連日猛暑日が続いています東京ではありますが、ここ江戸川競艇は今日から日刊スポーツ杯レースの開催です。各レーサーが一進一退の攻防を展開しています初日の水面上、第4R(波高15cm南追い風10m)は5号艇加藤高史が待機行動中にアクシデント発生となり責任外出遅れ扱いの欠場。5艇での再発走となったレースは4号艇矢橋成介64.9kgが他を圧する17トップスタートでカド捲り敢行も、小回り粘った1号艇鈴木茂高がBS伸び返して2M先に回る捲られ逃げを決めて1着。矢橋三重本部長は3周BSで6号艇萩原善行に伸びられ(動画)3着になってしまいました。

 人機一体となりました各レーサーがエキサイティングな走りを展開します水面上は第5R(波高20cm南追い風10m)から2周戦。ここは秋田在住東京支部の4号艇高橋直哉が波風恐れぬ果敢なカド捲りから、BS伸び返しを図る内枠2艇に対し果敢に2M全速戦で応戦して振りきる1着

 目を離せぬ攻防戦が相次いでいます水面上は第6R(波高20cm南追い風10m)を迎えています。ここは1号艇白井友晴が埼玉のホワイトシャークと呼ぶにふさわしい波風恐れぬ17スタートのイン速攻劇に対し、2号艇松尾宣邦も波風恐れぬ果敢な差しで食らいつき人気2艇の一騎打ちになりましたが、最終2周2M松尾の差しを何とか振りきった白井が目を離せぬ攻防戦を制して1着。ちなみにこのレースの2連単は310円で3連単は690円でした。

 第7R(波高20cm南追い風10m)が始まりました。カドから4号艇森脇徹が02の飛び出しを見せますが、カド受けから07の3号艇片山竜輔がボートを合わせて先捲り。しかし片山捲りきったかと見せかけるもバウンドしてしまい伸びきれず。捲り差しの5号艇赤羽克也が抜け出す気配となりますが「お〜っと、赤羽転覆だ(動画)。」と、バック転で落水。そして直後に片山も前のめりに転覆。先頭の1号艇坂元真一64.4kgが2Mを先に回りますが、事故を巧みにすりぬけ2M差した森脇がHS伸びきり1着

 スタート展示が中止になった第8R(波高25cm南追い風11m)が始まりました。1号艇萩原善行がイン超速攻劇を見せるも、この速攻は波風にスタートタイミングを狂わされたのが原因のようで、+13の萩原と+05の2号艇岡部浩、それに+01の3号艇三浦高志と+06の6号艇橋本久和がフライングに散ってしまいました。
 この結果、周回展示9.67を叩き出し、本番も11安全スタート。しかし1M小回り差しがうまくいって2番手だった4号艇福嶋智之1着、スリットから超徐行運転な上にもかかわらず1Mで波にひっかかってぶっちぎりの最後方(動画)だった5号艇二瓶徹がヤラズ逆に幸いの2着。
 そして返還777万9800円、残売上10800円の第8Rが終わったところで遂に中止打ち切り。結局初日の売上は4631万400円(利用10645名)に終わってしまいました。第7R以降に中止となった為開催は成立しており、この中止に伴う開催順延はありません。

 ちなみに幻に終わった江戸川選抜戦のメンバーは以下の通りです。

1:橋本久和 2:遠藤晃司 3:作野恒 4:片山竜輔 5:森永淳 6:白井友晴

 この他にも第11Rでは1号艇松本真吾、2号艇本部真吾の真吾対決が組まれておりました。

丸亀RNCカップ優勝戦

 もみじまんじゅう広陵高校とがばい佐賀北高校島田洋七対決になった全国高校野球大会決勝戦は佐賀北の3番副島浩史三塁手が8回に逆転満塁本塁打を放ち佐賀北を初優勝に導いて副島種臣に続く佐賀県を代表する副島氏になりましたね。ちなみに島田洋七は広陵OBです。
 そして佐賀北高校OBといえば中越のこころを伝える中越典子、その中越典子と同じ苗字の愛媛県民中越博紀の地元まるがめ競艇ではRNCカップの優勝戦。
 124/356の進入から5号艇上平真二(広島)が捲り差しを決めますが、地元の6号艇坂本誠治が捲り差しで上平の内を突いて、BS差し伸びた坂本誠治が2Mを先に回りデビュー初優勝。高校野球同様、広島は惜しい準優勝でした。
 初優勝を地元で飾った坂本誠治は82期生。香川のせいじと言えば香川支部現役最強選手の三嶌誠司が有名ですが、初優勝でその存在に少しでも近づければですね。

常滑ボートピア名古屋開設1周年記念競走優勝戦

 金山から地下鉄名港線に乗り5駅で10分弱の築地口駅そばにあるボートピア名古屋に来て宮地。ですが、艇界に4人いる宮地選手の斡旋が全く無かった今節は東京支部vs愛知支部の様相を呈し、優勝戦も東京3人vs愛知2人。そして5号艇新美恵一(愛知支部)の前付け2コースに応戦して2号艇飯山泰(東京支部)が3カドを選択してポシジョンはインから15/2346です。今、スタートしました。3コース出る、伸ばす、絞る(動画)。2号艇飯山が捲りの態勢から内の愛知2艇を飲み込み、3号艇野澤大二(東京支部)と4号艇梶野学志(東京支部)の捲り差しも振りきって昨年7月の児島一般競走以来となる通算13回目の優勝。そしてダイジマンの外を通っての捲り差しだったカジノが2M全速戦でダイジマンを引き離して2着。何にしても東京支部でワンツースリーとは実に目出度いですね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ