ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

日刊スポーツ杯

江戸川王子桑原将光がデビュー初優勝を江戸川で達成!

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日最終日を迎えた江戸川の6日間開催日刊スポーツ杯

 優勝戦は内枠2人がスタート遅れて3号艇鈴木賢一が捲りに行き、その捲りを1号艇出畑孝典が受け止めきった展開を突いて4号艇桑原将光(東京)が捲り差しを決め、通算5度目の優出にして遂に悲願のデビュー初優勝

 出畑孝典は差し続く6号艇長谷川充を2M包んだ際にやや膨れて、2番手争いは出畑孝典と2M差したスズケンでHS接戦になりますが、2周1Mで出畑孝典がスズケンとハセ充の間を割る捲り差しでスズケンを差しきり単独2番手に。
 出畑孝典に対しBS内からハセ充が迫るものの出畑孝典は包んでかわしきり2着、3着は2周2Mで2号艇後藤正宗がハセ充とスズケンを差しきり逆転3着。

 江戸川周年をはじめG1V6の実績を持つ江戸川の看板選手桑原淳一を父に持つ95期4318桑原将光は2004年11月に多摩川でデビューし、デビュー直後の新人選手は基本江戸川に斡旋されないことから江戸川初出場はデビュー1年後の2005年12月ラリーズカップ
 その後2007年3月の関東競艇専門紙記者クラブ杯初日9Rで江戸川初1着を飾り、以降は江戸川地区スター・江戸川王子として数多くの江戸川開催に出場。
 そして今年5節目の江戸川となった今節、通算5度目の優出にして遂に悲願のデビュー初Vを飾りました。

 ちなみに写真は2008年1月の護岸工事前最終開催日本モーターボート選手会会長賞で江戸川地区スターの襷をつけて選手紹介に登場した時と同日の9R江戸川王子決定戦を制した時のものです。
打倒多摩川地区スター!江戸川地区スター桑原将光初代江戸川ハンカチ王子即位の桑原将光


 ここで優勝戦以外の出来事。
 3Rの1Mで2号艇小川時光が振り込んだ所に5号艇下田哲也と6号艇小澤和也が突っ込んで3艇エンスト失格になり、最初に振り込んだ小川時光が選手責任失格となりました。

芦屋G1全日本王座決定戦優勝戦

 開設60周年記念全日本王座決定戦(特設サイト)ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇深川真二が押し切り、今年の最多1着ゴールレーサーふカガワシンジは前走地尼崎スポーツニッポン杯争奪伊丹市施行59周年記念競走に続く今年8回目・通算64回目の優勝で3つ目のG1Vを飾り、唐津以外でのG1初V。
 後続は5号艇吉田俊彦の捲り差しが2号艇前田将太(福岡)に届き、差し続く6号艇平尾崇典を2M行かせて捌き2着、芦屋イケメンパラダイス前田が3着。

平和島サンケイスポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇武田光史が押し切り、3節連続となる今年4回目・平和島初・通算26回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇山田竜一東京支部長が差し続く5号艇津留浩一郎を2M行かせて捌き2着。

三国かんなづき第1戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇後藤孝義の差しが1号艇金田諭に届き、2M先行で抜け出した後藤孝義は2006年11月津ひいらぎ賞以来となる通算25回目の優勝

 2番手の金田さとしに対し、1M捲り差し不発だった5号艇作間章が2M内に潜り込んで先行し、更に1M外マイの6号艇杉山正樹による2番差しが先差し狙った金田さとしに接触して金田さとしは一気に後退。
 これにより2番手争いは杉山正樹とさくまあきらの攻防になり、2周1M内から先行した杉山正樹が2着。

3人の誠が活躍した江戸川日刊スポーツ杯は飯島誠が優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川日刊スポーツ杯最終日は誠に惜しい節間2本の失格(うち1つが選手責任)に見舞われながらも予選8位の成績だった濱崎誠が最終日連勝で今節メンバー中最多の節間6勝を記録。

 そして、1号艇飯島誠と2号艇櫻井誠、2人の誠が内枠を占めた優勝戦は埼玉銀河系の飯島が12トップスタートの速攻で押し切り、2007年6月戸田関東競艇専門紙記者クラブ杯以来となる通算4回目にして江戸川初優勝
 同支部同姓飯島昌弘と同期湯川浩司がG1タイトルを獲得した江戸川で、飯島誠も江戸川巧者の系譜に名を連ねるきっかけをつかみました。
 後続は櫻井誠の差しが流れて誠ワンツーはならず、つけ回った3号艇繁野谷圭介が2着。

 尚、第9Rで4号艇海老原孝志が+02のフライングに散りましたが、エビちゃんの捲りに乗っての捲り差しで1着になった5号艇市村沙樹(東京支部103期4519)は江戸川2節目にして江戸川初1着です。
2007年9月の飯島誠

 ちなみに今日は小森のおじちゃまこと小森信雄が出走した第6Rまで江戸川にいて、4回中山最大の中山フェスタG1スプリンターズステークス会場の中山競馬場へ移動。
 その表彰式プレゼンターだった小森のおねえちゃまこと小森純(ウルトラファンタジー単勝1万円分的中)は先月の児島G1競艇キングカップで表彰式プレゼンター、浜松SGオートレースグランプリで初日トークショー、来週の桐生SG全日本選手権で5日目トークショーとすっかり公営競技づいてます。
スプリンターズS表彰式原良馬と細江純子と小森純

 そして今夜はナカヤマフェスタが出走したフランスロンシャン競馬場のPrix de l'Arc de Triomphe(凱旋門賞)がありましたが、ナカヤマフェスタは僅差の2着に入り、1着じゃないからベストとはいえないまでもモアベターな結果で大健闘しました。
PRIX de L'ARC DE TRIOMPHE 2010


常滑オータムカップ優勝戦

 14/2/365の進入から03トップスタートの1号艇荒井輝年が3号艇鈴木猛のつけまいを受け止めて逃げ切り、TERUは前走地G3江戸川モーターボート大賞トライアルに続く今年2回目・通算41回目の優勝

 2番手の鈴木猛に対し5号艇中村尊の差しが迫りますが、2M鈴木は中村を行かせて捌き、2周BS内から伸びて2周2M再度先マイした中村を行かせて捌きますが、中村は3周1Mでも内切り返して先マイ。
 ここも行かせた鈴木ですが捌ききるまでには至らず形勢逆転となりかけるも、辛うじて舳先をねじ込んだ鈴木が3周2Mを先行し、中村の差しを0.1秒差振り切って2着。

東海地区三重支部銀河系85期桐本康臣が江戸川初優勝!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日最終日を迎えた江戸川競艇の6日間シリーズ日刊スポーツ杯

 初日江戸川選抜を含む予選4勝を挙げるも、あと一歩で優出ならなかった今節選手代表の野澤大二は6号艇の前半第6Rで4号艇土性弘行を叩いての差しで2番手に付け、2Mでは3号艇横川聖志の切り返しを大事に行かせて捌き、先頭の1号艇倉尾良一にも接近し、2周1M差した野澤はBS倉尾に届き、2周2M先行しての逆転1着ゴールで通算1000勝にリーチ。
 そして1号艇で登場の11R選抜戦は08トップスタートを決めますが、残念ながら若干懐が開いてしまい、3号艇松村敏の捲り差しを許して2着。
 これにより通算1000勝は次回にお預けになりまして、10月1日からの住之江WEB競艇TV杯で1000勝達成にチャレンジです。

 オール地元戦以外は全て近畿地区の選手が優勝していましたが、近畿地区不在の今回は誰が勝っても近畿地区以外の遠征選手による再開後の初優勝。
 そんな優勝戦桐本康臣が1号艇で乗艇しましたが、優勝戦に先立ち師匠の矢橋成介三重支部長が1号艇で乗艇した第7Rで65.3kgのパワフルな逃げを敢行しようとするも振り込んでしまい、矢橋支部長と避けきれなかった3号艇加藤雅之がエンスト失格になるアクシデントが。
 しかし桐本は師匠の責任失格に動揺する事なくしっかりと1Mを回り、3号艇平池仁志の捲りを全く相手にせず逃げ切り、今年3回目・通算8回目にして江戸川初優勝
 差し順走の2号艇吉原聖人が2番手につけ、2Mでは6号艇作野恒、2周1Mでは4号艇岡孝がそれぞれ内を突いて吉原の聖人に迫るも、吉原の聖人はどっちも行かせて捌ききって2着。
 
 ちなみに銀河系のオアシス・85期4043桐本康臣は東海地区ながら近畿地方に分類される三重県の中でも南端に位置する紀伊国熊野市出身。
 そして、騎手に憧れて高校は乗馬部のある愛工大名電に入学するも体重から断念(津競艇選手クローズアップから)しますが、卒業後に競艇好きの父に勧められて競艇の道を目指したとの事(ゴールデンルーキー新世紀英雄列伝から)。
 デビュー後は矢橋支部長に師事し、弟子には前節デイリースポーツ杯に出場した加藤綾がいます。尚、次節は野澤大二と同じく住之江WEB競艇TV杯です。

【エドガヮオー!鬼太郎遊歩道

 このたび、江戸川競艇場の堤防スタンドに、多摩川SG総理大臣杯タマガヮオー!ポスターでお馴染み水木しげる画伯による鬼太郎遊歩道が完成。
東海道五十三次をモチーフにした作品「妖怪道五十三次」がプリントされた大型のプレートが2M端の日本橋から1M端の京都まで展示されています。
妖怪道五十三次から新居町妖怪道五十三次について

 五十三次の「荒井」は今の新居町、つまり浜名湖競艇場付近です。

【江戸川次節はボートピア習志野開設3周年記念

 江戸川次節はBP習志野開設記念は来週29日から10月4日までで、地元からは遠藤晃司高橋勲らの出場が予定されてます。
 そして、レース名のボートピア習志野では開催に先立ちまして27日にプリンス今村豊を招いての開設3周年記念トークショーがあります。時間は14時頃からです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ