ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

日本スポーツエージェント

さらば下関準優ファンファーレ

ブログネタ
競艇 に参加中!
 日曜日は職場のPOG会議でした。指名馬に関しては月曜付で公開します。
 ということで、日曜付は下関をはじめとする3場の優勝戦を紹介。

下関日本スポーツエージェントカップ争奪戦優勝戦

 バルセロナオリンピック71kg級金メダリスト古賀稔彦、プロボクシングWBC世界Jフェザー級チャンピオン畑中清詞、プロトランポリン選手中田大輔、そしてヴィーナスアスリート中西裕子りんが所属する日本スポーツエージェントのタイトル戦。

 レースは枠なり3vs3の進入から1号艇上之晃弘が2号艇原田秀弥の捲りをブロックして押し切り、今年2回目・通算5回目の優勝
 原田秀弥は差してきた4号艇海野康志郎(山口)を2M全速包んでかわし2着。

 ところで、今月からファンファーレが新しくなりましたがBR下関も今節から新ファンファーレに。
 そして、下関準優勝戦だけで使われてた旧ファンファーレも、予選と同じ通常のBOATRACEファンファーレ(動画)に統一されてしまいました。

 もうひとつ。BR下関では29日から始まる男女混合戦WEB競艇TV杯争奪戦特設サイトを開設。
 写真を全面的に押し出した新全国スター魚谷香織特集もあります。
下関競艇準優勝戦ファンファーレ使い納めレース


常滑黒松特別優勝戦

 チルト+3度の3号艇澤大介が大外に出た124/563の進入から、5号艇樋江井愼祐(愛知)が09トップスタートを決め、2007年7月宮島フマキラーカップ以来の優出だった樋江井ざんは澤捲りに激しく抵抗するも澤大介は樋江井ざんを捲りきり、次に抵抗した1号艇今村暢孝も捲りきりますが、先頭に立ったのは澤大介でなく小回り差しに徹した2号艇上平真二
 澤大介と今村暢孝がやり合う展開がどんぴしゃにはまった黒枠の上平真二は通算25回目の優勝

 2番手の澤大介に対し、2M外に持ち出した今村暢孝が2周1Mでは一転切り返して澤大介の内に潜り込み、押っつけ気味に艇を合わせきって逆転2着。
 ここ小回りの4号艇倉谷和信も澤大介に艇を合わせて同体に持ち込み、2周2M先行して逆転3着。

スポーツニッポン杯争奪蒲郡ボート大賞優勝戦

 競艇からBOAT RACEになり、俄然タイムリーなレース名になった蒲郡ボート大賞。
 レースはピット離れ遅れた5号艇福島勇樹が回り込んでカド受け4コースに入った1235/46の進入から1号艇重野哲之が3号艇川北浩貴の捲りを張りに行った展開を突いてゆーき王子が捲り差しを決め先頭。
 ピット離れ遅れたのが逆に幸いしたゆーき王子は2Mマラソンマン重野の差し返しを振り切り、以降も追撃する重野を振り切って、デビュー初Vだった2003年7月蒲郡ボート大賞を含む蒲郡ボート大賞V2で蒲郡V4・通算14回目の優勝

江戸川一般競走2日目

 南寄りの強い風が吹いて前半6個レースが2周戦だった江戸川。第2Rでは1周BS後方で6号艇浜田博が南バック向かい風9m波高15cmの水面にひっかかって転覆する出来事もありました。

 今節は4日制の為、3日目は早くも予選最終日。以下は2日目までの得点率上位者です。

10.33宮地秀祈 9.67山崎毅 9.25島川光男 9.00松本勝也 8.50白水勝也 8.00嶋田貴支 7.75中西宏文 7.67谷口勝田中定雄竹腰正樹

阿波マークの珍進入+F2澤優出の下関+F0とF90が揃い踏みの住之江

ブログネタ
競艇 に参加中!
 まず始めに丸亀SGモーターボート記念2日目3Rの枠番は以下の通り。

1:松本勝也 2:阿波勝哉 3:上瀧和則 4:湯川浩司 5:重成一人 6:今村豊

 スタート展示は13456/2でしたが、本番で異変が。絶対スロー主義の今村豊がなんと消波装置ギリギリのスロー6コースに入り、単騎ガマシの阿波は5コース(動画)。
 かくして1345/2/6と、内4艇がスローの5コースがダッシュの6コースがスローという誠に変則的な進入隊形になり、5コースのかつや(阿波)は16スタートで絞りにかかるも13スタートのかつや(松本)が1マークを先制し、上瀧が37と凹む壁無し展開をものともせず1着と、かつや対決に勝利。
 阿波は捲り差しにチェンジするも、湯川に内から張られてしまい6着。対照的に慣れた起こし位置から09トップスタートを決め阿波の上を捲っていった今村豊は2着に入り、奇策は結果的に成功した形に。

 ただし今村豊、1号艇の後半8Rでは152/346のイン戦も2号艇篠崎元志に捲られ5着敗退です。

下関日本スポーツエージェントカップ争奪戦優勝戦

 戸田競艇のアイドル中西裕子りんを始めとするスポーツ選手のエージェント、マネジメント業務を行っているエージェント事務所日本スポーツエージェントのタイトル戦。
 今節の主役は三重のアウトサイダー澤大介で、F2本持ちの事故パンで来期B2降格が確定している状況ながら2日目以降なんと5連勝で優勝戦1号艇。しかも、もう1本フライングを切ると事故率1.00を超えて事故率8項が確定してしまう状態で5連勝が全て大外捲りという、もの凄いレース内容です。

 しかし、さすがに優勝戦ともなると澤マークがきつく、F2の事故パンながら澤大介は09トップスタート決めましたが、234/561の進入隊形と澤の直内で澤スタートにあいのりして11スタート決めた6号艇山地正樹が澤に抵抗しての先捲りを成功させ、やまじは今年2回目・通算13回目の優勝
 イン残した2号艇原田富士男が2着に入り、5号艇石川正美も3号艇鈴木賢一も澤に抵抗した中、くるっと差した4号艇・2006年度競帝王金子龍介が3着。

 「外から行こう」澤大介は徹底マークされた結果5着に終わりましたが、8項を恐れず大外捲りで5連勝をマークした今節のレースぶりはファンの心に強く刻まれたと共に、新たなるファンも増えたと思います。

住之江カンイチ★激速カップ優勝戦

 大阪在住福岡支部の荒田美希アナがアクアライブステーションのMCだったKANSAI1週間創刊10周年記念競走は2日目5R通算1000勝を達成した角浜修も4号艇で優出。そして解説の2815泥谷重次元選手よりもキャリアが長い御年61歳の2447上島久男隊長も3号艇で今年初優出です。

 そんな多士済々の優勝戦は124/356の進入から艇界トップクラスのスタート勘を誇る1号艇渡辺浩司(福岡93期4256)が08トップスタートの速攻で押し切り、今年も通算も2回目の優勝を2日目12R6号艇以外全て1着の準完全Vで達成。
 初Vだった3月の鳴門日本トーター杯競走はF前退きによる恵まれVだったので、恵まれ無しでは初優勝です。
 2着には捲り差した6号艇別府正幸(福岡85期4037)が入るあらたんの地元福岡ワンツーで、小回り差しで3番手争いをリードした上島隊長が2周1M若々しい全速戦で抜け出し3着。

 ところで、艇界屈指のスタート勘を持つGTV渡辺浩司は2003年11月(福岡新スタンドオープン記念レース初日3R)のデビューから1264走1度もフライングが無いにもかかわらず平均スタートタイミングは0.18と決して遅くはない数字。今節も優勝戦の08を始め05〜18の範囲で好スタート連発です。それだけに、通算フライング本数90本で史上1位の上島隊長と同じレースで優勝したのがインパクト大。
KANSAI1週間


津伊勢湾グランプリ優勝戦

 「伊勢湾名物と言えば真珠に伊勢エビ津競艇。レストランからは伊勢湾も一望出来る津競艇場からお送りしてきた第31回伊勢湾グランプリもいよいよ優勝戦です。(動画」という伊勢湾グランプリ、略してI-1グランプリは3個準優制3日間シリーズで準優は全て2号艇が勝ち上がり。
 そして124/356の進入から09スタートの2号艇横山節明が差して斬り込もうとするも、08トップスタートの1号艇池本輝明は節ちゃんに影をも踏ませぬ圧巻の速攻劇で突き放し、今年2回目・通算29回目の優勝
 順走になった節ちゃんは2番差しの4号艇・シリーズリーダーの宇土泰就を2M行かせて捌き、2着ながらも準優同様2号艇が2連対。

 以上I-1グランプリの結果でしたが、SportsKyotei6略してSK6磯山さやか田代さやかのWさやか、更に堀越のりのDVDもカタログにあるのは株式会社ラインコミュニケーションズのレーベルI-ONEです。

福岡アサヒカルピスビバレッジ杯優勝戦

 アサヒ飲料とカルピスの自動販売機事業を統合して2007年12月に設立したアサヒカルピスビバレッジのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から08トップスタートの1号艇前本泰和が3号艇東本勝利のつけまいを受け止めて勝利の道をひた走り、今年4回目・福岡2回目・通算53回目の優勝
 2着争いは差し順走の2号艇室田泰史と2番差しの4号艇柏野幸二(今年度競帝王)で接戦になり、2M室田の全速戦を受け止めた柏野が2周1M先行するも前本の引き波でややもたつき、ここで差した室田が2周2M艇を伸ばし内から先行するも、差し返した柏野が捌ききって勝負あり。白と青のカルピス模様で決まりました。

 前本泰和の次節は9月1日から戸田アサヒスーパードライカップ。ノンアルコールのアサヒ飲料を制した次はアルコール入りのアサヒビール制覇を狙います。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ