ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

日本写真判定社長杯

江戸川日本写真判定社長杯最終日【優勝賞金100万円】

ブログネタ
競艇 に参加中!
 昨日は強風高波浪による臨時休業で1日順延になり、今日が最終日になった江戸川日本写真判定社長杯

 優勝賞金100万円を懸けた優勝戦は1号艇山田哲也トーキョー・パイレーツ)が08トップスタートも艇が浮いて流れ、対照的に1Mしっかりと回った2号艇飯山泰(トーキョー・パイレーツ)が山田哲也を差しきり、江戸川5回目・通算30回目の優勝

 後続は2番差しの4号艇杉山貴博(東京支部)が2M先行も山田哲也が差し返して抜け出し2着。
 1Mつけ回った3号艇川北浩貴が2M小回りで浮上して3番手に上がり、後続の追撃を振り切って3着。
 尚、4着の杉山貴博と共に川北を追走してた5号艇岡村仁が3周1Mで振り込んでしまいましたが、岡村仁は立て直して完走しました。
江戸川DC優出時の飯山やすし

 ここで優勝戦以外の出来事。
 6Rで2号艇松村康太が捲って先頭も日本写真判定の機器によるスタート判定の結果+01のフライングゲット。
 また、同レースの1周1M握った5号艇荒井翔伍(東京支部)が振り込んでしまいましたが、荒井翔伍は回り直して完走しました。


 さて、昨日2012年度グレード別スケジュールがオフィシャルWebに掲載されましたが、江戸川の2012年度グレードレースは6月28日から7月3日までのG1江戸川大賞と10月3日から10月8日祝日までのG2江戸川モーターボート大賞と2013年1月29日から2013年2月3日日曜日までのG1関東地区選手権です。
 この他に6月13日から6月18日までオール女子戦が開催される予定です。
2012前期ファン手帳の開催予定表

【優勝賞金100万円】江戸川日本写真判定社長杯初日

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日から始まった江戸川6日間シリーズは優勝賞金100万円の日本写真判定社長杯

 序盤2つのレースで共に内枠2艇が待機行動実施細則違反を適用された日本写真判定社長杯の初日は3Rで2号艇下河誉史が1Mで振り込んでしまい、そこに5号艇渡辺豊(今節選手代表)が乗り上げ、下河誉史は転ばされるような形で選手責任転覆。

 その下河誉史が1号艇で再登場した8Rでは6号艇森脇徹が捲り差しを狙うも行き場無く下河誉史に乗り上げ、その勢いで5号艇寺本昇平にも乗り上げてしまい森脇徹は転覆。

 初日メイン江戸川選抜戦は5号艇山田哲也が12トップスタートを決めての捲りで1着になり、小回り残した1号艇飯山泰が2着になって地元ワンツー。
日本写真判定社長杯展望サイト開設中の江戸川HP


桐生日本財団会長杯優勝戦

 1236/45の進入から14トップスタートを決めた4号艇間嶋仁志が捲りきり、ブルーのマーシーは通算29回目の優勝

 後続は5号艇福島勇樹が捲り差し狙うも内の6号艇今村暢孝と接触して落水した一方、2号艇辻栄蔵と3号艇笠原亮が間嶋に捲られた後に両者握り合いになり、先捲り(というか捲られ捲り差し)の辻栄蔵が笠原亮の捲りを受け止め2番手優勢も、2M笠原亮が豪快な外全速戦で辻栄蔵を一気に捲りきって逆転2着。

グラチャンは松井と岡崎がトップ2+江戸川と住之江の優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 サッカー界のグランドチャンピオンを決める戦いFIFAワールドカップは日本時間の明け方にサムライブルーの日本代表が決勝トーナメント進出をかけてデンマークと戦い、FK2本を成功させたり、王者松井大輔の活躍や、その松井と交替した岡崎慎司がだめ押しシュートを決めるなどの活躍で3-1と勝利し、見事決勝トーナメント進出を決めました。

 そしてボート界のグランドチャンピオンを決める戦い大村SGグランドチャンピオン決定戦は準優進出をかけた4日目で、終盤2個レースは画面ではっきりわかる程の大雨でスタートがばらつき大荒れになりましたが、得点率争いの方は前日得点率1位だった永世海の王者松井繁が4着2着と得点率を下げながらも1位を守り、本日連勝した岡崎恭裕が2位に急上昇と、初日ドリーム戦でワンツー決めたオールジャパンのツートップがトップツーに。

 ちなみに明日から倶楽部平和島杯を開催する平和島では今日から105期4569中澤宏奈オフィシャルブログ「つよく☆やさしく☆美しくヒロナ'sブログ」が始まりました。

江戸川日本写真判定社長杯優勝戦

 優勝賞金100万円を懸けた日本写真判定社長杯は1号艇大峯豊が12トップスタートの速攻でぶっちぎり、前走地徳山JLCカップ西京のスピード王座決定戦に続く今年2回目・通算8回目の優勝で、次節桐生G1赤城雷神杯(2日目12R雷神ドリーム戦3号艇選出済み)に向けて弾みをつける結果に。
 後続は、差した4号艇柳橋宏紀がつけ回った3号艇本吉正樹(東京)を捕らえて2Mを先に回って抜け出し、2周2M押っつけて逆転狙う本吉を包んでかわして2着。2周2M本吉を差しきった2号艇飯島昌弘(茨城在住埼玉支部)が3着。

 Battle of 6 BOATRACECMはアッキーナですが、艇界のアッキーナこと大峯明菜元選手の兄大峯豊(岩国市)はデビュー初Vだった2007年2月日本写真判定社長杯以来の江戸川V2&日本写真判定社長杯V2で、「日本写真判定キラー襲名であります。(動画
 ちなみに大峯豊の地元徳山ボートは中四国地区の競艇場で唯一日本写真判定のシステムを採用しています。

住之江アクアコンシェルジュカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇嶋田貴支が住之江初V目指して1M先制も+02のフライング。
 更に、2号艇芝田浩治が3号艇金子龍介の捲り差しを張った勢いで金龍が嶋田と接触し、角度が変わった嶋田と芝田が接触し、更に芝田と5号艇中辻崇人が接触して中辻崇人が転覆する玉突き事故が(動画)。
 これにより、差し戦で事故に巻き込まれなかった4号艇西山昇一が住之江4回目・通算33回目の優勝、差し続いた6号艇野長瀬正孝が2着という結果に。

 と、優勝戦は魔さかの結果でしたが、ここで今節のレース名にちなんだ話。
 レース名のアクアコンシェルジュやアクアライブステーション、「プロはひとりの世界…を認識」という西山昇一を取材した記事もあったアクアライブブログや場内警備や携帯ゲーム競艇キング3D!!DXを手がける株式会社ヤマトのタイトル戦は尼崎年末開催アクアコンシェルジュ杯争奪今年もありがとう競走や浜名湖アクアコンシェルジュハマナ娘クルーアタックがありますが、アクアコンシェルジュの本家住之江では今回が初開催。

 その2日目にはめでたい事があり、2Rで5号艇岩津宅一(岡山30期2464)が2コースから12トップスタートを決めての捲り戦(動画)で通算1500勝達成。
 岩津宅一の1500勝を記念して水神祭が行われ、ピチピチ浅ちゃんの選手突撃コーナーにも出演してます。
 ちなみに息子の岩津徹郎(岡山81期3935)がデビュー初優勝を飾ったのも住之江(2007年11月日本財団会長旗争奪住之江王冠競走)です。

優勝賞金100万円のBR江戸川日本写真判定社長杯開幕

ブログネタ
競艇 に参加中!
 BOATRACE江戸川の今シリーズは今日から25日金曜日まで日本写真判定社長杯
 今シリーズは日本写真判定社長賞として通常よりも高い100万円の優勝賞金が用意されています。

 いきなり荒れたオープニングの第1Rはスロー3艇がスタート後手を踏んで4号艇小川知行が捲りきり、それを捲り差した5号艇篠田智昭が先頭に立つ展開に。
 2Mでは1M捲り差し流れた6号艇原田通雅(東京)が1号艇本吉正樹(東京)を差して単独3番手に上がり、さらには先頭の篠田が2周1M小川を牽制してやや膨れた展開を突いての小回りで原田通が一気に先頭に。
 この結果6-5-4の順で入線し、2連単9690円は本日の2連単最高配当に。

 オール女子戦の第2Rは江戸川初登場の4号艇渡邊佳子(山梨在住東京支部105期4577)が大外に出た123/564の進入で、2号艇足立かなえ(江戸川地元スターから関東地区スターに昇格した若林将の奥さん)が差して先頭に。
 しかし、かなえ夫人のターンは2Mでやや膨れ、1M2番差しから2Mバタつきながらも角度鋭く回った5号艇佐藤幸子が逆転で1着。

 第4R(南追い風5m波高10cm)から安定板着用になり、第6Rでは2連単370円3連単790円の本日最低配当。
 この第6Rは2と3がスリット凹んで1号艇寺田千恵が壁無しになる展開ながらもが逃げ切り、捲って2番手の4号艇中嶋誠一郎が2M差してテラッチとの差を詰め、3周2Mでは舳先掛けてほとんど同体になりますがテラッチがなんとか包みきって1着。3着には2号艇の江戸川王子桑原将光が入りました。

 第7R(南追い風8m波高15cm)はトップスタートから捲った5号艇牧宏次(東京支部)が2番手スタートの6号艇原田篤志の捲り差しを振り切って1着になりましたが、牧宏次のタイミングが39、原田篤のタイミングが46で、他の4艇は57〜72のタイミングで牧宏次の勝ちタイムは道中ぴょんぴょん跳ねまくった結果2.01.7と水面の荒れぶりが時計にもはっきりと出て、このレースを最後に3周戦は終了して以降は2周戦に。

 2周戦最初のレース第8R(南追い風8m波高15cm)は46スタートの1号艇鈴木猛(東京支部)が3号艇大峯豊に捲られた直後ターンマークに接触して失速、52スタートの2号艇笠雅雄が鈴木猛に接触し、笠はエンスト失格に。
 尚、大峯の捲りは大きく流れて3着止まり、鈴木猛は回り直して完走も大きく遅れて5着と人気2艇が2連対出来なかった事で3連単4-6-3は28180円と本日の最高配当に。

 11R(南追い風7m波高15cm)は捲って先頭の2号艇久田武が+03のフライングに散り、小回り残した1号艇中村義雄が1着に繰り上がりましたが、この中村義雄が1号艇ながら全く売れておらず人気の4号艇原田篤志が41スタートで5着に敗れたのもあって1-3-5の奇数艇トリオ決着はF有りなのに3連単10170円の万舟。

 江戸川選抜(南追い風8m波高15cm)は1号艇高橋勲(東京支部)が11トップスタートも2と3がスタート凹む壁無しスリットで4号艇馬場貴也に捲られそうになりますが、馬場の捲りは大きく流れてしまい、ここで捲りに飛びつかず差されないターンをした高橋勲が1着。
 差した6号艇飯島昌弘(2006年G1江戸川モーターボート大賞優勝)が後続の追撃を振り切り2着と、ここは江戸川実績豊富なコンビでワンツー。

福岡テレボートカップ優勝戦

 1246/35の進入から1号艇上瀧和則が6号艇浅見昌克の捲り差しと3号艇山一鉄也(今節選手代表)の差しを振り切り先頭。
 しかし2Mやや流れた上瀧に山一が小回りで迫り、締め切った上瀧に対し2周1M今度は山一が差して上瀧に迫りますが、ここも何とか振り切った上瀧が最後も差されて迫られるものの一度も山一を行かせる事無く最後まで先頭を守って逃げ切り、今年4回目・通算78回目の優勝を4日目8R2号艇2着以外オール1着の準完全Vで達成。
 ちなみに福岡では1997年5月5日どんたく特選レース以来となる7度目の優勝でしたが、この時の2着は今日と同じ山一鉄也です。


 ペラ坊予想!!で15分間の優勝戦展望番組も見られてHPの充実度が高い福岡ボートの次節は24日から28日まで九州スポーツ杯争奪戦
 最終日の28日は大村SGグランドチャンピオン決定戦最終日翌日なので個人的に大注目の開催です。
 尚、既に発表されてる初日ドリームレースのメンバーと枠番は以下の通りです。

1:重野哲之 2:桂林寛 3:伊藤誠二 4:津留浩一郎 5:馬袋義則 6:川北浩貴


若松九州スポーツ杯争奪戦競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇上田隆章が26スタートながらよく伸びて絞りに行き、27スタートの1号艇原田富士男(今節選手代表)は艇を伸ばして1Mを先行しますが、ここで上田の捲り差しが富士男に届き、上田富士男バトルを制した上田は通算13回目・若松3回目の優勝
 準完全V逃した富士男は2M押っつけてきた2号艇後藤正宗を行かせて捌き、2周2M再度押っつけてきた後藤をここも行かせて捌ききり、上田富士男ワンツーは死守。

びわこアクアンビューティー選手権優勝戦

 違うと知りつつもちょっとだけ女子リーグファンファーレの使用を期待したら、案の定一般戦ファンファーレだったオール女子戦は枠なり3vs3の進入から1号艇日高逸子が03トップスタートの速攻で押し切り、今年2回目・通算62回目の優勝で、3号艇山川美由紀と並んでた女子最多通算優勝回数が単独1位になりました。
 後続は差し順走の2号艇魚谷香織が2Mフルターンで2着に入り、今年のアクアンビューティー選手権はぅぉちゃんデビュー初Vだった2008年8月の同レースと1着2着を入れ替えたワンツーに。

宮島フマキラーカップ優勝戦

 「梅雨の蒸し暑さはどうにもなりませんが、いや〜な虫を退治するならフマキラーです。(動画
 なフマキラーカップは枠なり3vs3の進入から1号艇正木聖賢が08トップタイスタートも2号艇山田雄太が22と凹んで壁無しになりますが、正木聖賢は08トップタイスタートから捲り差してきた3号艇今泉和則を振り切り、2008年1月鳴門FM徳島杯以来となる通算15回目・宮島3回目の優勝
 和則は差し伸びてきた6号艇田口節子を2M行かせて差しきり2着。

 尚、7月3日から始まる宮島次節G1宮島チャンピオンカップには正木聖賢も再度出場予定です。

児島日本トーター杯優勝戦

 15/23/64の進入から1号艇松下一也が10トップスタートの速攻で押し切り、今年2回目・通算4回目の優勝
 差した3号艇吉川喜継が2Mしっかり回って抜け出し2着に入り、2009年1月びわこG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦の優勝者と選手代表によるワンツー。

江戸川競艇日本写真判定社長杯は地元スター若林将が江戸川初優出

ブログネタ
競艇 に参加中!
  明日の優勝戦進出をかけた予選最終日の江戸川日本写真判定社長杯5日目は最大風速8mも終日3周戦で開催され、最大風速10mで8R以降2周戦だったおとなり戸田一般競走2日目よりは穏やかな水面状況も、レースの方は節間一番の荒れ模様に。

 オープニング第1Rで1号艇刀根辰治が+03のフライングに散った予選最終日の競走水面。
 第8Rは弐号機仕様の赤いプラグスーツを着た3号艇・大瀧明日香の夫渡辺真至(シンジじゃなくてまさし)が捲り差しで1着となりましたが、シンジに差し続こうとした4号艇小宮淳史がターンマークにぶつかって選手責任転覆。
 尚、アスカの夫シンジは初号機仕様の白いプラグスーツを着た第3Rと合わせての連勝で相手待ちの状況から優出滑り込みを果たしました。ちなみに7日の住之江競艇場にはアスカ芸人の稲垣早希が来場します。

 11Rで1号艇秦英悟が最初の1Mでターンマークに接触して選手責任転覆。巻き込まれた2号艇吉本玲緒がエンスト失格、3号艇山田佑樹が転覆失格を喫した結果秦は不良航法も適用されてます。

 優勝戦1号艇をかけた予選1位2位同士の直接対決があった12Rは2号艇・江戸川初参戦の地元102期4496内堀学が60と大きくスタート遅れ、内堀を叩いて差した3号艇小宮淳史が1着。
 注目の優出ポールポしジョン争いは江戸川地元スターの4号艇若林将が1M→2Mとつけ回って1号艇坪内実に競り勝ち2着に入ったのに対し、6号艇峰竜太は捲り差しに行こうとするも、内で艇を伸ばして来た内堀と接触し最後方に脱落して明暗はっきり。
 尚、今節がデビュー初のスロー戦だった内堀は峰竜太と接触した後にバランスを崩し選手責任転覆を喫しました。

 それにしても江戸川の番組マンは各選手枠番が一巡した5日目の1号艇にA1選手や優出濃厚な選手を全く乗せず、内枠不慣れな新人やB級選手ばかり内枠に組む徹底した混戦志向で電投ファンを逃してますね。この日の売り上げは8013万5400円でした。


 日本写真判定社長賞36万円を加算した優勝賞金100万円を争う優勝戦のメンバーです。

1:若林将 2:峰竜太 3:杉田篤光 4:三品隆浩 5:汐崎正則 6:渡辺真至

 江戸川地元スターの若林将は通算7度目の優出にして江戸川初優出をかなえ、更にはデビュー初優勝もかなえられる寸前まで来ました。峰竜太を意識しすぎず1Mをターン漏れしなければ初優勝への道を快走できると思います。

優勝賞金100万円江戸川日本写真判定社長杯4日目

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日の江戸川競艇は日本写真判定社長杯4日目
 今節は日本写真判定社長賞として副賞金36万円が加算され、優勝賞金100万円の高額賞金開催です。

 まず第3Rで19トップスタートの2号艇村田孝雄が捲りに行くも出口で振り込んでしまい選手責任エンストを喫しましたが、同レースの3連単5-1-4は88650円で今節最高配当です。

 次に、第8Rでは2号艇豊村究(+01)と5号艇神田達也(+03)がフライング。
 尚、同レースは逃げる1号艇末永由楽(岡山100期4441)と差す4号艇黄金井力良(埼玉100期4432)の100期コンビによるマッチレースで、2M先行した黄金井が末永の追撃を2周2Mで振り切り、2007年11月日本財団会長杯以来となる江戸川2度目の参戦だった黄金井は江戸川初参戦の末永に先んじて江戸川初勝利。
 ちなみに初日第1Rで6号艇黄金井&2号艇末永との同期対決を制して江戸川初参戦初白星を挙げた同レース3号艇秦英悟(大阪100期4427)は、1号艇で臨んだ今日の第1Rでシリーズ2勝目を挙げております。

 ここで明日の予選最終日スーパーサタデーを前に得点率上位者を紹介。

峰竜太9.00 若林将8.67 杉田篤光8.33 三品隆浩7.83 片山晃7.71 汐崎正則7.57 宮嵜隆太郎6.83
中野和裕小宮淳史福来剛鈴木茂高竹田辰也6.33


 今日の峰竜太第10R6号艇1回乗り。
 峰竜太はバタつきながらも捲り差しのハンドルを入れてBSの伸びで4艇接戦の2番手グループに加わり、ドラゴンズブルーの4号艇鹿島敏弘が波高5cm南バック向かい風6mに煽られ艇が浮いて脱落し3艇の争いになった後、峰竜太は2M全速戦で一気に単独2番手を取り切ります。
 そして峰竜太は2周1Mの差しで先頭の1号艇村田孝雄を捕らえ、2周2M先行して逆転1着と、腕も足の仕上げも一枚上の実力でみどり枠の不利を克服した一戦でシリーズリーダーの座を死守(動画)。

 その峰竜太を追いかける面々にはデビュー初Vを狙う江戸川地元スターの新婚若林将に、追加斡旋ながら選手代表の大役を務める三品隆浩の名前が。
 特に江戸川地元スター若林将は過去6度の優出はあるものの、師匠の石渡鉄兵作間章がぶいぶい言わせる江戸川での優出はまだ。ほぼ優出当確圏内ではありますが、ここはなんとしても江戸川初優出かなえたいところ。

 ところで明日土曜夜21時からのテレビ東京「出没!アド街ック天国」は三河島編ですが、明朝9時55分からの東海テレビ「スーパーサタデー」は中日ドラゴンズキャンプ先沖縄の北谷で特別企画「落合博満監督と峰竜太のキャンプ恒例対談」とドラゴンズOBの解説者鹿島忠による「鹿島's Camera」です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ