ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

早坂こずえ

早坂こずえが夢の初優勝を達成

ブログネタ
競艇 に参加中!
 大村のW優勝戦開催夢の初優勝W決定戦〜マンスリーBOATRACE杯〜は準優2個制4日間開催の最終日。

 レース名通り誰が勝っても初優勝となる女子の11R初優勝決定戦(B組)は枠なり3vs3の進入から4号艇早坂こずえ(栃木在住群馬支部)が15トップスタートを決めて捲りきり、捲られ捲り差しの形で立て直し追走する2号艇櫻本あゆみ(栃木在住群馬支部)に舳先掛けられそうになりますが振り切り、カド捲りアタックで今節のNo.1になった早坂こずえは5度目の優出にして夢のデビュー初優勝を同県ワンツーで達成。

 2月7日生まれO型の早坂こずえは2003年芦屋の女子王座に初出場が決まるも2003年1月の江戸川新春金盃競走最終日7Rで復帰に1年以上かかる重傷を負い、同年の女子王座を辞退する苦難もありましたが、復帰後は産休を経て2008年に女子王座初出場、昨年は2度の優出と着実に力を付けて今回の初優勝につながりました。おめでとうございます。
2009年9月江戸川出場時の早坂こずえ


 優勝経験者のみが斡旋された男子の12R優勝戦(A組)は枠なり3vs3の進入から1号艇岡瀬正人が押し切り、今年2回目・大村2回目・通算16回目の優勝
 2着は差し順走の2号艇丹下将で、2連単400円も3連単124で970円も3番人気ながら3ケタ配当の本命決着でした。



蒲郡BOATBoyCup優勝戦

 「日々進化を遂げる選手の熱い走り。それを表現する私たちやリポーター。そして施行者に穴場のお姉さん。更に今節冠協賛のBOATBoyやJLC。一番大切にしなくてはいけないファンの皆様。そのボートを愛するべき全てがゴールドリングで繋がれて欲しい。そんな事を感じた今日。朝は世紀の天体ショー。夜は蒲郡ボートのナイトショーでありますが、ファイナルBOATBoyCupの優勝戦。動画)」
 という高橋貴隆アナの実況で始まりましたBOATBoyCupの優勝戦は142/356の進入から1号艇のスタート神田頭実が度胸の01トップスタートで4号艇石川真二(今節選手代表)の強捲りをブロックする速攻戦を見せ、今年2回目・通算42回目の優勝
 そしてリアルトトまる田頭実は意外にも蒲郡初Vでした。

 2着は2番差しの3号艇伊藤将吉、石川真二が2M外全速戦で単独3番手になり、そこから道中伊藤将吉を猛追する見せ場を作って3着。
トトまるを投げる田頭神トトまるにサインをする田頭神


多摩川四市組合45周年記念優勝戦

 1号艇田中信一郎に完全Vが懸かった一戦はタナシンが枠なり3vs3のインから先行するも4号艇吉田弘文の捲り差しが届き、2M先行した吉田弘文はタナシンの差し返しを振り切り、今年3回目・多摩川2回目・通算40回目の優勝

宮島新東通信杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇柏野幸二がスタート出過ぎる速攻で先頭も+03のフライング。
 これにより、外握って2番手の3号艇岡部浩徳島支部長が先頭に繰り上がり、ナカシマペラで臨んだ岡部徳島支部長は2006年2月鳴門一般競走以来となる通算11回目の優勝

 初日連勝で通算1000勝を達成した2号艇横田茂(広島)は1M差し順走で3艇併走の真ん中から2M全速戦で抜け出し2着。

下関山口新聞社杯争奪快速王決定戦優勝戦

 今節から薄暮開催のアフターファイブレースになった下関6日間シリーズは枠なり3vs3の進入から1号艇吉田健太郎が03トップスタートのしびれる快速攻を決め、下関初・2010年10月ヤクルトカップ争奪蒲郡菊花ナイト特別以来となる通算15回目の優勝

 後続は差し順走の2号艇桐本康臣と2番差しの4号艇藤本佳史(山口)と外マイから内に切り返した3号艇今井貴士の3艇接戦になり、2Mは外先行の藤本と内小回りの今井と中捲り差す桐本で併走し、HSは外の藤本が伸びて2周1Mも外から先行しますが、ここも捲り差した桐本がここで一歩抜け出し、2周2M先行で藤本を振り切り2着。

芦屋町長杯争奪戦〜MBP嘉麻オープン記念〜優勝戦

 福岡県嘉麻市に今節2日目の19日にオープンしたミニボートピア嘉麻のオープン記念芦屋町長杯。

 優勝戦は1256/23の進入から2号艇渡邊雄一郎が09トップスタートを決めて捲りきり、カドからカマシ一撃決めた渡邊雄一郎は芦屋初・2010年5月平和島ミニボートピア黒石開設1周年記念以来となる通算4回目の優勝

 後続は外マイ追走の3号艇待鳥雄紀(福岡)が小回り差しの5号艇柳生泰二を2M行かせて捌き、カマシた2人でワンツー。

江戸川3日目の今日はアクアと東スポのYouTubeでナイス動画が公開

ブログネタ
競艇 に参加中!
 BR江戸川の6日間ポイント制単売開催関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯は本日折り返し地点の3日目。

 オープニングの第1Rは1号艇小黒竜吾(千葉在住埼玉支部)がスタート後外へ大きく斜行して懐を取り、33トップスタートを決めた6号艇篠田智昭の大捲りを張りながら受け止めきり、結果流れて2号艇吉村重行に差されはしたものの2着を確保。
 ですが、小黒は代償として不良航法を適用されてしまいました。

 第3Rは3号艇中辻博訓が1M握って初動を入れようとしたところで振り込んでしまいスピン。
 立て直そうとしたところに6号艇早川清一が避けきれずに突っ込み、中辻博訓は選手責任転覆を喫してしまいました。

 第6Rは2号艇田添康介が差しを狙うも振り込んで選手責任転覆。
 一方、先頭は1号艇原拓民が12トップスタートの速攻で3号艇川口貴久のつけまいをこらえて2Mを先行しますが、赤カポックの川口貴久がここで神奈川の原ちゃんを差しきり1着。
 ちなみに長らく地上波競艇中継のレギュラーだった川口和久は今年から投手総合コーチとして読売巨人軍に入団し、原辰徳監督を支える事になりました。

 第10Rは差して4番手争いだった4号艇柳生泰二が2M内小回りしようとしてターンマークに衝突。
 そこに柳生と4番手併走だった1号艇樋口亮が追突して柳生はすぐ航走したものの樋口が失速し、柳生泰二は不良航法を適用されました。

 さて、昨日まで3戦全勝だった福来剛は6号艇の前半第7Rで2号艇村上功祐を叩いての差しで追走するもののコース遠かったのが響き3着に終わり、今節初めて土が付きました。
 3号艇の後半11Rは捲り差しから内の2号艇上平真二を捲りきれず2着だったものの、予選得点率の方は9.60で上平の9.40を押さえて首位を守ってます。

 さて、明日11日と明後日12日は江戸川でも笹川賞ファン投票があります。
 投票と言えば昨年6月のAKB48総選挙で5位当選だった渡辺麻友を擁する渡り廊下走り隊7イトーヨーカドー2.14バレンタインキャンペーンで、なんと江戸川最終日にして「明日は特別Special Day」の2月13日に江戸川区のイトーヨーカドー葛西店1日店長に就任。
 1日店長イベントは朝8:30より販売する渡り廊下走り隊7オリジナルグッズまたはCDを合計1000円以上お買い上げの方先着500名様のみがイベント観覧スペースへ入れるというイベントですが、この模様はUSTREAMでも配信されるそうです。


【犬組住之江公演完全版動画が公開されました】

 8日に行われて大きな話題を呼んだ歌劇団犬組住之江公演ですが、G1太閤賞競走が予選最終日の本日アクアライブブログで約17分半の完全版動画が公開され、改めてその公演内容に感心しました。

 早速、犬組メインで書いた8日付けの記事にも加筆して前説動画と共に埋め込みました。

 また、アクアライブステーションで本日開催された艇界のラーメン王白石健選手ふれあいコーナーも早速公開されました。


【東京スポーツがまたナイスな動画を】

 犬組公演のダイジェストとインタビューを収録した動画東スポYouTubeチャンネルで公演当日に公開したフットワークの軽さはさすが東スポと思いましたが、その東スポが今日付のボートレーサー美女図鑑で個人的に登場を待ち望んでた群馬支部の美人レーサー早坂こずえ(2月7日生まれのO型)を紹介。
 夫婦生活の話やメイクの話などを、東スポらしい切り口でインタビューしてます。

 ちなみに早坂こずえは今日から戸田のオール女子戦JCN埼玉杯に出場してます。

江戸川デイリースポーツ杯前検+多摩川G1ウェイキーカップ初日

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は休みなので、明日から始まる江戸川デイリースポーツ杯の前検に行ってきました。
 江戸川以外の前検は行ったことが無い自分なので、前検に行ったのは江戸川再開前の2008年1月20日以来。この時の関東競艇専門紙記者クラブ杯鎌田義が江戸川5回目の優勝を飾りましたが、今回はカマギーが森脇徹斡旋消除による追加斡旋でその時以来の江戸川参戦を果たしました。

 ここからは、写真を撮らせてもらいました選手を到着時間順に紹介します。本当にありがとうございました。
愛車エルグランドでやってきた神業関口智久 7月の東京中日スポーツ杯以来の江戸川参戦になる関口智久。モーター13号機の2連対率は30.9%です。

大阪支部選手陣と乗り合いタクシーでやってきたおお原由子りん 2007年7月アサヒビールカップ以来通算2度目の江戸川参戦になる大原由子。モーター52号機は2連対率50.9%でG1江戸川大賞を含む2優勝です。

追配ながら優勝候補筆頭!江戸川V5のカマギー 上記の2008年1月以来の江戸川参戦になるカマギー。モーター20号機は2連対率25.0%です。

前泊でもんじゃを食べた加藤あややと細川ゆうこりんのコンビ 2007年5月東京中日スポーツ杯以来通算2度目の江戸川参戦になる加藤綾と、2004年1月新春金盃以来通算3度目の江戸川参戦になる細川裕子
 モーターはプリンセスあややが2連対率47.3%の41号機、細川裕子りんが2連対率43.6%の15号機です。

福岡の佐山夏子杯を4コースつけまいで制したばかりの君島秀三 前走地福岡ペラ坊ショップ杯で豪快なつけまいを決めて優勝した君島秀三
 2007年11月G1江戸川モーターボート大賞以来の江戸川参戦で、モーター51号機は2連対率44.0%で前検タイムは6.52で1位です。

1973年2月7日生まれO型の美人レーサー早坂こずえ 2003年1月新春金盃競走以来の江戸川参戦になる早坂こずえ。モーター15号機は2連対率33.3%です。
 早坂こずえといえば、この時の新春金盃で負傷したのがもとで同年の芦屋G1企業杯JAL女子王座決定戦を出場辞退したのを思い出します。今回はその時の悔いを晴らしてほしいなと願ってます。


 ここからは明日の注目レースを紹介。先ずは今シリーズの有力どころが集まった江戸川選抜戦のメンバーです。

1:寺田千恵 2:向所浩二 3:江夏満 4:鎌田義 5:沖島広和 6:君島秀三

 次に、企画レース第2Rオール女子戦のメンバーです。前泊で都築あこともんじゃを食べた加藤綾&細川裕子も同じレースに乗艇。

1:清水久美子 2:大原由子 3:加藤綾 4:早坂こずえ 5:細川裕子 6:今井裕梨

 ここで欠場情報。優勝候補の1人だった田中豪は6日の浜名湖食堂グルメアタック最終日5Rでの転覆負傷が癒えずに斡旋消除。替わりに西舘健が斡旋追加されました。
 また、小杉志津江も斡旋消除となり、江戸川準地元スターの大池佑来が追加斡旋です。
 更に、一旦競艇場入りした山口73期3684清水攻二が体調不良で欠場。同期3677早坂こずえが乗ってきたタクシーに乗って帰郷しました。

多摩川G1ウェイキーカップ初日

 多摩川競艇開設55周年記念G1ウェイキーカップ。初日の今日は江戸川前検の後京王線府中駅前の麺創研かなでにて、のどごしのいい細ストレート麺と鶏の旨味が前面に出たスープが奏でる恵みの味を堪能してから府中本町経由で多摩川本場へ行き、9R発売中に現着。
 帰りは、カミカゼもいちさんの店福寿@芦花公園で餃子定食を食べて来ましたが、先日の三国ながつき第1戦で通算V70を達成した長岡茂一は今日から蒲郡ボートキング決定戦です。

 ここからウェイキーカップの話ですが、今日は江戸川前検経由だった為に選手紹介を生で見てない自分にとっては実にありがたい31分50秒の選手紹介動画(選手代表熊谷直樹選手宣誓平山智加)も公開されてる特設サイトでは飯山泰インタビューや村田修次による水面特性ガイドもあります。以下は終盤3個レースの勝利者インタビュー写真。

当地SGウィナーながらファン投票13位の池田居るね 10Rを冷静な2コース差しで制した池田浩二

信頼のイン戦ながら高利率も提供の重成銀行 11Rでイン逃げを決めた1号艇重成一人

実質3艇立てのウェイキードリームを圧勝した濱野谷憲吾 12Rウェイキードリーム戦で2号艇阿波勝哉の捲りを軽々受け止めイン逃げを決めたファン投票1位の1号艇濱野谷憲吾

 ちなみに9Rの藤丸光一昨年度覇者)も撮影しましたが、帰宅して写真を見たら撮影に失敗してました。

 ところで、同期繁野谷圭介に「おはようございます、多摩川の皆さん。SG2冠の池田浩二、ドリームに選ばれてません。応援してあげて下さい。」と言われたり、ファン投票3位の横西奏恵に「池田浩二くんより人気があってよかったです。」と言われ、本人も「ゲンはいいけど人気は無いと。(動画」と言ったように3月の当地SG総理大臣杯を含む今年SGV2の池田浩二はファン投票13位でダブルドリームに選ばれず。

 ということでファン投票による選出方法により池田浩二が選ばれなかった結果、今日のウェイキードリーム戦は134/562の進入からスロー3艇に人気が集中して、1号艇濱野谷と3号艇魚谷智之と4号艇坪井康晴による3連単134は670円のびっくり配当でした。

 そんな中、現着前のレースながら6Rでは4号艇に乗艇したファン投票3位の阿波姫横ちんが162/345の5コースから07トップスタート決めて、そこから展開読んで冷静に差しきり1着(動画)。19スタートだったファン投票4位の5号艇阿波に全くレースをさせず、票数だけでなく水面上でも圧倒した素晴らしいレースでした。
ツキに向かって発進。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ