ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

東京ヤング会

千夏のこんなんで「うぇ?」&彩輝会主催関東3支部懇親会

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは4日間の短期決戦です。開催2日目を迎えましてトップレースが始まりました。4号艇村上橋蔵の捲りに乗って、5号艇大澤真菜と6号艇河相秀行が捲り差し。大澤真菜を差した河相が先頭で、大澤真菜が2番手。そして1M小回りの2号艇荒田泰明と村上橋蔵で3番手争い。ですが3周2M「おっと、5番が転覆です。(動画」ということで、1着は河相のままでしたが、大澤真菜の選手責任転覆で2着は村上橋蔵に競り勝った河相が繰り上がり。そして村上橋蔵は8月17日の多摩川大郷葉月杯4日目1R以来となる3着入線の健闘を見せました。

 ここで本題。本日は名古屋から愛車をかっ飛ばして江戸川競艇場まで来てくれた池千夏ファンのささぴーさんと会いました。いろいろと話しながらあっという間に時は過ぎていったのですが、本日の主役は秋でもイケイケ池千夏。2日目のハイライトは1周1M外マイから3周1M手前まで2番手だった6Rでした。と簡潔にしといて、初日は2号艇1回乗りの9Rで当地は2003年新春金盃以来というブランクを全く感じさせなかったですね。強行軍で江戸川まで来て下さったささぴーさん、本日は楽しい時間をありがとうございました。

 熱戦譜を展開しております今日の水面上、2日目の水面上にファンファーレが鳴り渡りました第12Rを迎えております。1号艇太田和美がインから押し切り1着、握って攻めた3号艇川北浩貴が2着でしたが、4号艇柴田哲男が1M旋回失敗(動画)で回り直しており大きく遅れてのゴールとなっております。

 2日目を終えて月曜日は早くも予選最終日ですが、現時点での得点率は71期群馬支部長谷川充田添康介が共に3戦2勝オール2連対の成績で9.67のトップタイです。

唐津日本財団会長杯優勝戦

 3コースから捲った3号艇原田富士男が、2コースからねじ込んでくる2号艇佐藤大介を締め切って2Mを先に回り通算35回目、唐津3回目の優勝。5コースから差した5号艇野長瀬正孝が2M佐藤を差しきって2着をものにしました。
 尚、実は唐津出身らしいTokyo bay piratesクラブ員である6号艇山田竜一は1M捲り差しから2Mの外全速で佐藤を捕らえ、2周1M佐藤を差して主導権を奪い、以降は粘る佐藤を振りきっての3着でした。

若松スポーツ報知杯争奪戦優勝戦

 逃げる1号艇木村光宏を3コースからの捲り差しで捕らえた3号艇齊藤仁が2Mを先に回り、今年4回目にして通算13回目の優勝Tokyo bay piratesが洞海湾を制圧です。

多摩川G1ウェイキーカップ5日目

 江戸川競艇でも併用場外発売のウェイキーカップ。136/245の進入になった準優10Rはムラッシュターン4カド捲り一発の2号艇村田修次1着で直外から捲り差しで続いた4号艇江口晃生が2着。

 準優11Rは2号艇作間章の2コース差しが逃げる1号艇魚谷智之に入るも、2Mさくまを行かせて差した白魚がさくまを差し返して先頭。SG連覇の貫禄、まさに水を得た魚のごとくすいすいすいっと1着

 準優12Rはシリーズリーダーである1号艇服部幸男先生のイン逃げを3コース捲り差しで捕まえた3号艇平石和男がまさかの1着。尚、鳴門のマルちゃんvs浪速のマルちゃん対決でもあった準優12Rは6号艇丸岡正典が3着、4号艇丸尾義孝が5着と、なにわのマルちゃんがなるとのマルちょんを負かしています。


 レース名である艇王植木通彦元選手が不死鳥ウェイキーくんと共に優勝者を祝う優勝戦の枠番はこちら。ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースでもあります。

1:白魚 2:ムラッシュ 3:平石 4:服部先生 5:さくまあきら 6:シエロ

 優勝は白魚か、ハトーリ先生か、それともTamagawaBPのムラッシュかTbpのさくまか。果たして4人の中の誰がWウェイキーくんから表彰されるのか。Wウェイキーの歴史的共演ですので、24日の自分は二日酔いの体調に関係なく、もちろん多摩川へ行きます。ちなみに江戸川の舟券は第5Rの白千夏は必ず買います。

彩輝会・常昇桐龍・東京ヤング会ファン交流親睦会

 江戸川競艇場に最終までいた後、関東3支部交流親睦会がある戸田市文化会館まで行ってきました。選手の数があまりにも多くて萎縮しそうな雰囲気でしたが、まっちゃんさん、GEORGIAさん、ゆたさんと知り合いが来てたおかげで心細くならなかったのです。ということで以下が会場での写真。これだけ多くの選手が来てた上に食べ放題、飲酒し放題だったので会費5000円の価値は大いにありました。尚、選手名は写真にマウスカーソルを当てると表示されます。
从6∀6)古川舞with前江戸川地区スター小澤学mixiのコミュでも応援してる小林泰松本晶惠with亀山雅幸中西裕子りんwith川尻泰輔Tokyo bay pirates部長池田雷太東京支部長桐生巧者の岡部哲久田敏之前・さいたま地区スター佐竹友樹東京支部の背番号8は深澤達徳浅見宗孝マック飯島こと飯島誠元祖風車ムチJrの桑島和宏彩輝会長小澤和也現・さいたま地区スター濱崎直矢

ヘビー級対決の江戸川11Rは3艇F&東京ヤング会親睦イベント情報

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇6日間のロングランシリーズ日刊スポーツ杯は4日目の競走水面。11Rが始まりました。このレースは4号艇に三重本部長矢橋成介64.6kg、5号艇に坂元真一63.8kg。江戸川ヘビー級王座決定戦は0.8kg差で矢橋に軍配が上がりました。
 そしてレース本番は内枠3艇が飛び出して行きまして、ヘビー級コンビは共に握り合った結果、スリット飛び出した内の3艇を捕まえられなかったばかりか6号艇橋本久和51.2kgに差されてしまい、ヘビー級コンビは下位独占。
 ですが、「お知らせ致します。フライング艇がありました。1番、2番、3番。1番、2番、3番の3選手がフライングによる返還欠場となりました。(動画」なんとなんと先頭の1号艇金子順一50.1kgが+08、F2になった2号艇作野恒51.1kgが+06、3号艇古川誠之53.7kgが+04の飛び出しで消えてしまい、ブービーの矢橋は2着、殿の坂元は3着に繰り上がる恵まれとなりました。内枠3艇は軽量で出足がついたのが仇になってしまったところでしょうか。尚、1着の橋本は初日第8Rで4艇Fに巻き込まれており、軽量級の4人は揃って賞典除外です。そしてこのレースの返還金は1538万3400円でした。

 矢橋本部長を筆頭に今シリーズは選手会三重本部の選手が複数出場していますが、その中の1人本部真吾は4号艇の第5Rカド捲り2番手も2Mの全速不発で4番手に後退。2周1Mの差しで3番手併走に持ち込んだ本部は2周2Mブイ際を突いて一気に2番手浮上を狙ったものの狙いすぎてターンマークに乗り上げ選手責任の転覆動画)です。

 日曜日は江戸川競艇場を早朝前売に留めて夕刊フジ杯最終日の平和島競艇場で行われる濱野谷憲吾齊藤仁の歴代東京ダービー王コンビによる蒲郡SGモーターボート記念壮行会を見に行こうかなと。7R発売中にトークショーが始まるので江戸川は開門11時の直後を目指さないとですね。
 東京支部から6人がMB記念に出場するのですが、濱野谷は蒲郡一押し水上の侍6人衆の1人であり、唯一F無しの齊藤仁は優勝すれば平和島SG全日本選手権の出場権が獲得できるので、この東京ダービー王コンビは東京支部の中でも特に期待が懸かりますね。

【関東の男女新鋭が9月23日戸田市に集結!】

 ここからは9月23日18時45分から戸田市文化会館で開催されるアルコール付きで会費5000円な親睦会、彩輝会・常昇桐龍・東京ヤング会ファン交流会のお知らせ。あくまでも9月27日から始まる戸田G3新鋭リーグ戦のプレイベントで彩輝会主催ですが、東京ヤング会からこれだけ多くの選手が参加予定です。

 深澤達徳内田亜希子木下真未多田有佑先山健司村田敦長畑友輔石井裕美平田さやか山田哲也若林将从6∀6)古川舞桑島和宏永田秀二萩原知哉

 以上参加確定選手の他に参加内定選手として小澤学曾根孝仁前沢丈史がスタンバイ。ちなみに東京在住埼玉支部からは山崎善庸中西裕子が参加予定です。他の彩輝会と常勝桐龍メンバーはこちら、参加申し込みはこちらを見て下さい。18時45分からなので多摩川G1ウェイキーカップ5日目を見てからでも充分間に合いますね。17時11分競艇場前駅発の電車に乗れば18時30分前に文化会館最寄りの戸田駅に着くのです。
 多摩川からの移動はつらい場合でもウェイキーカップは戸田で場外発売、江戸川で一般競走との併用発売を行います。交流会の前にはしっかり舟券を買いましょうという事です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ