ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

東京大賞典

江戸川京葉賞予選最終日+東大にサクセス!!!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川競艇年末名物京葉賞。今年は優勝賞金84万2000円を懸けて関東3支部の選手が覇を競う2個準優制6日間シリーズで、今日はベスト12の座を争う予選最終日。

 ちなみに江戸川競艇の高額賞金レースといえば、来年2月2日からの日本写真判定社長杯は前回まで優勝賞金100万円。その開催になんと山室展弘さんが斡旋されたものの27日付けですぐ斡旋消除。
 ということで山室大先生江戸川出場の夢を見たのはほんの一瞬でしたが、1997年以降山室大先生は江戸川に2度参戦しており、1999年3月の一般競走では2日目11Rに6号艇イン逃げ勝利の奇襲を見せつつ最後は堂々1号艇で優勝。
 上記の優勝開催は後追いなものの、こっちははっきり覚えている2003年10月のナイタイスポーツ杯では初日第7Rで4号艇2コース進入を披露し、2日目以降の外枠時に期待を持たせましたが、次の日になってみたら第6R2号艇1回乗りを欠場してました。
 尚、男女混合ナイスポ杯の優勝は賞金王決定戦3年連続出場中の吉川元浩でしたが、吉川も同開催が最後の江戸川参戦になってます。


 さて、京葉賞に話題を戻すと第9Rの2周2Mで3号艇津久井拓也が転覆するアクシデントはあったものの帰郷者0で予選4日間が無事終了。
 ここからは準優2個レースのメンバーを紹介します。

 11R
1:鈴木賢一 2:杉山貴博 3:金澤一洋 4:伯母芳恒 5:本橋克洋 6:柴田光

 12R
1:芦澤望 2:秋山直之 3:萬正嗣 4:飯島誠 5:久田敏之 6:濱崎直矢


 11R1号艇のスズケンが予選1位です。また、初日江戸川選抜からはスズケンの他に本橋と秋山にゃんが準優進出を決めました。

 ところで、事故パンの須田秀一は2号艇1回乗りの第8Rで予想通り6コースになりましたが、明日は第2R6号艇と第7R1号艇。
 2回乗り選手の枠番を足して7にする番組の原則通りに1号艇が回ってきてしまいましたが、来年からの新番組編成(日刊スポーツ記事)では降りてる選手に1号艇が回ることは原則的に無くなりまして、明日の須田の場合にあてはめると片方が6号艇だともう片方は5号艇か4号艇、もしくは2走とも6号艇になります。

【東大】

 TCK大井競馬の年末名物東大、正式名称農林水産大臣賞典東京大賞典は大外8枠14番サクセスブロッケンが道中折り合いを欠きながらも最後は8枠13番ヴァーミリアンを鼻差で差しきり、東大のヤングキングに。
 3枠3番ロールオブザダイスが3着に入り、東大はセンター試験のマークカードをダイスに任せて朱色の門にサクセスブロッケン!!!!!!

 で、実際のところは京大こと京都大賞典生で見たものの東大は仕事で行けず。携帯から投票した馬券はダイスが抜けてました。


 以上、東大の結果でしたが、今年の東京ダービーを優勝したサイレントスタメンは8着。

 そして勝島運河を挟んだ斜め向かいの平和島競艇場では1月3日から新春名物東京ダービーを開催。
 初日メイン新春特別選抜戦出場の6選手はファン投票順で以下の通りに。

1:濱野谷憲吾 2:飯山泰 3:中野次郎 4:熊谷直樹 5:三角哲男 6:作間章

※次点:矢後剛 

千葉のエリート三郎も来場!日曜日は有馬記念

ブログネタ
有馬記念 に参加中!
 日曜日はびわこから旧友の膳所さん(仮名)が帰郷するので中山競馬場ですが、当日のメインはもちろんG1有馬記念。キルトクールは衰えもさることながら冬場は3歳時から走らないメイショウサムソン。名前は寒村なのに12月の寒さはダメなようです。
 外人箱馬券は買う予定ですが、ペリエ千葉のスパークリングミネラル豊富な騎手オリビエ・ペリエが騎乗するアルナスライン松元茂樹厩舎所属。ちなみに松元調教師の息子松元弥佑紀尼崎アクアコンシェルジュ杯今年もありがとう競走に出場中で、3日間走って(5462)と苦しい成績。予選最終日の日曜日は3R2号艇と10R5号艇で連勝ペースの成績が求められる状況です。ということで父は千葉県、息子はミスターシービー世代だった千葉誠一アナの尼崎センタープールであります。

 気になる当日の表彰式プレゼンターは俺たちの誇り千葉まりんから動物電話の使い手サブロー(触れたら微熱美智代夫人只今第3子妊娠中)と大松尚逸が来場します。果たしてパラダイス午後の有馬「記念日。」に千葉ロッテマリーンズの赤い花束(スカーレットブーケ)を贈呈されるのはどの馬か?


 ここで、29日に開催されるTCK大井競馬のG1東京大賞典もキルトクール。今年のキルトクールはTCK出身のJRA馬ボンネビルレコード。古巣出走という事で主戦的場文男が騎乗出来るプラス材料はありますが、前出のメイショウサムソン同様、ボンネも冬場は全く走らない馬。東大は2005年と2006年に出走してますが、7着と6着です。
 ちなみに、仕事で行けませんが表彰式プレゼンターは浅草キングアニマル浜口浜口京子の親子です。

【イブの日に新鋭王座決定戦ドリーム戦メンバー発表してました】

 クリヤマスイブから始まって日曜に最終日を迎える唐津競艇(オフィシャルサポーター羽田惠理香)のオール女子戦乙女塾RKBラジオ杯さよ姫賞吉原美穂子(佐賀県)と堀之内紀代子(岡山)のコンビが一緒のレースこそ無かったものの、2005年5月多摩川G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー以来となる久々のセット斡旋が実現。

 そんなメリー栗山スさよ姫賞の初日だった24日、雄琴温泉近くのびわこ競艇で来年1月20日から開催されるG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦のドリメンが発表されました。

1:郷原章平 2:篠崎元志 3:吉田拡郎 4:大峯豊 5:松村康太 6:吉川喜継

 同世代相手のイン戦には滅法強い剛腕郷原がゴーカイにイン戦決める事を想定してゴを買い。ちなみに前哨戦の当地G3新鋭リーグ戦新鋭戦を制した地元吉川喜継の初Vは今年の新鋭リーグ第1戦徳山G3新鋭リーグ戦でしたが、ドリメンでここびわこが初Vだったのは松村康太(昨年12月年末ファイナル)です。

【正義の10万舟2連発】江戸川京葉賞3日目【ヤッターマンダウン】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 第31回京葉賞、開催の3日目を迎えました江戸川競艇場です。年末のあわただしい中ではございますが、どうぞ1日江戸川ワールドをご堪能下さい。先ずは今日のオープニングレース第1R一般戦。3号艇の100期4430永田秀二が外に出まして124/563の進入となり、5号艇萩原善行が絞りまくり敢行もやや萩原流れてしまい、捲り差しの6号艇藤田靖弘が萩原を差しきり1着ゴール。

 競走水面、続きましては第2Rです。3号艇の101期4465大西賢が外に出まして124/563の進入となり、逃げる1号艇齋藤築夫と差す2号艇田中覚のマッチレースに。2M内から先に回る田中に対し齋藤は握って食らいつき、HSでもラップ状態が続きましたが、2周1M内から先取りの田中がここで齋藤を振りきって1着。尚、2周1M入口で後方追走の大西が振り込みエンストしております。

 競走水面、続いては第4Rです。1号艇大貫英治は24と凹んでしまい、3号艇内山文典に捲られてしまいますが、内山の捲りは流れて、内で踏ん張った大貫が5号艇渋谷正義の差しも振りきって先頭。しかし2Mで内をうまくすくった渋谷がHS大貫に舳先をねじ込み、2周1Mを先取りして逆転の1着。2連単5-1は7680円、3連単5-1-3は最低人気の100170円です。

 第7Rが始まりました。ヤッターマンアナの風邪声が深刻な状態でありますこのレースは14トップスタートの4号艇梶野学志が波に引っ掛かりながらも捲りに行きますが、抵抗した1号艇川口貴久ともつれあってしまいエンストです(動画)。そして航走を続けた川口もボート異常からか満足にハンドルをきることが出来ず、時間切れ不完走失格。
 そして5号艇江原正義が差しきり1着、江原と捲り差しの6号艇竹内好一に差されるも2M切り返して内を突いた2号艇加藤知弘が2着、竹内が3着で2連単5-2は20350円、3連単5-2-6は133660円と本日2本目の10万舟です。偶然にも1着選手はどちらも正義、中山G1有馬記念蛯名正義に続いて正義が波乱を呼んでおります。

 競走水面続きましては第8Rです。ヤッターマンリタイアにより、今シリーズ前半担当の平山あながこのレースからピンチヒッターとして再登場。このレースは2号艇熊谷直樹がつけまいを打った展開を利して差しを決めた3号艇山崎聖司1着でした。そして1号艇藤田靖弘に抵抗されたクマは4番手航走から2M内に潜り込んで3番手に上がり、2周2Mで先行する4号艇亀山雅幸の内に潜り込んで遂に2着まで押し上げました。

 最後に、第10Rでは前日12Rで転覆した5号艇小倉康典が負傷癒えずに欠場。最終第12Rでは第7Rで負傷したカジノが欠場と、本日は2つのレースが5艇立てで行われております。

大井G1東京大賞典キルトクール】

 有馬記念からの連闘で初ダートに挑むデルタブルースがブルーな4枠6番に入った一戦のキルトクールは、そのデルタブルース。初ダートがいきなり東大受験で、しかも有馬からの連闘というのはやっぱり無謀でしょう。それとは別に、ブラックな2枠2番に入ったブルーコンコルドも同距離同コースのG1JBCクラシックにおける不甲斐ない内容から衰えを感じさせるので軽視。

西部に赤い衝撃は友和ワンツーby長崎文化放送NCC

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 長崎文化放送NCC杯を争う4日間の短期シリーズ大村長崎文化放送NCC杯争奪戦、風立ちぬ潮騒鳴りやまぬ競走水面で準優勝戦3個レースが行われました。
 準優10R準優11Rが共に1号艇大阪選手の頭で3連単3ケタと平穏に進んだところで準優12R。ここの1号艇はまたしても大阪で倉谷和信。大村は2002年のG2競艇祭(途中帰郷)以来約4年9ヶ月ぶりで、
最近は、鳴門・浜名湖と2、3節イマイチです。大村は前回防風ネットがなかったので随分久し振りですが、いつも晴れていてのどかなイメージです。キライじゃないのですが、成績がいつもいまいちで…。プロペラを合わせるのに苦労するので、今回はプロペラ3枚入れ替えてきました。今年1年あまりいい成績ではなかった感じですが、まだ老け込むには早い!今年の締めくくりなのでビシッと走って頑張りますので、応援よろしくお願いします。
 と、大村競艇HPにあるpdf出走表に載ってたコメント通りのビシッとした走りを披露する事が期待されましたが、西追い風9m波高10cmの競走水面にインからビシッと行けなかった倉谷は3号艇中島友和の3コース捲りを貰い、優出絶体絶命な3番手争い。しかも4号艇北村征嗣に競り負け4着(プレイバック動画)。
 倉谷の前方では友和争いがあり、捲った中島を5コース捲り差しで捕らえた5号艇柴田友和が一度は先頭も2Mで膨れ、2Mで柴田を差し返した中島が2周1M先制で競り勝ち1着。赤い友和が頭に来て黄色の友和がヒモで大阪しぐれの北村さんがトリを飾って倉谷が鼎牲覯3連単は前2つの3ケタから一転、76460円の衝撃配当になりました。友和ワンツーな2連単でも14600円の万舟。

 とまあ三浦按針の没地にして走る軍艦島山口博司の出身地である長崎県で友和がワンツーですよ。これには沖田五郎平尾一兵もびっくり。惜しむらくは11R3号艇の峰竜太が3コース捲り届かずの3着で優出を逃したことですね。

大井G1東京大賞典キルトクール】

 東京ダービーと共にTCKの伝統ある名物レース東京大賞典。年末の東京大賞典と年始の平和島東京ダービーは勝島運河の風物詩。その東京大賞典に東京ダービー馬アジュディミツオーが半年ぶりの実戦復帰。体調に不安ありも福岡歳末特選レース11Rを逃げ切った島川光男ばりの逃げで東京大賞典3連覇、更にミツオ含めて3頭出しの川島正行調教師はプレゼンターの川島亮から優勝杯を貰えますでしょうか。
 そして本題のキルトクールは桃枠を引いたブルーコンコルド。今年になって1600mまでは目途付けるも2100mでは苦しいということを前走東京G1ジャパンカップダートで露呈。前走より100mしか短くならないここも苦しいのでは。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ