ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

松井賢治

G3江戸川MB大賞トライアル3日目は松井と繁が直接対決!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 周回数2周の1200m競走で始まったG3江戸川モーターボート大賞トライアル3日目。ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面は第3Rを迎えております。このレースは1号艇が松井賢治で5号艇が岩井繁の王者対決。ちなみに他の4選手は2号艇が愛知のこうじで、3号艇が3500番台の太田(か)で、4号艇が関東地区の山崎で、6号艇が東京支部の直樹。
 南追い風7m波高15cmの競走水面で15トップスタートからスーッと伸びていった王者松井はチルトを+0.5度に跳ね上げた王者繁のつけまい攻撃を振りきりますが、差して追走の2号艇谷本幸司に伸びられ2M先制を許し2番手の位置。ですが、2周1M王者の差しを披露した松井が先頭に。しかし、最終2周2Mで谷本に差し返され、1着の座は愛知のこうじ。以下松井、繁の順番で入りました。

 第9R(南追い風6m波高10cm)が始まりました。本日は562で3連単128380円の第8Rまでが2周戦。このレースから周回3周の1800m競走になりまして、リングを4本交換してきた2号艇吉田宗弘が16トップスタートに加えチルト+1.0の伸びでスピードを乗せ、一気の捲りで1着。尚、3号艇杉山正樹がターンマークにぶつかって転覆(動画)、転覆艇に乗り上げエンストした5号艇渡辺豊(今シリーズ選手代表)がエンジン回復もスピードが乗らずに不完走失格です。

 11Rが始まりました。人気の中心になりました2号艇山口剛が13トップスタートからの捲りで1着になりましたが、捲られた1号艇平本真之が波に引っ掛かって落水、捲り差しを狙った4号艇藤井理も巻き込まれて落水(動画)です。

 本日最後の12Rは当地約5年ぶりのブランクを感じさせない走りで2着3本の1号艇正木聖賢がインから主導権を握って独走ぶっちぎり。しかし、混戦の2着争いを2周2Mの全速から3周1Mの差しで制した2号艇松村康太が3周2Mものすごい旋回を披露し、蒲郡G1オールジャパン竹島特別覇者である正木選手を差しきる大逆転1着ゴール(動画)。エンジンの仕上がりもそうですが、南追い風7m波高10cmの水面を果敢に攻める度胸もなかなかです。なんかデビュー初優勝しそうな勢いですね。

【日曜競馬キルトクール】

 中山G2ラジオ日本賞セントライト記念のキルトクールはシグナリオ。前走新潟佐渡特別(芝2200m1000万条件)は54kgの軽量で2番手追走も、55kgを背負ってムチを振り回した女王様コスモプラチナの逃げ切りを許すていたらく。1000万のサド特別すら4馬身ちぎられたのにG2では余計勝てないでしょう。

 ◎ダイワスカーレットの勝ちっぷりが注目される阪神G2関西テレビ放送賞ローズステークスのキルトクールはドンガバチョ覚悟でポールポシジョンの1枠1番ベッラレイア秋山真一郎を降板させての乗り替わりが凶に出そうな気がします。

ブラックホークがアメリカンボスを差しきった伊丹選手権

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 勝利に燃える栄冠は誰の手に。初日1Rでいきなり岩口留男1000勝達成のメモリアルから始まった6日間シリーズ尼崎日刊スポーツ杯争奪伊丹選手権競走
 最後を飾る優勝戦は兵庫のアメリカンヒーローから兵庫のアメリカンボスへ(動画)、地元の吉田俊彦が1号艇でイン速攻狙います。それに対し2コース進入は2号艇、博多は南海のホークス田頭実。南海の鷹が獲物を捕らえきるかどうか。果たしてアメリカンボス吉田は13トップスタートの黒鷹田頭に対し18とややスタート劣勢でしたがインから先マイ。しかし田頭の鋭い早差しが入って先頭は田頭のものに。吉田は2M差し返しを狙うも3コース2番差しから突っ込んできた3号艇松村敏に突っ込まれて2番手キープが精一杯。独走となった田頭がSGV2の貫禄にものを言わせ通算37回目の優勝であります。

 東京勢をまとめるペラグループO2ブランドの優しき総帥乙津康志は優出こそなりませんでしたが初日連勝で準優10R2号艇と今節好調。シリーズのラストランも乙津なレースに期待(動画)の10R選抜戦1号艇でしたが、2コースに入った2号艇はシリーズ3日目の7月1日に還暦を迎えた新A1レーサー佐久間理がいぶし銀の小回りで乙津を差しきり1着。6日間乙津かれ様でした。

 それにしても、センタープールの新しい顔になりつつある若手の実況アナは千葉ちゃん路線を受け継いでいい味だしてますね。結構気に入ってます。
山室さんは優出5号艇5着


徳山日本モーターボート選手会会長杯争奪U45選手権優勝戦

 先月のKRY山口放送杯シニア選手権と対をなすヤング限定の一戦は3コースに入った東京湾海賊団の5号艇山田竜一が笠戸湾制圧を狙って強攻策も、これをブロックしてのイン先マイで押し切った1号艇西川新太郎が竜鯱まくり差しに切り替えた山田を振りきり通算3度目の優勝。昨年11月に下関美祢組合開催39周年競走で初優勝を飾った西川は愛知支部ながらV3のうちの2つが山口県ということになります。
 尚、今節選手代表の4号艇清水攻二は大外進入になるもBS差し伸び、2Mかかりの効いた小回り旋回で3着に入ってます。

下関一般競走優勝戦

 松井と繁が揃った今節、岩井繁は優出なりませんでしたが松井賢治は優出1号艇。そして王者の逃げを披露した松井が通算3度目の優勝。向かう所各メンバー殺到の1Mを差した3号艇堤昇が混戦の2着争いから2Mためての差しで抜け出し2着。
 尚、2周2Mで4号艇角浜修がもたついてるところに2号艇松江秀徳が突っ込んで松江はエンスト(動画)です。

 優勝した松井は2005年4月の唐津一般競走以来となる久々の優勝。この間B2に落ちたり、三国名物おはよう特賞でその他扱いされる屈辱を味わったりしましたが、やっとトンネルを抜け出しました。

【双子優出のG3JAL女子リーグ戦】

 来年は津で開催されるG1企業杯JAL女子王座決定戦と同じJALの冠が付く今回のG3女子リーグ戦JALカップスターフライヤーのお膝元北九州市の若松競艇で開催。
 優勝戦は1352/64の進入から1号艇淺田千亜希がイン01タッチスタートで速攻勝ち狙うも、6号艇池田浩美が5カド02タッチスタートからの捲り差しで淺田千を捕らえます。
 そして3コース捲り差しから3番手航走の2号艇森岡真希が2M振り込み、そこに4号艇倉田郁美が突っ込んで倉田は転覆、落水の森岡は妨害失格(動画)となるアクシデント。
 事故が起きた事で2周1Mが最後の勝負所となり、淺田千はBS舳先を入れようと差しに行きますが結局舳先かからず、逆にBS池田に外から締め込まれて万事休す。5号艇池田明美(4着)との双子優出を果たした池田浩美が通算4度目の優勝を飾りました。
 残念ながら2着に終わり、車はA級ライセンスなレッサーパンダのドンちゃんも残念がってそうな淺田千の次節が11日からの江戸川アサヒビールカップであることは何度かお伝えしてますが、淺田千の凄いところは24日から芦屋G3企業杯アサヒビールカップにも出場するということです。このアサヒビールカップ連続斡旋はビール好きな淺田千らしい斡旋といったところでしょうか。

 尚、一般戦の8Rでは152/463の進入から2コース捲って先頭の5号艇岩崎芳美(+07)を筆頭に、1号艇野辺香織、2号艇喜多那由夏(+02)、若松で威力を発揮しそうな苗字は4号艇平田さやか(+10)と4艇F喜多那。
 ということで4艇に引導が渡された結果6号艇川邉加奈子と3号艇犬童千秋の2艇のみが生き残りました。2艇の割にはレースは熱く、1M差しで2番手の犬童が繰り上がり先頭になりかけるも、2周2Mで川邉の差しが入り、3周1M先制で犬童に引導を渡した川邉が1着になっています。

 最後に、この日は川崎でもオール女子戦のナイターレースG3ホクトベガメモリアルスパーキングレディーカップが行われ、必死のスパンキングで逃げ込み図るレイナワルツを軽々捕らえた1番人気のメイショウバトラーが6馬身差の圧勝でG3小倉大賞典を含む重賞V7達成です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ