ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

松本博昭

江戸川競艇は本日から9日までデイリースポーツ杯

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 お待たせいたしました。江戸川競艇今シリーズは第32回デイリースポーツ杯。今日から9日までの6日間のロングランシリーズです。開幕レースを迎えています。初日のトップレース第1Rの対戦の6選手の登場です。
 06トップスタートを見せました2号艇松本秀樹にいいダッシュが付いて捲りに行きますが波に引っ掛かってしまい、捲り差しで松本の懐を突いた3号艇野末昌男1着でゴールイン。
 そして松本のもたつきに後続がもつれ合ってしまい、松本に乗り上げた5号艇横井健太と、横井を飛び越えた1号艇中元浩司は大きく遅れをとってしまいました。2艇とも航走を再開いたしますがスピードが乗らず、「先頭…1番の中元が5着でゴールインです。(動画」と、仲本工事はボートを破損しながらも完走を果たしたものの、エンストからの再始動空しく横井は時間切れ失格でした。そして2着入線の松本には不良航法が適用されました。

 人機一体となった各レーサーによりアグレッシブなレースが相次いでいます水面上です。さあファンファーレが鳴り渡りました第8Rを迎えております。1号艇の牧原崇が華麗なる弧を描くインモンキーで1着になりましたが、不良航法(動画)を適用されています。おそらくマイシロを取りすぎたからでしょう。
 尚、このレース41スタートで4着だった4号艇小島幸弘G1江戸川大賞覇者湯川浩司の師匠)は3号艇の前半第3Rも41スタートで4着でした。

 デイリースポーツ杯のタイトルを懸けまして今日から始まりました江戸川競艇。各レーサーが激しい攻防戦を見せました第10Rは1号艇清水敦揮が先行し、順走の2号艇笠井広幸と2番差しの3号艇岩井範光で2番手接戦も、2Mで2艇まとめて差しきった笠井が第2R(5コース捲り)に続く1着ゴール。差された清水が2着となり、3番手の岩井は2周1M内から5号艇山本英志にボートを併せられ3番手争いに。2周2M内から先に回った山本は4号艇中村裕将に前をカットされ、HSは2周2M差した岩井と中村ゆうしょうで3番手争い。そして3周1M先に回った岩井が単独3番手になりますが3周2Mターンが膨らんでしまい、3周2M鋭い差しを見せた山本が5番手から一気に岩井に追いつき、判定の結果3着同着(動画)となりました。

 北寄りの風が緩やかに吹いています水面上に今シリーズの有力処が一斉にピットを飛び出してきました。江戸川選抜戦の第12R(北東向かい風4m波高5cm)を迎えております。11トップスタートの1号艇鈴木博がすんなりとイン戦を決め1着になりましたが後続は接戦で、順走2番手の2号艇松下知幸を外全速で行った5号艇小畑実成と捲り差しの6号艇一宮稔弘が追いかける展開となり、2Mで一応SGウイナーの小畑が格の違いを見せた全速戦で通算優勝回数0回の松下を捲りきって2着に。小畑に捲られた松下は一宮に差され4番手に後退です。しかし2周1M一宮を差し返した松下が3着を奪っております。

 尚、今シリーズは最終日が予定されております9日のみ桐生G1赤城雷神杯との併用発売であります。

戸田報知新聞社杯優勝戦

 併用無しの単独開催にもかかわらず、4日目の日曜日には予想を大きく上回る約7900人を集めて蒲郡SGモーターボート記念の売上(最終日45億3497万5700円節間合計158億8073万5600円)を食ってしまった報知新聞社杯のファイナルは赤いカポックのやつを除いて好メンバーとなり、1号艇柏野幸二がイン09トップスタートから楽々押し切り今年2度目、戸田2度目、通算33回目の優勝。賞金84万2000円と副賞のデジタルカメラを獲得した柏野はウイニングランで使用済みグローブをファンに投げるごきげんぶり。
 後続は3コースから捲り差した5号艇室田泰史に6号艇渡邉英児が続き、2Mえいじを捌ききった室田が2着をがっちり確保しました。

下関一般競走優勝戦

 スタート展示でインを奪った2号艇後藤正宗が本番でも鋭発ピットでインを奪い、スタート後も1Mを先に回り1号艇吉田俊彦の差しを振りきり、2Mでもトシちゃんの鋭い差しを振りきった後藤は通算V6となる優勝ゴール。正宗の前付けは伊達じゃありませんでした。

 下関次節は12日からいよいよG1競帝王決定戦。16日からは江戸川でもG3江戸川モーターボート大賞トライアルとの併用発売を行うこの競帝王決定戦は昨年の競帝王金子龍介に、前哨戦の丸亀SG競艇王チャレンジカップを制した三嶌誠司といった面々が参戦予定です。

唐津一般競走優勝戦

 4000番台の最年長である1号艇の84期4000松本博昭が気合いの踏み込みイン01タッチスタートで1M先制押し切り、通算5回目にして唐津初優勝
 後続は2コース順走の2号艇井口佳典が2番手、3コース捲り差しの5号艇森が3番手でしたが、2周1M内から併せた森が井口に急接近し、2周2M内から牽制した森が大逆転の2着。
 森が井口を大逆転というと三重支部の覇権争いみたいな感じですが、この森は三重の森竜也(本日から常滑日本モーターボート選手会会長賞出場)ではなく、岡山の森秋光です。

濱野谷憲吾競艇ダービー杯参戦!〜美智子すごいよ美智子

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年は平和島東京ダービーV4を達成すると同時にムテキング襲名とお伝え(動画)された東都の大エース濱野谷憲吾。3月には同じ平和島でSG総理大臣杯を制し、優勝後海外で家族旅行を満喫した濱野谷ですが「自分への褒美は終わり。新たな目標に向かってチャレンジです。」と平和島では有言実行と書いて濱野谷憲吾は早速蒲郡G3企業杯中日カップでニヒルなダイナミックケンゴ様を襲名(動画)し、続く多摩川さつき杯では約7年8ヶ月ぶりの多摩川Vで苦手水面を克服。そして6日のTokyo bay pirates結成記念イベントでは白いスーツをニヒルに着こなしハマーノヤリムジンから颯爽と降り立ったのでした。

 その東京ダービー王濱野谷が「全国の水面を制覇するため彼らは動き出す。見逃すな!」のTokyo bay piratesキャッチコピー通りに2004年SG笹川賞以来約3年ぶりのセンタープールを制覇するため昨日から超目玉として尼崎競艇ダービー杯に参戦。
 記念以外では1997年7月の日刊スポ−ツ杯争奪伊丹選手権競走以来なんと約10年ぶりのセンプル参戦となる濱野谷ですが、今までは感性の男。しかし今年はペラを研究で努力の男。結果の出方も違います。今まで以上にスケールアップ完成度増して驚異の強さを今年は披露(by高橋貴隆アナ)してますから優勝お持ち帰りはノルマといっていいでしょう。
 
 ということで競艇ダービーを発行し、かつてはダービーレグノの馬主としてもお馴染みだったダービー社のタイトル戦はスペシャルなメンバーで少々非日常を感じさせる4日間決戦です。もちろん濱野谷はその中でも特にスペシャルな存在ですが、6号艇1回乗りの初日競艇ダービー選抜戦は3コースに入るも18とスタート後手を踏んでしまい、先捲りで抵抗も無理捲りで武庫川方面に流れ5着敗退。かかり命の濱野谷にかかりが来ませんでした。

 点増しとはいえ5着に終わった初日の巻き返しを期したい今日の濱野谷、1号艇の12Rは必勝態勢でしたがイン28と立ち遅れた濱野谷は白浜になってしまい、5号艇カワカミプリンス川上昇平の4カド捲りを許してしまい、小回りで2着に残すのがやっと。優出へ向けて連勝条件となった3日目は11R2号艇と、シード番組8R4号艇の2回乗りです。

 ちなみに濱野谷の2日目は11Rの他に9Rも5号艇で乗艇。この9Rは6号艇で乗艇予定だった菅沼佳昭が前半3Rでイン戦も山野陽一の4カド捲りに抵抗しての5番手追走から2M差しで3号艇小暮茂を抜いて4番手へ。しかし2周1M菅沼が振り込んだところに小暮が突っ込み、転覆した菅沼は妨害失格に。菅沼は負傷帰郷となって9Rを欠場、5艇立てになったのでした。
 5艇立てとなって勝利への可能性がぐんと高まった濱野谷は2コースに入り必勝態勢を敷きますが、にんげんドキュメント女23歳競艇にかける4号艇西村美智子が4カド01トップスタート捲り一撃で突き抜け1着。美智子濱野谷に勝ったよ美智子
 美智子に捲られた濱野谷は大外二段捲りの3号艇村上彰一にも捲られてしまう苦しい展開。それでも2M差しで2艇を捌いて3番手を確保し、最後は2着の村上に0.1秒差まで追い詰めましたが、美智子の3着に負けた事にかわりありません。

 2007年賞金ランキング1位の濱野谷を負かす大金星を挙げた美智子はこれで予選得点率トップ。95期生として2004年11月にデビューして約2年半、「デビューしてから一番の足。こんなに出た事がない(破顔一笑)」と、携帯マクールのコメントからも美智子超抜だよ美智子が伝わってきます。得点率2位の白石健も「西村さんには…もう…無理…」と足に関しては白旗健です。
 競艇学校に合格する前は教職目指して神戸女子大学に入学した過去を持ち、いわば美智子にとって兵庫県は準地元。そのセンプルで大仕事が出来るか、3R1号艇と10R6号艇がひとつの踏ん張りどころですね。以上でございます。

若松日本トーター杯争奪戦優勝戦

 多様化する公営競技運営に即応するITから、ファンの夢を広げる未来構想にいたるまで、公営競技にベスト・ソリューションを提供する日本トーターのタイトル戦は4号艇守田俊介が4カド13トップスタートも機力劣勢でスリット後全く伸びず、内艇に伸び返され何も出来ず6着。
 対して2コース26と2番目に遅いスタートながら機力と1号艇イン川北浩貴の33スタートもあって2号艇松本博昭がすんなり先捲りで先頭に立ち通算4回目の優勝。大外から捲り差した6号艇森定晃史が2着でした。
東京G2京王杯スプリングカップキルトクール】

 実質牡・せん馬限定の1400m戦、キルトクールはエイシンドーバー。右回り(6.6.1.5)に対し左回り(0.0.1.3)と左回りが苦手なのが最大の根拠。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ