ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

柴田光

新鋭王座直後の浜名湖はAKIRAと克洋のワンツー。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 浜名湖競艇今節はネオヒーロー決戦G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦の余韻さめる間もなく先週金曜日から始まった4日間短期決戦福島民報創刊117周年記念ふくしまグリーンカップ

 ここ2節群馬支部が優勝してる浜名湖競艇ですが、今節の優勝戦にも群馬支部本橋克洋が4号艇で優出。
 スタート展示は124563の並びでしたが本番は2号艇中岡正彦が鋭発ピット離れでインを奪い214/563の最終隊形。
 ですが、2コースになった1号艇一瀬明が中岡をすかさず差しきり、克洋の2番差しを振り切って2Mをトップで回ったアキラは昨年1月桐生JLC杯以来となる通算22回目の優勝
 群馬支部浜名湖3連続Vこそなりませんでしたが克洋も2着に入り、先月11日のK-MIXカップ2着の進藤侑から始まった群馬支部浜名湖優勝戦連続2連対を4に伸ばしました。

 さて、浜名湖今節は初代ベイパのアキラと共にミスターチルト3度阿波勝哉が参戦。
 今節は18番の大外捲りで2勝を挙げましたが、10日からの鳴門商工会議所会頭杯競走でいよいよ阿波の鳴門競艇(阿波エクスプレス高速鳴門バス停徒歩数分)に参戦。
 施行者希望の斡旋でほとんど埋まってしまうせいかチルトマックス+1.5度の阿波鳴門競艇には2006年8月の鳴門市議会議長杯競走以降斡旋がありませんでしたが、約3年半ぶりに阿波の地へ帰還です。
 阿波の阿波ファンに阿波エクスプレス大外捲り一撃を連日見せてバレンタインに念願の阿波鳴門初Vを飾れるかに大注目です。


蒲郡中日スポーツ賞龍神杯争奪戦優勝戦

 124/356の進入からカドの3号艇佐竹友樹がスタート展示の33タイミングから一変した10スタートを決めて一気に捲る展開に。
 佐竹友樹は1号艇志道吉和に抵抗されながらもねじ伏せますが抵抗された分流れ、2号艇柴田光の差しと5号艇久富政弘の捲り差し、更に4号艇野澤大二の差しが2艇に続く展開に。
 そして2M先頭で回った柴田がひかるチャチャチャと抜け出して前走地浜名湖日本トーター杯アタックに続く通算19回目の優勝。2M野澤を行かせて大事に捌いた久富が2着。

 福田康夫元首相のお膝元群馬県から参戦の柴田光は新鋭王座を制した同門の後輩毒島誠共々今年は常昇桐龍うなぎのぼりですね。
福来たる!?つよし

 さて、龍といえば今節のレーススポンサー中日ドラゴンを真っ先に思い出しますが、蒲郡競艇場の外向発売所は全国初のコンビニエンスストア(サンクス)を併設したボートウイング
 昨年10月5日のオープニングセレモニーには選手を代表して永井聖美が参加しました。

 それに先立ち、昨年10月1日には大村競艇の外向発売所ブルードラゴンが全国初の有料席(100円)を設置してリニューアルオープン。
 ブルードラゴンでは7時30分から早朝前売発売モーニングブルードラゴン、すなわち朝青龍を実施してます。

深川ドンと構えた不動のイン戦で全日本王者の座をあっさりめし取る

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今年最初のG1、唐津競艇開設56周年記念G1全日本王者決定戦が本日最終日。
 優勝戦は4号艇今村豊が2コースに入り、ピット出遅れた3号艇川上剛が回り込んでカド受け4コース進入の1423/56の並びに。
 そしてインにドンと構えた1号艇深川真二(佐賀)が10トップスタートの深川不動の堂々たる速攻でぶっちぎり、通算46回目にして昨年6月G1佐賀新聞社杯唐津モーターボート大賞に続く2度目のG1優勝をかなえました。
 後続は順走の今村豊が2番手も、2M内に艇を伸ばしてきた5号艇井口佳典を包んだ際に流れ、1Mの攻めを深川に門前仲町払いされての外マイから2M差した2号艇今垣光太郎が2周1M先行して逆転2着。
 2周1M今村豊は91期たけし軍団長に押っつけられてしまい。その間隙を突いて内を回った井口が逆転3着。
深川不動堂深川不動参道入口


浜名湖日本トーター杯アタック優勝戦

 前付けキバタと化した5号艇柴田光(群馬)が動いた15/23/46の進入から1号艇・静岡の獅子堤昇が先行するも掛かりが悪く流れてしまい、2号艇角谷健吾のつけまいを張る事には成功したものの柴田と3号艇佐口達也(群馬)の群馬コンビに差され3番手。
 そして10トップスタートから早差しの柴田が2007年9月児島デイリースポーツ創刊60周年記念以来となる通算18回目の優勝

 2番差しの佐口は2M堤の包み込みを振り切り、2M差し込んできた4号艇藤生雄人(群馬)を2周1M行かせて差しきり、2周2M内に切り返してきた堤を行かせて捌き、3周1M堤の外全速戦をこらえきって3周2M先に回り群馬ワンツー完成。


 さて、明後日からのG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦(初日開門予定9:20)を前に「全国スター候補・地区スター候補交流会」を本日浜名湖ロイヤルホテルで実施した浜名湖競艇。
 それに先立ち、同日と前日は全国スター候補・地区スター候補の講習会が行われ、現役競艇選手からは原田幸哉大嶋一也が特別講師を担当したそうです。

常滑スポーツ報知杯争奪ウインターカップ優勝戦

 162/345の進入から3号艇安藤裕貴(愛知)が04トップスタートを決め、これに対応して2号艇飯島昌弘と6号艇白水勝也が先捲り合戦で抵抗。
 飯島は白水を捲りきるも抵抗された結果大きく流れてしまい、展開ドンピシャに捲り差した安藤が単独先頭に立ち、2007年9月蒲郡菊花ナイト特別以来となる通算9回目の優勝
 常滑前節睦月特別では弟子の99期4409坂元浩仁がデビュー初Vを飾りましたが、今節は大将のAnchangがVを飾って師弟で2節連続V。

 後続は4号艇島田一生と5号艇渡辺豊が捲り差しで続き島田が2番手になりますが、2M先行した島田を一生懸命に差した渡辺豊が逆転。
 4番手の飯島も2周1M内に切り返し2番手争いに加わろうとし、ここは渡辺豊が包み島田が差す展開で不発に終わりますが、2周2Mで前の渡辺豊を深追いしてもたついた島田を飯島が一気に捲って3番手逆転。
 飯島は3周2M渡辺豊の内に潜り込んでゴール寸前2番手接戦まで持ち込みますが、ここは渡辺豊がなんとか粘って2着。


 ここで来月2日から始まるG1東海地区選手権競走の情報。
 昭和特撮映画チックな特設サイトが13日に開設されましたが、それによるとシリーズ5日目の6日土曜日には原田幸哉のそっくりさんタレント原口あきまさが来場するそうです。

 ちなみに原口あきまさはタレントの福下恵美と結婚を前提にした交際をしている事が本日付けのサンケイスポーツで記事になり、その後正式に交際を発表しました。
総天然大迫力東海大決戦

【森永小枝を】枝尾賢、2周1M笠原亮の捲りに屈して初優勝逃す。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 さまざまな表情を持つ「かながわ」の「今」を伝えています神奈川新聞社のタイトル戦平和島神奈川新聞社賞。ファイナル優勝戦は水の上では先輩も後輩も無いという師匠の教え通り、インの1号艇笠原亮に対し4カドの4号艇後藤正宗がつけまい一発決めて先頭に立つも、2コースからくるっと差した2号艇枝尾賢の差しが入り両者ラップ。2M魂のフルターンを放つ後藤に対し、内から後藤を張って回った枝尾が単独先頭。そして笠原はここで後藤を差し2番手に浮上。
 枝尾デビュー初優勝は目前というところまで来てましたが、2周1M差しを警戒して落として先に回った枝尾に対し
外全速1号艇笠原さあキタ━(゚∀゚)━ !!決まったぁ!1号艇笠原一気にここは捲り一発決まって先頭。(動画
 この捲り一発で笠原大逆転、枝尾は後藤に差されて結局静岡の服部幸男影の軍団によるワンツー。多摩川SG総理大臣杯を含む記念V3の実力者笠原は今年V4、通算19回目、平和島2回目の優勝とお伝えしておきます。そして一度は先頭も無念の3着だった枝尾、ここは日本のやさしいチョコレート森永小枝をつまんでサクッとひとやすみして8月2日からの蒲郡サマーナイト特別に向け気持ちを切り替えましょう。

 平和島次節はいよいよ31日からG3企業杯キリンカップ。ミスター平和島野澤大二を筆頭に強豪多数参戦ですが、森永LOVE枝尾賢の次は森永淳が東京ベイに参戦です。シリーズ5日目の4日には昨年に続いての参戦となる電撃ネットワークのパフォーマンス、そして今節は阿波勝哉パフォーマンスがありましたが、4日には高円寺阿波踊り「舞蝶連」パフォーマンスがあります。

戸田日刊ゲンダイ杯優勝戦

 さいたま4人vs吉○選手2名の対決になった優勝戦は3号艇濱崎直矢がカド受け4コース04トップスタートから一気の捲りで内3バイを飲み込み優勝。今年2月にサンケイスポーツ旗争奪尼崎選手権競走を制し、初優勝にしていきなり選手権レーサーの仲間入りをした濱崎は通算2度目にして戸田初優勝。ちなみに選手権では愛知の吉田徳夫を負かしましたが、今回は愛知の吉田隆義を負かしました。
 イン戦濱崎に捲られて通算V2ならなかった1号艇中村尊はBS伸び返し、2M捌ききって2着入線。

 さて、戸田競艇ではスカッとさわやかアクアマリンカップ2日目にして戸田橋花火大会開催日である8月4日に豪華ショー3本立て。
 内訳は日本クラウンレコード創立40周年記念歌手神園さやかショーが10時10分と13時30分頃、次いでNARUTO大渦大ショーが17時から、そして締めにローラーヒーロー・ムテキングでお馴染み水木一郎ショーが17時40分から開演です。水木一郎ショーは雨天中止ですが、これは楽しみですね。

唐津JLC杯優勝戦

 たっぷりと水を蓄え今日梅雨明けしました。まぶしい太陽に照らされた水面で迎えた最終日(動画)。優勝戦はG1江戸川大賞で記念初優出を果たした地元の4号艇松江秀徳が4カド07トップスタートから一気の捲りでプロペラを叩き直した成果を見せて唐津2回目、通算8回目の優勝
 97期の一番星として2号艇で優出を果たした山口達也はチルト+1.5度の大外鉄腕DASH戦から捲り差しに行きますが、惜しくも松江に届かずの2着で97期初優勝一番乗りはおあずけでした。

住之江スポニチ杯争奪阪神杯優勝戦

 兵庫支部5人vs大阪支部1人の優勝戦は1号艇白石健が順当にイン戦決めて阪神杯V2、今年V4、住之江3回目、通算では31回目の優勝で、更に通算700勝達成。
 後続は4カド捲り差しの4号艇廣瀬将亨が2番手で兵庫支部ワンツー態勢も、廣瀬に捲られた2号艇は唯一の大阪支部平岡重典が2M懐小回りで差を詰め、機力の違いでHS伸びた平岡が2周1M廣瀬に突っ込んで逆転。兵庫支部ワンツーから一転大阪府民ワンツーとなりました。  

若松ビッグベアーズカップ優勝戦

 ヘルシーでウマンなピザをデリバリー。宅配ピザビッグベアーズのタイトル戦はデビュー初優出の地元98期新鋭は6号艇下河雅史が03トップスタートで初V目指すも、2コース09スタートの2号艇角浜修が先捲りで抵抗し、下河の捲り差しを振りきって通算18回目の優勝
 今期適用勝率2.54・通算4勝で乗り込むも、今節だけでなんと3勝もした確変で初優出となった下河は2番手航走、道中1号艇作間章に追い上げられて最後は完全に差されるも、0.1秒差粘りきって2着に入る大健闘です。

浜名湖公営レーシングプレスアタック優勝戦

 HSBC女子世界マッチプレー選手権宮里藍は優勝戦で李宣和に敗れて2着に終わりましたが、ここの1号艇興津藍は鋭発ピット離れの5号艇柴田光にインを取られて2コース進入。そして柴田を差せず3番手争いの一角を担うに留まった藍ちゃんは2M差しで3着争いを制するのがやっとでした。
 インの鬼キバタと化して気迫の01タッチスタートから押し切り柴田前付けみのるになった柴田光は昨年7月の江戸川内外タイムス杯以来となる通算16回目の優勝。3コースからの捲り差しで藍ちゃんを捲った2号艇山口浩司が2着でした。

 ところで、柴田光の地元桐生競艇では明日からSGオーシャンカップが始まります。今回のOCでは公営レーシングプレス特別版が発行されて、全国の競艇場及びボートピアで無料配布中です。
 そして自分も参加しているK-BATTLEの今回大会は「行くぜ!ドラちゃん!夏夜の花火を打ち上げろ!」(ルールはこちら)です。ちなみにドリーム戦ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ