ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

桐生順平

【レナ】多摩川バニラビーンズカップは桐生順平が優勝【リサ】

 4000番台以上限定の男女が均等に斡旋された企画開催ながら初日から男女ガチンコで戦った多摩川の2個準優制6日間シリーズバニラビーンズカップ〜彼と彼女とバニビの夏〜多摩川アイドルレーサー混合戦!!

 陸上の是政夢劇場では本日アイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWAのVol.5が開催され、北欧の風に乗ってやってきた清楚でイノセンスな雰囲気を持つオシャレ系アイドル「バニラビーンズ」に加えて「しず風絆〜KIZUNA〜」と「lyrical school」が出演。
 オープニング前と各レース中にミニライブが行われると共に、CD購入者を対象としたイベントも実施されました。

 また、水上の是政夢劇場ではファイナル前の選抜戦2つが10R北欧の風選抜戦11Rレナ&リサ選抜戦と名付けられて、開催名になったバニビにちなんだ名前が付けられました。


 北欧の風に乗って是政夢劇場千秋楽の幕が開いたバニラビーンズ優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇桐生順平が押し切り、オールスターボート笹川賞2年連続出場で今年はSG初優出を果たした才色兼備のアイドルレーサー桐生順平は今年2回目・地元戸田以外では初・通算3回目の優勝
 2着には捲り差した通算優勝回数最上位の3号艇前田将太が入り、2連単240円3連単136で960円の本命決着。

 オーシャンカップ優勝戦のレース時間と被りながらも多くのファンが集まった表彰式(レース&表彰式動画)にはバニビの2人も登場し、副賞としてバニビの新曲CD「ノンセクション」と写真集「月刊NEOバニラビーンズ」が贈呈されました。

 桐生順平が退場した表彰式終了後もステージイベントは続き、場内で実施された「出場選手応援総選挙」の開票結果が発表されました。
 結果は1位が地元市村沙樹、2位が優出紅一点の5号艇藤堂里香、3位が芦村幸香と桐生順平の同数で、桐生順平はファン投票でも男子選手の1位でした。

 そして、次回アイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWA Vol.6は10月8日祝日から13日土曜日まで開催されるG3女子リーグ第4戦リップルカップの期間中に開催予定という事が発表されました。
バニビカップ副賞贈呈バニビカップ表彰式出場選手選抜総選挙結果発表

バニラビーンズカップ多摩川アイドルフェスVol.5



尼崎SGオーシャンカップ優勝戦

 枠なり5vs1の進入から1号艇井口佳典が押し切り、今年4回目・尼崎2回目・SGV5となる記念V10で通算44回目の優勝

 後続は差した4号艇服部幸男が2番手、外握った3号艇森高一真が3番手で、森高が5号艇今村豊を行かせての2M差しで服部先生に迫り2周1Mを先制しますが服部先生が行かせて捌ききり2着確保。

徳山九州スポーツ杯争奪真夏の覇者決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1Mを先行した1号艇深井利寿がやや膨れて2号艇岡瀬正人と4号艇鈴木博に差されそうになるも回りきってからの足の違いで振り切り、今年の児島キングは今年2回目・徳山初・通算8回目の優勝で真夏の覇者に決定。
 後続は2番差しで2番手の鈴木ひろしが2M手前で切り返してきた岡瀬正人を行かせて捌き2着。

【トダキリュウ】100期4444桐生順平が22度目の優出で初優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 先週10日にSG東日本復興支援競走が無事終了した戸田ボートコースのお盆開催はオール埼玉支部による準優3レース制5日間開催戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯

 優勝戦は「戸田と言えばこの人。動画)」にして「地元の大黒柱。コーナーのエキスパート。動画)」の平石和男(上尾市)が埼玉支部看板レーサーの名に恥じないオール2連対の成績で1号艇。
 しかしレースは枠なり3vs3の進入からダッシュ勢が好スタートを決め、11スタートの4号艇桐生順平(さいたま市)がチルト+0.5度の伸びも合わせてスロー勢を一気に捲りきり先頭。
 捲られた平石和男は差してきた2号艇・桐生順平の師匠西村勝(さいたま市)を2M差し返して単独2番手に上がり桐生順平を猛追。
 初V目前の桐生順平は「道中平石選手に抜かれるかとヒヤヒヤでした。」とドキバクの心境だった様子も2周2Mで平石和男の差しを振り切ってセーフィティリードを取り、福島県石川郡石川町の学校法人石川高校出身で兄に競輪選手桐生卓也を持つ100期4444桐生順平は22度目の優出で念願のデビュー初優勝を飾り、副賞のオリンパスデジタル一眼レフカメラも獲得しました。

 さて、桐生順平は今年のオールスターボートレース尼崎SG笹川賞に選ばれたのを筆頭に高い人気と高い勝率を持ってましたが、ここまで優勝は無し。
 これまで21度の優出中1号艇での優出も4度、準優1号艇は今節を含め多数あるなどイン戦で勝ちきれないのも優勝できなかった理由の1つですが、22度目の正直でやっと優勝した事により勝負弱さを払拭できそうです。

常滑名鉄杯争奪2011納涼お盆レース優勝戦

 SG東日本復興支援競走優出選手が3人出場して3人共優出した豪華メンバーの名鉄杯は枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩二が04トップスタートの速攻を決め、今年5回目・常滑7回目・通算36回目の優勝で名鉄杯は昨年に続く連覇でV3。
 2着には差し順走の2号艇菊地孝平が入り、SG優出組のワンツー。


 ちなみに今節名鉄杯は3日目の15日に池田浩二の師匠上島久男元選手の引退セレモニー(ニコニコ動画)が開催され、今節出場選手の榊原直樹永井聖美北野輝季も出席して上島隊長の引退セレモニーに花を添えてます。
 
 また、今節からとこなめいぶつ常夏の発走フィラーがマイナーチェンジ。
 エメラルドグリーンのパレオを纏ったハワイアンガールズはそのままに、エンディングが今節2日目の14日に来場したSKE48とこなめもっと×2盛り上げ隊!!仕様になってます。


滋賀県知事杯争奪びわこカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇中村有裕が捲りきりますが、内枠3人も伸び返してBSは4艇接戦。
 ですが、中村有裕はきゅうきゅうな展開も艇を内にガツンと締め込む力技で2Mを先行し、そのまま抜け出す事に成功して今年2回目・びわこ8回目・通算32回目の優勝

 残る3人による2番手争いはBS最内にいた3号艇繁野谷圭介が中村有裕の引き波にのまれ、その外にいた2号艇川北浩貴は中村有裕の外に艇を持ち出して握り込むも流れ、更に外にいた1号艇守田俊介が2艇を差しきり2番手争いで有利に。
 2周1Mは繁野谷圭介が内に切り返すも守田俊介が俊敏に行かせて捌き、2周2Mは2周1M外握った川北浩貴が内に潜って先行するも守田俊介が俊敏に行かせて捌き、単独2番手をキープ。
 最終3周2Mで川北浩貴の差しが迫って再度接戦になりますが守田俊介は粘りきって2着を守りました。

児島天領杯優勝戦

 準優3個レースの1着が全部2号艇だったオール岡山支部の天領杯は16/2/345の進入から6号艇川崎智幸(東京都渋谷区在住岡山支部)が46とスタート凹み、対照的に13トップスタートを決めた2号艇柏野幸二が捲りきりますが1号艇吉田拡郎に突っ張られた分突き抜けきれず、捲り差した3号艇茅原悠紀に展開が向きますが茅原ゆうきはターンマークにぶつかって選手責任落水。
 そして、4号艇平尾崇典が事故艇の外側を行っての捲り差しで柏野を差しきり、今年3回目・児島9回目・通算49回目の優勝

唐津市長杯争奪お盆特選優勝戦

 124/536の進入から1号艇深川真二が押し切り、今年5回目・唐津15回目・通算54回目の優勝
 差し順走の2号艇小野勇作が2着。

賞金王開会式日は電動のこぎり芸術杯優勝戦【チェンソーアート】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 メッカ住之江で20日土曜日から始まるSG賞金王決定戦に先立ち、本日は選手紹介動画)と賞金王シリーズ戦初日が行われました。SG予想大会K-BATTLE(ルールはこちら)にもシリーズ戦に合わせて今日から参戦です。

 1Rで選手宣誓担当の1号艇吉永則雄(大阪)が幸先良くイン逃げ決めた初日のメインは賞金上位選手によるドリーム戦
 今節選手代表にして優勝候補筆頭の田中信一郎が1号艇で、「ペラ全部試したけど、出足からなっていない。この足では厳しいし、現状ではレースにならない。やれる整備はやる。決定戦に負けないいいレースをしたい。」の弱気なコメントなど全く関係なく、地元の1号艇ということで不動の大本命になった一戦は3号艇笠原亮が前走下関G1競帝王決定戦優勝戦1号艇に続いてまたもピット出遅れ、回り込んで枠を死守した前回と違い今回は6コース。
 かくして124/563になった進入から5号艇原田幸哉が04トップスタートから捲り差し入れるもタナシンは寄せ付けず、2号艇中島孝平の差しも振りきって1着。孝平(中島)は2Mで外の原口を牽制しつつ内押っつけてきた6号艇菊地孝平を包んで回り、出口でややバウンドしたものの2着を取りきりまして、孝平対決にも勝利。

福岡チェンソーアートカップ争奪イーバンク銀行賞優勝戦

 12月10日のサンケイスポーツに住之江競艇場をレポートする記事が載るなど、最近競艇づいている夏目ナナが初日の13日に来場した6日間シリーズ。今節は木を切るチェンソーで丸太を彫刻するチェンソーアートの実演及び展示が行われ、優勝カップもレース名通りのチェンソーアートトロフィー。

 オール3連対で優勝戦1号艇になったのは、なんと福岡初登場の100期4444桐生順平(名前は桐生で生まれは福島、支部は埼玉)。100期最高勝率選手として昨年5月に鳴り物入りでデビューした埼玉の桐生は前走地の地元ボートピア岡部カップ開設7周年記念でデビュー初優出を決めたメカゴジラ級(動画)の上昇気流で2節連続優出を決めました。ちなみに兄は競輪選手の89期桐生卓也で、桐生順平自身も高校時代は兄と同じ学法石川高校自転車部に所属し、その実力は全国大会に出場したほど。

 そしてレース本番。桐生が枠番通りインに入った126/3/45の進入から2号艇正木聖賢が17トップスタートも、桐生も19スタートでそんなに差無く1M先行体勢、しかし、赤ワイン色の3号艇樋口亮が20スタートからルネッサーンス!な強つけまいを浴びせ、桐生に手痛い洗礼。
 J≧ー≦しΨ見事なつけまいで2006年9月戸田報知新聞社杯以来となる通算16回目の優勝を飾ったひぐち君は父に大村競艇解説者樋口保宏元選手を持つ二世レーサー。個人的な話ですが、優勝戦にひぐち君の名前があるのを見て、自分が福岡競艇場にいた7日の日曜日に、福岡場内で福岡のオッズを見ながら競艇TV!レジャチャン大村中継でひぐちパパの解説を聴いたのを思い出しました。
 後続は差した正木聖賢と2番差しの6号艇野澤大二の争いになりますが、2M全速の正木が野澤を捲りきり、ここで差しハンドルを入れた桐生が野澤に替わって2番手争いに参戦。しかしなんとか締め切って2周1Mを先に回った正木が2着。

丸亀ゴールデンレース優勝戦

 6人中5人が4000番台、残る4号艇松下知幸(香川)も81期3910と、登録番号の大きい選手が占めたフレッシュな一戦は12346/5の進入から、オール3連対のシリーズリーダー・1号艇郷原章平が剛腕01トップスタートの速攻でぶっちぎり、今年5回目・丸亀初優勝で通算V6のゴウハラマジック。
 後続は順走の2号艇篠崎元志が3号艇中村尊のつけまいをこらえきり、2番差しから2M先行体勢のパナソニックも行かせて捌き単独2番手。しかし、2周2Mでパナソニックの差しが入って2番手逆転。ですが、差された篠崎は3周1M外つけ回って再逆転狙ったところ内のパナソニックがキャビり、ここでゴウハラと篠崎の福岡ワンツー完成。

 さて、今節はまるがめ競艇の決まり手に「まくり差し」が初登場したシリーズにして江戸川代替のゴールデンレース。今節は5日目以降江戸川競艇場で場外発売されましたが、4日目の8646万8500円&利用11132人に対して5日目は1億3480万4400円&利用17500人で江戸川効果がはっきり数字に出ました。

江戸川大賞から一夜明け、明後日からは日本写真判定社長杯

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日のG1江戸川大賞湯川浩司の江戸川初優勝で幕を閉じました。前回当地優出だった2002年12月の一般競走では優出1号艇も失格という苦い結果だっただけにその時の借りも返せましたね。と、本日は昨日のエントリーで書き忘れた事をいくつか。
 江戸川競艇ラリーズクラブ会員限定優勝者当てクイズで湯川に投票された数は14票。他の優出メンバーでは1号艇飯島昌弘が13票、3号艇田中豪が1票、4号艇横澤剛治が18票、5号艇上平真二が6票、6号艇松江秀徳が0票でした。ちなみに自分が投票した渡邉英児は67票で2位、1位は熊谷直樹でした。

 江戸川競艇次回開催は16日から6日間、津G1つつじ賞王座決定戦との完全併用開催である日本写真判定社長杯(前年度優勝賞金100万円)です。主な出場選手は今坂勝広山本寛久林美憲山本隆幸川上昇平野添貴裕といった辺り…って、次回一番の目玉商品を敢えて外しましたが、蒲郡SGモーターボート記念江戸川推薦選手は日本写真判定社長杯に出場する79期3857阿波勝哉です。アワカツのMB記念推薦を祝うかの様に今回は79期3858織田猛と79期3859多羅尾達之が出場して同期3連番が揃い、更には前出の山本寛久も3874ながら79期です。
 その後は、戸田SGグランドチャンピオン決定戦の裏で28日から6日間スカッとさわやかに開催するさわやか杯があり、江戸川大賞追加斡旋ではるばる愛知から参戦した都築正治が再び江戸川に登場。
 7月は、11日から海の日の16日まで江戸川競艇一番の高額賞金一般開催アサヒビールカップ(昨年は150万円)が。今年は戸田サッポロビールカップ(オール女子戦)と全く同じ日程の6日間シリーズでまさに競艇界のビール戦争。アサヒビールカップ一番の目玉商品はやはり淺田千亜希でしょうね。その後は26日から31日まで、前半4日間は桐生SGオーシャンカップとの昼夜併用開催となる東京スポーツ杯ですが、こちらは戸田アサヒスーパードライカップと全く同じ日程。
 尚、江戸川アサヒビールカップ&戸田オール女子戦サッポロビールカップ初日の前日は平和島サントリーカップ最終日で、江戸川東スポ杯&戸田アサヒスーパードライカップ最終日の31日は平和島G3企業杯キリンカップ初日でもあります。と、ここでもビール戦争勃発。

 そういえば、19日に行われるオール女子戦平和島レディースカップ開催記念ファン交流ソフトボール大会の男子選手ゲスト2名が発表されましたね。ひとりは東京支部の若大将深澤達徳ですが、もうひとりはなぜか埼玉支部のエンターテイナー鈴木賢一でした。

桐生東京スポーツ杯初日

 100期4444桐生順平(福島出身埼玉支部・兄は桐生卓也)の桐生初登場レースとなった1R。3号艇の桐生順平はもちろん大外進入でしたが、捲り差しで先頭に立って桐生初陣を見事1着で飾りました。やはり桐生の桐生は一味違うようです。

【G-PRIDE】岩崎正哉が闘魂込めて報知杯連続優勝&トダキリュウ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 戸田スポーツ報知スプリングカップ5日間シリーズの最後を飾る優勝戦の前評判は芦屋スポーツ報知杯争奪GW特選レースからの転戦となった1号艇岩崎正哉と節間オールインだった3号艇前本泰和で一騎打ちの図式でしたが、前本はスタート展示同様枠番通りの3コースとなり進入は1235/46。コース取れなかった前本は捲り戦に出ますが、岩崎にあっさり張られてジ・エンド。G1ウィナー岩崎正哉が格上の貫禄でイン戦押し切り優勝。5カド捲り差しの4号艇白井友晴(埼玉)が2M冷静に捌いて2着でした。
 戸田初、通算29回目の優勝となった岩崎正哉は前出の芦屋GW、4月の福岡スカイパーフェクTV!杯に続く3連続V。そして芦屋に続くスポーツ報知杯連続優勝となりました。かくして、芦屋G1全日本王座決定戦優勝歴がある岩崎正哉が報知杯連続優勝を果たしたわけですが、報知と関係が深い読売ジャイアンツが伝統の阪神巨人戦で常宿にしてるのはJR芦屋駅前のホテル竹園です。ちなみに尼崎センタープール前駅から芦屋駅(阪神)までは230円で、尼崎センタープール前駅から三国駅(阪急)までは410円です。

 ここで優勝戦以外の話題を1つ。昨日の6Rで大外捲りを決めデビュー初1着となった100期新人4444桐生順平(福島出身埼玉在住)。100期では4441末永由楽に続く2人目の水神祭となったのです。
 そのトダキリュウは今節最後の9Rにおいて、5コース捲り差しで1着になった川北浩貴に大外捲り差しで続き、BSでは4カド捲りで展開作った3号艇伊藤誠二浜名湖G1新鋭王座決定戦覇者)を捕らえ、2Mでは2コース差しで内から迫る岩津宅一56歳を包んで回り、2周1Mは内から突っ張る岩津相手に一歩もひるまず、ここは惜しくも捲りきれず3番手になったものの2周2Mで新人離れの差し技を見せたトダキリュウが岩津を差しきり再逆転。見事シリーズ2本目の2着を獲得しました。
 やまと在校勝率1位の7.37を残した大型新人のトダキリュウはボートピア玉川もある福島県石川郡出身で兄に競輪S級選手桐生卓也を持つ公営競技一家。そして登録番号はとっても覚えやすい4444で、しかも戸田競艇テレホンサービス(048-444-4444)も同時に覚えられる優れものです。
 そのトダキリュウの次回斡旋は、早くもドラキリュウアクアンNight桐生東京スポーツ杯です!
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ