ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

桑原将光

江戸川王子桑原将光がデビュー初優勝を江戸川で達成!

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日最終日を迎えた江戸川の6日間開催日刊スポーツ杯

 優勝戦は内枠2人がスタート遅れて3号艇鈴木賢一が捲りに行き、その捲りを1号艇出畑孝典が受け止めきった展開を突いて4号艇桑原将光(東京)が捲り差しを決め、通算5度目の優出にして遂に悲願のデビュー初優勝

 出畑孝典は差し続く6号艇長谷川充を2M包んだ際にやや膨れて、2番手争いは出畑孝典と2M差したスズケンでHS接戦になりますが、2周1Mで出畑孝典がスズケンとハセ充の間を割る捲り差しでスズケンを差しきり単独2番手に。
 出畑孝典に対しBS内からハセ充が迫るものの出畑孝典は包んでかわしきり2着、3着は2周2Mで2号艇後藤正宗がハセ充とスズケンを差しきり逆転3着。

 江戸川周年をはじめG1V6の実績を持つ江戸川の看板選手桑原淳一を父に持つ95期4318桑原将光は2004年11月に多摩川でデビューし、デビュー直後の新人選手は基本江戸川に斡旋されないことから江戸川初出場はデビュー1年後の2005年12月ラリーズカップ
 その後2007年3月の関東競艇専門紙記者クラブ杯初日9Rで江戸川初1着を飾り、以降は江戸川地区スター・江戸川王子として数多くの江戸川開催に出場。
 そして今年5節目の江戸川となった今節、通算5度目の優出にして遂に悲願のデビュー初Vを飾りました。

 ちなみに写真は2008年1月の護岸工事前最終開催日本モーターボート選手会会長賞で江戸川地区スターの襷をつけて選手紹介に登場した時と同日の9R江戸川王子決定戦を制した時のものです。
打倒多摩川地区スター!江戸川地区スター桑原将光初代江戸川ハンカチ王子即位の桑原将光


 ここで優勝戦以外の出来事。
 3Rの1Mで2号艇小川時光が振り込んだ所に5号艇下田哲也と6号艇小澤和也が突っ込んで3艇エンスト失格になり、最初に振り込んだ小川時光が選手責任失格となりました。

芦屋G1全日本王座決定戦優勝戦

 開設60周年記念全日本王座決定戦(特設サイト)ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇深川真二が押し切り、今年の最多1着ゴールレーサーふカガワシンジは前走地尼崎スポーツニッポン杯争奪伊丹市施行59周年記念競走に続く今年8回目・通算64回目の優勝で3つ目のG1Vを飾り、唐津以外でのG1初V。
 後続は5号艇吉田俊彦の捲り差しが2号艇前田将太(福岡)に届き、差し続く6号艇平尾崇典を2M行かせて捌き2着、芦屋イケメンパラダイス前田が3着。

平和島サンケイスポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇武田光史が押し切り、3節連続となる今年4回目・平和島初・通算26回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇山田竜一東京支部長が差し続く5号艇津留浩一郎を2M行かせて捌き2着。

三国かんなづき第1戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇後藤孝義の差しが1号艇金田諭に届き、2M先行で抜け出した後藤孝義は2006年11月津ひいらぎ賞以来となる通算25回目の優勝

 2番手の金田さとしに対し、1M捲り差し不発だった5号艇作間章が2M内に潜り込んで先行し、更に1M外マイの6号艇杉山正樹による2番差しが先差し狙った金田さとしに接触して金田さとしは一気に後退。
 これにより2番手争いは杉山正樹とさくまあきらの攻防になり、2周1M内から先行した杉山正樹が2着。

G1江戸川大賞最終日東京支部選手トークショーは新鋭男女4人

ブログネタ
競艇 に参加中!
 G1江戸川大賞最終日のイベントとして、パンフレットや出走表、HPのイベント案内には「東京支部選手トークショー」と記載されてて選手名が当日までのお楽しみだったイベントが告知されてましたが、今日は江戸川本場に行ってきたので1本目の記事はその模様から。

 特設ステージに上がった出演選手は写真向かって右から東スポ動画付き記事桑原将光おすすめ江戸川の名店 季節料理「勝」でナイスグルメレポーターぶりを見せた江戸川王子桑原将光、11月14日からG2江戸川モーターボート大賞に出場予定の桑島和宏、そして古川舞足立かなえの4人。
東京支部トークショー第1部

 桑原jrと桑島jrどっちも桑ちゃんということで桑ばあと桑じいで区別しようって話や、PC三昧だった桑ばあが最近フリークライミングを話や、桑じいが昨年生まれた子供の世話で忙しいという話や、古川舞がガラス工芸をしてるという話や、昨年若林将と結婚した足立かなえがその結婚式の余興で披露された犬組をきっかけに宝塚歌劇にはまっているという話などを聞けました。
東京支部トークショー第2部

桑原親子の直接対決が実現しました大江戸賞3日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 都営大江戸線沿線の晴海界隈で行われた一大イベント東京湾大華火祭当日の江戸川競艇は大江戸賞3日目の競走水面、第2Rが始まりました。1号艇永瀬三男59歳がイン08トップスタートから押し切って1着になったこのレースは3号艇の100期新人森作雄大が大外に出たので124/563でしたが、2周2M4番手を走っていた5号艇池田雷太(今シリーズ選手代表)がバウンドしたところに4号艇江野澤秀明が突っ込んできて池田雷太東京支部長は転覆、江野澤は沈没(動画)です。

 激しい競り合いが相次いでいます江戸川競艇、今日は開催3日目の競走水面です。ファンファーレが鳴り渡りました第7Rを迎えています。桑原親子レーサーの対決となった本日の最注目レースは、イン戦で父親に先行したい1号艇桑原将光(江戸川地区スター)が09トップスタートを決めて先頭に立ち、父親の意地を見せたい4号艇桑原淳一(TMRリーダー)がカド差しで2番手と、息子が1Mの主導権を握りましたが、2M差した桑原淳一が桑原将光を抜き去って1着ゴールと、ここは年の功が勝って父親が先着しました。
 さて、大外からの外マイ不発でBS最後方だった6号艇濱野谷憲吾。2Mさすがの捌きで3番手に上がった濱野谷はじわじわと桑原将光との差を詰め、3周1M遂に桑原将光を差しきって親子ワンツーを阻止する2着ゴール。

 人機一体となりました各レーサーが激しい攻防戦を展開しています競走水面は第9Rを迎えております。内2艇がスリット先制しますが、20スタートの3号艇雨宮昌一が果敢なつけまい攻撃で見事1着。イン踏ん張る1号艇小林晋と差し戦の2号艇石渡鉄兵で2番手併走も、2Mを先に回った江戸川鉄兵が2着。そして小林晋は2Mキャビテーションを犯してしまい、そこに4号艇中野次郎と6号艇江野澤秀明が大きく接触(動画)。小林晋と江野澤は無事完走しましたが、中野次郎はこの事故でエンジンに勢いが乗らず、異音を立てて必死に航走も無念のタイムオーバー失格です。この原因を作った事で小林晋は不良航法を適用されました。

 第8Rイン戦から2コース差しの2号艇石川俊成と先頭を争った1号艇三品隆浩。しかし三品無念の+01で石川が2M三品と競る事無く1着になりました。
 かくして三品、はやまったらイヤだぜなFに散ったわけですが、本日の自分はレース終了後打ち上げ花火に目もくれず大江戸賞出場中の長岡茂一(1965年8月8日生まれ)生誕記念?生ビール200円キャンペーンの福寿に行ってきました。但し店主のカミカゼもいちさんに今回の200円キャンペーンがモイチタン生誕記念なのかを訊くの忘れました。
 そして三品が勇み足サミーなFに散ったのでモイチ亭でビール2杯と餃子を食べた後にC'm'on Let's Go!と、きせかえバービー人形の様に複数のルーとトッピングが楽しめる新宿西口地下街のカレーハウス11イマサでチキンカツカレーを軽く食べてきましたです。

 さて日曜日の大江戸賞4日目場内イベントは4125内田亜希子、4130木下真未、4286平田さやか、4341足立かなえと東京支部4000番台女子選手のトークショーが第7R発売中と第10R発売中にピットそばの特設ステージで行われます。

阿波勝哉が蒲郡を動かした!】

 これまでチルト+1.5度が最高だった蒲郡競艇がSGモーターボート記念からチルトの上限を+3度に変更すると発表。MB記念といえばミスターチルト+3度の阿波勝哉(大江戸賞出場中)が江戸川代表として出場するSG。まさにアワカツルールですね。
 歴史と伝統あるMB記念はアワカツに加え、濱野谷・中野次郎・熊谷直樹と大江戸賞組が4人も出場するからとっても楽しみですね。もちろん9月2日は蒲郡競艇場にいる予定ですよ。ちなみに下の画像は左が江戸川で右が蒲郡のポスターです。
七人の侍水上の侍


三国G3女子リーグ戦クイーンカップは終わりましたが、】

 今週は札幌でオール女子戦G3北海道新聞杯クイーンステークスです。今回のキルトクールは競馬界のホワイトシャーク白井寿昭厩舎所属のフサイチパンドラ。小回り平坦の1800mはついて行けずに終わりでしょう。

 日曜に開催されるもうひとつの重賞小倉G3テレビ西日本賞北九州記念のキルトクールは競馬界1の経験値を誇る蛯名正義が騎乗するスピニングノアール。はっきりいって小倉の馬場は合わないでしょう。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ