ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

桑島孝春

桑島和宏の父桑島孝春引退の報が飛び込んだ今日は2場が優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 明日からBOAT RACE江戸川では24場最後のゴールデンウィーク開催富士通フロンテック杯(但し優勝賞金64万円)が始まりますが、今日は2場のGW開催が優勝戦。

 その前に、本日飛び込んできたビッグニュースを。
 江戸川GW開催の初日第4R2号艇と第8R1号艇に乗艇する江戸川準地元スター桑島和宏の父、水車ムチで知られる桑島孝春千葉県騎手会長が今月限りで引退する事になりました。
 まだ川崎大井浦和の開催が残ってますが、地元船橋競馬では今日の最終鍾馗盃(C1)が最後のレースになりました。長い間お疲れ様でした。
船橋のロッキータイガーを水車ムチで2着に導いた1985年G1ジャパンカップ


平和島京急電鉄社長杯優勝戦

 「水面上は第33回京急電鉄社長杯。6日間の長い旅もまもなく終点であります。ここで6選手に業務連絡があります。まもなく優勝戦スタートでありますが00付近は危ないですからスリット内側まで充分おさがりください。(動画
 ということでベイ吉松永良一アナによる出発進行の号令があった京急電鉄社長杯は5月16日の京急電鉄ダイヤ改正に先立ち優勝戦。

 今節はトーキョーベイパイレーツシーズン2が不在とちょっと寂しいメンバーですが、優勝戦にはトーキョーベイパイレーツシーズン1から2人乗艇しており、進入はベイパシーズン1の6号艇一瀬明が動いた16/2/345の並びになり、人気を集めた京急カラーの3号艇・ベイパシーズン1齊藤仁(福岡市在住東京支部)は絶好のカド位置に。
 そして齊藤仁は捲り差しを決めて突き抜け、前走地浜名湖中日新聞東海本社杯に続く今年3回目・平和島4回目・通算19回目の優勝
 2番手の1号艇飯島誠(埼玉)は差してきた2号艇乙津康志を2M行かせて捌き2着。

 ちなみに東京支部の新3役は今節選手代表だった優勝戦5号艇鈴木茂正が今年度から支部長に就任。
 残る2役は山田竜一が副支部長で渡辺千草が理事長です。

児島鷲羽杯優勝戦

 鷲羽杯すなわちイーグルウイングカップ。岡山イーグル会員にぴったりなレース名ですが、昨年は非イーグル会員の山本浩次が優勝してイーグル会員の平尾崇典はフライング。

 ということで昨年のリベンジを果たすべく平尾崇典が優勝戦1号艇になりましたが、平尾は枠なり3vs3のインからしっかり1Mを先行し、今年3回目・通算45回目・児島8回目・鷲羽杯は2003年以来となる3回目の優勝。捲り差した5号艇吉田拡郎(チームセブンズ+1)が2着。

【父は船橋競馬の桑島孝春】98期桑島和宏、初優出初優勝!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日鼠先輩が来場した福岡競艇の5日間シリーズスポーツニッポン杯争奪戦最終日優勝戦は枠なり3vs3の進入から10度目のチャレンジで初V狙う1号艇岡谷健吾が25と劣勢のスタートながらも1M先行狙いますが、ターン膨れてズブズブに差された上に3号艇石川吉鎬に捲られ最後方。
 先頭争いは差した4号艇原田富士男(今節選手代表)と捲り差した5号艇峰竜太のA1コンビが優位に進め、2Mは富士男が峰竜太を張ってトップターンも峰竜太を飛ばした影響で自身も流れ、1M差して3番手の6号艇桑島和宏が2Mくるっと運び、石川が桑島の外を握り、1M差しもたついて後方だった2号艇吉原聖人も桑島の内を差して急浮上。
 これでHSは4艇併走となり、2周1Mは最内の吉原が先行して桑島が差し。石川が富士男を張って2番差しとなりますが、ここで桑島が一気に差し抜け、吉原を2着に従え初優勝のゴール(動画)。

 千葉県船橋市出身東京支部の98期4379桑島和宏は2006年5月17日多摩川デイリースポーツ賞初日1Rでデビュー。いきなり選手責任転覆という散々な結果で、初1着はそれから約7ヶ月後の2006年12月14日平和島東京中日スポーツ杯3日目1R。決して順風満帆な成績ではありませんでしたが、今回初参戦となった福岡でデビュー初準優進出を決めた勢いに乗ってデビュー初優出。そして2周1Mの差しきりで初優勝一発ヅモの快挙。冷静なレース運びでしたが、表彰式では満面の笑みで「信じられないです。」と大いに興奮。
 初勝利は決して早くなかったものの、初優勝は平山智加松田祐季に次ぐ同期3人目の早さで実現と、ロッキー山脈の如し高き峰を一気に登り切りました。本日はオープニング1Rでも1号艇中村辰也(長崎103期4523)が6コース捲りから2Mで2艇を差し、2周1Mでも切り返し艇を捌く緩急自在の走り(動画)てデビュー初1着になるおめでたがあり、水神祭に始まり水神祭に終わった1日でした。
2006年5月の桑島Jrお披露目式左が浅和重哉で右が桑島和宏

 ちなみに桑島和宏の父桑島孝春千葉県騎手会長は本日浦和競馬に騎乗。メインの3歳牝馬戦11Rユングフラウ賞で4番人気ハニービーに騎乗し、4C6番手の苦しい位置から差して3着に追い上げ、桑島Jr.に負けじと見せ場を作りました(動画)。
 尚、下の動画は船橋のロッキータイガーに騎乗して風車ムチで怒濤の追い上げを見せ、2着に入った1985年東京G1ジャパンカップ。地方馬芝G1歴代最先着にしてJC史上初の日本馬ワンツーが実現し、桑島孝春を一躍全国区にした名レースであります。

 そんなDRAMATIC KYOTEI FUKUOKAの次節はバレンタインデーから4日間シリーズ竹内力杯。最終日には竹内力が来場しますが、今日の東京スポーツに2月28日公開の激情版エリートヤンキー三郎上映記念インタビューが掲載されてました。
帝王、竹内力 コメディーやります


【ワンコイン祭り!江戸川競艇ファン感謝祭】

 今日は午後からG1関東地区選手権3日目の戸田競艇場(入場10776名)に今節2回目の現地参戦をしてきましたが、午前は徳山G1中国地区選手権競走5日目準優前売購入を兼ねてワンコイン祭りこりゃえーどーの江戸川競艇場へ。1Fレストラン「笑和」の豚もつ煮込み定食750円も2Fスタンド1M寄り端のカレー&ラーメン「一番」のビーフカレー550円も100円でした。煮込みライスだけで充分お腹一杯になりましたが、せっかくのワンコインなのでカレーも食べました。
 ちなみにカレーは笑和でも食えますが、カレールーは欧風仕立てな一番の方が好みで、米はしっかり炊かれた笑和の方が好みです。
豚もつ煮込み定食100円ビーフカレー100円


【今日のカンチク】

 今日から船橋でSG全日本選抜オートレースが始まった為に昨日まで戸田を担当してた吉原完アナは船橋へ行き、昨日まで川口市営第12回第1節を担当してた堂前英男アナが今日からカンチクを担当。ちなみにチュウチクの実況はもちろん二宮淳一アナで、明日までの江戸川競艇場はオフィス・ケイステーション担当場の2場併売です。

 さて、170cmオーバーの長身女性トリオLuxisのショーがあった本日の戸田競艇は昨日ピックアップした大西源喜向後龍一が今日も好調。
 まず2回乗りの向後からで、6Rに1号艇で登場した向後は123/546のイン戦もやや膨れて2号艇と5号艇に差されそうになるも、思い切って艇を伸ばした全速戦で2Mを一気に先取りしてシリーズ初白星。続く12Rは6号艇で、不動の本命だった前半とは一転、ちょっと手を出せないレースでしたが、枠なり3vs3の大外進入から向後は一気に差し伸びてあっと驚く連勝ゴール。セルシオ越後ならぬレクサス向後、レクサス購入にまた一歩近づきました。
 次に10R2号艇1回乗りの大西源喜。2コースから元気に捲りを決めてシリーズ3勝目を挙げ、今日得点率8.80と上昇した向後を押さえて9.00の得点率1位です。
Luxis戸田公演
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ