ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

樋口亮

賞金王開会式日は電動のこぎり芸術杯優勝戦【チェンソーアート】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 メッカ住之江で20日土曜日から始まるSG賞金王決定戦に先立ち、本日は選手紹介動画)と賞金王シリーズ戦初日が行われました。SG予想大会K-BATTLE(ルールはこちら)にもシリーズ戦に合わせて今日から参戦です。

 1Rで選手宣誓担当の1号艇吉永則雄(大阪)が幸先良くイン逃げ決めた初日のメインは賞金上位選手によるドリーム戦
 今節選手代表にして優勝候補筆頭の田中信一郎が1号艇で、「ペラ全部試したけど、出足からなっていない。この足では厳しいし、現状ではレースにならない。やれる整備はやる。決定戦に負けないいいレースをしたい。」の弱気なコメントなど全く関係なく、地元の1号艇ということで不動の大本命になった一戦は3号艇笠原亮が前走下関G1競帝王決定戦優勝戦1号艇に続いてまたもピット出遅れ、回り込んで枠を死守した前回と違い今回は6コース。
 かくして124/563になった進入から5号艇原田幸哉が04トップスタートから捲り差し入れるもタナシンは寄せ付けず、2号艇中島孝平の差しも振りきって1着。孝平(中島)は2Mで外の原口を牽制しつつ内押っつけてきた6号艇菊地孝平を包んで回り、出口でややバウンドしたものの2着を取りきりまして、孝平対決にも勝利。

福岡チェンソーアートカップ争奪イーバンク銀行賞優勝戦

 12月10日のサンケイスポーツに住之江競艇場をレポートする記事が載るなど、最近競艇づいている夏目ナナが初日の13日に来場した6日間シリーズ。今節は木を切るチェンソーで丸太を彫刻するチェンソーアートの実演及び展示が行われ、優勝カップもレース名通りのチェンソーアートトロフィー。

 オール3連対で優勝戦1号艇になったのは、なんと福岡初登場の100期4444桐生順平(名前は桐生で生まれは福島、支部は埼玉)。100期最高勝率選手として昨年5月に鳴り物入りでデビューした埼玉の桐生は前走地の地元ボートピア岡部カップ開設7周年記念でデビュー初優出を決めたメカゴジラ級(動画)の上昇気流で2節連続優出を決めました。ちなみに兄は競輪選手の89期桐生卓也で、桐生順平自身も高校時代は兄と同じ学法石川高校自転車部に所属し、その実力は全国大会に出場したほど。

 そしてレース本番。桐生が枠番通りインに入った126/3/45の進入から2号艇正木聖賢が17トップスタートも、桐生も19スタートでそんなに差無く1M先行体勢、しかし、赤ワイン色の3号艇樋口亮が20スタートからルネッサーンス!な強つけまいを浴びせ、桐生に手痛い洗礼。
 J≧ー≦しΨ見事なつけまいで2006年9月戸田報知新聞社杯以来となる通算16回目の優勝を飾ったひぐち君は父に大村競艇解説者樋口保宏元選手を持つ二世レーサー。個人的な話ですが、優勝戦にひぐち君の名前があるのを見て、自分が福岡競艇場にいた7日の日曜日に、福岡場内で福岡のオッズを見ながら競艇TV!レジャチャン大村中継でひぐちパパの解説を聴いたのを思い出しました。
 後続は差した正木聖賢と2番差しの6号艇野澤大二の争いになりますが、2M全速の正木が野澤を捲りきり、ここで差しハンドルを入れた桐生が野澤に替わって2番手争いに参戦。しかしなんとか締め切って2周1Mを先に回った正木が2着。

丸亀ゴールデンレース優勝戦

 6人中5人が4000番台、残る4号艇松下知幸(香川)も81期3910と、登録番号の大きい選手が占めたフレッシュな一戦は12346/5の進入から、オール3連対のシリーズリーダー・1号艇郷原章平が剛腕01トップスタートの速攻でぶっちぎり、今年5回目・丸亀初優勝で通算V6のゴウハラマジック。
 後続は順走の2号艇篠崎元志が3号艇中村尊のつけまいをこらえきり、2番差しから2M先行体勢のパナソニックも行かせて捌き単独2番手。しかし、2周2Mでパナソニックの差しが入って2番手逆転。ですが、差された篠崎は3周1M外つけ回って再逆転狙ったところ内のパナソニックがキャビり、ここでゴウハラと篠崎の福岡ワンツー完成。

 さて、今節はまるがめ競艇の決まり手に「まくり差し」が初登場したシリーズにして江戸川代替のゴールデンレース。今節は5日目以降江戸川競艇場で場外発売されましたが、4日目の8646万8500円&利用11132人に対して5日目は1億3480万4400円&利用17500人で江戸川効果がはっきり数字に出ました。

【5月5日5日目】からつGW特選5日目は準優勝戦【淳と亮】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日唯一の準優勝戦が行われた唐津GW特選西部日刊スポーツ発刊30周年記念は5月5日に5日目。その一般戦5Rは準優組4人と敗者組2人で争われ、5号艇樋口亮が4カド捲り差しで爽快に突き抜け、5月5日5日目5R5号艇で1着になりました。

 独特のアクセントが耳に心地よいベテラン女性実況が担当した準優3個レース、先ずは1つ目の準優10R。10トップスタートを放った4号艇草場康幸の4カド捲りに1号艇長溝一生がインから一生懸命抵抗する間に草場の陰でマークしてた5号艇吉田光が5コース捲り差しで飛んできますが、バウンドしてしまい脱落(動画)。
 この間に2号艇樋口の2コース差しが決まって5日5日5日目5R5号艇に続く1着となりました。草場を張った長溝が2M一生懸命差し捌いて2着です。

 準優11Rは1号艇上瀧和則がインから押し切り1着、2号艇三井所尊春が2コース順走で2着と2連単1番人気300円の順当な結果に。

 準優12Rはシリーズリーダーの1号艇森永淳がインから押し切り1着、2号艇深川真二が2コース順走で2着と、こちらも2連単1番人気で決まりました。しかも2連単180円と超本命配当が出ております。
 森永は今節初戦の初日6Rで4コース戦を直内二号艇三コース男中村二三男に張られ森永おっとっとと4着に敗れた以外はオール2連対ですが、森永が飛んだそのレースを2コース捲りで制したのは皮肉にも林明治です。


 ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースでもある優勝戦の枠番です。準優に続いて森永が白いエンゼルばい。

1:森永 2:樋口 3:上瀧 4:長溝 5:ミーショ 6:深川

 ゴールデンウィーク特選とあって長崎の樋口以外は全て佐賀県民で占められました。その樋口と上瀧の枠順が予選順位と逆になったのは、上瀧が前半6Rで2艇に差されイン戦失敗の3着に敗れて本日連勝の樋口と得点率が入れ替わったのでしょう。今節オールインの上瀧が2号艇だったら枠なりに折り合う可能性もありましたが、3号艇だとインを奪いそうですね。
 とはいえ、内枠1号2号は淳と亮のロンドンブーツコンビ。たとえ上瀧がインを奪おうともどちらかが優勝するはずです。

浜名湖中日新聞東海本社杯5日目

 から津と同様5日目ながら、こちらは7日間開催の為に今日までが予選。新人さんが実況した5Rは2コースに入った5号艇服部幸男先生が捲り先制を決め、5月5日5日目5R5号艇で1着。この勢いで2号艇の後半11Rも2コース捲り先制1着の服部先生。ベストを尽くして予選1位通過を果たし明日は準優12R1号艇です。

日本放送協会哩杯キルトクール】

 あかねの季節にはもう数ヶ月早いですが、球界No.1の競艇通でもある大沢啓二親分とコウカではなくエナツと読む優勝請負人江夏豊がプレゼンターで登場する東京G1NHKマイルカップのキルトクールは中山G2ニュージーランドトロフィー6着敗退のシャドウストライプ。府中嫌いの産駒が多いサクラバクシンオー産駒な上にダート馬。更に言えばNHKMC過去11回の歴史で1600m以上未連対馬及び未経験馬の2連対は一度も無しと勝つ要素皆無。それなのに上がり最速理論信奉者と安藤勝己ファンのおかげでそこそこ人気になりそうなので自信のキルトクール。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会


Tokyo bay pirates

 立夏の5月6日に佐山夏子キャスター司会のTokyo bay pirates結成記念イベント。 出場予定選手は濱野谷憲吾中野次郎作間章阿波勝哉角谷健吾熊谷直樹山田竜一蜷川哲平の8人。次いでイベントのスケジュールは
4R発売中:メンバー紹介
6R発売中:ユニフォーム紹介&トークショー
7R発売中:オリジナルステッカープレゼント公開抽選
8R発売中:さくまあきらトークショー
9R発売中:オリジナルステッカープレゼント

 サクマ式トークショーのみが指定席特設ブースで、そのほかのイベントはイベント広場で行われます。ちなみに平和島は指定席でしか競馬中継が見られないのです。

 ところで、今節京浜急行社長杯の宣伝広告にはTokyo bay piratesの一員にして2006年東京ダービー齊藤仁の写真が使われているとお伝えしておきます。齊藤仁は7R6号艇と11R1号艇で登場です。
京急社長杯看板選手の齊藤仁

戸田優勝戦はデジカメ争奪戦、11Rは大阪の野○貴ひろが…

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
報知新聞社杯優出者インタビュー 東京ベイ平和島競艇場ではG1トーキョー・ベイ・カップ開催中ですが、自分はこの日入場10500名(利用21085人売上3億7783万8600円)を集めた戸田競艇場に行ってきました。今日は報知新聞社杯最終日ということで優出者インタビューもありましたよ。
 その優出者インタビューは一際大きい歓声を集めた地元飯島昌弘以外の5人全員が優勝者副賞として贈呈される報知新聞社賞のデジタルカメラを欲しがってまして、さながらデジカメ争奪戦の様相を呈した優出者インタビューとなりました。
 ちなみに写真は今節初日の5日が誕生日だった佐竹恒彦。昨日の準優11Rでは戸田史上第3位の3連単201780円を提供してのバースデーシリーズ優出でした。

 かくして始まったインドのスーパースターラジニの新作映画チャンドラムキ日本上映を記念した冠協賛競走優勝戦チャンドラムキ・ラジニ新作上映記念は6コース死守宣言が出た6号艇榊原直樹のグルグル待機行動に始まり、4カドの飯島が07トップスタートを放つも3コースの76期3769佐竹恒彦に抵抗され、その間にイン16スタートの76期3777樋口亮が伸び返して先マイ。捲り差してきた飯島を振り切った樋口が通算15回目の優勝を果たしてデジカメを獲得。戸田では昨年9月の関東競艇専門紙記者クラブ杯に続いて連続優勝です。
2着に飯島が入って準優12Rと同じワンツー、そして3着には5コースから差した大平誉史明が入って初日戸田選抜戦と同じワンツースリーになった結果3連単は770円の一番人気となりました。
優勝した樋口と地元の飯島の明暗を分けたのは枠順もさることながらデジカメに対する執着心の差でしょうか(飯島だけデジカメ争奪戦不参加)。


 大阪の野○貴ひろコンビが内枠をガッチリ固めた夢の番組11R選抜A戦は野○貴ひろコンビを含めて大阪4人、近畿5人と報知新聞社杯なのに虎模様な番組に。5コース握ってきた松元弥佑紀(京都)を1号艇イン野添貴裕(大阪)が張りに行き、2号艇2コース野田貴博(大阪)の差しが入ってBSは野○貴ひろコンビで夢の併走。そして2Mは野田が先マイしますが、ここで差しを入れた野添がS主導権を奪って1着になっています。
野田が2着に入って夢の野○貴ひろ(大阪)ワンツーは2連単370円&2連複250円の1番人気。この素晴らしきワンツーを生で見られた事が今日一番の収穫です。
3コースから差した唯一の非近畿人で人気薄の岩下太男(佐賀)と松元による3着争いは2M差した松元が制して3連単も1080円の1番人気決着です。

三国ながつき第2戦優勝戦

 雨模様で迎えた短期決戦の締めくくり、水上は優勝戦のスタートをいたしました。オール2連対で1号艇の吉川元浩が04トップスタートを放ち、人気を乗せてインから速攻決めて通算18回目の優勝は昨年12月G1三国モーターボ−ト大賞以来の優勝。
大外捲り差しの石川哲秀と5コース差しの柳瀬興志、それに3コース外マイの渡邉英児の3人で2番手大接戦。そして哲秀が僅かにリードするも、3周2Mで内から英児がおっつけに行き、ターン膨れた哲秀に対して英児は小さく回り、最終Mで大逆転成功の2着奪取です。

津グランプリシリーズ第4戦優勝戦

 林美憲の2コース先捲りの展開を突いて3コースから差した2006最多勝男徳増秀樹が今年7回目の優勝。通算では32回目の優勝です。
 2着には5コース差しから2Mを内から先マイした山口剛が、3着には4カド捲り差しから2Mぶん回しの丸岡正典が入っています。ちなみに林は2M差しに構えるも山口の引き波をまともに踏んで失速、最終的に5着に終わっています。

下関優勝戦

 通算100V狙う2号艇万谷章62歳と初優勝狙う3号艇海野康志郎18歳が同時優出したことで話題になった優勝戦ですが、1号艇室田泰史36歳がイン04トップスタートを放ち、3コース握ってきた新鋭を引き波にはめ、2コース差してきた名人も完封しての逃げ速攻で通算19回目の優勝
万谷名人が2番手も、4カド差しからBSぐいぐい伸びてきた冨田秀幸38歳が2Mおっつけての先マイから出口で名人の進路をドーンと塞いで逆転の2着になっています。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ