ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

標準型モーター

江戸川標準型モーター最終開催優勝者は長野壮志郎

ブログネタ
競艇 に参加中!
 標準型モーターのエキゾーストノートが奏でる江戸川ミュージックと現行ファンファーレのの聴き納めとなる標準型モーター使い納め開催日本モーターボート選手会会長賞は本日遂に最終日。

 「耳になじんだこのファンファーレ。土手に響き渡るのは今日が最後です。江戸川ボート第9回日本モーターボート選手会会長賞。6強が奏でますエキゾーストノートをどうぞご堪能下さい。(動画
 という平山信一アナのフレーズで始まりました優勝戦は2号艇西川新太郎がスタート判定の対象になるものの、西川の差しを振り切った1号艇長野壮志郎が先頭に立ち、昨年10月の前回当地内外タイムス社リアルスポーツ賞の優出2着からステップアップした長野は通算8回目・江戸川初優勝

 1M差しもたつくもBS伸びて3番手につけた3号艇平尾崇典が2M西川に押っつけ、判定の結果00タッチスタートだった西川はスタート判定に動揺してたか長野を差す事に気をとられてたか平尾にまともに押っつけられてしまい後退。
 序盤3連勝も4日目以降リズムダウンしてた平尾ですが、最後は軌道修正して逆転2着です。


 ここからは優勝戦以外のレース。
 第3Rは今節初めて内枠が回ってきた1号艇中田竜太が大外に出た234/561の進入になり、捲り差しを狙う4号艇浅和重哉と差しを狙う5号艇川田正人がそれぞれ振り込み、直後に、捲りにいった中田氏も振り込みますが、選手責任転覆を喫した浅和以外は立て直し完走しました。

 2号艇山口哲治と3号艇山口高志の近鉄阪急戦が3日目第10Rに続いて実現した第4Rは山口哲治が差して1着になったのに対して、山口高志は捲り差し入れずの3着で、山口哲治が3日目第10R6着のリベンジに成功。

 10R選抜戦は江戸川で強そうな名前の地元品田直樹が1号艇でしたが、直樹を差しきって1着になったのはねじりはちまきが似合う男の2号艇佐野隆仁でした。

 江戸川に最後の現行一般戦予選ファンファーレ(6月5日頃まで視聴可能の動画)が流れた11R選抜戦は1号艇後藤正宗が1着になりましたが、ごまは1月に開催された第1回KTCカップ優勝者。
 ちなみに江戸川次節は減音モーター&新ファンファーレ導入記念開催の第2回KTCカップなので、ごまが今節でなく次節に斡旋されてればKTCカップ連覇が懸かってましたね。
 つけ回った3号艇兼島敏弘が2着に入りましたが、1991年のG1江戸川開設36周年記念V歴がある沖縄在住東京支部兼島敏弘と同郷田村美和(旧姓大嶺)が月曜の大村夢の初優勝W決定戦マンスリーKYOTEI杯で初Vを飾ったのは今週の明るい話題でしたね。

桐生埼玉新聞社杯優勝戦

 群馬県みどり市の桐生競艇場で開催される桐生ボートの埼玉新聞社杯は戸田地元スターの100期4444桐生順平(今節斡旋なし)を擁する埼玉支部から1号艇須藤博倫と6号艇鈴木賢一が優出。

 そして、枠なり3vs3のインから須藤が3号艇村上純の捲り差しを元気に振り切り、桐生2回目・今年2回目・通算31回目の優勝。村上純が2着で、スズケンは1M差し届かなかったのが響いて6着に敗れました。

【力と技の宝庫桑島孝春引退式】

 江戸川準地元スター桑島和宏の父、南関東船橋競馬所属の騎手桑島孝春千葉県騎手会長が今日の浦和競馬8R(特選C2四組)のハローオンザヒルを最後に引退しました。
 ラストレースは2着だった桑島孝春は40201回の騎乗で4713勝を記録しました。
 また、2着だったもののロッキータイガーに跨がり馬と自身と水車ムチを一躍全国区にした1985年の東京G1ジャパンカップはJC初の日本馬ワンツーにして地方馬初のJRAG12連対レースで、競馬史上に残る名場面です。

 下に貼り付けた引退セレモニーの動画には桑島和宏も映ってますが左腕を負傷してるようでして、今月8日に江戸川富士通フロンテック杯初日第8Rで負った傷が治ってないようなのが心配です。
桑島孝春騎手ラストラン後の引退セレモニー(浦和競馬場)

BR江戸川標準型モーター最終開催今日から開幕

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日から始まったBOAT RACE 江戸川今シリーズは標準型モーター&現行ファンファーレとしては最後の開催となる第9回日本モーターボート選手会会長賞
 同レースは2008年2月の第7回が開催休止前最後の開催として有名ですが、今回も節目の開催になりました。

 オープニングの第1Rは07トップスタートから捲り一発決めた江戸川初登場の6号艇中田竜太(埼玉104期4547)が1着となり、早くも江戸川初白星。
 その中田氏は5号艇の後半第9Rで今節選手代表の6号艇池田雷太前東京支部長と競演。
 そんな竜太雷太番組で中田氏は08トップスタートから再び捲りを決め、初めての江戸川でいきなり連勝。

 第2Rは沖縄在住東京支部の3号艇兼島敏弘が27トップスタートから捲りを決めて1着になりましたが、当地G1開設36周年記念V歴を持つ兼島敏弘は闘病しながら現役生活を続けており出場回数が少ないこともあり江戸川は2004年1月一般競走以来の参戦でして、同開催最終日第5R以来となる江戸川での1着ゴールでした。

 第4Rは5号艇船岡洋一郎(広島98期4398)と6号艇の若きチルトアッパー盛本真輔(兵庫97期4365)の2人が江戸川初登場。
 そして江戸川MAXチルト+2度の盛本は01タッチスタートから4号艇池田雷太に抵抗されながらも大捲りを打ち、結果捲り届かず3番手ながら、先頭の1号艇前野竜一が+02のフライングに散った事により2着に繰り上がりました。
 尚、続く第5Rでは盛本と同じ兵庫支部の101期4472尾嶋一広が江戸川初出走を果たしました。

 ここまで江戸川初出場選手を紹介してきましたが、今節はもうひとり意外な大駒が江戸川初出場。
 その選手は新鋭世代トップクラスの実力を持つ福岡94期4287今井貴士で、第7R6号艇1回乗り。
 初めての江戸川水面、しかも不利枠をどうこなすかが焦点でしたが、江戸川区の地名と同じ苗字を持つ今井は捲り差しで手堅く2着に入りました。
 ちなみに船堀駅近くを通る新大橋通りを千葉方面にまっすぐ進むと今井橋に行きます。

 第8Rは2005年7月さわやか杯以来の江戸川参戦となった2号艇佐野隆仁が捲りを決め、2004年11月日本財団会長杯3日目第3R以来となる江戸川での1着ゴールを飾りましたが、15トップスタートからの捲り差しで2着に入った5号艇塚原武之はスタート後絞った際に4号艇船岡洋一郎を絞りすぎて船岡を3号艇下河雅史との挟み撃ちにしてしまい、挟まれた船岡はエンスト失格となり塚原は不良航法を適用されています。

 初日メイン江戸川選抜は以下のメンバー。

1:柳沢一 2:平尾崇典 3:後藤正宗 4:長野壮志郎 5:西川新太郎 6:中野次郎

 レースは柳沢が平尾の差しを振り切って先頭に立ちましたが、柳沢は痛恨の+01スリットオーバー。繰り上がった平尾は第3R1号艇からの連勝となりました。
 余談ですが、今日の自分は錦糸町経由で江戸川競艇場に行き、錦糸町駅北口のタンメンしゃきしゃきでタンメンギョーザライスを食べて後半レースからBR江戸川生観戦。
 そして最後の生標準型モーターサウンドと生一般戦ファンファーレを聴きましたが、優勝者当てクイズで投票した選手は初戦フライングに散った柳沢一で、いきなり死票になっちゃいました。柳沢と長野の折り返し本線だった舟券も返還です。

常滑半田大賞最終日

 ごんぎつねで知られる童話作家新美南吉の出身地にして、お酢の最大手ミツカンの本社所在地にして、かつて競艇場があった半田市にちなんだ4日間3個準優制開催。

 今節は半田市出身の新美恵一が出場してましたが、新美恵一は初日にいきなり待機行動違反を取られてしまい、まさかの予選敗退。
 その新美恵一は昨日まで未勝利でしたが、今日は6R2号艇と9R1号艇で連勝し、待望の白星。

 優勝戦は初日ドリーム戦メンバーから新美恵一と吉村正明以外の4人が優出。
 そして、125/643の進入から4号艇大澤普司が05トップスタートも、09スタートの5号艇作野恒(愛知)が先捲りで抵抗。
 しかし作野の捲りは1号艇前本泰和にがっちり受け止められ、そのまま押し切った前本は今年3回目・通算60回目の優勝
 差し順走の2号艇伊藤誠二(愛知)が2着に入り、主役新美恵一が予選敗退となった波乱のシリーズは2連単230円3連単1-2-5で790円の本命決着で終了。

宮島モバイルモンタ2周年記念優勝戦

 ドコモとソフトバンクのガラケーを対象にしたケータイ無料ライブ中継モバイルモンタのサービス開始2周年記念は、枠なり3vs3の進入から1号艇泥谷一毅(大阪)が17トップスタートも、カド25スタートの4号艇古場輝義(富山在住大阪支部)が絞りこみ、これに3号艇山崎裕司(広島)が抵抗して1Mはごちゃつき模様。
 そんな中泥谷一毅は山崎や2号艇武重雄介らをブロックしながらの速攻で押し切り、宮島初・通算4回目の優勝
 遅れ差しが功を奏してごちゃつきに巻き込まれなかった6号艇藤井定美ががら空きの懐を差して2着。

 ところで、泥谷一毅のお父さんといえば住之江公開FMアクアライブステーションとアクアライブステーションYouTubeチャンネルでお馴染みの「競艇を後ろから見てきた男」泥ちゃんこと42期2815泥谷重次元選手。
 その泥ちゃんは今年のシティーナイターからアクアライブブログでも記事を書いてます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ