ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

横澤剛治

G2江戸川634杯モーターボート大賞優勝は江戸川巧者の横澤剛治

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 G2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイト)は順延無く本日最終日を迎えました。

 優勝戦は07トップスタートの2号艇横澤剛治がチルト+0.5度の伸びで1号艇峰竜太を一気に捲りきり、今年V6・江戸川V6・通算37回目の優勝でG2以上の初Vを、デビュー初優出(1999年9月G3新鋭リーグ戦競走第15戦)とデビュー初V(2001年11月日本財団会長杯争奪戦競走)の地江戸川で飾りました。

 2着はドリフト気味の鋭い小回りで残した峰竜太(95期4320)が、1M外マイから2M内に切り返した4号艇井口佳典を2M全速包みきり、2周1Mで再度押っつけてきたいぐっちを再度包みきって2着。
 2周1M空振りに終わったいぐっちがもたついた隙を突いて内から抜いた3号艇の地元山田哲也(95期4297)が1M捲り差し流れたミスを挽回して逆転3着。
表彰式1表彰式2表彰式3夕陽のスカイツリー634mをバックにウイニングラン





 ここで優勝戦以外の話題。
 優勝戦に先立ち行われた特別選抜B戦に相当する10R選抜526戦は1号艇辻栄蔵、特別選抜A戦に相当する11R選抜634戦は1号艇魚谷智之がそれぞれ1着でした。

 また、5Rは冠レース「がんばれ!東北!」で、差した3号艇白井英治が1着でしたが、直前の4Rでは宮城在住埼玉支部の5号艇中澤和志が捲って1着になりました。

 尚、今節の売上は目標30億に対して21億4363万4800円。
 ちなみに6月に開催された江戸川女王決定戦の売上は23億8581万800円で、7月に開催されたG1江戸川大賞の売上は48億4681万4700円でした。
 6月のエドジョは近隣場の同時開催が多かったもののG1開催が無くて場外発売多数、7月の江戸川大賞は単独G1で場外発売多数だったのに対し、634杯は近隣場の同時開催が多かった上に2場同時G2で場外発売が大村より少なかった事が大きいです。

大村G2モーターボート誕生祭優勝戦

 マクール賞が懸かった第16回ボートレース発祥地記念MB誕生祭(特設サイト)は江戸川でも6日間併用発売された大村名物開催(節間売上37億4673万2500円)。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から3号艇瓜生正義が捲り差し狙うも2号艇松井繁が瓜生を張って流れて共倒れになって差し場出来た展開を突いて5号艇中村亮太(長崎)が捲り差しを決めて1号艇吉川元浩を捕らえきり、前走地平和島楽天銀行杯爽秋のダッシュ島グランプリアウト屋の牙城に続く今年5回目・大村は8月の前回日本財団会長杯お盆特選レースに続く5回目・通算12回目の優勝でG2以上の初V。
 吉川元浩は2M外全速戦がやや流れるも踏ん張りきって2着。



常滑オータムカップ優勝戦

 3個準優制4日間開催の今節は元々出場人数が42名と少なく、3日目までに4人が帰郷した事で最終日を38人で迎える事に。
 その結果、なんと優勝戦は外枠2名が2回乗りという非常に珍しい番組になりました。
 ちなみに5号艇加藤翔が前半3R2号艇2コースで2コース捲り1着、6号艇川下晃司が前半4R2号艇2コースで3周1M差しきり逆転1着と、2回乗り選手の前半は2人とも1着でした。

 そして迎えた優勝戦は1号艇柳沢一(愛知)に完全Vが懸かった一戦で、柳沢一は枠なり3vs3のインから11トップスタートの速攻を決め、今年4回目・常滑4回目・通算26回目の優勝は7戦全勝の完全V。
 2着は差し順走の2号艇大嶋一也(愛知)で、話題の優勝戦は愛知ワンツーでフィニッシュ。

三国日本モーターボート選手会会長杯菊花賞優勝戦

 今年の菊花賞は枠なり4vs2の進入から08トップスタートの1号艇武田光史(福井)が3号艇笠原亮のつけまいを受け止めて押し切り、前走地びわこG3企業杯キリンカップ2012に続く今年3回目・通算25回目の優勝

 笠原亮は5号艇松本勝也の差しを2M行かせて捌き2着。
 尚、菊花賞と縁が深い京都から参戦の6号艇川北浩貴は2周1Mの差しで松本勝也との3番手争いに持ち込み、3周1Mの差しが決まって逆転3着。

児島BOATBoyCUP優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇坂口周が押し切り、3節連続となる今年4回目・児島初・通算31回目の優勝
 2番手は差し順走の2号艇山地正樹と捲った3号艇大串重幸で接戦になり、2M内から先行した山地正樹が大串重幸の差しを振り切って2着。

平和島東京中日スポーツ杯・東京新聞盃優勝戦

 中日新聞グループ2社合同のタイトル戦は16/23/54の進入から1号艇繁野谷圭介が1Mを先行するも膨れ、差しきった5号艇村田修次(東京)が先頭に。
 そしてムラッシュは差し続く4号艇新田雄史を2M包んで振り切り、今年2回目・平和島5回目・通算37回目の優勝

 後続は1M捲り差しから2M差した2号艇渡邉英児が2番手やや優勢も2M2番差しで追走する繁野谷を2周1M包んで回った際に先頭の引き波を踏んで流れてしまい、ここで展開を突いた新田が2艇を差しきり2着。

戸田関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦

 初日戸田選抜戦の6人がそのまま優出した一戦は1256/34の進入から3号艇作間章が06トップスタート踏み込んでカド捲りを決め、地元の江戸川634杯MB大賞に斡旋されなかった憂さを晴らしたマーサク選手は今年4回目・戸田2回目・通算27回目の優勝
 2着は二段捲りで続いた4号艇烏野賢太

桐生サンケイスポーツ杯優勝戦

 1号艇桐生順平の桐生初Vが懸かった一戦は123/564のインから桐生が5号艇萩原篤(群馬)の捲りを受け止めきり、今年4回目・通算5回目にして待望の桐生初優勝
 萩原篤は4号艇吉永泰弘の差しを2M行かせて捌き2着。

江戸川優勝戦とオーシャンカップ江戸川場外イベント情報

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川の5日間シリーズ日刊ゲンダイ杯は求人広告の日である本日が最終日で、2Rから4Rまでの3つが2周戦で開催されましたが、他のレースは3周戦で行われました。

 優勝戦は過去江戸川V4で優勝候補筆頭の横澤剛治が2日目以降オール1着で順当に1号艇。
 レースは4号艇伊藤雄二が14トップスタートを決めて絞りに行くファインモーションで一瞬捲りきるかの場面を見せますが、16スタートの横澤が艇を伸ばして伊藤雄二を張りに行き、伊藤雄二にウイニングチケットを渡させず1Mを先行。
 横澤のターンは膨れるものの2号艇伯母芳恒の差しを問題にしないセーフティリードで押し切り、今年3回目・江戸川5回目・通算29回目の優勝
 地元の牛若丸よしつねが2着、伊藤雄二と6号艇齋藤和政の3着争いは内の齋藤が2Mを先行するも振り込んでしまい、行かせて捌いた伊藤雄二が3着。

 優勝戦以外の出来事では、7Rの1周2Mで3番手付近にいた6号艇鈴木茂高が外から握るも振り込んでしまい、選手責任のエンスト失格。
 その7Rは2番手を航走してた4号艇若林友が事故艇がいる2周2Mで先頭の3号艇渡邉英児を差しきりそうになってしまい急減速。
 これで動揺してしまったのか3周1Mで懐を空けた所を1号艇谷田昭利に切り返されて潜り込まれてしまい、3着に落ちてしまいました。


 ここで江戸川の蒲郡SGオーシャンカップ場外イベント情報。

 オーシャンC5日目と6日目にあたる17日と18日にペアボート試乗会を実施、ペアボート終了後には選手によるTシャツ販売も実施します。
 ちなみにペアボ詳細とペアボ参加予定選手は試乗会リンク先の江戸川オフィシャルブログに記載されてます。

 また、両日は宮城県石巻市にある石ノ森萬画館の震災復興パネル展とオリジナルグッズ販売、東北支援物産展を実施。

 ステージイベントは17日の14時と18時に石巻のヒーローシージェッター海斗が登場。
 18日のオーシャンカップ7Rと同10R特別選抜B戦発売中にはなかじままりのものまねショーがあります。
 なかじままりといえば先月のG1江戸川大賞媒体訪問に参加してG1をPRし、G1初日には東北支援物産展販売協力で江戸川に来場したのは記憶に新しいですね。


大村スポーツニッポン杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇芝田浩治が押し切り、今年4回目・大村初・通算40回目の優勝

 後続は差し順走の2号艇作野恒と捲った3号艇岡村仁でBS併走になりますが、2M内外握り合う展開から作野が抜け出して2着。

福岡県内選手選抜山笠特選レース優勝戦

 博多祇園山笠に合わせて開催されたオール福岡支部による福岡ボート(福岡市中央区)の6日間シリーズ。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇宮田政勝(飯塚市)がスタート飛び出す速攻で、捲り差す3号艇枝尾賢(福岡市東区)と先頭接戦になりますが、宮田は+02のフライング。
 これにより森永ラブ枝尾賢が単独先頭に立ち、前走地芦屋ビッグベアーズカップに続く今年3回目・福岡初・通算4回目の優勝
 差し続いた4号艇伊藤宏(福岡市中央区)が2着。

尼崎サッポロビールカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇・棒で飛ぶのが得意な元棒高跳び選手坂口周がボートで飛ばずに人気に応え、今年2回目・尼崎2回目・通算27回目の優勝で副賞のヱビスビール360本を獲得。

 捲り差しを狙った3号艇今井貴士は引き波を踏んで流れてしまい、.出口でバランスを崩して選手責任転覆。
 2番手争いは捲った5号艇瀬尾達也と差した6号艇中村亮太の争いになり、BS一旦は瀬尾が締めて振り切るも、中村亮が艇を伸ばして再度内に潜り込み2Mを先行。
 ですが瀬尾が冷静に行かせて捌き、事故艇がいる2周1Mを先に回って2着。

江戸川Gカップは横澤が今年初V&濱野谷が今世紀初の多摩川V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 6日間の長丁場を勝ち上がってきました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。第11回目となる江戸川競艇のゴールデンカップ優勝戦は当地V2と2001年7月多摩川東京中日スポーツ賞以来久々のVを狙います1号艇宮内由紀英を2号艇横澤剛治が差して2Mを先制。宮内も差し返して食らいつきますが舳先をかけるまでには至らず横澤が2周1Mを先行して抜け出し、あとは軽快に勝利のカーブを描いていき優勝のゴール。
 1月の江戸川新春金盃を含む今年12優出目(全選手中最多)にしてやっとこさ今年の初優勝を果たしました。江戸川ではデビュー初優勝だった2001年11月日本財団会長杯を含むV3、通算ではV18となります。
 先頭争いの後方では全速握りマイを放っていきました5号艇石田章央が3番手航走。2周1Mで隠れてこっそり6号艇田中豪にぶつけられて艇が浮きますが持ち堪えて3着を守りました。

 第1R寺島和典63.2kgが3着争いの3周2Mで転覆したり6本の万舟(一覧)が飛び出したりした最終日の一般戦ですが、最終日限定で齋藤篤多羅尾達之が追加されました。そんなゴールデンカップは2008年2月〜2009年5月の堤防工事で来年と再来年は行われなさそう。たぶん第12回のゴールデンカップは2010年だと思います。
今年2度目の江戸川で今年の初優勝を果たした横澤


【さあ行こう多摩川さつき杯優勝戦

 7日間の長丁場を勝ち上がってきました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。第14回目となる多摩川競艇のさつき杯優勝戦は是政の申し子にして東京ベイスター村田修次が1号艇でさつき杯V2を狙うイン戦でしたが、ベイスターブルーの4号艇は静岡の大魔神佐々木康幸(多摩川5連続優出)が強気の捲り戦。この捲りにムッシュムラムラッシュ激しく抵抗した展開を突いて東都の大エースは5号艇濱野谷憲吾が5コース捲り差しぃ!これがケンゴスペシャル!という巧みなハンドルワークで突き抜けまして
これが東都の大エース。これがムテキング。濱野谷憲吾!動画)」

 と、今年4回目多摩川5回目通算46回目の優勝。多摩川は通算V5ですが、今世紀は完全に鬼門となっていた水面。事実さつき杯初Vとなった今回がなんと1999年9月G1ダイヤモンドカップ(アグレッシブなQT動画)以来約7年8ヶ月ぶりの多摩川Vでした。表彰式では3月の平和島SG総理大臣杯に続いて優木まおみの祝福を受けています。
 後続は東京ベイスターズ主砲だけど東京ベイパイレーツではないムラッシュが佐々木を是政駅方向に飛ばしつつも踏ん張り、2Mぶんぶん回しての先制ターンで2着。村田修「」ならぬ村田修「次」でくしくも2005年の第12回多摩川さつき杯と同じ枠順で逆の着順になりましたね。

 ちなみにさつき杯の多摩川ではワースト機の濱野谷を始めモーター勝率下位の選手が優出上位を独占(2着ムラッシュ44位3着鈴木博43位)した格好になりました。

【土曜競馬キルトクール】

 G3新潟大賞典のキルトクールはダンスインザモア。喉鳴り持ちで2000mの距離は長い上に、成績からも右回り向きな感じ。ここは自信のキルトクール。

 G2京都新聞杯のキルトクールは白い1番枠のホワイトマズル産駒クレスコワールド。折り合いに難のある馬で2200mの距離は微妙。枠も最内ですから包まれて終わりと見ます。

 それにしても、本日行われた園田G2兵庫チャンピオンシップを勝ったフェラーリピサ白井寿昭厩舎)は強いですね。スタート出遅れから向正面一気の追い上げで先頭に追いつくと、最後は粘るヤマカツブライアンを3馬身切り捨てました(動画)。鞍上の岩田康誠も古巣に錦を飾れましたし、まさに白井最強。

ぎょっ!!魚谷智之 おおっ!!王者の近松ショー開演

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「選手一同は皆様を競艇中毒にする為にここにやって参りました。本日から最終レースまで持てる力の全てを発揮してびし〜っとしたスタートや、おっそろしいターンで皆様の夕食に今日の競艇は最高だったねっていう言葉がね絶えないようなレースを最後まで行いますので毎日お越し下さい。」と、鎌田義の選手宣誓(動画)で始まった新年最初の記念バトル尼崎G1近松賞。ちなみに近松賞が平日初日の平日最終日が多い理由は17日最終日で固定されてるからです。

 「今節参加選手49名、予選道中1号艇無しが1人だけなんですけどそれが僕です。準優で1号艇取れるように頑張ります。」と、抽選で番組編成上最悪のモーター1号機を引いてしまった赤岩善生
しかしならば自力でインを奪え、ということで2号艇1回乗りの8Rでインを奪取した赤岩。そして進入の成果が現れてのイン逃げで1着スタートであります。

 「出てるねえ。今回作ってきたノーマル用の新ペラがエエ感じで、試運転から強めやったと思うよ。前検としてはおおいに満足やね。」と多幸焼の名産地で強気なのは王者松井繁センプルドリーム戦1号艇となった王者は、揺るぎなき信念と強さに裏打ちされたコメントもあって勿論圧倒的な支持を集めました。そのセンプルドリーム戦は5号艇の植木通彦を除くと全員住之江SG賞金王決定戦のメンバー。やはりここは植木ではなく三嶌誠司を乗艇させて欲しかったところであります。
 そんな事はさておき、王者の王者たる所以を存分に披露したセンプルドリームは王者がここで来たかの33王者スタート。2コース19トップスタートの坪井康晴に抵抗しての先マイは流れ、3艇に差されての4着。王者の舞いが初日から披露されました。勝っても負けても魅せてくれるのが王者の証明であります。5コースからもっと遅い34スタートだった植木(このメンバーでこの枠は分が悪すぎた)が特に魅せずにあっさり6着になったのとは対照的な王者の存在感です。
ちなみにこの王者スタートに関してレース後王者からは「初日は起こしで鳴いたのがすべてやったね。ただスタートしてからは伸び返してたし、足自体はエエと思うよ。」というコメントが出ております。
 で、1着になったのは王者を差したつボイが突き抜けそうに思われましたが、緑色の勝負服キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!大外捲り差しの魚谷智之がつボイを差しきりセンタープールで水を得た魚になっております。ちなみに配当の方も魚ッとする2連単10080円3連単62960円となっております。

江戸川新春金盃5日目

 白熱したドラマが展開されております新春金盃レース。今日は開催5日目の水面上です。ラストのファンファーレが鳴り渡りました第12Rを迎えています。2号艇の香川友尚以外はポイント上位にある5選手が揃いました。なかでも、的確なステアリングでただひとりオール3連対をキープしている1号艇横澤剛治に一際熱い注目が集まりました。その横澤、イン03トップスタートの速攻で勝利のカーブを描いてシリーズ3つ目の1着。今節この中ではエンジン中堅クラスと語っていますが捌いて捌いて遂にポイントトップで予選をクリアしました。
 鋭い捲り戦を秘めています3号艇吉田徳夫がここは捲り差しのステアリングで2着に入り、6号艇石田章央が展開を捕らえた差しのステアリングで3着に入っています。


 明日に行われます優勝戦ベスト6強です。

1:横澤 2:海苔オ 3:石田 4:岡部哲 5:山本寛久 6:西山昇一

 なんとなんと、西山以外の5人が本日の第12R出走メンバーとなりました。内枠3人の並びが本日の第12Rの着順と同じになった6精鋭ですが、1999年9月デビュー初優出(G3新鋭リーグ)&2000年10月A1勝負駆け成功(一般競走)&2001年11月デビュー初優勝(日本財団会長杯)と節目を飾った静岡82期三羽烏の横澤が気合いでは一歩抜きん出てるのではないでしょうか。前哨戦を制しているのも強調材料です。
 ちなみに初優勝前の2001年5月には通算優勝回数0回でありながら浜名湖SG笹川賞出場を果たしている横澤です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ