ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

江戸川大賞IN蒲郡

G1江戸川大賞IN蒲郡優勝戦IN蒲郡本場+森永成果ある記念初V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 中川放水路でないから流速を気にする必要は無いものの、その替わり進入予想が難解だった最初で最後のG1江戸川大賞IN蒲郡。最終日は16億1696万7300円の売上で、節間70億2041万5700円。目標の77億には及ばなかったものの70億は突破しました。
 さて、優勝戦スタート展示の124356から一転、江戸川周年初タイトル&蒲郡記念初タイトルを狙う王者の2コース戦を披露するかと思われた2号艇松井繁が2コースを取れる状態ながら3コースに入り、3コースかと思われた4号艇石川真二(愛知)は期せずして懐たっぷりの2コース進入となり並びは142/356。
 台東区下谷にある中華料理福来が応援する3号艇福来剛(東京)がカド04トップスタートを決めるもカド受けになった王者が抵抗。この間に元愛知県民の1号艇三嶌誠司(1968年7月8日生まれ)が江戸川&蒲郡両周年タイトル保持者の貫禄で1Mを先行するもターンマークを大きく外す痛恨のターンミス。石川の差しと王者の捲り差しが入り三嶌は苦しい状態になりますが、それでも江戸川&蒲郡両周年タイトル保持者の意地と機力差で王者を振りきる事には成功。しかし2M内から三嶌を牽制した石川には及ばず勝負あり。「選手生活道中は病に苦しみ3年前にはA2降格。崩れそうな自分を立て直す為、甘さを捨て考えを抜本的に改革と取り組みは続きました。今の勝負強さを支える4号艇の石川真二。本当におめでとう石川真二。キレある差しハンドルが決まったぁ!(動画
 ということでロケット☆モンキーズの66期石川真二38歳はギラン・バレー症候群を克服し、通算44回目にして遂にG1初優勝。当地5月G1オールジャパン竹島特別5日目12R一般戦でのフライングが今回への起爆剤になったと語った石川真二は副賞として蒲郡みかんを獲得です。蒲郡では絶対に負けないと誓った石川真二、今回は地元G1ではあっても地元周年ではないから、次は蒲郡周年獲得が目標ですね。
 尚、当日の自分に関する出来事は予告編Road to Edogama Kyoteiを。
江戸川が蒲郡に来る!江戸川が蒲郡へ行く!一瞬の輝き、一瞬の感動。感動の表彰式


【勇、涼みのナツ。G1下関モーターボート大賞優勝戦

 米原駅の人身事故で新幹線長時間停車中の静岡駅で投票し、競艇TV!レジャチャンでレースを見出したら新幹線が動き、レースが終わったら再び新幹線が止まったという印象深い一戦は3にこだわる世界のアワカツこと3号艇阿波勝哉がもちろんチルト+3度で大外進入。その阿波は124/561の並びから02トップスタート決め、絞る際にガチャつきながらも捲りを敢行。しかし1号艇瓜生正義が抵抗し、ウリ坊が1M先制成功。しかし、この展開を捕らえきった2号艇森永淳がウリ坊を差しきり先頭に。森永は2番差しからおっつけてきた4号艇井口佳典を包んでかわし、2M井口を捌いたウリ坊の差しも振りきって、1981年元旦生まれの目出度い男は通算9回目にして目出度く記念初優勝。前走地倶楽部平和島杯を体調不良で2日目を最後に帰郷しましたが、「入院明けで体調いまいち良くないんですけど」という病み上がりを克服しての記念初Vです。
 さて、下関競艇といえば節間途中で実況アナが交替する事が多いですが、夏の「勇、涼み。」がキャッチコピーの今節は夏の夕涼みにふさわしく大場ナツキアナが全レースの実況及び選手紹介&表彰式の司会を担当。優勝戦実況では今節を「どれをとっても好レース。白熱レースの金太郎飴状態でした(動画)。」と振り返っています。ちなみに目標36億円に対し節間総売上47億9492万7000円(最終日10億6665万6700円)と、低めの目標だったとはいえ目標を大きく上回る数字に。

多摩川JLCカップ優勝戦

 今節はJLCカップであると共に西武多摩川線キャンペーン開催。節間は西武多摩川線パネル展示や木村裕子とクラシックデュオ・杉ちゃん&鉄平による鉄道トークショーが行われました。
 そんな江戸川大賞昼夜併用開催の締めを飾る優勝戦は「激熱!多摩川競艇とともに!小柳南町商店会」のタイトルが付いた冠協賛レース。「多摩川競艇、第9回JLCカップ。6日間のロングランシリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。(動画」と、ヤッターマンこと田中アナが実況した一戦は「枠番通りの進入です。3vs3、123/456です。スピードが乗ってきました。優勝戦今スタートしました。2号艇3号艇そして4号艇5号艇も飛び出していきました。最初のターンマーク先ず2号艇が回っていく。内に入ってきたのは3号艇。3号艇の間に4号艇が入ってきた。3選手の先頭になりましたがバックストレッチ(ピンポンパンポン)お知らせいたします。4艇がフライングによる返還欠場となりました。4艇です。2番3番4番5番。2番3番4番5番です。4選手がフライングによる返還欠場となっています。ご注意下さい。4選手がフライングに散っています。
 という大返還劇になり、先捲りの2号艇久田武(+01)とドカ凹み艇を叩いて差しきり先頭争いリードの3号艇飯島昌弘(+04)と捲り差しの4号艇中澤和志(+04)と中澤が壁になって仕掛けられなかった5号艇北中元樹(+05)の4艇がフライング。
 これにより、02タッチスタートから遅れ差しの6号艇原豊土(静岡)と12ドカ遅れスタートから3艇に捲られ2艇に差されで最後方だった1号艇佐々木康幸(静岡)が生き残り、2M先行した原ちゃんを差しきったササキ様が通算30回目の優勝。2連単と単勝以外は不成立ですが、2連単と単勝も100円戻しなので実質的には2連単6-1と単勝6以外は全て返還みたいなものです。

宮島プリンセスカップ優勝戦

 地元の1号艇海野ゆかりが節間10戦9勝で圧倒的な人気を集めた一戦は枠なり3vs3から海野が他を圧倒する速攻スリットで先行も、ちょっと早すぎたスタートは+01で返還欠場。これでうんのはF2になってしまい、8月6日から90日のF休み。既に選手責任事故も累積してた事から来期のB2が決定してしまいました。
 うんの前退きにより、差し順走の2号艇池田明美が先頭に繰り上がりますが池田は2Mでターン流れ、2番差しから2M池田の内を突いた4号艇永井聖美がHS池田の内に潜り込み、2周1M先行した永井が今年V3・通算V6となる優勝

 ちなみに、岡山の美人レーサー72期3646平井佐緒里(旧姓:西山)が本日の4Rを最後に引退。前半1Rでは6コースの3号艇津田裕絵が+03のFに散る場面はあったものの、F艇に関係なく堂々逃げ切り最後の白星を飾ってます(動画)。

児島いいことイロイロ16#杯優勝戦

 いいことイロイロ16#電投キャンペーンを宣伝する5日間開催は準優12Rで児島競艇史上最高の30万舟が出るなどイロイロあった開催。優勝戦は枠なり3vs3から内3艇が08〜11と早目のスタートも、逃げる1号艇沼田嘉弘と捲り差す3号艇麻生慎介がBS競る間に24スタートの5号艇深井利寿が28スタートの4号艇占部彰二を叩いての捲り差しで伸び、2Mは深井が麻生におっつけながら先行し麻生を競り落としますが、ここで2艇を差しきった神戸カンパニー社長の沼田が深井の追撃を振りきって通算18回目の優勝

 ちなみに同レース3着の宮島地区スター94期4292麻生慎介が宮島モン太チャンネルに出演し、ピット密着取材を受けています(動画)。

戸田一般競走優勝戦

 枠なり3vs3から1号艇井上恵一が13トップスタートの速攻で押し切り通算15回目の優勝
 後続は差した3号艇矢後剛とつけ回った5号艇小松卓司の争いになり、2Mは内の矢後ちゃんが握って先行し外の小松は差しで応戦。2周1Mは内の小松が先行しますが矢後ちゃんが差しきり、ここで主導権を奪った矢後ちゃんが2周2M内から先に回り、外握った小松は流れて4番手に後退し勝負あり。

大井G1ジャパンダートダービーキルトクール】

 スーパースターユキチャンとダート4戦無敗サクセスブロッケンマンの対決が非常に楽しみな日本Dダービーのキルトクールは東京ダービー王ドリームスカイ。今年はJRA勢の馬券圏内独占はもちろんのこと、掲示板独占もあるとみているので地元勢で一番売れそうなこの馬をキルトクール。今回出てきたら自信のキルトクール予定だったディラクエ(早熟か?)を始めとして今年の南関東はレベルが低いから南関東馬は全て消しです。

蒲郡現地参戦!G1江戸川大賞IN蒲郡3日目その3レース編

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「堤防も流れもありません。そしてロボットヤギさんもいません。しかし江戸川大賞。今年は江戸川の護岸工事によりましてこの蒲郡を舞台に江戸川大賞が展開されております(動画)。」ということで進入フリーダムの蒲郡を舞台にお送りしているG1江戸川大賞IN蒲郡は11億4139万400円を売り上げを記録した3日目の競走水面。水面上は江戸川でも蒲郡でも記念を制覇している3連勝のシリーズリーダー三嶌誠司が登場した7R。1236/45の進入から「あぁーと5号艇の長田、4号艇の三嶌もぉー、これタッチかどうか際どい状況。」と2艇がスタート判定の対象になりましたが、捲り差し不発の5号艇長田頼宗(今節選手宣誓担当)のみが+04のフライングに消え、捲り差しで2番手の三嶌は00でセーフ。なお、1着は逃げた1号艇川崎智幸で、川崎は
3号艇3コース捲りの1Rと合わせ本日連勝です。
 00で残り、今節は運もある三嶌さんは2号艇の12Rで再登場し312/456の3コースから捲り差しも、先差しの1号艇濱野谷憲吾を捲りきれず2着。三嶌さんはオール2連対を継続しましたが、シリーズリーダーの座は江戸川でも蒲郡でも記念を勝っていない王者松井繁が2号艇1回乗りの9Rを2コース捲りで制して逆転1位になりました。

 さて、今節全レースの実況を担当している蒲郡の人気者高橋貴隆アナが本日最も興奮したのは11R。昨夏の蒲郡チルト+3度解禁以降、蒲郡で一番チルト+3度で沸かせてくれた6号艇飯山泰が今節初のチルト+3度を披露した一戦はスタート展示の枠なりから本番5号艇中尾誠がやっさんマーク策に転じて123/465。スタ展ではやっさんより早い飛び出しだった中尾が外に出たことで飯山やすしは1つ内の5コースとなり、10トップスタートから「ちゅーうぃーんと伸びきるぅ!(動画」弾丸一気のストレート快ダッシュで一枚薄くなった壁を捲りきってシリーズ2本目の1着。外マイから2M外全速の中尾が2着でマーク策大成功。

 本日は先にエントリーしたえどがま☆きょうていえどがま☆ハワイアンセンターの通り、蒲郡競艇場に行ってましたが、同行した平針の巨匠田中信一郎氏は中尾の6コース進入もあって3日で10ウン万負けてしまいました。尚、本日のラウンドガールアロハむすめは2004年トトまるGガールから蒲郡夏の顔となっているmana様でした。
江戸川が蒲郡に来る!江戸川が蒲郡へ行く!本日のラウンドガールはmana様

男はつらいよ江戸川大賞IN蒲郡

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日初日のG1江戸川大賞IN蒲郡(主催:東京都六市競艇事業組合)から本格リニューアルとなった江戸川競艇場。まだスタンド4Fに通じるエスカレーターとスタンド5Fより上が工事中なものの、分煙化されるなど大幅にリニューアルした大屋根エリアには売場に男はつらいよ全48作のポスター(前半24作後半24作)がずらっと展示されています。開催中連日更新される江戸川競艇オフィシャルブログでは新しくなった部分が連日紹介されていきそうです。まず初日はレストラン笑和の紹介でした。
男はつらいよ全48作ポスター展示中大幅リニューアルした大屋根大型映像付近

 次に、初日9億3081万6500円だった江戸川大賞IN蒲郡を陸の方から触れると、選手代表が愛知支部の大嶋一也で選手宣誓が東京支部の長田頼宗と、今回のレース名にふさわしく江戸川と蒲郡からひとりずつ選出。ただし、実況は蒲郡の高橋貴隆アナオンリーワンで、江戸川のヤッターマンこと田中アナは本日から多摩川JLCカップの実況(本日は1R〜4R)をしてます。ということで実況のコラボレーションはならなかったですが、蒲郡には田中早織アナがいます。ちなみに昼間開催G1下関モーターボート大賞の選手代表は今村豊で選手宣誓は海野康志郎です。

 選手代表と実況を紹介した後は水上の方ですが、選手宣誓担当の長田は選手紹介で江戸川大賞が枠なり3vs3でない事に疑問を提起してましたが、その疑問と真逆な事をいきなりやってのけたのは1Rの6号艇関忠志。いきなりインコースに入り、開催場が蒲郡であることを強くアピール。ちなみに蒲郡ですから決まり手に捲り差しがありません。
 ここで、本日唯一の連勝選手を紹介。連勝したのは「仲口の分まで信一郎と一緒にがんばります。」と意気込む元愛知県民の香川支部三嶌誠司。2000年のG1江戸川大賞を制した歴代江戸川大将は6号艇の3Rで枠なりの大外単騎ガマシから鮮やかな捲り差し、1号艇の8Rでは江戸川スタイル枠なり3vs3から2号艇作間章(地元のつもりでがんばります)に差されそうになりますが締めて振りきり連勝。さくまと機力の違いを感じさせた足はモーター2連対率28.1%以上の足があり、前検タイム3位の足は伊達ではありませんでした。
2006年江戸川MB大賞時の三嶌誠司

 最後に、ゴールデンレーサー賞を名乗らなかったのが残念なドリーム戦は枠なり3vs3から4号艇松井繁(江戸川でも蒲郡でも一度も活躍したことがありません。一度ぐらい活躍したいと思います)が風邪気味の体で絞りに行くも1号艇魚谷智之が抵抗。その展開を突いて5号艇濱野谷憲吾がゴールデン華麗に捲り差しを決めますが、2M差し返した魚谷が1着。昨年の蒲郡SGモーターボート記念覇者魚谷と2005年のG1江戸川大賞覇者濱野谷による蒲郡江戸川ワンツーになりました。ちなみに勝利者に与えられるぬいぐるみはトトまるではなくラリー君です。
昨年江戸川MB大賞時の魚民


浅香唯IN江戸川競艇場】

 蒲郡場外だけど江戸川大賞ということでイベントも豪華な本日の江戸川競艇場イベントは7R発売中と10R発売中に浅香唯歌謡ショー(撮影禁止)。歌謡ショーというふれこみでしたが、実際には前後半とも歌はセシルだけで、残りの時間はトークショー。見た目は全盛期とさほど変わらない顔や体型だけでなく、全盛期を彷彿させる白いアイドルチックな衣装と白いブーツにポニーテールとファッションもあの頃の懐かしさ一杯だったのですが、歌唱の方は全盛期と比べると高音が全く出て無く声もかすれてたのが残念。
 トークは司会の永島美織アナが聞き手となり、前半が競艇の話で江戸川が河川と公道を使ってる事を説明されて驚いたり、過去に福岡競艇場のイベントに出演した事があるとか、峰竜太を知ってたりとかの内容。後半は芸能の話で1988年頃の忙しかった話とか、今も交流がある風間三姉妹の話とか、昨年生まれた長女の話などを。

明日から開催!今日はG1江戸川大賞IN蒲郡前検

江戸川競艇大変身 いよいよ明日から始まるG1江戸川大賞IN蒲郡。初日は蒲郡競艇場で13時20分からSTARが集う選手紹介と虹のDreamer6精鋭によるドリーム戦出場者インタビュー、江戸川競艇場ではC-Girl浅香唯のMelodyが聴けそうなミニライブを7R発売中(17時00分過ぎ)と10R発売中(18時45分過ぎ)に実施。開催期間中は江戸川競艇オフィシャルブログも毎日更新されます。それにしてもドリーム戦の名称がゴールデンレーサー賞でなく普通にドリーム戦なのと鳴門G3企業杯オロナミンCカップ優勝戦ぎっくり腰欠場から回復しなかったヤングマン徳増秀樹の欠場がちょっと残念。

 本日は前検が行われ、前検リポートの面々は荻野滋夫アナ&佐藤正子元選手田中早織で非常に蒲郡色の強い面々。それはさておき、現行のモーターはGW開催中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦から使い始めてBOATBoyCUPG1オールジャパン竹島特別日本モーターボート選手会会長杯争奪戦競艇マクールカップ日本レジャーチャンネルカップ、そして夜の女王決定戦と来てます。その中から気になるモーターをいくつか紹介すると、先ずはモーター抽選で2連対率1位57.5%の47号機(竹島弁天杯優勝都築正治)を手に入れたドリメン熊谷直樹。他には西島義則の55号機(JLCカップ優出1号艇2着中里英夫&竹島特別優出2号艇2着徳増秀樹)に濱村芳宏の25号機(竹島弁天杯優出1号艇2着天野晶夫)、辻栄蔵の29号機(竹島特別優勝井口佳典)に長田頼宗の75号機(JLCカップ優勝大峯豊)、烏野賢太の66号機(マクールC優勝関忠志)に福来剛の74号機(BBC優勝作間章)、それに田中信一郎の67号機(選手会長杯予選1位優出4号艇2着岡部大輔)に高橋勲の31号機(選手会長杯優勝岡本慎治)に石川真二の38号機(BBC優出2号艇2着西田靖)に平田忠則の17号機(竹島特別優出4号艇3着今村豊)といったところ。
 前節夜の女王決定戦組では鎌田義の68号機(夜の女王優出2号艇池田紫乃)に峰竜太の14号機(夜の女王優出4号艇細川裕子)にドリメン池田浩二の16号機(夜の女王優出5号艇岩崎芳美)、江口晃生の21号機(夜の女王優出3号艇3着長嶋万記)にドリメン魚谷智之の63号機(夜の女王優出6号艇2着濱村美鹿子)、そして夜の女王様横西奏恵が使った36号機を手に入れたのはミスター36号機野澤大二
 次に、前検タイム1位の6.62をたたき出したのはドリメン湯川浩司ですがチルトサンドで出した数字なので鵜呑みにはできず、2位の6.63を出したクマさんに注目。どちらにしても過去2年の江戸川大将であり、湯川は芦屋SGグランドチャンピオン決定戦にクマさんはオロナミンCカップとどちらも前走優勝で勢いに乗ってます。ちなみにモーター番号11〜51号機が予選5走、52〜77号機が予選6走の予定です。
 最後に、DREAM POWERドリーム戦の枠番を紹介。

1:魚谷智之 2:池田浩二 3:熊谷直樹 4:松井繁 5:濱野谷憲吾 6:湯川浩司

 自分の予想は135の奇数艇トリオ。王者のモーター30号機は竹島特別で笠原亮が予選6位の好成績だったものの、JLCカップで矢後剛が全然出てなかったのが不安材料。ちなみに濱野谷の18号機は竹島特別でヒラチュウが優出したモーターです。
江戸川が蒲郡に来る!江戸川が蒲郡へ行く!

 さて、月曜日はキャンペーンガールを伴った媒体訪問があり、主催の東京都六市競艇事業組合は節間77億円を目標に掲げる超強気の姿勢。蒲郡前節G3女子リーグ戦夜の女王決定戦が最終日売上7億3645万4000円節間総売上32億6265万100円(ちなみに昨年のG1江戸川モーターボート大賞は最終日売上6億8311万6400円節間総売上27億3401万6200円)と記念並みの売上だったのも強気のバックボーンでしょうが、節間75億5093万3800円も6日中4日間が単独開催だった蒲郡G1オールジャパン竹島特別と違い、今回は昼間開催G1下関モーターボート大賞(江戸川競艇場で場外発売)と完全に重なるのが竹島特別と比べて不利なだけに、そこが目標達成への壁でしょうか。私事ですが、蒲郡本場は5日と8日に行きます。
怒り大魔神埴輪大魔神大魔神がお出迎えの正面入口


戸田夕刊フジ杯優勝戦

 本日夕刊フジのイベントで片岡未来と夕刊フジの記者が来場して数時間後の未来を予想した夕刊フジ杯の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇宇土泰就が02トップスタートを放って1M先行も、3号艇の3333丸尾義孝君を牽制しに行った分懐が開き、そこに2号艇宮武英司の差しが入り、ウトウトしたくなる午後ののんびりムードに宮武ぅどんなもんだいと斬り込んだえいじは通算17回目にして戸田初優勝

【魚っ!】江戸川大賞IN蒲郡まであと2日+徳山競艇HPリニューアル

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日、G1江戸川大賞IN蒲郡のPR隊が媒体訪問を実施。東京都六市競艇事業組合の金井武将事業課主任は「リニューアルした江戸川でも、イベントを盛り上げ成功させたい。」と語り、売り上げ目標の方も77億円と超強気。ちなみに今回のキャンペーンガールはレノンを崇める小野陽子&昨年G1江戸川モーターボート大賞と同じ相沢れいな。果たして、式典がある初日と最終日はどっちの競艇場にいるのか気になるところですが、多分蒲郡でしょうね。当地22日からのSGオーシャンカップ前哨戦としても注目の江戸川大賞、明日はいよいよ前検です。
江戸川が蒲郡に来る!江戸川が蒲郡へ行く!

 次に水上の話題ですが、初日ゴールデンレーサー賞出場選手は昨年覇者にして二年連続グランドチャンピオンの湯川浩司を始め、オーシャンにこそ出ないものの2008年江戸川最終開催日本モーターボート選手会会長賞覇者にして江戸川大賞V3を誇る熊谷直樹50周年で江戸川大賞V歴があり蒲郡も2006年G3企業杯S&Bゴールデンカレー杯優勝等豊富な実績を持つカレーなる東都のエース濱野谷憲吾といった歴代江戸川大将が3人乗艇。
 残る3人は昨年当地SGモーターボート記念を制した「No Boat No Life」の魚谷智之を始め、愛知県からは池田浩二、そして未だ勝てぬ江戸川周年タイトルと蒲郡G1を一度に克服する大チャンスとなった王者松井繁です。ちなみに優勝した場合、制覇場としては蒲郡にカウントされますがタイトルとしては江戸川にカウントされるはず。
昨年の江戸川大賞昨年の蒲郡MB記念

 そしてゲストクル━(゚∀゚)━ !!イベントの話題は6月24日の「G1江戸川大賞IN蒲郡、江戸川競艇場外イベント発表!」でも紹介したのでさらっと触れますが、蒲郡本場は5日がボイスパフォーマーMr.No1seで6日が演歌歌手篁沙をりとフラダンスカラニアーケア。対する江戸川場外は3日が3代目スケバン刑事風間唯こと浅香唯、5日が織田裕二こと山本高広。本場より江戸川場外の方が豪華ゲストなのは東京都六市競艇事業組合主催の江戸川大賞だからでしょうね。
怒り大魔神埴輪大魔神江戸の大魔神

 ここでちょっと脱線しますが、山本高広の元ネタである織田裕二が本日のスポーツ報知HPで、主演するフジテレビ系ドラマ「太陽と海の教室」(7月21日から毎週月曜21時)のロケ地である神奈川・江ノ島海岸の海開きに参加した事と、その時の発言が紹介されてます。
 「太陽と海の教室」は湘南の進学校を舞台にした学園ドラマで、約4年ぶりに月9出演の織田は風変わりな熱血教師役。デビュー作の映画「湘南爆走族」(1987年)だけでなく、桐蔭学園中高時代から慣れ親しんだ風景を前に「僕はこの海と太陽に教わりました。教師役として帰ってきます。」と力強く発言。
 次に、北京五輪と放送時期が重なる事で親交のある陸上選手(おいタメ!おいスエ!)らを意識し「アイツらには負けないです。なめられないように、『あの夏は織田にやられた』と言われるようにしたい。」と闘志むき出しの発言をしたかと思えば、自らのものまねをネタにする山本高広については「僕は笑えない。一過性ですぐいなくなっちゃうんじゃないか、それで食っていけるのか、心配になる。」とダメ出ししつつ山本高広の今後を案ずる発言をしてます。やっぱりネタにされるだけあって熱い発言がキテますね。


徳山競艇HPリニューアル】

 江戸川競艇場でも場外発売された日本財団会長杯ゴールデンレース(最終日入場3434人利用21881人)が一昨日終わったばかりの徳山競艇は明日から星座シリーズカシオペアリーグ。今回はかに座・いて座・おうし座の選手が出場します。
 そして、昨日徳山競艇HPが見易くリニューアル。ビジュアルとレイアウトがかなり変更されましたが、うおっ!となるリニューアル最大の目玉は地元期待の97期4347・目指せダービー女王魚ッ香こと魚谷香織が書きますぅぉちゃん★ぶろぐ 競艇選手・魚谷香織オフィシャルブログ。魚ちゃん♂に続いて魚ちゃん♀もアメブロに参戦です!
対岸スッキリ徳山競艇場昨年多摩川Lダービー準優インタビュー時の魚ッ香

G1江戸川大賞IN蒲郡、江戸川競艇場外イベント発表!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 映画ヤッターマンからは実物大ヤッターワンが公開されましたが、ヤッターマン実況でお馴染み江戸川競艇場からはG1江戸川大賞IN蒲郡の場外イベントが公開されました。イベントに関しては以下の通りです。期間中は昼間開催G1下関モーターボート大賞も併用発売されますが、時間に関しては全て蒲郡が対象です。

7月3日7R&10R発売中
浅香唯Melodyショー
7月5日3R&7R発売中
山本高広がクル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
7月8日8R〜10R発売中
選手グッズ等チャリティーオークション及び池田雷太東京支部長&江戸川地区スター桑原将光トークショー


 7月5日の織田裕二ものまねショーと最終日の選手ショーは蒲郡本場参戦日なので見られないですが、虹のDreamerが集うゴールデンレーサー賞がある初日の浅香唯は今から楽しみですね。追いかけて私のShootingStar♪
江戸川が蒲郡に来る!江戸川が蒲郡へ行く!


尼崎ビクトリーチャンネル杯優勝戦

 スタート展示枠なりも本番は2005年5月若松一般競走以来の優出で2001年10月津一般競走以来の優勝を目指す2号艇泉啓文がピット出遅れ、回り込むも3コースまで。132/456の並びとなった進入から泉が31と凹みますが1号艇林美憲の逃げには影響なく、「近況はよもやのプロペラ不振。暗中模索の日々が続きましたけども、その苦悩を感じさせない頼もしきイン逃走劇ということになりそう1号艇の林。相性抜群のこの水面で名うてのプロペラマイスターが自信と輝きを取り戻します(動画)。」と軽快に駆け抜け1月G3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯以来今年2回目・通算33回目の優勝。泉と2号艇池上裕次を叩いての捲り差しを入れた4号艇加藤高史(埼玉)が2着。

宮島フマキラーカップ優勝戦

 フマキラーのロゴが付いたボートで争われたフマキラーカップ(動画)。優勝戦のスタート展示は124536と5コースだった3号艇荒井輝年が本番ピット出遅れますが、大きく回り込んで2コースに入り並びは13/245/6。そして1号艇吉原聖人(広島)が01タッチスタートから先マイしますが流れ、荒井の差しは振りきったものの5号艇長谷川充(群馬71期3619)には差されてしまいます。2Mは長谷川が先行して、吉原聖人君子は突っ込んできた6号艇前田光昭を行かせての差し。この差しが届いてHSでは両者艇を並べますが、2周1M外全速つけ回った長谷川がここで吉原を振りきり今年3回目・通算12回目の優勝
 2004年1月戸田一般競走以来のVならなかった吉原は2周2M長谷川におっつけに行くも空振り。この隙に荒井(1周2M前田太尊を捲って単独3番手)が吉原を差しきり逆転2着。

徳山日本財団会長杯ゴールデンレース初日

 江戸川競艇場で6日間場外発売される優勝賞金150万円(日本財団会長賞50万円と選手会報奨金36万円を含む)のゴールデンレース。ゴールデンレースについては今節追加参戦の柳瀬興志こと3661さんがブログで詳しく説明してます。その前日は下関競艇チルト+3度導入の経緯を紹介しており、3661さんのブログからは目が離せません。
 ちなみに3661さんは同期3663木山和幸家事都合斡旋辞退による追加で、中村有裕SG斡旋辞退に伴う濱村芳宏SG追加斡旋による追加は芦屋出身の川上剛です。

 初日は入場が1634人で売上が4098万6500円と冴えない数字だったものの利用は11387人を数えており、利用者数で江戸川場外効果が出ております。そんな初日は10Rで4号艇國浦英徳元東京支部長がボート破損の為欠場して5艇立て。レースは123/56の4カドから差し伸びた5号艇原田富士男1着でした。

 初日は10Rまでイン逃げ0とイン受難の水面だった徳山ゴールデンレース。今節初のイン逃げは11R1号艇の亀本勇樹(広島)で、3号艇3661さんの4カドつけまいを受け止めきっての逃げでした。2着は1Mつけまいから2M差した3661さん。
 ここで変わった流れは最終のゴールデンレーサー賞もといドリーム戦にも引き継がれ、1号艇島川光男(広島)が枠なり3vs3のインから2号艇瓜生正義の差しを振りきり1着

 そんな初日の状況でしたが、初日連勝選手は第7代名人位万谷章64歳。5号艇の2Rも2号艇の8Rも2コース捲りで実に若々しい走り。

【おくやみ】

 23日16時20分に香川の31期2485平尾修二選手が悪性腫瘍の為60歳の若さで死去。通算1469勝でV48の平尾選手は法政大学出身で1971年5月に丸亀でデビュー。同年7月に鳴門で初1着。1973年5月に丸亀でデビュー初優出初Vを飾りました。そして1980年9月のびわこG1秩父宮妃記念杯で記念初Vを飾るなど記念V6。中でも1981年の児島鳳凰賞と1990年の丸亀モーターボート記念でSGV2の実績が燦然と輝いてます。尚、最後のレースは昨年3月のグランプリファイナル戦津市長賞最終日5Rで、最後の1着は現地参戦した同TSUグランプリファイナル戦初日の2Rでした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

 悲報がもうひとつ。競艇好きを公言して実際にアマチュアボートを操るなど競艇の普及に大きく貢献し、中学時代からの親友野中和夫選手会長が競艇選手になったきっかけを作った事でも有名な横山やすしがこの世を去って今年で12年。そのやっさんを支えた木村啓子夫人が23日18時30分に心筋梗塞で急死。まだ61歳の若さでした。謹んでご冥福をお祈りいたします。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ