ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

深川

芦屋G1は嘉麻市の岩崎正哉がカドからカマシて優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今年度はサンライズレースでお馴染みになった芦屋ですが、博多再起動アイドルグループHRをイメージガールに起用した今節の開設58周年記念G1全日本王座決定戦は通常時間で開催されました。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇岩崎正哉(福岡)が14トップタイスタートを決めて一気に捲りきり、遠賀郡芦屋町と同じ衆議院福岡8区の嘉麻市出身で芦屋は純地元の岩崎正哉は2002年の当地50周年以来となるG1V2で芦屋7回目・通算41回目の優勝

 後続は14トップタイスタートから外マイ追走の5号艇飯山泰と対照的に23の一番遅いスタートだった6号艇篠崎元志(福岡)で2番手接戦になりますが、2M内から先行した篠崎兄を差しきった飯山やすしが2着。

江戸川一般競走3日目

 第1Rで捲りに行った3号艇小澤和也が出口でキャビったところに4号艇平野恭兵が乗り上げ、平野が転覆して小澤も失速して最後方に置かれた出来事で始まった3日目。

 さて、今日は深川真二(佐賀)が2006年10月報知新聞社杯以来の江戸川出場を記念して深川真二の前半レース終了後、深川信じて深川不動堂へお参りに行き、富岡八幡宮境内にある深川宿でぶっかけ深川丼と炊き込み深川丼がセットになった深川めし辰巳好みを食べて、15時頃江戸川に戻って来ました。
 ちなみに深川がある江東区には佐賀という地名もあり、位置的には永代橋と首都高速深川線隅田川大橋あたりの隅田川沿いです。

 で、深川真二のレースはどうだったかというと前半第4R3号艇は捲り届かず1号艇河上哲也の2着。
 優出1着条件で臨んだ深川不動のイン戦12R1号艇は全体的に遅くて相対的には2番手スタートだったとはいえ31スタートと遅いスタートを切り、26トップスタートだった4号艇一宮稔弘にあっさり捲られてしまい、小回りで残そうとするもターンマークを突いてしまい、3号艇西山昇一にも捲られて3番手。
 深川真二は2Mで6号艇田嶋登を行かせての差しで西山との2番手争いに持ち込み、2周1Mと2周2Mを先行しますが、2周2Mで西山に差し返された深川は力尽きて3着に終わり優出ならず。 

 さて、12Rでカド捲りを決めた一宮は前半第8R5号艇に続いての捲り連勝で、節間1号艇無しのハンデもなんのそので優出ポールポジションを獲得しました。
深川不動堂深川宿のぶっかけ炊き込み深川丼セット

 優勝戦の枠番です。

1:一宮稔弘 2:立間充宏 3:齊藤優 4:西山昇一 5:勝野竜司 6:川添英正

 節間1号艇が無かった一宮にとって優勝戦でやっと巡ってきた1号艇ですが、今節の足色だとすんなり押し切って2日目11R3号艇2着以外オール1着の準完全Vを飾る可能性が高いと思います。

蒲郡サンクス東海杯争奪三河湾グランプリ優勝戦

 オートバックスではなくサンクス東海がスポンサーの蒲郡M-1グランプリファイナルラウンドは枠なり3vs3の進入から1号艇山本寛久が逃走態勢を築き、日本テレビ系全国ネット中継された4日目11Rで山本に勝った2号艇松江秀徳の差しも、前年M-1チャンプの5号艇金田諭のつけまいも寄せ付けずに押し切り、蒲郡4回目・通算26回目の優勝
 フライデーナイトはMatsue-1だった松江が2着、惜しくも連覇逃したはんにゃ金田さとしが3着。

 ちなみに緩急自在の攻めが大事なM-1ムエタイチャレンジは山本智代表が主宰してます。

常滑きさらぎ賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から08トップスタートを決めた4号艇杉山貴博が3号艇吉田隆義(愛知)に抵抗されながらも捲りきって先頭に立ち、常滑初・通算5回目の優勝
 後続は外マイ追走の5号艇向後龍一と差した6号艇鈴木貴司(愛知)で2番手接戦になり、2M外全速アクションで鈴木を捲りきった向後がやや抜け出しますが、2M鈴木を差しきった1号艇濱村芳宏がHSするすると伸びて2周1Mを先行。
 2周BSは先行した濱村と差した向後でほぼ併走になりますが、2周2M内から先行してややリードした向後が濱村の追撃を振り切って2着。

児島「ガァ〜コの部屋」3周年記念競走優勝戦

 G2児島モーターボート大賞特設サイトを開設した児島の4日間決戦は枠なり3vs3の進入から1号艇岡田憲行が2号艇竹上真司(岡山)の捲りを問題にせず押し切り、2009年1月大村日刊スポーツ杯以来となる通算13回目にして児島初優勝
 もちろんレース後はガァ〜コの部屋近くにあるガァ〜コステージに登場してます。

 後続は差した4号艇亀本勇樹が竹上に舳先掛けて2Mを先行。
 竹上は3号艇佐野隆仁を行かせての差しで亀本に迫り2周1Mを先行しようとしますが、ここで亀本勇樹58.1kgがヘビーなつけまいを竹上にズシリと浴びせ一気に捲りきり、2着を取り切りました。

中日スポーツ津ボート大賞優勝戦

 競艇からBOAT RACEになってレース名の重みが増したと思う津ボート大賞。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇永井源が06トップスタートの速攻で2号艇高濱芳久の差しを振り切り、高濱氏を従えた愛知の永井は通算V6にして津ボは初優勝だニャン。

 2着に高濱氏、3着も先行両者の間を割ろうとした3号艇石田章央で展開はあっさりしてましたが、江戸川実券も電投も競馬電投も含めて今日唯一的中した貴重なレースでした。

新春にさくらの花見

散り際のさくらや! 今日はさくらを見に新宿へ行ってきました。
 前世紀はベストを尽くして満開だったさくらも2月一杯で散ってしまい、木も枯れてしまうさくらはポイントカードキャプターさくら加算終了につき表示価格から現金2割引で販売。
 ということで散り際のさくらやねん。
 それにしても今世紀に入って存在感が薄くなってたとはいえ、さくらがいっぺんに散るという話にはビックりしましたね。

 ちなみに今日の昼飯はかつてヨドバシ浄水場があった近く(といっても甲州街道を挟んだ代々木側)にある魚介鶏白湯系ラーメンの風雲児で約1時間待って得製つけめんを。
 そして夕食は同じ新宿の京王百貨店で開催中の駅弁大会で購入したいちご弁当を。
 それにしてもさくらの花見に欠かせないのはやっぱりお茶たに。
2006年5月に撮影した小野さくら

 さくらを見て消耗品のお買い物もした後は深川しんじて門前仲町の深川不動富岡八幡にお参り。
 富岡八幡宮境内左側には地図の神様伊能忠敬の銅像も。
 銅像のそばには深川めしの深川宿もあり、深川まなびました。
 
 ところで、門前仲町が全国に誇るあさり飯の全日本王者深川飯(深川丼)にはぶっかけと炊き込みがありますが、駅弁の深川めしは炊き込み飯の上に穴子とハゼが乗ります。
深川不動堂深川不動参道入口

深川八幡境内にある地図の神様伊能忠敬像
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ