ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

清水敦揮

【SHORENTAI】MB場外のBR江戸川で笑連隊withサンコンのライブ

ブログネタ
音楽 おんがく に参加中!
 蒲郡SGモーターボート記念が予選最終日の4日目だったフライデーナイト、蒲郡本場では8月27日生まれの爆乳タレント手島優がバースデー手島ショーを行いましたが、江戸川場外ではコミカルな歌詞とテクノの要素も入れたレゲエユニット笑連隊のミニライブが。

 笑連隊は高橋ルーと4×4ブルーバードのフロント3人に加えバックDJのヨンコンを入れた4人組。
 ちなみにDJヨンコンは日本一有名なギニア人オスマン・サンコンの息子さんで、その縁でライブにはサンコンも特別出演しました。

 そんな笑連隊は7月7日にニューアルバム「ラフ☆レボリューション2010〜(笑)は地球を救う〜」を発売したばかりだそうです。
笑連隊withサンコン笑連隊featuringヨンコン

笑連隊-上上天国


 ライブとレースの後はAKBヨドバシで愛工大名電もといアイアンメイデンのニューアルバム「THE FINAL FRONTIER」を購入してから神田の世界の山ちゃんへ。
山ちゃんの手羽先とホッピー


びわこマンスリーKYOTEI杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇荒井輝年が54とスタート凹み、15スタートも壁無しになった1号艇谷村一哉は4号艇荻野裕介の攻めをブロックするも、TERUを叩いて差した3号艇清水敦揮に捕まり、先頭は2艇併走。
 そして2M、内の清水がすんなり先行したのに対し外の谷村は1Mつけまいから2M切り返してきた5号艇宇佐見淳を行かせての差しになり、ここで谷村を突き放した清水が通算8回目の優勝

 清水あつきにとってびわこはの大津京弘文天皇吉田弘文相手に2M差しから2周1Mの全速つけまいで競り勝つ大逆転劇(動画)と熱きガッツポーズを見せた伝説のレース2006年12月JLC杯(一般競走)以来となる2回目の優勝でした。

明日から江戸川内外タイムス杯&東京優駿キルトクール

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 明日から始まる6日間シリーズ江戸川内外タイムス杯尼崎サンスポグリーンカップ争奪戦から転戦の森秋光(優勝)や秋山直之(優出3着)、坂口周(優出6着)が参戦。ちなみに第9R荒田泰明岩田優一飯田加一松田竜馬原田智和柴田友和のオール「田」選抜となっております。

 今日は土曜前検なのでちょっと入り待ちに行ってきました。到着が10:40頃だったので福島勇樹王子や小山の重鎮新井敏司名人は入った後でしたが、昨年12月のびわこJLC杯で道中吉田弘文G1びわこ大賞覇者)を逆転して優勝、そして印象的な熱きガッツポーズ(動画)を残した清水敦揮の写真を撮らせてもらいました。
 そして、愛車で颯爽とファインモーションに登場したお待ちかねタンホイザ伊藤雄二の写真も撮らせて貰いました。ちなみに伊藤雄二先生は先日大峯明菜と結婚した伊藤啓三の兄であり、大峯明菜の兄は先日披露宴を行った大峯豊江戸川日本写真判定社長杯覇者)。Kasado bay piratesまちゃあき海賊団sahorenrin's Days Days Daysさんのところに、親族として披露宴に出席した伊藤啓三&明菜夫婦の仲むつまじい様子が写っております。

 ただし日曜は最初から江戸川ではなく、戸田テレ玉杯優勝戦吉田茂 祝還暦記念山室展弘さんが4号艇で優出したので戸田の優出インタビューを見に戸田競艇場へ行ってから江戸川です。山室さんからどんな名言が飛び出すかなのです。
清水あつき大峯豊の義兄弟になった伊藤雄二先生


【元泰と書いてげんたと読む】

 今日から始まった丸亀日刊スポーツカップで同期松尾祭と共にデビューを果たした100期新人中田元泰
 そのNAKATA、デビュー初出走の1Rで大外15トップスタートから一気の大捲りを決め圧勝。圧巻の内容でデビュー即1着を決めました。後半5Rは直内の6号艇北川幸典に張られて1Rのい大外捲り再現ならずで6着に終わりましたが、日曜に行われる新人選手紹介を前にデビュー戦で1着というのは素晴らしいですね。

平和島関東日刊紙競艇記者クラブ杯4日目

 本日は江戸川前検の後、WINS汐留経由で平和島競艇場に行ってきました。12Rは3コースからつけ回る3号艇角谷健吾(今節選手代表)とインから踏ん張る1号艇清水攻二で大型映像前ラップも、2M先に回る清水をTokyo bay pirates角谷が必殺ケンゴスペシャルで鋭く差します。そして2周1M先マイを打つ角谷はかかり鋭いケンゴスペシャルで清水を突き放して1着ゴール、2日目9R転覆を挽回して優出勝負駆け成功とお伝えしておきます。


 優勝戦は以下の6選手とお伝えしておきます。

1:清水 2:向達哉 3:杉山正樹 4:ケンゴ 5:柴田光 6:伊藤将吉

 さて、レース後は前夜版を貰ってから牛小屋へ。本日はレバ刺が食べたい気分だったので煮込みライスの他にレバ刺800円を頂きました。
 で、競艇マスターでもある牛小屋マスターは4R3連単14440円を的中。そんなマスターが診断した足の評価は向が一番との事。マスターのお薦めは123&124の3連単BOXです。

【府中競馬キルトクール】

なるちゃん親王 なるちゃんがマスコットの鳴門競艇では木曜にG1大渦大賞が終わったばかりですが、徳仁皇太子殿下に表彰式プレゼンター安倍晋三首相といったVIPが
⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンと来場する競馬の祭典G1東京優駿
 内外タイムスの見出しはフィニステール(ちなみに前売購入済みな自分の◎は騎手会長柴田善臣大先生騎乗のゴールデンダリア)ですが、今回のキルトクールは大胆にも前日単勝オッズ1.8倍の圧倒的一番人気であるフサイチホウオー亀田興毅推奨馬)。根拠はフサイチ報王がG3東京スポーツ杯2歳ステークスの勝ち馬である事。1997年から現行の2歳戦1800mになった東スポ杯の勝ち馬はその全てが短距離〜中距離の距離適性を示しており、2400mを克服した馬は皆無。よって報王も残り200mで失速する可能性が高いと見ます。ちなみにおとなり多摩川競艇は東京スポーツ賞最終日。残念ながらFEEL LIVE織田猛はダービーデーに優出ならず11R選抜戦回りとなっています。

 同日の府中最終12Rとして17時発走のG2目黒記念NARUTOゆかりのチャクラも登場だってばよ。そんな目黒記念のキルトクールは3歳馬のココナッツパンチ51kg。同世代相手にすら通用しない馬がいくら51kgとはいえ古馬相手に通用する筈無し。しかも前日単勝オッズ4.8倍の2番人気は明らかに過剰人気。自信のキルトクールです。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会

すごいよあつき!かなしいよあつみ…

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 びわこJLC杯(一般競走)優勝戦はイン10トップスタートの吉田弘文がそのまま押し切って先頭。2番手は混戦も5カドから差した森安弘雅が僅かにリードしておりましたが、4コース外マイで後方だった清水敦揮が2Mで森安を行かせ、他3艇を全速で捲る鮮やかな捲り差し(動画)。
懐鋭く飛び込んだ清水は2番手に上昇し、先頭を走る吉田との差も一気に詰めます。そして内に入り込んだ吉田を2周1M豪快に全速つけまい。これで一気に先頭に立った清水は見事後方からの大逆転成功で優勝。2004年6月の下関一般競走以来となる通算5回目のVゴールでした。対して清水に捲られた吉田はここで森安に差され、先頭から一気に3番手に下がるていたらく。
さて、2M→2周1M快心のターンを決めたのが余程嬉しかったか清水はゴールインの瞬間には派手にガッツポーズ。一般競走というサブタイトルが付いた今回のJLC杯ですが、ゴール前だけならまるでSG。

 ところで、びわこ競艇場HPでは42名様に当たる2006年もありがとうプレゼントを25日17時まで受け付けております。プレゼントの品は中村有裕オリジナルTシャツやSG優勝記念クオカを始め魅力的な景品4種類です。

平和島レディースカップオール女子戦最終日

 4Rの1号艇は高橋淳美、人気の中心であります。昨日は平和島の水面お待たせいたしましたWあつみスマイルを披露です。このレースはトリプルあつみスマイルを狙います。
3秒前〜1秒前〜スタートを切りました!インコースから1号艇たかはしあつみ!うぁどうしたこのあたりはかなり早いタイミングでありますが、え〜スタートタイミングが心配されるところでありますが、どうでしょ。(ピンポンパンポン♪)動画)」
1号艇高橋淳美はフライング(+02)による返還欠場です。ちなみに1着はF艇を5カドつけまいで一気に捲りきった新期勝率10.00の倉田郁美
 平和島一押しの美多眠高橋淳美がFに散ったショックで倉田郁美つけまい一発決まったぁ!が出ませんでした。

 優勝戦は1号艇池田明美がイン10トップスタートの速攻で押し切り通算2度目の優勝
4カド捲り差しの横西奏恵2着に入り、池田明美感動の初優勝となった多摩川G3女子リーグモーターボートレディスダービーとくしくも同じワンツー。

 ところで、平和島駅から京急→都営浅草線→都営大江戸線と乗り継ぐ六本木にあるvelfarre(12月31日で閉館)で本日競艇新CM発表会がありました。テーマは来年も今年と同じく「DRAMATIC KYOTEI」で、テーマソングは小柳ゆきの新曲「One in a million」。イベントには小柳ゆきも出席し新曲発表も行われました。
 尚、CM出演選手からは濱野谷憲吾菊地孝平坪井康晴須藤博倫石野貴之が出席しました。

若松西日本スポーツ杯争奪戦優勝戦

 1号艇石川真二がイン14トップスタートからの速攻ロケット☆モンキーターンで独走劇を演じ、若松初にして通算37回目の優勝。そして今年9度目の優勝でロケット☆モンキー石川はV9戦士の仲間入り。
石川には全く届かずも、3コースから豪快に握った木山和幸が2着で、2コース順走のだめんず・ブル〜ス宮迫暢彦は3着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ