ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

渡辺千草

江戸川で発売中のつつつじ賞2日目&全8場の優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇場で併用発売中の津G1つつじ賞王座決定戦。本日も江戸川競艇場4F第5投票所で津買いにはげんでました自分ですが、選手紹介動画等特設サイトも充実してる津つつじ賞2日目のメインは2006年度の津グランプリシリーズ戦覇者限定のはずだった津グランプリ覇者ドリーム戦。ところが、グランプリファイナル戦津市長賞覇者である林美憲(江戸川出場中)を津つつじ賞に斡旋しなかった上にシリーズ第3戦覇者の中村有裕が斡旋辞退してしまい、補欠にはシリーズ第10戦1号艇優出4着でTSUグランプリシリーズ覇者ではない矢後剛が乗艇したので趣旨は崩れてしまいました。
 さて、スタート展示は16234/5となり、大外単騎だった矢後ちゃんが初日とは一変してチルト+3度ならではの目が覚めるような伸び。そして本番は12436/5の進入から6号艇徳増秀樹シリーズ第4戦覇者)が回り直して1243/56に。5カドになった矢後ちゃんはスタートこそ16とスロー勢に劣るも、チルト+3度の伸びとスローが深い進入だった事からぐんぐん伸びます。しかしインの1号艇池田浩二シリーズ第9戦覇者)が補欠には勝たせんばりの勢いで矢後ちゃんを飛ばしてジ・エンド。そのまま逃げ切り1着です。
 後続は人気対抗格の3号艇井口佳典シリーズ第7戦覇者)が4コース捲り差しで2番手も、2Mで内突っ込む徳増と2号艇金子貴志シリーズ第1戦覇者)の間を割った井口は金子に押っつけられるようにして流れ、3コース捲り差しの4号艇齊藤仁(シリーズ第10戦覇者)が3艇行かせての差しで逆転2着。

 ところで、今日の浜名湖中日スポーツシルバーカップ3日目4Rが「全艇フライングレース中止!(動画」で不成立(返還総額1164万7300円)になりましたが、その中には本来なら当然津つつじ賞に呼ばれるべき存在である金子良昭の名が。TSUグランプリシリーズ第2戦シリーズ第5戦の2つを制しているグランプリ王の金子良昭を津つつじ賞に斡旋しなかったばっかりに金子良昭は全艇Fの悲劇に巻き込まれてしまいました。

 ここでつつじにちなんだどうでもええぞうなことを一発。( ´`)今日はつつじのぞみもとい辻希美20歳の誕生日。これを祝って辻栄蔵が昨年G1戸田グランプリを制し、今年はG1戸田グランプリ準優12R4艇Fに散って甘いも酸いも経験した事で知られる戸田競艇場では関東競艇専門紙記者クラブ杯4日目の本日、2Rののたん聖誕記念結婚おめでとう3Rののたん聖誕記念ここにいるぜ4R辻希美20聖誕結婚記念ののたんは奇跡と冠協賛競走が3連発で行われました。つつじええぞう(´` )
( ´`)ののたんははたちになったのれすよ


江戸川日本写真判定社長杯2日目

 第4Rが始まりました。1号艇國崎良春が06トップスタートから逃げようとしたところ、「お〜っと國崎転覆だ。(動画」となる大波乱で3連単92270円が飛び出しました。
 この展開で3艇を差してシリーズ初の1着になった5号艇は57期3214中西長松。実はこの開催の直前にblog競艇と野球を開設してブロガーレーサーの仲間入り。長松blogの1回目に書いてありますが、きっかけはmiruさんこと57期3215能見稔のblog嗚呼!競艇 俺ってプロ?に影響されたとのことです。

 蒲郡SGモーターボート記念江戸川代表阿波勝哉は前半第3R大外一気の捲りでシリーズ2本目の1着と、アワカツらしい爽快な捲り戦を披露してくれました。
 しかしA1の山本隆幸が3号艇にいた後半第10Rは11トップスタートも山本の先捲りを受けて捲り差しにチェンジ。間を割れず3艇による3番手集団併走になりましたが2M全速戦で2番手に浮上、2周1M再び全速で2着を取り切り、勝てはしなかったものの味がある内容です。

平和島ビクトリーチャンネルカップ優勝戦

 前走地児島竜王杯争奪戦を優勝して今年度の竜王位に就いた5号艇片山竜輔が10トップスタートからの5カド捲り一撃でトップターン、ビクトリーロードを悠々駆け抜けて平和島初、2節連続通算31度目の優勝
 2コース26スタートながら竜に捲られた内側でイン16スタートの1号艇山一鉄也を捲った2号艇吉岡政浩とイン立て直す山一の2着争いは2M内の山一が先に回るも、行かせて差した吉岡が制しています。

 平和島次節は21日から平和島レディースカップ。終盤3日間は首都圏唯一の開催になるので週末は結構な売上になりそう。更にダメ押しとして土曜日は神取忍参議院議員、日曜日は海野ゆかりが来場してトークショーを行いますのでかなり混みそうですね。少なくともG1浜名湖賞との併用かつ首都圏他場の開催もあった昨年度を上回るのは確実です。

多摩川競艇バースデイカップ優勝戦

 ご自身の中でどこがいいと思われますか?という優出者インタビュー(動画)の質問で「顔がいいぐらいですかね。」と答え、足に関しては「足が短い分直線が出るんでね、ハイ。その分得してます。」と答え、優勝戦への準備に関しては「荷物まとめて忘れ物が無いように。この成績じゃすることがないんでね。」と満足できる仕上がりである事を強調した1号艇鈴木賢一(川越市)が3号艇3コース清水敦揮のつけまいをブロックしての堂々たる逃げで今年4回目、多摩川2回目、通算20回目の優勝。表彰式(動画の6分過ぎ)でも絶口調の埼玉が誇るエンターテイナー鈴木賢一は焼肉祝勝会を経て、19日に行われる平和島レディースカップオール女子戦プレイベント・ファン交流ソフトボール大会に出場します。
 後続はつけまい届かなかった清水が2番手、5コース捲り差しの6号艇中澤和志が3番手。師弟ワンツー狙う中澤は2M内に突いて2番手の清水を抜こうとするも、全速戦の清水に振りきられて3着のままでした。

三国みなづき第2戦(オール女子戦)優勝戦

 みなづき第2戦ながら選手紹介&表彰式付きのオール女子戦という事で暑い声と語り口に賛否両論の小林習之アナが実況を担当した今節。ボール投げがあった選手紹介で渡辺千草が「ボールが足りちゃいそうなのでもっと場に来て下さいね。」と、客が50人前後しかいなかったらしい事をさらっとネタにした今節。TOKYOレーサーズパフォーマンスinタマガワで「みなさん舟券を買って多摩川の選手宿舎を建て替えて下さい。」等の絶口調ぶりを発揮した千草は今回の選手紹介でも絶口調でした。
 しかし今節は成績も絶好調で、通算77回目の優出となった千草は2号艇。インから逃げの態勢を作っていく1号艇福島陽子のターンは流れ、そこを2コースから斬り込んだ千草が差し抜けて先頭。只でさえ暑苦しい小林アナの実況がますますヒートアップするなか遂に初優勝のゴールイン。5コースから差した5号艇柳澤千春(元埼玉支部)が2着で、「千」の風に乗った実質関東ワンツー。
 55期生の渡辺千草はデビュー22年7ヶ月での悲願達成、77優出目での初優勝は足立保孝の76優出目を上回る最長の道のりでした。次節はソフトボール大会の後、地元平和島レディースカップに凱旋出走です。「77回目にしてやっといい展開がキタ」と冷静に語った表彰式は本人よりも小林アナが涙目で激暑に興奮。
水神祭を終えて記念撮影の千草


常滑黒松特別優勝戦

 イン戦も2号艇柴田光の2コース差しに遭って2着だった昨日の12Rを除けば全て1着の1号艇前本泰和のイン戦に対し2号艇佐藤勝生の2コース差しが迫り、差さったか2号艇残したか1号艇と接戦になりましたが、アウトサイドから艇を伸ばして佐藤をふりほどいた前本が2Mを先に回って抜け出し、唐津一般競走に続く今年2度目の完全優勝こそなりませんでしたが、3節連続今年5回目、通算38回目の優勝
 予選で前本に唯一土を付けた男、3号艇柴田光は3コース捲り差し入れず3番手も、2M佐藤をズボッと差した好旋回で2着。

唐津一般競走優勝戦

 梅雨入りと共に始まったからつ競艇5日間シリーズ。さあいよいよ大一番、父の日バラ色のゴールを切るのは一体どの選手でしょうか。優勝戦6強が登場しました(動画)。1号艇は艇界のゴッドファーザー高山秀則がインから11トップスタートもかかりが悪く流れてしまい、3コースの3号艇坂口周のぐるぐるめぐる捲り差しが入りますが、懐うまくくるっと回った2号艇杢野誓良が本人も超びっくりの出足で坂口の捲りをこらえきり両者接戦。そして2Mで高山名人の突っ込みを抱いてかわし先マイ成功の杢野に対し、差しに構えた坂口の初動が遅れて勝負あり。杢野は唐津初、通算8回目の優勝です。

下関山口県MB競走会会長杯優勝戦

 予選3日間6戦全勝のシリーズリーダーも、準優12Rで2着に敗れて4号艇に甘んじた崎野俊樹。しかし優勝戦はシリーズリーダーの貫禄を示し、3コースから捲り差しの崎野はインから逃げる1号艇池上正浩に舳先をかけ、2Mを先に回った崎野はここで池上正を突き放して独走ぶっちぎり。通算20回目の優勝を達成しました。

若松マンスリーKYOTEI杯争奪戦優勝戦

 マンスリー若松競艇を制作している月間無料冊子マンスリーKYOTEIのタイトル戦は2コースの2号艇馬袋義則(71期3612)が27鹿袋スタートと凹んでインの1号艇深川真二(71期3623)が壁無し状態となったところへ3コースから3号艇牧宏次が襲いかかります。深川は牧宏次に抵抗して先マイも流れ、そこに4カド4号艇新美進司の捲り差しが入ります。深川は2M差し返そうとするも届かず、節間未勝利だった新美進司が最後で先頭ゴールを果たして若松4回目、通算35回目の優勝

おおむら菖蒲祭り競走優勝戦

 大村公園で咲き誇る花菖蒲まつりを記念した開催はインから勝負の21トップスタートを決めた1号艇丸尾義孝優勝。登録番号3333の丸尾君はズバリ、通算33回目の優勝でしょう!
 3コースから外マイの3号艇山口哲治が2番手も、4カド捲り差し不発の4号艇岡瀬正人が2M山口の内に切れ込み、2コース順走から2M岡瀬の内へ切れ込んだ2号艇野澤大二を包みつつの大村先マイで一気に2番手逆転となりました。

 ここで情報。菖蒲の花咲く大村で大村競艇クイーンを務める2007年度準ミス日本大村咲子ホットペッパーグルメサイト〜あの業界人はなに食べてるの!?突撃グルメインタビューに登場して食に関するインタビューを受けてます。

【大村で願い香奈恵】大嶋一也49歳、競艇名人戦初出場初優勝。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 時には強引に。時には巧みに。ベテランならではの、駆け引きがある。「この競艇発祥の地大村競艇に産声をあげた名人戦。それはそれはパワーみなぎるエンジン音が鳴り響き、私たちにどれだけの勇気をもたらしてくれたことでしょう。G1第8回の競艇名人戦、名人を懸けてファイナル6強が登場しました。(動画」と後半3日間を担当した石川香奈恵アナの名調子で始まった大村G1競艇名人戦優勝戦は「回転が落ちてなかった分、準優は75点に上昇。回りやすさが一番いい。そんなに弱いって感じはないけど、微妙なところで負ける。3コースでいいよ。」と前日にコメントし、当日の優出選手インタビューでも「エンジンは満足してないけど、優勝戦でもそんなに負けてないです。ピット離れでアクシデントがない限り、3コース。今節はスタートがあまり決まってないんで、決めたいですね。今日はスタートを決めて、1M最初に抜けられるように頑張りたいです。」と慎重、スタート展示も3コースだった名人戦初出場の3号艇大嶋一也(出走回数不足によるB1級の為施行者推薦出場)が蓋を開けたら好ピット離れから楽にイン取り。そして100m前後の起こしから11トップスタートの速攻戦で独走、ヒゲのニゲがばっちり決まって名人戦初出場初優勝をサラリと達成。
 優勝者インタビューでは「できたら3コースから優勝したかったんですけど。本番でピット離れが思ったより良かったものですから。加藤さんや荘林さんには悪いんですけど、インコース取らせていただいて。」と新鋭選手らしく謙虚に語ったヒゲダンディKAZUYA.Oの記念タイトルは1999年唐津SGグランドチャンピオン決定戦を含む14個目、通算では59回目の優勝となります。
 後続はインあっさり譲って2コース進入となった1号艇荘林幸輝が2M全速戦で2着。3コース2番差し不発の2号艇加藤峻二御大と大外捲りの6号艇小林昌敏山口支部長による3着争いは2Mで御大を差した小林が主導権を握って制しました。
カナエタンとKAZUYA.O


徳山山口新聞社杯争奪太華賞優勝戦

 我が国で最も権威あるみなと新聞を発行するみなと山口合同新聞社が発行する山口県の県紙山口新聞。2310円で世界から国内・町内ニュースまでお届けし、地方分権時代をリードする山口新聞の社杯が山口県内2場で同時開催中ですが、一足早く徳山が優勝戦。ちなみに下関山口新聞社杯争奪快速王決定戦は翌23日が優勝戦です。
 レースは3号艇3コース11トップスタートの地元柳瀬興志をブロックして逃げた1号艇江口晃生が徳山初・通算55回目の優勝。2コース順走の2号艇吉川昭男が2着に入るあきおワンツーで、3661さんは3着でした。
 最後に、太華賞の由来である太華山徳山競艇場の1M側にあります。

桐生ドラキリュウカップ・東西対抗戦優勝戦

 枠なりのスタート展示から一転、134/562の進入となった本番でしたが1号艇西田靖(東軍)が16トップスタートの速攻戦で圧勝。通算58回目の優勝を飾りました。激戦の2着争いは大外進入になったものの差し伸びた2号艇松本博昭(西軍)が接戦ながらも終始主導権を握り2周2Mで抜け出しました。尚、赤ヘル軍団総大将のミスター赤ヘル・4号艇山本浩次(西軍)は3コース差し不発で6着でした。

 ここで桐生市に朗報。桐生市長選挙は新人の亀山豊文候補が現職の大澤善隆候補を破って初当選。桐生競艇桐生市撤退の張本人である大澤候補の落選により、みどり市との合併後に再び桐生市が桐生競艇を主催する可能性が強くなりました。

常滑レディース笹川杯優勝戦

 SG笹川賞と共に全国で2つしかない笹川名レースとして権威あるタイトル戦は、愛知の山智様こと山田智彦アナが名人戦中継司会を務める為に不在。よって本日は浜名湖担当である工藤浩伸アナが担当。ちなみに玉突き式に工藤ちゃん不在となった浜名湖日本財団会長杯争奪戦4日目は尼崎の千葉誠一アナが担当してました。
 そんな笹川杯で6号艇渡辺千草が記録にチャレンジ。今回で通算76回目の優出となる渡辺千草は現在のところ、優勝戦75連敗だった足立保孝(76優出目の1999年10月津一般競走で初優勝)と並んでデビューからの優勝戦連敗タイ記録。そして3コース進入で新記録阻止を狙った渡辺千草でしたが4カド10スタートの3号艇宇野弥生に絞られて5着。優勝戦76連敗で新記録を達成してしまいました。
 かくして艇史に名を残す事になってしまった渡辺千草ですが、多摩川競艇HPスペシャルコンテンツ女子王座の道濱村美鹿子と一緒に行ったトークショーの動画が公開されてまして、魅力的なキャラクターに触れる事が出来ます。

 レース前方の行方はイン05トップスタートの1号艇日高逸子が通算52回目の優勝。笹川賞出場が既に決まっている目高さんは笹川杯&笹川賞W優勝の権利を獲得しました。
 4カド捲り差しの宇野弥生と5コース同じく捲り差しで宇野の内に入った永井聖美の「15日にボートピア名古屋で常滑に来てみやちトークショー」をしたコンビで2番手併走になりましたが、2M永井を差した宇野が競り勝ってます。

鳴門大型映像導入3周年記念競走優勝戦

 1号艇平田忠則(福岡)が2コース強攻態勢の2号艇西村勝(埼玉)をブロックして先頭に立ちましたが、3コース差しの3号艇松本浩貴(埼玉)が2Mおっつけてきてヒラチュウに包まれた松本は結果5番手に落ちましたが、ヒラチュウが松本を包むのに手こずる間隙を突いて5カド捲り差し3番手の飯島誠(埼玉)が松本のアシストを生かしヒラチュウを差しきり逆転。飯島が通算2回目の優勝を飾りました。ヒラチュウはさいたまトリプルアタックにこらえきれなかった形ですね。ヽ(゚∀゚)ノさいたまさいたまさいたま!

福岡公営レーシングプレス杯優勝戦

 142/356の進入から4カド07トップスタート山口裕太に抵抗しての2コース先捲りを打った田村隆信が捲り差しに切り替えた山口を振り切り通算18回目の優勝。尚、1M捲り差し狙った5号艇鈴木賢一は2号艇麻生慎介と6号艇岸本雄貴に挟まれてしまいエンスト失格です。 

児島瀬戸大橋開通19周年記念優勝戦

 チルト+1.5度大外進入の4号艇後藤道也が06トップスタートで捲りますが、揃って小回りの内3艇を捲りきれず4着まで。イン残した1号艇平石和男に2コース差しの2号艇石川真二に3コース2番差しの3号艇山崎昭生で3艇併走も、2M先制不発の山崎が石川と平石に差されて3着。2番差しの平石が2周1Mを先制しますが、ここで平石を差した石川が石同士の先頭争いを制して通算38回目の優勝です。

びわこボートピア京都やわた開設記念優勝戦

 ボートピア京都やわたの設置会社である(有)京都八幡総合研究所から会長賞として30万円が加算され優勝賞金100万円の開催は当地約5年ぶりの登場だった1号艇重野哲之がイン09トップスタートの速攻戦で2号艇池田浩二の差しを振り切り、今年4回目・通算14回目の優勝。今年の大目標を地元浜名湖SG競艇王チャレンジカップに置く重野にとって4日間で100万の賞金は大きいでしょう。尚、4カド外マイの4号艇吉村正明と大外差しの6号艇山本光雄による3着争いは2M山本弟を差した吉村が制し、師匠の小林昌敏共々優出3着です。

住之江JLC杯競走優勝戦

 1号艇秋山直之が12としっかりスタート決めてインから押し切り住之江初優出初優勝。自己通算では19回目。表彰式では「住之江に来るときはファンの方の声援(野次)が怖いんですがこれからも頑張ります」という感じの言葉を残してます。
 2コース順走林美憲と3コース握った村田修次の2着争いは2M外全速戦で林を突き放したムラッシュが競り勝ってます。

江戸川日刊ゲンダイ杯初日

 選挙日和の日曜日でしたが、なんと「強風高波浪の為順延」。日曜日と同じ枠番で月曜日に初日が行われます。写真は前検で撮った2枚、G1江戸川モーターボート大賞優勝が光る橋本久和(前走地浜名湖祝!浜松市政令都市誕生記念レース優勝)と前走地平和島東京新聞盃優勝からの転戦となる上平真二です。ということで江戸川中止の為、今日も多摩川に行ってきました(続く)。
日刊ゲンダイ杯前検の江戸川巧者橋本久和日刊ゲンダイ杯前検の東京新聞盃覇者上平真二


【胸高鳴る多摩川日本財団会長賞優勝戦+α】

 日本財団会長賞として50万が加算され優勝賞金114万円の開催、結びの一番は3コース04スタートから緩急自在に捲り差した2号艇山本寛久がスリットギリギリイン01トップスタートの1号艇井上恵一を差しきり多摩川初・通算15回目の優勝
 後続はけいいちくんが2番手で2コースの4号艇堤昇と4カド差しの3号艇柳沢一が3番手併走、更に5コースから5号艇宮武英司が追いかける展開でしたが、2Mで宮武がけいいちくんに宮武ぅど〜んと突進。この突進で哀れけいいちくんは後方に消え、柳沢を差した堤が2着になっています。
ピーチガイファッションの山本寛久



 江戸川の所で書いたように本日は江戸川が中止順延。起きたら強風の音でやな予感がしてi-modeで開催状況を見たら案の定中止順延でした。ということで前日同様東京競馬場→多摩川に目的地を変更して選挙投票の後に出発。先ずはウイニングチケットレガシーワールドがいる東京競馬へ。午前と午後で公開馬が分かれてて、外に出てたのはウイニングチケットだけでレガシーワールドは中に入ってました。
勝馬投票券(ウイニングチケット)

 場内に着いてG2サンケイスポーツ賞フローラステークスジョッキーマスターズのプレゼンターがミスター赤ヘル山本浩二田淵幸一(フローラSのみ)の法大コンビであることに気づき、発走前にして早くも胸高鳴るアグネスフローラS。
 レースは直線一度は前が詰まりながらも立て直して見事な一気差しを決めた人気の中心ベッラレイア(騎乗:秋山真一郎)が勝ったので住之江も秋山から電投購入。ベッラレイアは是政の大一番G1レディスダービー優駿牝馬でも楽しめそうな勝ちっぷりでした。それにしても山本浩ジは夕方まで府中にいて夜は桐生の優勝戦でしたから大変ですね。
プレゼンターを務める山本浩二とタブチくんピーチガイ山本浩二とタブチくん

 表彰式を最後まで見たところで多摩川へ向かい、到着は胸高鳴る多摩川優勝戦締切約10分前。まっちゃんさんもいた多摩川競艇の優勝戦は名人戦締切前に終わったのですが、表彰式(動画の6分過ぎ)を名人戦の前にやるのか後にやるのかはっきりしないままウェイキーくんだけが壇上に佇み、結局名人戦と同時に表彰式という最悪のタイミング。表彰式会場そばのTVで名人戦中継を見たので最後の記念撮影には間に合いましたが、インタビューは聞けなかったのです。ちなみにほとんどの客が名人戦を見てたので記念撮影だけでも余裕の最前列でした。
壇上で佇むウェイキーくん
 
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ