ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

澤乃井カップ

是政夢劇場、千秋楽の幕が開く。

 多摩川今年度最終開催は、小澤酒造が製造する日本酒澤乃井の名を冠した澤乃井カップ

 「BOATRACE多摩川、今年度の締めくくりは第9回の澤乃井カップ。名水に銘酒あり。別れを惜しんで、まず一献。出会いを祝って、また一献。春に酔い、花に酔い、浪漫に酔い、そして名勝負に酔いしれる。二日酔いにはご注意を、とお伝えしておきます。多摩川恒例開催を制し、銘酒澤乃井を片手にヤッター!と叫ぶのは果たして誰か。6選手の夢とファンの皆様の思いを乗せて、さあ行こう優勝戦!12Rです。

 日本一の静水面、是政夢劇場今年度最後の幕が開く。優勝戦は枠なり3vs3の進入から12トップスタートの3号艇東本勝利が捲りに行くも1号艇立間充宏が激しく抵抗して両者是政方面に流れて行く大競りになり、展開捕らえた2号艇渡辺浩司が4号艇大澤普司の捲り差しを張りながらの差しを決め、渡辺浩司は多摩川2回目・通算12回目の優勝

 後続は差し続いた6号艇長田頼宗(東京)が2番手も2M外握って流れ、2M差した大澤普司との2番手争いに。
 2周1Mは大澤普司が内の立間充宏を包んで先行しますが、ここで長田頼宗が立間充宏を行かせての差しで大澤普司を差しきって抜け出し2着に入り、93期ワンツー。


びわこアクアンビューティー選手権優勝戦

 オール女子戦は新年度からG3オールレディースに昇格する為、一般開催としてのオール女子戦は今節が最後。

 枠なり3vs3の進入から1号艇香川素子(滋賀支部)が05トップスタートの速攻を決め、びわこ2回目・通算9回目の優勝
 後続は捲り差した5号艇永井聖美と差し順走の2号艇山川美由紀で2番手接戦になり、1M2番差しの4号艇水口由紀(今節選手代表)が2M内から艇を伸ばして三つ巴の争いに持ち込みますが、永井聖美が水口由紀を全速包みきり、山川みゆきが水口由紀を行かせて捌ききった結果、2M握った永井聖美が山川みゆきの差しを振り切って2着。

唐津日本MB選手会会長杯優勝戦

 今節は唐津名物の準優進出戦が進化した開催で、普段は準優進出戦が4つで進出戦3着勝ち上がりの準優勝戦が2つの所、今節は準優進出戦が6つで進出戦3着勝ち上がりの準優勝戦が3つになり、優出へは準優2着条件に。
 この番組は来月15日から当地で開催する新年度最初の全国発売開催、G1名人戦特設サイト)でも実施されます。

 さて、優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田中豪が19トップスタートの速攻を決め、唐津初・通算43回目の優勝
 後続は捲った3号艇大池佑来と捲り差した5号艇吉村正明で接戦になり、2M内先行した吉村正明を大池佑来が差しきって単独2番手になり、東京支部ワンツー。

大村長崎新聞社杯優勝戦

 123/546の進入から1号艇堤昇が押し切り、大村3回目・昨年3月徳山デイリースポーツ杯争奪すなっちスプリングカップ以来となる通算29回目の優勝
 2号艇杉山貴博が差し順走で2着。

児島ていちゃんカップ男女W優勝戦最終日

 男子の11R優勝戦ガァ〜コ杯は枠なり3vs3の進入から3号艇荒井輝年(岡山)が捲り差しを決めて先頭に立ち、通算52回目の優勝
 2番手の1号艇森秋光(今節選手代表)は2M外握って流れ、1M差して3番手だった6号艇大庭元明が2番手に浮上。
 しかし3周1Mで森秋光の差しが届き、3周2M内先行した森秋光が逆転して地元ワンツー。

 女子の12R優勝戦クラリス杯は枠なり3vs3の進入から1号艇田口節子(岡山)が04トップスタートの速攻で4号艇向井美鈴の捲りをブロックしつつ2号艇喜井つかさ(岡山)の差しも振り切り、前走地戸田G3女子リーグ第12戦に続く今年3回目・児島2回目・通算41回目の優勝
 2番手の喜井つかさに対し、向井美鈴が2周2Mの差しで接近して3周1M内から先行しますが、喜井つかさは向井美鈴を行かせて捌き地元ワンツー。

王者松井咲かせたつつじの花【津つつじ賞V5】

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 津開設60周年記念G1つつじ賞王座決定戦特設サイト)のファイナル王座決定戦は枠なり3vs3の進入から1号艇萩原秀人が1Mを先行するもG1初Vが懸かったプレッシャーからかターンが全く掛からずに大きく流れてしまい、難なく咲差しを決めた2号艇松井繁が2番差しの4号艇吉田拡郎を従えて先頭でゴールし、呼吸するピアノのごとくボートを自在に操る王者S.Matsuiは今年4回目・通算105回目の優勝で、記念58度目のVはつつじ賞の花を5度咲かせた津G1V7です。

 2着はよしだかくろう、3着は05トップスタート踏み込んでの捲り差しで萩原のターンミスを誘発させる事に成功した3号艇星野太郎(三重)。

住之江大阪スポーツ賞アクアクイーンカップ優勝戦

 住之江特設サイト東スポ特設サイトも開設された大スポ賞アクアクイーンカップ。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇山川美由紀が押し切り、MBC48のレーシングスーツを着るみるきーは今年V3・住之江V3でアクアクイーンカップV2・通算71回目の優勝

 後続はセンター3コースから捲り差した3号艇高橋淳美(大阪)が2番手を航走し、4号艇角ひとみの差しを2M行かせて捌き、1M捲り戦から2M差してきた5号艇谷川里江を2周1M行かせて捌き2番手を守りますが、2周2Mで内から角ひとみに合わせられて張られてしまい4番手に後退し、2周2M差してきたりえが2番手争いでやや優位に。
 しかし3周1Mでりえがひとみを牽制しながら回った際にややバタつき、その隙を突いたあつみが2艇を差しきり再浮上に成功して2着。

 かくして大スポ賞アクアクイーンカップはホワイトみるきー、センターあっちゃん、愛知からきたりえによる奇数艇トリオ決着。


多摩川澤乃井カップ澤乃井ファイナル

 「名水に銘酒あり。奥多摩の豊かな自然が紡ぐ銘酒澤乃井をご堪能頂いた後は多摩川頂上決戦に酔って頂きましょう。
 ということで是政夢劇場の蔵が開きました小澤酒造澤乃井カップの澤乃井ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇梶野学志(東京)が21スタートと後手を踏んでしまい、カジノは伸び返して1Mを先行するもマイシロなく膨れてしまい、08トップスタートの2号艇篠崎仁志がカジノを差しきり先頭。
 カジノは差し続く6号艇岡谷健吾を2M行かせての差しで篠崎弟に食らいつき2周1M内に潜りこむも篠崎弟は包んでかわしきり、通算V6・多摩川初・今年3回目の優勝で副賞の澤乃井を獲得。

福岡JLC杯争奪戦開局20周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇後藤浩がカド捲りを決め、今年3回目・福岡2回目・通算48回目の優勝

 後続は差した2号艇今井貴士(福岡)と6号艇松本勝也、捲った5号艇松江秀徳の三つ巴になり、BS真ん中の今井が2Mで松本を行かせて捌きつつ外握って来た松江の攻撃をこらえきって2番手争いで優位に立ち、2周1Mで内の松本を包みきって2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ