ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

琴浦賞

メルマガが面白い尼崎でトシちゃん今年V6+明日は江戸川優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 琴浦神社が近くにある尼崎センタープールの6日間シリーズデイリースポーツ杯争奪琴浦賞競走は本日最終日。
 個性的な面々が揃った優勝戦スタート展示こそ枠なりオールスローでしたが、本番では「スタート?ちょっと慎重になっとるんで、まぁ最後だけはビシッと行きたいですね。コース?枠ナリ主張ですわ。」な6号艇山室展弘さんが大胆に動いてインまで入り最終隊形は613/245に。
 そして山室大先生は17トップスタート決めますが、そこに1号艇吉田俊彦の差しが届き、2M先行して山室大先生を突き放したトシちゃんは今年V6・通算23回目の優勝で総理杯当確に。
 1M捲り差し割れずの3番手だった2号艇田中豪が2M切り返して山室大先生の内に潜り込んで先行し、2周1M山室大先生の差しを振り切って2着に入る吉田豪ワンツー。


 さて、尼崎市主催開催に千葉誠一アナが発信する現場からお届け! 本日とれたてピット情報メールマガジン(携帯からの申し込みはこちらから)。
 今節は山室大先生のコメント(前出)も掲載されてていつも以上に読み応えがありましたが、特に面白かったのは4日目に配信されたメルマガ。以下はその抜粋です。

 松村康太選手。艇界一の“イケメン評論家”?はやはりSGを見ていても視点が違います。

 「やっぱり池田浩二さんは格好いいですね。同じ選手紹介に出ていても、ファンの数が違うんですよ。篠崎元志とかも人気あるけど、やっぱり若い女の子が中心。
 でもね、浩二さんはその上の年齢層の方のハートを掴んでるんです(笑)。“キレイな女性だな〜”なんて見ていたら、だいたいその女性がそのまま浩二さんとこに行きますからね(笑)。」

 イケメンレーサーのチェックは実に厳しい松村選手(笑)。その松村選手が今一押しのイケメンとは?

 「原豊土でしょう。昨日の(浜名湖優勝の)表彰式を見たんですけど、メチャクチャ格好いいんですよ。前は少し短いモヒカンみたいな髪型だったけど、今は伸ばしてて前よりイケてました。元志とか山崎智也さんとはまた違うタイプの男前。服部幸男さん系ですね。あれはね、記念とか一杯走り出したら女性ファン、すっごいと思いますよ(笑)。笹川賞、出ちゃうんじゃないですか?」

 松村選手のライバルが、また増えたようです(笑)。


 ということで優勝戦4号艇だったイケメン評論家コータクンこと松村康太一押しのイケメンは原豊土です。

福岡マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から09トップスタートの3号艇津留浩一郎が捲りきりますが、4号艇熊谷直樹が2号艇大川茂実を叩いての差しで津留浩に並び、2M津留浩を張って先行したクマが今年は9月桐生マンスリーKYOTEI杯以来となる2回目、通算では福岡3連覇となる通算61回目の優勝

 2M小回りの6号艇角浜修が2番手に上がりますが、2M差しで角浜の内にいた1号艇岡本慎治が2周1M艇を伸ばして角浜に先行し、艇を伸ばしながらも流れない絶妙の小回りで角浜に並び、2周2M先行して逆転2着。

江戸川スポーツニッポン杯5日目

 6戦全勝の前本泰和は予選最終日の今日2回乗りで、4号艇の第6Rは2号艇先山健司(チルト+2度)が大外に出て134/652の進入に。
 そして前本は3コースから12トップスタートを決め、絞ってくる5号艇松浦努(チルト+1.5度)に応戦して先捲り。捲りきった前本は松浦の捲り差しを振り切って7戦全勝としました。

 こうして迎えた3号艇の12R、前本は前半と同じく3コースから捲りきります。
 しかし前本に対し4号艇堤昇の捲り差しが届き、2Mは堤が先制。前本は差し返し狙いますが届かず2着に敗れ、遂に連勝が止まってしまいました。
 尚、堤は3号艇の前半第7Rでも2号艇山田哲也の捲りに乗って捲り差しを決めており本日連勝。前日順位12位の6.50から一気にジャンプアップし大逆転優出を決めました。


 優勝戦の枠番です。

1:前本泰和 2:中里英夫 3:堤昇 4:北川潤二 5:山田哲也 6:小黒竜吾

 作野恒が2005年12月一般競走で達成して以来となる江戸川での完全優勝はかないませんでしたが、前本の準完全Vが有力。

 ちなみにひまひまデータさんに1996年以降における江戸川での連勝記録が掲載されてましたが、最長は作野恒の8連勝。
 その中で目をひいたのが、1998年9月3日G3新鋭リーグ戦競走第16戦2日目4Rから同新鋭リーグ優勝を経て1999年2月17日関東競艇専門紙記者クラブ杯初日7Rまで7連勝だった中川俊介こと74期3721守田俊介の名前。さすがは江戸川鉄兵こと同期3716石渡鉄兵と対を為す永遠のライバルです。
 ちなみに新鋭リーグの時はまだ中川俊介が正式な登録名でしたが、翌年2月には現在の守田俊介になってました。

全日本選手権から一夜明け、今日は尼崎で地元銀河系ワンツー。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 尼崎センタープールの6日間シリーズ、デイリースポーツ創刊60周年記念琴浦賞競走は奈良在住大阪支部85期4042丸岡正典がSG初優出初優勝を成し遂げた丸亀SG全日本選手権から一夜明けた本日が最終日。
 1号艇に兵庫85期4025山本隆幸、3号艇に兵庫85期4040廣瀬将亨と地元銀河系が2名乗艇した優勝戦は枠なり3vs3の進入隊形から白い巨人と化した尼崎市のKing of Galaxy山本隆幸が14トップスタートからの速攻を見せ、銀河の豪腕廣瀬将亨が繰り出した捲り差しを締めて振りきり先頭航走。「これぞ本来の姿。圧倒的な人気に堂々と涼しい顔して応えそう。1号艇の山本隆幸が最後のバック、直線コースへとボートを運びます。(動画」と、王者DNAを受け継ぐ山本隆幸は凹者スタートで白い拒人と化してしまった大村G1海の王者決定戦の汚名返上を果たし、「昨日はダービーで丸岡正典がやりました。SG制覇その栄光へと驚異の輝きで行列を作ります、恐るべき85期銀河系集団。田村・湯川・井口に丸岡。もちろん次はオレの番です。5つ目の星へと勇往邁進。」とゴールインして今年4回目・通算15回目の優勝を飾り、銀河系軍団2日連続Vは同県同期廣瀬との地元銀河系ワンツーであります。

 山本隆幸の次節は師匠松井繁と一緒にPOWER&SOULな特設サイトも開設された児島G1競艇キングカップ。今日ワンツーを決めた廣瀬はA2の為に出られませんが、銀河系からは4024井口佳典と4036金田諭と4049高沖健太と4050田口節子、そしてSGウイナーの仲間入りを果たしたマルちゃんが登場します。

津グランプリシリーズ第7戦優勝戦

 名産松阪肉 朝日屋の松阪肉と優勝賞金64万円を懸けたTSUグランプリシリーズ第7戦は132/456の進入から1号艇中岡正彦が押し切り今年4回目・通算33回目・津は2007年3月年度末感謝レース第1弾からの連続優勝。順走の3号艇横澤剛治が2着。
 尚、尼崎競艇ダービー杯からの連続Vを地元で狙った2号艇の三重85期4043桐本康臣は中岡と横澤の間を割れず苦戦も、2M2艇を差しきり3着。

下関一般競走優勝戦

 今節から下関競艇HPのpdf出走表に表紙と裏表紙が追加されて、得点表と賞金表がわかるようになった3個準優制4日間シリーズの最終カードは142/635の進入から20スタートの2号艇大澤普司に対して28スタートの1号艇泉具巳が艇を伸ばし1Mを先行するも大澤を牽制した分懐が開き、そこを突いた4号艇新美恵一がいずみともみを差しきり、2Mでけいいちくんと大澤の間を割ったいずみともみの差し返しを振りきって今年3回目・通算41回目の優勝

【明日は多摩川関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦+one】

 W準優勝戦を勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦の枠番が決まりました。

1:石川真二 2:吉田徳夫 3:川崎智幸 4:津留浩一郎 5:眞田英二 6:秋山広一

 G1江戸川大賞IN蒲郡で初めての記念タイトル獲得を地元水面で叶えた愛知のロケット☆モンキー石川真二がポールポシジョンですが、不安材料は今節イン戦を2回走って2回共敗れてるところ。節間6勝の秋山広一が6号艇にいるというのも波乱の予感がしますね。


 そんな多摩川が明日唯一の優勝戦ですが、多摩川競艇無料送迎バス発着駅多磨霊園から京王線で一本の新宿では、歌舞伎町ロフト・プラスワンにて19時30分からBOATBoyプレゼンツ・水上の格闘技・THE競艇ナイトが。出演は黒須田守編集長を始めとするBOATBoy編集部に現役競艇選手からは湯川浩司山崎哲司、そして東京ベイ平和島からはベイ吉アナこと松永良一アナが出演する止まらないHa〜Haな超新宿歌舞伎町の東京競艇ナイトを勤務帰りに見に行くとお伝えしておきます。競艇ナイトの模様は当日水曜日のJLC NEWSでFOMA中継、そして月曜日のJLC NEWSで特集が組まれるようです。
競艇ナイト

【まるでSG浜名湖賞】平和島SG全日本選手権ドリーム戦メンバー決定

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 10月3日から8日まで開催される平和島SG全日本選手権ドリーム戦メンバーがやっと発表されました。メンバーは以下の6人です。

1:魚谷智之(兵庫)
2:服部幸男(静岡)
3:渡邉英児(静岡)
4:菊地孝平(静岡)
5:金子良昭(静岡)
6:瓜生正義(福岡)


 なかなか発表されなかったので勝率基準で選出されるのか不安でしたが、結果は内枠5人が勝率上位で6号艇が施行者推薦という例年の全日本選手権と同じ選出基準。静岡祭りを恐れるあまり変に地域性を重視して成績を無視した選出にならずほっとしました。ただ、住所を見ると白魚だけ岡が付かない県民というのが気になりますね。

 ちなみに今夜は東武百貨店池袋店にオープンしたニューウェーブ九州ラーメン龍の家に行ってきました。一見競艇と何の関係も無いようですが、実は開店を知ったきっかけがKYOTEIブログ〜理彩日和「只今お江戸4日目」でのお店紹介だったのです。

尼崎デイリースポーツ杯争奪琴浦賞競走優勝戦

 ごくごく自然体な当たり前の走りがプライスレスな感動をもたらします。永遠不滅の競艇スタンダード1号艇の今村豊が2コース2号艇西田靖の気負った捲りを軽くあしらい、9戦8勝2着1回の準パーフェクト。今年3回目、尼崎では約15年ぶり、そして通算では何と110回目の優勝であります。「あまりにも期待が大きすぎて、心臓が破裂しそうでした。」という緊張からかスタートは20とやや遅めでありましたが、15トップスタートの西田が中途半端な捲りを打ったのに対し、伸び返しから冷静に頼もしく回った今村豊のプリンスロードはさすがV110の貫禄です。
 秋は星野の季節ですが、星野はセンタープールで星を量産する苗字であります。ということで4カドから差し込んだ4号艇星野太郎が2着であります。

三国ながつき第3戦初日

 ながつき第3戦。4日間決戦で挑む攻防は初日を迎えています。先ずは予選突破を狙い瞬間沸騰の水上戦にどうぞご期待くださいませ☆また今節はG1競帝王決定戦の併用発売も行っております。お楽しみがあっちこっち倍増の三国競艇で1日ごゆっくりとお過ごし下さいませ。それでは三国プールのオープニングはおはよう特賞第1Rです(動画)。インから162/453の順です。1秒前、スタートしました。逃げる1号艇今井貴士に対し、大外から捲り差した3号艇濱本優一が舳先を掛けて併走へと持ち込みまして、2Mを先に回った濱本が先頭。ですが、シード選手の意地で食らいつく今井が2周2Mでつけまいを決め遂に逆転。そして3周1Mでダメ押しのつけまいで濱本を突き放しトップでゴールイン。G3芦屋モーターボート大賞トライアル1R特賞モーニングV戦でFを切った借りを抜きでの辛勝とはいえ返しました。
 艇界の翼くんである今井貴士は94期生ですが、昨年9月の児島G3企業杯下電カップでライバルにして最大の相棒でもある1号艇滝沢芳行を負かしてのデビュー初優勝を飾り、現在ではA1級となっております。

G3江戸川モーターボート大賞トライアル2日目

 11Rが始まりました。1号艇中辻博訓が3号艇平本真之の捲りをこらえきり、2M全速ぶん回した平本が大きく流れて勝負有りの1着となりましたが、捲りが流れて大きく後退した平本は最後にこっそり選手責任の転覆です。

 比較的淡々としてた2日目ですが、3日目第3Rで1号艇松井賢治と5号艇岩井繁の王者対決。これには(0゜・∀・)ワクワクテカテカですね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ