ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

矢野真梨菜

福岡101期4479矢野真梨菜が遂に水神祭!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日はジュエルセブンカップオール女子戦2日目の下関からビッグニュースが飛び込んできました。

 そのビッグニュースは2Rで4号艇矢野真梨菜(福岡101期4479)が枠なり3vs3進入の31トップスタートから豪快にカド捲りを決めてぶっちぎり、2007年11月24日(マリンテラスあしやカップ)にデビューしてから責任外事故1走を除く380走目にして遂にデビュー初1着の水神祭下関HP版福岡HP版も)。
 2008年9月の一般競走で同期一番乗りのVを飾った同期4460後藤翔之、先月29日の西京波者結成1周年記念で初優出初優勝をバースデーに成し遂げた同期4475末永祐輝と下関は101期選手にとってゲンのいい水面ですが、矢野真梨菜も下関で待望の水神祭を挙げました。

 ちなみにデビュー初勝利までの最多出走回数は2001年3月24日鳴門山陽バス・クイーンカップ競走4日目1Rで初1着を飾った群馬81期3937高橋知絵元選手の3年5ヶ月強334走目が従来の最多出走回数でしたが、約2年11ヶ月弱380走かけて初勝利を飾った矢野真梨菜はデビュー初勝利までの最多出走回数を更新。
 ですが、それだけにとても重みがある1勝で、豪快な自力戦での勝利は今後の活躍を強く感じさせる内容だと思います。

 ところで、矢野真梨菜の父は競輪選手からラーメン店主に転身した金田和浩元選手で、その金田家(行橋市大橋1-4-3)は福岡県東部屈指の人気ラーメン店。
 そして、今年8月にはのれん分け店として金田家 和田党が広島市中区宝町にオープン。和田党のオーナーは現役競輪選手で金田元選手と同期の55期和田誠吾です。
矢野真梨菜選手:初1着 in 下関【4479】


多摩川関東ボートレース専門紙記者クラブ杯優勝戦

 ボートレース研究ファイティングボートガイドと紙名にボートを冠した専門紙が多い関東ボートレース専門紙記者クラブ杯は枠なり3vs3の進入から1号艇原田幸哉(愛知76期3779)が3号艇加瀬智宏(群馬64期3414)の捲りを張って1M先行も、そこに5号艇伊藤宏(福岡76期3782)の捲り差しが入って両者併走の状態に。
 同期バトルは2Mで明暗が分かれ、内の伊藤宏がすんなり先行したのに対し外の原田幸哉は切り返してきた群馬の智様を行かせた分伊藤宏に差し届かず突き放されてしまい、76期のリーダー伊藤宏は今年4回目・多摩川初・通算28回目の優勝

マンスリーKYOTEI杯徳山グランドチャンピオンカップ優勝戦

 徳山グラチャンは枠なり3vs3の進入から1号艇野長瀬正孝が06トップスタートの速攻で押し切り、徳山は前回出場の昨年12月日本財団会長杯競艇Victory決戦に続く3回目・今年2回目・通算56回目の優勝。2番差しの4号艇間嶋仁志が2着。

福岡なでしこカップは寺田チエが優勝。一方、8Rでとある記録が。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 現行モーターと現行ファンファーレの使い納めになる福岡ボートのオール女子戦LOVE・FM福岡なでしこカップ
 賞金80万円とLove FM賞を懸けた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇寺田千恵(山口生まれ福岡育ち岡山支部)が07トップスタートの速攻で押し切り、節間6勝オール3連対とハッスルしたチエは福岡2回目・今年3回目・通算35回目の優勝
 後続はつけ回った4号艇佐々木裕美と差し順走の2号艇山川美由紀で接戦になり、2Mみゆきを行かせた佐々木裕美が2着。
 尚、デビュー2度目の優出だった6号艇守屋美穂(岡山101期4482)は昨日の丸亀G3新鋭リーグ戦競走第7戦で優出2着だった同期4460後藤翔之(通算V1優出4回)に続く101期2日連続優出を決めましたが、1Mこそ捲り差し入れず最後方ながら2M差して4番手に上がり、結果4着も最後はみゆきに0.5秒差まで迫りました。
女子選手たちの熱いバトルが咲き乱れる。

 一方、1R福岡ベテラン若手対決!!8Rには1人の選手にとある記録がかかってました。

 その選手は昨日まで通算332走(責任外事故1走含む)だった福岡101期矢野真梨菜で、矢野真梨菜は元競輪選手で現在は行橋市で人気ラーメン店金田家店主の金田和浩元選手を父に持ち、築上西高レスリング部では高3時に高校総体46kg級で3位入賞の実績を持つ身体能力が武器。
 やまと競艇学校時代には在校勝率4.62と女子9人中4番目の成績を残して2007年11月24日のマリンテラスあしやカップでデビューした矢野真梨菜は陸の上ではアシ夢ブログを福岡100期4433川野芽唯と共同で更新するなど順調な人気ですが、水の上では苦難の道になってしまい昨日まで未勝利。

 予選4日間6走オール4だった矢野真梨菜、333走目の正直へ絶好のチャンスだった1R1号艇は2009年9月住之江G3女子リーグ戦競走第9戦モーターボートレディスカップ最終日1R夢の初勝利争奪戦以来となるデビュー2度目のイン戦。
 しかし枠なり3vs3のインから14スタートもスリット後伸びず、10トップタイスタートの2号艇大橋栄里佳に捲られ、10トップタイスタートの3号艇藤田美代に差されてしまい333走目の正直ならず。
 続く8R2号艇は枠なり3vs3の2コースから32スタートで、27スタートの3号艇藤堂里香(福井101期4473)に捲られてしまい、差して立て直し図るも4号艇平山智加の捲り差しに叩かれてしまい、334走目の正直ならずで今節初6着。

 334走の出走回数は群馬81期3937高橋知絵元選手が1997年11月15日(戸田一般競走)のデビューから2001年3月24日鳴門山陽バス・クイーンカップ競走4日目1Rで初勝利を挙げるまでの出走回数と同じ。つまり、高橋チエ元選手を超える史上1位の未勝利記録を残念ながら達成してしまいました。

多摩川スポーツニッポン賞優勝戦

 ファンファーレが流れなかった多摩川現行ファンファーレ最後の優勝戦(動画)は枠なり3vs3の進入から1号艇安田政彦が16トップスタートの速攻で2号艇濱崎直矢のつけまいを蹴散らし、3号艇小畑実成と4号艇梶野学志(多摩川BPクラブ)の差しも寄せ付けず、これで優勝戦イン16連勝とイン戦には絶対の強さを誇る安田政彦は安田記念より一足早く府中市の多摩川で2回目・今年2回目・通算49回目の優勝
 後続は2番差しのカジノが2番手優位に運び、捲り差しから切り返してきた6号艇赤羽克也を2M包み込み、赤羽を行かせての差しでカジノを追う小畑イーグル会長を2周1M外から包み込み、2着を取り切ったカジノは今日出場選手が発表された蒲郡SGモーターボート記念に多摩川代表として選出され、SG初出場が決定しました。

児島倉敷市長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇森竜也が押し切り、2008年4月浜名湖ローリーアタック以来となる通算53回目の優勝
 後続は捲り差した5号艇山田佑樹(岡山)が内で残す3号艇野中義生を2M行かせて捌き2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ