ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

石橋道友

秋の宮島チャンピオンは兵庫の吉川元浩!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 9月4連続G1開催の第3弾、安芸のG1宮島チャンピオンカップ。最終日の今日は秋の宮島観光客で宮島口駅と連絡船乗り場が大賑わいで、宮島名物あなごめし うえのの前も人だかりが出来る大混雑で食うのを断念。ちなみに昼食は焼きガキにしました。

 次に、優勝戦の枠番。

1:吉川元浩 2:湯川浩司 3:丸岡正典 4:田中信一郎 5:松井繁 6:服部幸男

 全員SGウィナーという一戦は、王者松井の同期盟友にして最大のライバルである静岡の服部先生以外は見事に阪神間で固められ、さながら阪神杯に。
 そしてスタート展示の123564から本番では名人タナシンが動いた142/356の進入になり、25とスタート遅れた湯川浩司(1979年9月21日生まれ)が名人タナシンとマルちゃんの間に艇をねじ込もうとするも両者に挟まれる格好で艇が浮き、マルちゃんと服部先生が不利を受け、名人タナシンのターンも膨れ、4艇がもつれる展開に。
 そんな中、インからしっかり先制した吉川が今年は3つ目のG1となるV4、通算ではG1V12となる40回目の優勝。冷静に差して1Mのもつれ合いを逃れた王者が2着。名人タナシンが3着に入って3連単の出目1-5-4は先日の住之江G1高松宮記念特別競走と同じでした。
 尚、表彰式の動画は特設サイトで公開されてます。

 ちなみに、この記事は広島駅21時発のニューブリーズ号(小田急車)で帰郷した後、22日の14時頃に公開しました。
宮チャン表彰式インタビュー宮チャン優出者インタビューの王者記念しゃもじを抱える宮チャンの吉川元浩


【道の友はブリヂストン三国G3企業杯スズキ・カープラザカップ優勝戦

 スズキ車と三菱車を発売するスズキ・カープラザの企業杯は枠なり3vs3の進入から1号艇石橋道友が07トップスタートの速攻で逃げの体勢を作りきって3号艇吉田拡郎の捲り差しを振り切り、今年5回目・通算9回目の優勝
 ストーンブリッヂを深追いし過ぎたよしだかくろうは2M差しに構えるも窮屈なターンになった上に引き波も踏んでしまい、1M捲り差しから3番手だった5号艇吉永則雄の2番差しを許してしまい3番手に後退。かくして、優出メンバー中4号艇室田泰史(5着)に次ぐ年長選手である1978年生まれの吉永のりおが逆転2着に。

 さて、これで優勝賞金200万円を獲得した大村のストーンブリッヂは獲得賞金2805万円の賞金ランキング54位まで浮上し、チャレンジカップと賞金王シリーズの出場も射程圏内に。更に、年間V5で総理杯出場当確となる年間V6へもあとV1。SG予選得点が選考対象のためSG出場回数が多いほど出場の可能性が高まる来年の地元グラチャン出場への道が着々と開かれてきました。

蒲郡トトまるナイト特別優勝戦

 いつもの高橋貴隆アナが前半、普段常滑や浜名湖を担当している山口新之助アナが後半を担当した最終日の蒲郡トトまるナイト。
 ということで優勝戦実況(しんのすけ動画)がしんのすけアナになり、蒲郡競艇HPで優勝戦リプレイが見られる2005年度以降では初めてたかさん以外のアナウンサーが優勝戦実況を担当。

 そしてレースは枠なり3vs3の進入から1号艇平尾崇典が歯切れのいい実況に乗せて一目散に逃走体勢を築き、今年3回目・通算41回目の優勝
 後続は1M捲り差した3号艇鳥居塚孝博に対し、内から伸び返した2号艇古川健が迫りますが、2M外ぶん回したサントリー塚がここで抜け出し2着。

尼崎OBCラジオ大阪杯優勝戦

 「ラジオ大阪は1314ですが、そんなすんなり決まるんでしょうか。今シリーズのほんまもん、むっちゃ元気なシリーズ六強が相対します。(動画
 ということで2号艇河合三弘と5号艇山口修路と6号艇川崎智幸の舟券を2着以内で買ってしまったファンはジンクスとの戦いになる縁起の悪い優勝戦。

 そして1号艇吉田俊彦が3号艇浮田圭浩の捲り差しを振り切って先頭に立ち、この夏3人目のお子さんとなる三女が生まれたトシちゃんは通算21回目・今年は江戸川さわやか杯津グランプリシリーズ第4戦に続く3節連続4度目の優勝
 2番手争いをリードする浮田に対し、ジンクス打破に意気込む川崎が2M押っつけて先行するも、川崎を行かせて捌いた浮田が2着に入り、周波数通りの13ワンツー。
 更に、2M川崎を差した4号艇杢野誓良が3番手に上がり、周波数通りの134ワンツースリー。

福岡アジアマンス20周年記念レース優勝戦

 福岡アジアマンス20周年を記念した男女混合4日間シリーズのファイナルは枠なり3vs3の進入から2号艇松田祐季(三国地元スター)が差しを決めて今年3回目・通算4回目にして地元三国以外での初優勝で内弁慶を返上し、福岡に松田ここにありをアピール。
 2番手は1号艇堤昇に対し、5号艇魚谷香織(徳山地元スター兼中四国地区スター)と6号艇宇佐見淳の差しが入ってBS3艇併走の状態から、2M先行する宇佐見を差したぅぉちゃんが2番手に浮上しますが、2周1Mで内押っつけてきた堤を捌ききったぅぉちゃんに対し、2周2Mで堤と宇佐見がWでぅぉちゃんに押っつけて来て、ぅぉちゃんは宇佐見こそなんとか捌ききったものの、先に回った堤に対しては宇佐見が壁になって差し届かず3番手に後退。キルトクール艇の堤が逆転2着になってしまい、第1回地元スター選手実技訓練参加選手のワンツーならず残念な結果に。

若松西日本スポーツ杯争奪戦競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から「なんと早いスタートがあります!(動画」と1号艇西村勝が+02のフライングに散るも、そのまちゃるをおつな捲り差しで捕らえた3号艇乙津康志が今年2回目・通算12回目の優勝
 まちゃる前退きによる繰り上がり2番手争いは、1M差した4号艇木村光宏が2Mで内の6号艇新田友彰を差して捌き、2M2番差しで追いかけてきた5号艇馬場貴也を2周1M外から包んで振り切り2着。

江戸川日刊スポーツ杯2日目

 2日目の前半ラストカード第6R
 ここは1号艇桑島和宏が+01、3号艇大橋庸志が+03、4号艇西野翔太が+02と3艇がフライングに散ってしまいましたが、大橋を張って先行した桑島を02スタートから鋭く差した2号艇矢橋成介三重支部長65.5kgが西野の2番差しを振り切って先頭に立ち、2Mで桑島が差し返してくるも振り切り、自力で1着。
 ちなみにこのレースの2連単2-5は520円で2連複2=5は400円でしたが、3連単2-5-6はなんと370円で、2連勝式よりも安い配当が出ました。

大江戸賞3日目とお盆開催4場の優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川競艇のお盆シリーズ大江戸賞は本日3日目ですが、ピックアップレースは本日最低配当と本日最高配当。
 まずは最低配当の第3R動画)からで、1号艇の江戸川地元スター若林将(千葉)は03トップスタートも2号艇川名稔(千葉)が36スタートと凹んでしまい壁無しになってしまいますが、3号艇萩原知哉(茨城)の捲り差しを振り切って若林が先行体勢。
 しかし、若林と萩原の狭い艇間を割った4号艇・ここ1回乗りの三角哲男(千葉)が突き抜け、捲り差し決まって1着。若林は2Mで突っ込んできた萩原と6号艇本吉正樹(東京)を行かせて捌き2着。
 また、1Mで川名と萩原の間を割ろうとした5号艇鈴木敏裕(神奈川)がキャビってしまい、川名と接触して選手責任転覆。
 これで最後方に置かれた川名ですが、2Mで小回りの川名は萩原と本吉が流れた展開もあって萩原との3番手併走になり、2周1M事故艇付近内側優先の利で逆転3着。千葉トリオが上位を独占した結果2連単350円3連単780円の本命配当になりました。

 次は最高配当の第8R動画)。人気を背負った3号艇福島勇樹王子が01タッチスタートから絞り捲り敢行も絞り過ぎてターンマークに接触。
 これにより1号艇秋山基裕が不利を受け、行き場を無くした2号艇鈴木敏裕は本日2度目の転覆で負傷帰郷。ゆーき王子は不良航法を適用されてしまいました。
 そして先頭の行方は二段捲りの構えだった5号艇入澤友治が、事故艇の外を通って避けた4号艇宮内忠志を捲って1着、人気薄の宮内が2着に入り、1M外マイの6号艇・前江戸川地区スター桑原将光が2Mゆーき王子を差しきり3着に入った結果、2連単24720円で2連複は2連単より高い35300円、3連複は16480円で3連単は124740円と腰が抜けるような配当に。


 2個準優の椅子を巡る予選最終日の明日を前に、大江戸賞優勝捜査網の捜査線上にいる得点率上位12人を紹介。

三角哲男9.80 中野次郎8.80 齊藤仁8.75 福来剛松浦博人8.40 入澤友治8.20 濱野谷憲吾8.00 多田有佑7.60 桑島和宏7.40 高橋二朗7.20 伯母芳恒7.00 若林将6.60

 13位は田上晋六の6.40です。ここからはお盆開催の優勝戦を場コードの大きい順に紹介。


大村九州スポーツ杯お盆特選レース優勝戦

 本日の実況アナウンサー大場ナツキ&ピットリポーター宮本真由美の宮本ナツキコンビでお送りした大村最終日を締めくくる優勝戦は102期4498宮本夏樹(諫早市)が6号艇でデビュー初優出。
 そして枠なり3vs3の進入から宮本ナツキは捲り差し狙うも2号艇草場康幸(佐賀県)が壁になり、初めての優勝戦は4着。

 一方、先頭に目を移すと1号艇石橋道友(大村市)が11トップスタートの速攻で堂々押し切り、今年4回目・通算8回目の優勝
 絞っての捲り差しは惜しくも石橋の引き波をなぞった4号艇飯山晃三(佐世保市)と飯山に叩かれながらも残して順走の草場による2着争いは、2M飯山の外全速構造改革ターンを内でこらえきった草場が2着。

 今年5月スポニチ杯GW特選レース以来の地元Vになった石橋は通算V8のうち地元大村だけでV6を占めるほどの地元巧者ですが、今年は大村以外でもV2を挙げて内弁慶を脱却。
 その石橋は丸亀SGモーターボート記念に大村代表として出場しますが、表彰式でナツキアナも触れたように22日土曜日はMB記念壮行会。時間はアサヒビール杯3日目の8R発売中と9R発売中です。

唐津市長杯お盆特選優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇森永淳が15トップスタートの速攻で堂々ぶっちぎり、今年2回目・通算12回目・からつは2004年5月の3連単導入2周年記念ゴールデンウィーク特選競走以来となる2回目の優勝
 握った3号艇深川真二と差した4号艇大久保信一郎による2着争いは2M外ぶん回した深川が大久保を突き放して2着争いに蹴り。

 ところで、佐賀支部の度胸愛嬌スピード狂梅崎恵美(100期4454)の「KYOTEI BLOG〜VIVA!キューティーブログ」が本日公開されましたが、先日津競艇実況佐竹亮アナのブログ「常に常にマイペース」を読んで知ったのは水上の絶叫マシーン梅崎恵美主演のからつ競艇CMが作られてたことです。このCM、かなりぶっ飛んでて面白いです。


芦屋九スポ杯争奪オール九州選抜戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇大神康司が押し切り、今年V2・芦屋V7となる通算30回目の優勝
 後続は3号艇貞兼淳二と4号艇川上剛91期たけし軍団長の差し合戦になり2Mはたけし軍団長が先行も艇が浮き、貞兼が内突っ込んできた2艇を行かせつつたけし軍団長の内に潜り込み、2周1Mを先行。
 ですが、ここで貞兼を差したたけし軍団長が再び主導権を握り、2周2M突っ込んできた貞兼を行かせて捌き2着争いに競り勝ちました。

三国しぶき賞優勝戦

 スタート展示の枠なりから本番では124/635の並びになり、1号艇今垣光太郎が逃げの体勢を作ろうとするも、2号艇中島孝平が差して斬り込み、2M先行してガッキーの差し返しを振り切った中島が昨年に続くしぶき賞連覇で、三国は今年5月の湯の花賞以来となるV7、今年2回目・通算では24回目の優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ