ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

石田豪

江戸川前検と浜名湖新鋭王座準優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
早々と到着した江戸川浩司 新鋭王座場外発売中の江戸川競艇場は日曜日から始まる日刊ゲンダイ杯の前検でした。
 ということで今節優勝候補筆頭、メルセデス・ベンツE300 AVANTGARDEを手に入れた江戸川G1V3の江戸川浩司こと湯川浩司

石田豪広島支部長 宮武準元選手の店、ライブハウス&ロックバーMOTOR BREATHでお会いした事がある石田豪広島支部長。
 前回江戸川参戦は2007年11月一般競走です。

坂口周、安田吉宏 と一緒に到着した江戸川太郎 「○○タローでした」の締め言葉でお馴染みブログ「SHOOTING STAR TAROの捲り差し〜」も人気の江戸川太郎こと星野太郎

 初日メイン江戸川選抜のメンバーです。

1:湯川浩司 2:星野太郎 3:都築正治 4:堤昇 5:山一鉄也 6:山崎哲司

 江戸川浩司と2008年10月の「BOATBoyプレゼンツ・水上の格闘技・THE競艇ナイト」で共演した山崎哲司も出場。
 また、今節はA1が12人の豪華開催で、選抜メンバー以外のA1選手は川上昇平吉原聖人今泉和則繁野谷圭介坂口周、ビッグレイク浜名湖から余裕のゆうちゃんこと山田雄太が出場。

 この12人の中で江戸川長期不参は山一鉄也と今泉和則の2名で、江戸川3連続優出中の中洲ダーツキング山一は2006年12月ラリーズカップ(優出)以来、今泉和則は2006年5月東京中日スポーツ杯以来です。
 個人的に今泉和則といえば、中村有裕中村裕将岡崎恭裕(当時18歳)のトリプル裕を相手に優勝した2005年1月一般競走の記憶が強烈に残ってますね。

 尚、今節はお天気お兄さん佐藤大介(1976年1月24日生まれ)が昨年12月5日付けで早々と斡旋消除になり、今月15日付けで江戸川王子こと桑原将光が追加されてます。

浜名湖G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦5日目

 1つ目の10R準優勝戦佐藤勝美“祝”誕生日おめでとう!!記念レースは156/234の進入から1号艇松田祐季が先頭、ブスっと差した3号艇毒島誠が2番手、捲りに行った6号艇渡辺浩司が3番手でしたが、北陸のジャックナイフ松田祐季(+02)と艇界屈指のスタート巧者だった渡辺浩司(+06)と5号艇岡崎恭裕(+01)の3人がフライングして、昨年のびわこ12R準優勝戦(2艇F)を思い出す悲劇に。
 これにより2番手の新婚ブス島が1着となり、差しもたつき4番手ながらも繰り上がった3号艇馬場貴也が2着。ブログ「びわ湖・小鯰4262馬場貴也」でお馴染み京都の馬場は去年の借りを返す王座初優出。
 尚、93期4256渡辺浩司は2003年11月のデビューから一度もフライングしたことが無い選手として有名ですが、デビュー1384走目(責任外失格4走含む)にして遂にフライングを切ってしまいました。

 2つ目の11R日本旅行浜松支店は1235/46の進入から2号艇古賀繁輝がスタート32と凹むも、14トップスタートの1号艇新田雄史は壁無しをものともせず5号艇安達裕樹の攻めをブロックし、3号艇大峯豊の捲り差しも振り切って1着。
 大峯が2着に入って優出2名はすんなり決まりましたが、3番手は古賀と安達ゆと4号艇坂元浩仁による大接戦になり、道中差しと切り返しを駆使した古賀が3周2M安達ゆを差しきり3着に。

 熱海にあるコンパニオンプラン充実の旅館ほのかが冠協賛オーナーの12R熱海温泉離れの・・・・・宿ほのかは1243/56の進入から5号艇中越博紀が08トップスタートからガツンと絞って、挟まれた格好の4号艇西川真人があわや転覆というデンジャラスな場面(中越は不良航法適用)がありましたが、中越の攻めに慌てず騒がず冷静に1Mを先マイした1号艇小坂尚哉がすんなり1着。
 中越は捲り差しに切り替えますが、真っ先に絞られていた3号艇今井貴士が立て直しての遅れ差しで中越を捕らえて2着。SG出場の格上らしく冷静さが光った差しでした。
【競艇】第24回G1新鋭王座決定戦・準優【HD画質】

 優勝戦目指せ浜名湖競艇場開催頂点Byホズは以下の枠順に。

1:小坂尚哉 2:新田雄史 3:毒島誠 4:馬場貴也 5:今井貴士 6:大峯豊

 G1初優出の小坂ですが、大舞台でポールポシジョン1号艇のプレッシャーは昨年12月の当地オール新鋭戦挑戦!New HEROスポーツ報知ビクトリーカップで優勝した実績と昨年3月の児島「ガァ〜コの部屋」開設1周年記念競走(主な出場選手瓜生正義)で完全優勝した実績から、プレッシャーは克服できると思います。

 また、昨年第23回メンバーの通算優勝回数は4回(当時)の今井が最高で優勝1回の松下一也(1983年1月24日生まれ)と0回の金子拓矢もいた状態でしたが、今年はブス島の12回を筆頭に最低でも小坂と馬場の4回と、史上最もメンバーの合計優勝回数が少なかった昨年より大幅にレベルアップしました。
 また、G1びわこ大賞優勝実績を持つ新田が優出したことで、2006年唐津の第20回以来4年ぶりにG1ウィナーが新鋭王座優出です。

【石田豪】三国かんなづき第1戦は2本のカニ坊準優【田中豪】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 三国プール10月最初の4日間決戦、かんなづき第1戦は折り返しの3日目を迎えました。2日間で結果を出した長岡茂一を筆頭に、島川光男までの12名が激突するカニ坊準優勝戦は見所一杯。終盤大いに盛り上がりそうです。どうぞ期待に胸膨らませ最後までお楽しみ下さいませ。

 明日へと希望を繋ぐ水上はファイナル進出を懸けて、これより2本のカニ坊準優勝戦です。先ずは1本目、第11Rの対戦メンバーを迎えました。インから126/453の順です、スタートしました。インから繁野谷圭介が押し切り先頭、順走の2号艇石田豪広島支部長が2番手、捲った4号艇田中豪が3番手の位置取り。2MはOsaka bay piratesのK.○野谷が先に回り、切り返した豪(田中)、差した豪(石田)の順。しかし繁野谷のターンは大きく流れ、石田豪の舳先が掛かります。そして2周1M先に回った石田豪がここで単独先頭に立ち、見事な逆転を決めた石田豪がトップでゴールイン。次いで2周1M繁野谷を差しきって逆転した田中豪が2着でゴールイン。2Mのミスが響いた繁野谷は2周1M2艇に抜かれ3着でゴールイン。2日目12Rに続いて豪華絢爛石田中豪ワンツー完成です。

 お待たせ致しました。水上は3日目のラストカード。優出へと残る3つの席をめぐってカニ坊準優勝戦第12Rを迎えています。インから1236/45の順です、スタートしました。華々しく得点トップで勝ち進みました1号艇のモイチタンが、4号艇濱崎直矢の捲りを飛ばしての逃げを決めてここもトップでゴールイン。
 後続は、順走の2号艇稲田浩二に2番差しの島川、それに濱崎、更に濱崎とイナダの間を突く形で3号艇齊藤仁が僅差で続く混戦模様。そして2M、Tokyo bay pirates部員の貫禄で齊藤仁が切り返しから斬り込んで2番手急浮上。ですが、2周1Mでイナダが齊藤仁を一気に捲って単独2番手に上がりそのまま2着でゴールイン。一号艇の茂「一」が一着、二号艇の浩「二」が二着と枠番・着順・名前がキレイに並びましたね。
 焦点は3番手争いとなりましたが、2周1M濱崎を捲って競り落とした島川が勢いに乗って齊藤仁にも舳先を掛けます。これにより3番手争いは両者ほぼ同体となりましたが、2周2M島川を捲った齊藤仁がややリードし、3周1M今度は島川を差して完全に主導権を奪いまして3着のゴールン。


 本日は最後までのご観戦まことにありがとうございました。明日は皆様お待ちかねの優勝戦が待っています。

1:石田豪 2:稲田浩二 3:田中豪 4:繁野谷圭介 5:齊藤仁 6:島川光男

 あれ、モイチタンは?と思った方もいるでしょうが、実は準優の前半一般戦9Rで痛恨の+01スリットオーバー。カニ坊準優1号艇1着で当然優勝戦1号艇になるはずだったモイチタンですが、明日へと希望を繋ぐ事が出来ませんでした。

びわこデイリースポーツ杯争奪オールニッポン選抜戦優勝戦

 2歳限定戦では無いデイリー杯のオールニッポン選抜戦は124/563の進入から5号艇武田信一が風林火山のカド捲りを決めて2006年3月12日鳴門FM徳島杯競走以来となる通算20回目の優勝、オールニッポンのNo.1に輝きました。前年覇者にして初代SGグランドチャンピオン決定戦覇者でもある1号艇西田靖は武田信に捲られるも小回りで踏ん張り、2Mも前年覇者の貫禄で軽く捌ききって2着。
 二段捲りの3号艇松浦努が3番手も、1M捲り差しの2号艇筧由寛が内から伸びて松浦を牽制し、1M筧の上を捲り差して2Mで2艇を差した6号艇吉原聖人も加わっれHS3艇併走。そして2周1M先に回った吉原聖人と筧を捲って沈めた松浦による2艇併走となり、うねり水面での松浦聖人対決は2周2M豪快につけ回った松浦に対し聖人がうねりに呑まれ、松浦聖人対決の軍配は松浦に。軍配といえば武田信のトレードマークですね。
 尚、1M武田信に直で捲られた勢いで振り込んでしまった4号艇森高一真ですが、大きく離れた最後方からじわじわと追い上げ、最後は吉原聖人とほぼ同体のゴール。惜しくも届かず5着でしたが、オールニッポン優出メンバー中2人しかいなかったA1レーサーの意地を見せました。

 そんな森高は香川県に帰らず、日曜日は戸田競艇場井口佳典とパラダイス銀河系トークショー。当日は江戸川区東小松川ではなく、さいたま市大宮区大成町に行く予定なので、戸田にも立ち寄って生銀河を見ようかなと。

江戸川報知新聞社杯5日目

今シリーズから壁画がリニューアル 抜きつ抜かれつ激しい競り合いが相次いでいます今日の江戸川競艇。ファンファーレが鳴り渡りました、第11Rを開始します。1号艇池本輝明が06トップスタートで逃げ切りを狙いますが、なんとなんと3号艇廣光尚治にカマを掘られ転覆(動画)してしまいました。
 これにより、間合いを取っての差しハンドルだった2号艇小川知行がチャンスを拾った格好になって1着です。尚、池本てるあきに追突した廣光尚治は不良航法を適用されております。



 6日間の長丁場を勝ち抜いて来ました優勝戦の6精鋭です。

1:一瀬明 2:石橋道友 3:上平真二 4:飯島誠 5:西川新太郎 6:久田武

 Tbpクラブ員の一瀬が地元の貫禄で1号艇ですが、優出争いの明暗は第12Rにありまして、このレース6号艇の久田が差して2着だったのに対し5号艇の谷村一哉が1M艇が浮いてしまい最後方、道中追い上げ届かず4着に終わり、両者得点率7.50で同点。ですが、2着本数の差で久田が優出し谷村は涙を飲んだのでした。
 ちなみに自分の予定ですが、当日は早起きできたら20ポイント目当てに実券で前売購入、飯島の同期が集うさいたま方面直行になったら電投購入です。

大村G1海の王者決定戦2日目

 2日目のメインカステラドリーム戦はイン逃げ狙う1号艇今村豊に対し4カドから4号艇日高逸子の捲り差しが入り1961年生まれの両者によるラップ状態。そして2M大村咲マイの目高さんを今村豊が差しきり1着。初日ゴンロクな上に初日1R不良航法で-7点と予選通過は絶望的な目高さんですが、この晴れ舞台で2着に入り存在感を示しましたね。

【集荷商が集う女子戦】

 女子リーグ戦京都プリンセスカーニバルG1秋華賞のキルトクールは迷わずベッラレイア。無冠の馬がG1ウイナー4頭を相手に前売3倍台の3番人気とは笑止千万。勝ちに行って一か八かの競馬をしたら惨敗もあるでしょう。

 是政のオール女子戦東京G3府中牝馬ステークスのキルトクールは前売1番人気の8枠15番アサヒライジング。あんまり人気しょって勝つイメージが湧かないというのもありますが、なんか4枠7番に藤田伸二騎乗のデアリングハートがいるので、源氏パイ藤田(男)に主導権を奪われそうな予感がするというのもあります。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ