ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

福岡ソフトバンクホークス

【君津事項】福岡ソフトバンクホークス杯に三冠王松中来場

君津コンビトークショー G3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯4日目のメインイベントは松中信彦(元新日本製鐵君津)と金子圭輔(君津市出身志学館高卒)の君津コンビによるホークス選手トークショー。司会はRKBラジオ鬼橋美智子アナです。
 足を広げリラックスした松中と足を閉じて緊張した金子の対比が面白かったのです。

福岡国際マラソン 今日は福岡国際マラソンレース。福岡競艇場のそばもマラソンコース。

TSUグランプリファイナルの栄冠は美艇の林に!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 G1戸田グランプリに続く弥生のグランプリ第2弾グランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞(協賛/名産松阪肉 朝日屋)は自らのはつたいけんだった24日から始まりこの日が最終日。
 優勝戦ISUグランプリシリーズを模したTSUグランプリシリーズ実施前の昨年2月に行われた4日節の当地一般競走であっと言わせる6号艇イン逃げで優勝し12万舟を提供した林美憲が1号艇。その林がインから逃げの態勢を作りきって江戸川東京スポーツ杯浜名湖静岡第一テレビファイテイングアタックに続く3節連続優勝は通算30回目となる区切りのV。TSUグランプリシリーズは第4戦優出5着が最高でしたが、TSUグランプリファイナルを制してみのりあるシリーズのMVPに。
 後続は4カドから攻めた高沖健太が2コース順走の金子貴志津グランプリシリーズ第1戦覇者)を捲りきって先行。2M、2周2Mと金子を行かせての差しで2着を取り切りました。

 ところで第7戦覇者にして三重支部最強選手の井口佳典を始めTSUグランプリシリーズ全10戦中5戦4人(金子良昭がV2)が平和島SG総理大臣杯出場選手で、出れば目玉選手となった総理杯組は今回のグランプリファイナルから中1日ということで残念ながら誰も出場せず。ちなみに総理杯不参加組では第9戦覇者の池田浩二は昨日まで江戸川日本モーターボート選手会会長賞(優勝)で、第6戦覇者の吉永則雄は明日まで尼崎G3新鋭リーグ戦プリンスロード(優出2号艇)。
 そんな中、第10戦覇者にして総理杯4日目イベントにも出場した齊藤仁は総理杯組の代表?としてグランプリファイナルに出場し、結果5号艇で6着ながら優出も果たしました。

 2007年度もTSUグランプリシリーズは行われまして、第1戦は4月13日から。グランプリファイナルには鳥飼周平が出場しましたが、来月の第1戦には鳥飼眞が出場予定です。ちなみに、協賛スポンサー朝日屋の柏木静生社長は登録番号1358の元競艇選手です。
2006年TSUグランプリシリーズ全10戦の優勝者写真TSUグランプリファイナル副賞の数々


【飛び出すが勝ち!!福岡G3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯優勝戦

飛び出すが勝ち!!G3福岡ソフトバンクホークス杯! いざゆけ若鷹軍団2007vsダイスキ楽天イーグルスの夜は田中将大デビュー戦として要マークんうはwうはwうはw楽天GOの一戦でしたが、楽天3vs1でリードの2回に田中を攻略して引きずり下ろし、一時は6vs3でリードするも以降もつれて7vs7の接戦となった試合の結末は背番号1の柴原洋が劇的なサヨナラ2ランで開幕戦以外は全て勝利の4連勝。試合後はチェッカルズの一員だった藤井フミヤが勝利の歌を熱唱と、福岡Yahoo!JAPANドームの夜はホークスファン大盛り上がり。

 そんな福岡ソフトバンクホークスの企業杯はパ・リーグ開幕と共に始まり、優勝戦はホークスカラーの5号艇山口博司が4コースを窺うも回り直して123/465の進入。そして1号艇山崎哲司(愛知)がイン09トップスタートの速攻戦で圧勝し、今年3回目・通算8回目の優勝。鷹のレースで竜が優勝しちゃいました。
 後続は3コース捲り差し不発で4番手も2M小回りで5コース捲りで先行する丸岡正典を捕らえた地元日高逸子が2周1M先マイ。対して捲りに出た大阪のマルちゃんは山崎の引き波を踏んでしまい、2着は目高さんの手に。

 尚、予選1位も準優12R3着敗退で優出を逃した博多のマルちゃんこと藤丸光一11R舞鶴特選1号艇でリベンジホワイトプランに臨みましたが、37とスタートドカ遅れの上に振り込んで転覆動画)とさんざんな結末でした。

 あと、2Rで4号艇鈴木猛をジャンプ台にホークスカラーの5号艇大串重幸が派手に飛び上がりまして採点10.00級の飛越を見せましたが(動画)、着順の方は加点無くただの不完走失格です。

【さあ行こう多摩川澤乃井カップ優勝戦

 東京の奥座敷、青梅市は沢井でお酒や豆腐をつくっております澤乃井のタイトル戦は1346/25の進入から2号艇重野哲之(1979年3月28日生まれ)が07トップスタートを放っての5カド絞り捲り、そして捲って捲ってトップターン!バースデーシリーズを今年3回目・通算13回目の優勝で飾り、文字通り勝利の美酒澤乃井を手に入れました。
 そして後続は笹川賞ファン投票の常連でもある讃岐の貴公子山崎昭生がカド受けで重野に捲られるも艇を外に持ち出しての捲られ二段捲りで立て直し、2Mの差しで1号艇林恵祐を抜いて2着になりました。

下関豊田町道の駅蛍街道西ノ市杯争奪オール女子戦優勝戦

 県道34号下関長門線沿いにある豊田町道の駅蛍街道西ノ市のタイトル戦は内枠2艇がスリットから圧倒。そしてイン11トップスタートの寺田千恵が2コース13スタートから張り差しの谷川里江を壁にして逃げ切り通算28回目の優勝。そのまま順走のりえが3番手以下を引き離しての2着ゴール。3着は5コースから差した定野久恵が2Mかかりの効いた好旋回でものにしており、ちえ・りえ・ひさえと「え」のトリオが上位を独占。
 テラッチの下関優勝戦1号艇といえば、G1競帝王決定戦ですが今回はその時の借りを少しは返した形になりますね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ