ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

能見稔

明日からグラちゃん+3場の優勝戦

 白黒つける蝶野正洋のポスターがトレードマークの戸田SGグランドチャンピオン決定戦、略して戸田ちゃんは明日が初日で、選手紹介は9時15分からの予定。
 それに先駆け、特別番組水上の挑戦者#22が本日の明け方1時50分からTBSで放映され、今節選手代表のメタラー平石和男と愛弟子の99期4419原加央理が前後半に分かれて出演。トレードマークの迷彩模様はACCEPTやU.D.O.のヴォーカルとして有名なウド・ダークシュナイダーに憧れてのものだったとか、都夫人の存在が競艇へのメタルハートを燃え上がらせたとか、ドリームハウスやペラ小屋が登場したりの内容でした。
 また、その数時間前の昨夜19時からフジテレビ系全国ネット番組熱血!平成教育学院で、戸田競艇レポーターとしておなじみの西岡麻生がなんと歴ドルとして出演、検索ランキングもブログランキングも急上昇で一気に全国区に。直接競艇とは関係ない番組内容でしたが、明るい話題だと思います。
 更に、今回の媒体訪問は思わずホーッ!とうなる中西学&天山広吉組の野人猛牛タッグでしたが、20日が初回放送だったJLCがぁ〜るずトーク#03(紹介動画)では東京在住埼玉支部94期4282中西裕子りんが同期東京支部4286・スーパーストロングマシン平田さやか(今日の多摩川でデビュー初優出)とタッグを組んだ中西&平田組で出演。対照的な2人のキャラがおもしろくていい味だしてます。


多摩川蛭子カップ蛭子優勝戦+miruさん1000勝】

 今年度で第3回目になった多摩川蛭子カップは、今回から2006年度2007年度に実施された優木まおみ杯同様に、予選は男女別で優勝戦が男女3vs3のガチンコバトル。
 そして枠なり3vs3の進入から12トップスタートの2号艇原田秀弥がイケイケドンドンと捲りを決め、多摩川初・通算5回目の優勝。三コースから差した三号艇三角哲男が2着っス。

 かくして、大阪支部の原田ひでやが蛭子能収から副賞の似顔絵を獲得しましたが、今節は山口支部から向井美鈴柳瀬興志支部長、そして本題の57期3215能見稔が参戦。
 ブログ「嗚呼! 競艇 俺ってプロ?」の更新が終了して約1年2ヶ月経ちましたが、本日の3R2号艇で1253/64の2コース進入から差したmiruさんは、カド捲りの6号艇渡辺千草(今節選手代表)と共に2番手の位置につけ、2Mで前を行く1号艇佐々木和伸を差しきり、2周1Mを先行して通算1000勝達成。miruさんおめでとうございます。

浜名湖ナガノグループアタック優勝戦

 静岡県内でTSUTAYA(静岡西脇店&静岡曲金店&静岡シネマ通り店及び焼津インター店&島田店&静波店)と極楽湯(浜松幸店&浜松佐鳴台店)のフランチャイジーを主要業務とするナガノグループの冠が付いた4日間決戦。
 最終決戦は初日ドリーム戦の再戦になり、2日目8Rでは通算1000勝も達成した1号艇山田竜一に完全優勝が懸かった一戦。
 そしてスタート展示の261534から一転、125/634になった進入から山田竜一が1Mを先行するも、6号艇金子良昭が捲り差しで山田竜一を差しきり、通算63回目にして抽選でファミリー1組をスワッキールーム(10名定員)に招待するKANEKOボックス実施後の初優勝
 完全Vを逃した山田竜一は捲り差しで金子に続いた4号艇竹上真司を2M行かせて捌き2着。

平和島東京中日スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中澤和志が65度目の正直を狙う2号艇佐藤勝生の差しを振り切り、今年4回目・通算23回目にして平和島は2006年SG総理大臣杯と2004年G1関東地区選手権を含む5回目の優勝。この勢いで年間V6を達成して、来年の平和島総理杯で完全復活して欲しいですね。

江戸川サンケイスポーツ杯3日目

 「お待たせいたしました。江戸川競艇第33回サンケイスポーツ杯。今日がシリーズの3日目です。サンケイスポーツ杯の一面トップを目指す戦いも中盤にさしかかっています。(動画
 という感じで始まりました第1Rはイン逃げ先頭の1号艇浜田博を大外捲りの6号艇森作広大が差無く追いかける展開になり、茨城在住東京支部の99期やまとチャンプ森作広大は江戸川初1着を飾りました。
 尚、1R1回乗りだった今節最年長最古参61歳の4号艇荒木保昌(兵庫25期2200)が1周2Mで内にいた3号艇田崎豊と接触した際に流れて、波に引っかかってしまい失速。完走こそしたものの負傷帰郷となってしまいました。
 
 1周1Mでアクシデントがあったのは第8R。差しに構えた2号艇黒崎竜也が少し波に引っかかったところに3号艇泉具巳が乗り上げてしまい両者失速。そこに6号艇三瀬譲がよけきれずいずみともみに接触してしまい、三瀬さんに転ばされたような感じでいずみともみは転覆してしまいました(動画)。不幸中の幸いは、このレースからは負傷帰郷者が出なかったことですね。

【併用発売】江戸川サンスポ杯初日&G1びわこ大賞準優

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ボートファンの皆様、大変長らくお待たせいたしました。人機一体となりました各レーサーが激しい競り合いを展開します江戸川競艇、今日は18日までの5日間シリーズサンケイスポーツ杯初日の水面上です。今シリーズに合わせ江戸川競艇場はメディアプラアを改装。改装に合わせて従来JLCコーナー兼グッズ売場でしたメディアプラザがキッズルーム兼ゲームコーナーのTOY BOXに変わりました。室内の平均年齢が一気に低下しそうですね。

 開幕レース第1Rが始まりました。12秒針、今シリーズ最初の回転です。6選手がスピードを乗せて来ました。2秒前です、スタートしました。3コースから捲り差しの西舘健伸澤進の4カド差しを振り切って1着になりましたが、このレースで5号艇植田剛と6号艇加納直人が共に+02のFに散っています。これで加納はF2となり、1号艇だった後半第7Rで大外進入をしております。

 第4Rが始まりました。今年はここまで2回の優出があるmiruさんこと能見稔が5号艇で乗っています。4号艇岩井範光が4カド捲り差しで独走ぶっちぎりの1着になる中、捲り差しで続いたmiruさんはイン踏ん張る1号艇松本真吾との2番手争い。2Mターンマークにぶつかりながらも小回り、そして2周1M内から先に回って主導権を握ったmiruさんでしたが「お〜っと5号艇波に引っ掛かりました。(動画」でも波に引っ掛かったのが逆に幸い。結果的に後続を牽制した形になったmiruさんが2着争いを制しました。
 miruさんの後半は航行船通過の為10分程発走が遅れた第8Rに2号艇で登場。プロペラを変更しての登場となったmiruさんは女子レーサー4人と今シリーズ選手代表の6号艇山田竜一相手に2コースから先捲り。大外13トップスタートから捲り差しのハンドルを入れてきた山田竜一を押さえ、シリーズ2走目にして1着ゴールと初日2連対発進。明日は第11R3号艇1回乗りです。
 オレンジ色のヘルメットが燦然と輝くmiruさんは当地久々の参戦ですが前節スポーツニッポン杯飯田清が駆って優出を果たした25号機を武器に上々の足色。2日目以降も活躍が期待されます。本日まっちゃんさんもいた江戸川競艇場に行ってきた自分もmiruさんに優勝者当てクイズの票を入れてきました。ちなみに明日は平和島東京新聞盃最終日に行くつもりです。

 第5Rが始まりました。3号艇金子龍介は後続を大きく引き離す独走ぶっちぎりで3周目を通過。ではなく、捲って3番手だった金龍は1周2M全速戦失敗で振り込みエンスト(動画)。そこからエンジン回復して周回遅れ寸前の通過だったのです。ちなみにタイムオーバーは免れ完走してます。

 今節サンケイスポーツ杯レースの有力メンバーと目されております6選手が一斉にピットを飛び出してきました。初日の好一番江戸川選抜戦第12Rを迎えております。今シリーズ選手代表にしてTokyo bay piratesの一員でもある1号艇山田竜一がイン16トップスタートの速攻戦で勝利のカーブを悠々描く独走となる1着ゴールイン。後続は2コース順走の角ひとみが3コースから捲る今村暢孝を2Mで振り切って2着ゴールイン。以下艇番順にゴールイン。

G1びわこ大賞準優勝戦

 江戸川と平和島でも併用発売が始まったびわこ大賞。準優10Rは桐生SGオーシャンカップ出場に向けて優出3着勝負駆けの3号艇小畑実成が回り込んで2コース進入(待機行動違反でオーシャンおじゃん)。しかしイーグル会長小畑の攪乱による深インに屈せず06トップスタートの速攻で逃げを決めた1号艇白井英治1着。80期3897のホワイトシャークがビワコオオナマズをも食らう勢いです。後続は大外から差し伸びた6号艇市川哲也が2着に入り、前年覇者のテチャーンが連覇に可能性を残しました。
 ちなみにひまひまデータさんによると、小畑勝負駆け失敗によってオーシャンC最後の椅子は正木聖賢に渡るとのこと。

 準優11Rスタート展示124563の並びから一転、61245/3と展示5コースの6号艇倉谷和信が当地G1近畿地区選手権優勝&G2結核予防事業協賛秩父宮妃記念杯競走優勝&ビナちゃん以上に立派なヒゲの貫禄でイン取り。しかしヒゲのニゲは流れ、3コース08トップスタートから力強く捲り差した近江大津宮の主吉田弘文天皇と5コースから差した高橋勲でトップ争い。2Mは高橋勲が先制するも、高橋勲を準優11R最有力選手の貫禄で差しきった80期3899吉田弘文天皇が競り勝ち同期2人目の1着。非Tokyo bay piratesながら勲ヒートなサーファーでもある高橋勲が2着に入り、終わってみれば江戸川スポニチ杯優出組のワンツー。ちなみに◎はもちろん吉田弘文天皇だけど勲は買ってませんでした。

 準優12Rはイン06凸者スタートの1号艇松井繁を3コース捲り差しで捕らえた濱野谷憲吾1着。差された王者も予選1位の貫禄で2着優出。ちなみにボートピア京都やわたのファンに近畿地区の代表として存在をアピールするのは王者松井ですが、本八幡のラーメンファンに存在をアピールするのは魂麺まついです。

 ところで、「興奮と感動がライブに伝わるエキサイティング・スペース」BP京都やわたのオープン記念イベント競艇BBで見られます。公開されてるのはオープニングセレモニー及び野中和夫選手会長&白石桂三滋賀支部長トークショーと水口由紀茶谷桜白石佳江トークショーです。3つ全部見ると30分を超す見応えのある内容ですので会員の方は視聴する事をお薦めします。


 優勝戦の枠番はこうなりました。

1:ホオジロザメ 2:弘文天皇 3:濱野谷 4:王者 5:高橋勲 6:テチャーン

 同期で内枠2艇を独占した艇界のグレイト・ホワイトが優勝への最短距離でしょうが、不安なのはその同期を含めて2号艇と3号艇の枠番が平和島SG総理大臣杯と全く同じであること。全艇無事故完走を願いたいですね。なんにしてもこの一週間、若松G1全日本覇者決定戦平田忠則住之江G3企業杯アサヒビールカップ白石健と80期の優勝が続いてますからここもどちらかが優勝しそうな感じですが、同期喧嘩があった際はTokyo bay pirates濱野谷がホオジロザメ漁をしちゃうのかもですね。

中山G1皐月賞キルトクール】

 キルトクールは一応2歳チャンピオンのドリームジャーニー。実質2歳チャンピオンのフサイチホウオー(距離適性怪しいので東京優駿は自信のキルトクール予定)より弱いと見てます。で、ドリジャの前走は同じ中山2000mのG2報知杯弥生賞でしたが、上位2頭に完敗。ということはこの時の上位2頭と鳳凰に負けて4着以下になる算段。父ステイゴールド&母の父メジロマックイーンの長距離血統とは裏腹に距離適性2000m上限の感じも強いですしキルトクール。

 ところで、前出のびわこ大賞も皐月賞もギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースです。皆さん奮って参加しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会

【南海特急はサザン】住之江さざんかップ優勝戦【桑田もサザン】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 さざんかの花が中国、四国、九州といった山地で咲き始める季節にメッカ住之江で行われた6日間の混戦シリーズを戦い抜いた6強によるファイナル決戦デイリースポーツ杯争奪サザンカップ優勝戦は1号艇山地正樹(岡山)がインから堂々押し切り圧勝、住之江初優勝にして通算ではV5。表彰式では特別な競艇場で勝てたという事に大喜び。次節は15日から唐津西日本スポーツ杯です。
 そして2着には大外から華麗な弧を描いて捲り差したmiruさんこと能見稔(山口)が入り中国地区ワンツーとなりました。miruさんの次節は14日から地元下関G3企業杯サンデン交通杯で、牛若丸伯母芳恒と激突です。

 ところで、サザンカップの街大阪市住之江区の区花はさざんかでマスコットはシャア専用の赤いさざぴーさんです。

丸亀SG競艇王チャレンジカップ関連】

 下関G1競帝王決定戦を制して今年の競てい王に決定した兵庫支部金子龍介も出場し、競てい王金龍に直でチャレンジできる競てい王チャレンジカップ。昨日競艇サポーターズからチャレカのクオカが届いたですが、そんなチャレカで出場選手変更の発表が。
 先の福岡SG全日本選手権3日目8Rで転覆し負傷帰郷した村田修次が負傷癒えず公傷で欠場し、繰り上がりで大阪在住兵庫支部の星野政彦が出場です。
 そして場内イベントでは兵庫支部関連のイベントが。祝日の23日に池乃めだか吉田ヒロらの吉本新喜劇メンバーを率いて、勢いに乗る兵庫支部のまとめ役冨好和幸支部長の弟ちゃらんぽらん冨好がちゅ〜と半端やなぁとは言わせんレース展望をいわしちゃるけんの〜。
一皮剥けて頭ピカピカ、亀のスマイル君
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ