ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

菊地孝平

ツキに向かいミスらず差した菊地孝平が総理杯ウェイキーカップ獲得。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 「ツキに向かって発進。」今年はこのキャッチフレーズでお送りした是政夢劇場多摩川競艇開設55周年記念G1ウェイキーカップ

 昨日の12R準優勝戦では2番手争いを演じていた2艇がもつれ合って失格となり、繰り上がった菊地孝平が6号艇で優出する真なツキもありましたが、菊地くん含むSGウィナー5人が乗艇した優勝戦はどうなったでしょうか。

 節間オール3連対の1号艇魚谷智之(兵庫76期3780)が圧倒的な人気を集めた一戦は枠なり3vs3の進入から白魚がまさかの24ドカ遅れスタートをやらかしてしまい、09トップスタートの2号艇瓜生正義(福岡76期3783)が直捲りを打つ想定外の展開。
 そしてウリ坊の捲りはやや流れてしまい、このツキを真に見逃さなかった菊地くんがウリ坊を捕らえて2Mを先行し、ウリ坊の差し返しを振り切った菊地くんは今年V6・通算31回目にしてSGV2を含む記念7回目の優勝

 小泉純一郎と麻生太郎の歴代総理大臣が来場して総理杯ウェイキーカップになった威厳ある表彰式(動画の後半部分)では名前を読み間違える事では定評のある麻生(明日まで現職)総理大臣に表彰されましたが、菊地孝平は菊池孝平とよく文字を書き間違えられるものの、あくまでも間違えられるのは書き間違いなので麻生首相は普通に「きくちこうへい」と呼びかけてます。
 尚、3月のSG総理大臣杯で優勝するも、その時は総理大臣が来場せずに秋山莉奈から表彰された池田浩二(ファン投票13位)は今回5号艇でしたが、捲り差しもウリ坊が壁になって不発。4着に終わりました。
小泉元首相から総理大臣杯を授与される菊地孝平菊池孝平じゃないよ菊地孝平だよ歴代首相から表彰される菊地孝平くん

 ということで、J-Oさんと初対面を果たした今日は政治団体ザ・ニュースペーパーが今年5月4日以来となる多摩川2回目の来場。
 8R発売中の演説会第1部では小泉純一郎元首相と麻生太郎(明日まで)現首相と鳩山由紀夫(明日から)首相が順々に演説。
 10R特別選抜B戦発売中の第2部では地方自治の旗手として、そのまんま東国原英夫宮崎県知事と橋下徹大阪府知事の対談が行われ、東國原知事が筋肉美を披露する場面も。

 ちなみに、多摩川競艇がある東京都府中市は東京18区ですが、東京18区は民主党の大物議員菅直人の地盤であります。
小泉純一郎演説会麻生太郎演説会鳩山由紀夫演説会東國原知事と橋下知事の対談自慢の筋肉美を披露するそのまんま東知事


下関新東通信杯優勝戦

 多摩川G1のイベントでもフル回転だった新東通信のタイトル戦は5号艇三角哲男(ベイパ)と6号艇向井美鈴(山口)のみすみみすずWミッスー対決が実現した注目の一戦っス。
 そしてみすみが動いた1235/46の進入から4号艇吉川昭男がみすみを絞って潰した勢いで捲りに行き、1号艇後藤陽介が抵抗した展開に乗って、みすずがみすみを叩ききっての捲り差しっス。
 吉川を飛ばして1M先行に成功した後藤をみずみずしく鮮やかに差しきったみすずは通算7回目・金子みすゞゆかりの地でもある地元下関ではデビュー初Vだった2004年2月日本モーターボート選手会会長杯争奪戦競走(オール女子戦)以来となる2回目にして男女混合戦初優勝っス。
 しかも年間V7のみすみ(5着)や年間V8の2号艇今坂勝広(4着)、年間V4の吉川昭男(3着)といった今年絶好調の選手を打ち破ってのVなのが更に価値を高めてると思うっス。

中京スポーツ杯争奪蒲郡ボートキング決定戦優勝戦

 多摩川でも大好評のザ・ニュースペーパーをポスターモデルに起用する蒲郡のボートキング決定戦。
 かつての是政ボートキング長岡茂一が地元G1に斡旋されなかった憂さを晴らして1号艇になった優勝戦は123/546の進入からモイチが力強く押し切り、
ペラに苦しみ、モーター抽選も最悪。リズムに気分的にも苦しかった今期序盤中盤。ようやく流れは変わり、ペラも好調光明であります。そうなればこの人の破壊力速攻力うまさ!秋口は連続Vとなります。お客様の大切な一票の重みを誰よりも感じる水上には長岡のスピリッツが漂う!(動画
ということで見事モイチ勝負を決めて前走地三国ながつき第1戦に続く今年2回目・通算では1998年多摩川SGモーターボート記念や新鋭王座V2を含む71回目の優勝
 後続は2号艇大町利克と5号艇西川新太郎による差し合戦になるも、2M豪快なつけまい決めた大町が新太郎を捲りきって突き放す事に成功。

 尚、多摩川の表彰式で同期菊地からエールを送られた3号艇横澤剛治は差し狙うも引き波を越えられず、4着に敗れました。
2009蒲郡ボートキング決定戦


丸亀SG出場レーサー大集合!!JLCカップ優勝戦

 レース名通りに6人全員がSG出場経験者になった優勝戦は1243/56の進入から1号艇山崎昭生香川支部長が力強く押し切り、讃岐の貴公子山崎は1990年蒲郡新鋭王座決定戦や2001年桐生G1赤城雷神杯等G1V4を含む通算46回目・丸亀10回目の優勝は通算1600回目の1着ゴール。
 後続はブイ際鋭く差した6号艇立間充宏が2番手に立ち、1M差し不発から2M切り返してきた3号艇伊藤雄二を行かせて捌き2着。
SG出場レーサー大集合!!JLCカップ


福岡JLC杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇佐藤大介が12トップスタートで、1号艇大澤普司は19とやや後手を踏みますが、伸び返した大澤が1Mを先行して3号艇安田政彦の捲りもこらえきり、佐藤の差しも振り切って福岡初・通算15回目の優勝。2着は佐藤。

【明日は江戸川デイリースポーツ杯優勝戦

 多摩川競艇開設記念日と同じ1954年6月9日に生まれた今節選手代表高橋四郎(但し家は平和島競艇の近く)が1号艇で乗艇した第2Rまで江戸川に滞在してから多摩川に移動した今日は吉永泰弘が1号艇の第4R動画)で2番手航走も2周1Mで大きくコースアウトし、以降まともに走れず不完走失格になり後半第8Rを欠場して負傷帰郷。

 そんな予選最終日は第6Rでシリーズリーダーの君島秀三が初めて5着に敗れ、オール2連対が途切れましたが、後半12Rで2着に入り優出1号艇を確保しました。枠番は以下の通りです。

1:君島秀三 2:沖島広和 3:寺田千恵 4:牧原崇 5:富田章 6:佐藤勝生

 旦那のタツマッチがまるがめで優出2着と気を吐きましたが、妻のテラッチも続きそうな予感がします。ということで13&31が本線。

大江戸賞準優と菊地孝平まことに強かった浜名湖7日間開催

ブログネタ
競艇 に参加中!
 オール東京支部による江戸川競艇のお盆シリーズ大江戸賞は2つの準優勝戦がメインの5日目。
 今日から追加参戦の2号艇平野恭兵(103期4517)が大外に出て134/562の進入になったオープニング第1Rでは6号艇萩原知哉(茨城100期4440)が+03のフライングに散りましたが、08スタートの4号艇森作雄大(茨城100期4438)が先捲りで萩原を張った展開を突いて3号艇平井紀之が差しを決め1着。そして差し続いて2番手の恭兵が2Mで内突いた5号艇宮内忠志を行かせて捌き、2周2Mでは追いかけてきた1号艇村上祐次を行かせて捌いてデビュー通算2回目の2着入線を果たし、F返還レースながら2連単13670円。3着は3周2Mで宮内が内から村上に艇を合わせるも写真判定の末村上が残り、3連単27240円。

 江戸川競艇、ここからは明日の優勝戦に向け12人の男達が6つの椅子を懸けて戦います。まずは準優勝戦1本目、第11Rを迎えています(動画)。
 ここはシリーズリーダーの1号艇三角哲男が難なく押し切りすんなり1着でしたが、残る2つの椅子を巡っては目を離せぬエキサイティングな攻防が相次ぎまして、つけ回った3号艇松浦博人に対し、捲り差しで続いた5号艇高橋二朗が2M押っつけて松浦を張った展開を突いて1M差し流れた2号艇齊藤仁が2艇を差しきって2着に入り2連単190円。
 千葉県民だから浦和までは帰れないロマンスグレーな嵐のマッチョマン高橋二朗は3周1Mで松浦に内から艇を合わせられますが、ここで松浦ありゃりゃとキャビって高橋二朗は3着を守り、昨年12月尼崎WEB競艇TV杯以来の優出。

 水面上は残り3つの椅子に座りたい6人が登場です。12R準優勝戦です(動画)。
 ここは1号艇入澤友治が2号艇中野次郎の差しと3号艇濱野谷憲吾の捲り差しを振り切って1着。中野次郎が2着、濱野谷憲吾が3着で3連単680円でした。


 大江戸賞捜査網の終幕優勝戦の枠番です。

1:三角哲男 2:入澤友治 3:中野次郎 4:齊藤仁 5:濱野谷憲吾 6:高橋二朗

 優勝者当てクイズに投票した丸亀SGモーターボート記念江戸川代表の三角哲男は最有力のホシでポールポシジョンです。


浜名湖中日スポーツ後援湖西市開催45周年記念黒潮杯優勝戦

 オール静岡開催の7日間シリーズ頂上決戦はオール浜松市民の対戦になり、加えて外枠3人はオール83期という一戦でしたが、枠なり3vs3の進入から1号艇菊地孝平と5号艇内田貴士が04トップタイスタート。
 そして、内田の捲り差しを振り切った菊地が若松SGオーシャンカップに続く今年5回目・通算30回目の優勝を飾ると共に昨年に続く黒潮杯連覇達成でMB記念に弾みをつけました。
 ちなみに今節主催の湖西市は来年3月を目標に浜名郡新居町と合併する予定のため、来年度からは新居町が加入していた浜名湖競艇企業団に湖西市が替わって加入。よって湖西市開催周年記念としての黒潮杯は今年で最後になる予定です。


 浜名湖次節は25日から浜名湖ゴールデンレース。初日ドリーム戦は登番順に以下の6選手です。

島川光男 西村勝 中岡正彦 作間章 重野哲之 吉田拡郎

 ゴールデンな開催だけあって準優勝戦12Rは冠協賛レース「菊地真くん16歳の誕生日記念」になっております。
 ちなみに菊地真くんは菊地孝平くんとは全くの無関係で、ゲームアイドルマスターの中性的美少女アイドルであいます。冠協賛競走の特設ブログも開設されてます。


若松日刊スポーツ杯争奪お盆特選競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から05トップスタートの4号艇田頭実が捲り差しで1号艇岡崎恭裕を捕らえて先頭に立ち、2Mで差し返し狙った岡崎が不利を受けた事もあって独走になり、2007年7月尼崎伊丹選手権競走以来となる通算38回目の優勝
 逆転でSG初Vを成し遂げた1999年SGオーシャンカップにF3で優勝した2005年G1若松ダイヤモンドカップと、若松で数々の伝説を築いたパイナップルキングはこれで若松V7です。
 1周BS2番手だった岡崎は内突いてきた5号艇谷村啓司を行かせて差そうとするも、ここで1M捲り差しから2M2番差し狙った6号艇坂井康嗣(佐賀県)にBURRN!と突っ込まれてしまい、玉突き式に岡崎と谷村は後退。唯一の遠征選手坂井康が岡崎を飛ばして2着に入った事で2連単16050円2連複11620円3連単4-6-1が65390円のトリプル万舟に。

ボートピア習志野1周年記念メインイベント・濱野谷菊地ショー

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ボートピア習志野1周年記念 なっちありがとうのJLCニュースワイドが最終回を迎えた上半期末の本日、江戸川競艇場外ボートピア習志野開設1周年記念イベントとして濱野谷憲吾菊地孝平トークショーがあったのでBP習志野まで行ってきまして12時30分頃に到着しました。新習志野駅から徒歩約4分のBP習志野は中山競馬場(本日のメインは1200m戦G1スプリンターズステークス)からも近いので、中山競馬でお目当てのレースがある時にも便利なのです。ちなみに新習志野から船橋法典までは片道210円です。更に言えば、船橋競馬場船橋オートレース場は新習志野から1駅130円ともっと便利。

 12時50分に先ずはメインホールでイベントの予告があって、次いで13時からアクティブビジョンホールでイベント本編が始まりました。JLCニュースワイド最終出演日に見せた涙に思わず自分も涙腺が緩んでしまった前田くみ子キャスター司会のイベントは息子のサッカーにお供して日焼けと絆創膏全開の濱野谷とクローズド・ノートを推薦する読書家の菊地がしゃべったり記念撮影をやったりと。その後14時20分過ぎに松岡俊道アナと坂田博昭アナが緑茶中継スタジオ司会を担当している白黒アンジャッシュ祭りの中山に移動してアストンマーティンもといアストンマーチャンのエキゾーストノートを堪能したのでチャリティオークションは見られなかったのですが、トークショーと撮影会はボートピアならではの環境でじっくり堪能できたのです。只今3週連続トークショー中で今回が第2弾にあたる濱野谷はともかく、菊地は東海地区なので貴重なイベントでございました。あと、クローズドノートの話題をしたとはいえ、菊地はERIKA様と違って物腰が柔らかかったのです。
トークショー前にメインステージで予告編濱野谷憲吾&菊地孝平トークショー地区違いなのでなかなか見られない貴重なツーショット

 さて、BP習志野は翌週日曜日の10月7日にもトークショーがありまして、出演は熊谷直樹渡辺千草、それにスペシャルゲストの艇王植木通彦元選手です。 

江戸川ボートピア習志野開設記念2日目

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面は第6Rの開始です。逃げ込み図る1号艇石川哲秀に対し5号艇宮嵜隆太郎が猛然と捲りに行きますが、宮嵜はボートの舳先が持ち上がって選手責任の転覆(動画)です。尚、ボートの撤収作業を行った為に第7Rの展示開始が若干遅れました。ということで楽逃げになった哲秀が1着、順走の2号艇作間章が2着に入りました。

 第7Rが始まりました。このレースは4号艇鈴木正人が1号艇西川真人を捲り差しで捕らえきって1着になり、2着に西川真人、3着に6号艇山来和人が入ったら、人・人・人のワンツースリーになってしまいました。


 明後日に行われます優勝戦を目指します得点率上位7名は以下の通り。

森高一真10.00 さくまあきら9.75 大西源喜9.33 須藤博倫8.75 清水敦揮8.67 石川哲秀8.33 宮武英司7.67

 森高と大西が元気に本日連勝でポイントの上積みに成功です。

蒲郡菊花ナイト特別優勝戦

 1号艇芹澤克彦にデビュー初優勝が懸かりましたがプレッシャーからかスタート遅れ、艇を伸ばして1M先制も芹澤はあせりざわになって大きく流れてしまいます。そんな芹澤に対し、地元の大将として優出を果たした2号艇安藤裕貴がドンピシャと日本刀のようなキレのある2コース早差しで斬り込み芹澤を斬り捨て御免。そして4カド差しで大将に迫り舳先を入れようとする4号艇益田啓司に対しては2Mで頭を叩いて全速のフルターン!これで独走となった大将がリング×2の整備失敗もなんのその、通算8度目の優勝ゴォル。安ちゃんコールが飛んだ表彰式では験担ぎに蓄えたヒゲと黒くした髪の毛を菊花ナイトのオレンジ☆ホールで満面に公開しました。ちなみにプロフィール写真は金髪のヒゲ無しです。なんにしてもヒゲと黒髪の効果覿面、さすがは愛知の大将!
 さて、優出メンバー唯一のA1選手だった5号艇福島勇樹王子は5コース捲り差しで3番手も、そこは早実の王子様。2Mで一枚上の捌きを見せて益田を差しきり逆転。2周1M切り返してきた益田を包んでかわし自分感動のゆうきワンツー…ではなく、安藤裕貴は「ひろたか」です。

多摩川日刊ゲンダイ杯優勝戦

 BP習志野でも場外発売が行われた今節の優勝戦は、4カドから08のトップスタートを放った4号艇山谷央がカド受け3号艇伊藤雄二に抵抗されながらも捲りきって通算3回目の優勝。2着は大外捲り差しから2M外全速の6号艇加藤高史
 山谷でお馴染み江戸っ子の山谷央が雨を泪橋に変えた捲り戦で優勝した事で、多摩川では前節G1ウェイキーカップに続き東京支部が優勝。対して、3着に終わった1号艇山本隆幸(王者軍団若頭)はご存じのように兵庫支部で、前節G1植木杯に続き兵庫支部が1号艇で人気を裏切りました。

 さて、表彰式(動画)の最後で山谷は「ファンの皆様。本日は競馬場ではなく、雨の中多摩川の方にお越し頂いて本当にありがとうございます。」と熱のこもったあいさつをしてますが、自分はBP習志野から中山競馬場に行ってしまいました。ごめんなさい。ちなみに多摩川優勝戦の舟券は習志野で入手した出走表を使って12R江戸川特別(江戸川だからもちろん1800m)発売中の馬場内投票所で電投購入しました。BP習志野は本場と発券機メーカーが違うので相互払戻が出来ず、よって前売が買いにくいのです。

津レディースチャンピオンカップ優勝戦

 節間は5日目一般戦8Rの4着以外は全て1着という快進撃を見せて2001年4月桐生G3女子リーグ戦上毛新聞社杯白滝姫賞以来約6年半ぶりの優勝を目指した1号艇大山博美でしたが、1999年5月常滑G3女子リーグ戦レディース笹川杯以来約8年4ヶ月ぶりの優勝を目指した6号艇若山美穂(1999年当時は美穂子)に2コースまで入られ暗雲が。そして16/2/345の進入から3号艇宇野弥生が07トップスタート。この展開に大山は艇を伸ばして先制態勢もやや深めの進入で焦ったのか流れ、宇野を張っての捲り差しを見せた3号艇佐藤幸子に差され、更には4号艇角ひとみにも差されて3番手。久々の優勝なりませんでした。
 津で開催されるG1企業杯JAL女子王座決定戦に向け幸先良いVを飾った佐藤幸子は通算26回目の優勝です。

宮島報知エキサイトカップ優勝戦+MMJ】

 1号艇大場敏がインから押し切り燃えて前走地丸亀W準優シリーズ秋の陣に続く2節連続今年4度目、宮島では初めて、通算では34回目の優勝
 2コース順走の2号艇松本勝也と4カド握った4号艇山崎義明による2番手争いは2M全速で松本を捲りきった山崎義明埼玉支部長の手に。


 さて、宮島競艇オリジナル動画コンテンツモン太チャンネルではメタル・マスター宮武準元選手の引退後を紹介した「宮武準〜新たなるスタート(動画」が公開されました。
 Jun Miyatake Presentsのエキサイター必至なライブハウス「MOTOR BREATH」は広島市佐伯区五日市のコイン通りにある清水プラザビル3F(1Fは用品銘酒センター)に11月1日オープン予定で、工事の進捗状況はMOTOR BREATH's DIARYで公開中。そして廣島を代表する書道家正木嗣鵬先生が一筆奮ったロゴが最高にイカすレザークラフト工房革り者とカービング王子加納直人も応援ヨロシク。

新鋭王座イケメン選抜戦は竜雷太ならぬ峰竜太が大外克服で2着

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 中村亮太の初日10R転覆による公傷帰郷で選手代表に繰り上がった芦澤望1Rで3コース握って振り込み選手責任転覆という選手代表2日連続転覆から始まった大村G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦2日目

 メインのイケメン選抜戦は1号艇の石野貴之がイン11トップスタートの速攻戦で1着
 2コース順走の君島秀三に3コース2番差しの岡崎恭裕、それにリング4本を交換した成果が出たか大外からぐいぐい差し伸びる竜雷太(七曲署のゴリさん)もとい峰竜太(西部署の平尾一兵)で2番手接戦も、4カド捲り差しを君島に張られて最後方に下がった福島勇樹が2M勇気を持って君島に突進(不良航法)。これにより君島が飛ばされ、2M先マイしていた岡崎も玉突き式に飛ばされます。そんな中、カッチカチにならず冷静に福島を行かせた峰竜太が難を逃れ2着となりました。そして岡崎を飛ばした事で結果軌道修正になった君島秀三着。

 2Mの突進に巻き込まれ4着に終わったイケメン選抜ファン投票1位の岡崎ですが前半5R、大外から差した岡崎は3コース32凹みスタートが逆に幸いして差しが見事決まった岡部大輔に続く2番手グループも、2Mかかり鋭く好旋回。先マイ岡部の内側を突いた岡崎はあっという間に突き抜け1着。昨日のドリーム戦に続いてここでも大器ぶりを見せつけました。

江戸川日刊ゲンダイ杯優勝戦

 4日間の短期シリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。江戸川4優出目にして初優勝を目指す1号艇菊地孝平がイン14トップスタートから逃げ圧勝狙うも、3コースから捲り差しの平石和男と4カド差しの三嶌誠司に差されかけます。しかし2M艇を伸ばして豪快に先制した菊地が2艇を振り切って江戸川初・今年2回目・通算17回目の優勝。昨日の11Rで2着に敗れパーフェクトこそなりませんでしたが見事な準完全優勝です。
平石の内から艇を伸ばしたミシマさんが2Mをしっかり回ったのに対し、ミシマさんを差そうとした平石は若干バタつき、ミシマさんが2着で平石が3着と上位3艇が初日江戸川選抜と同じ着順になりました。

 尚、今シリーズ選手代表を務めた千葉36期2671徳平弘次58歳が第9R1号艇を最後に引退。そしてインから押し切った徳平は1082回目の1着で最後を締めました。

浜名湖日刊スポーツウインターカップ優勝戦

 遠江浜名湖の頂上決戦は3号艇清水敦揮がピット遅れて大外進入になり進入は125/463。そんな波乱の進入となりましたが、イン08トップスタートから俊敏に快速攻の近江琵琶湖の守田俊介が人気に応えて通算36回目の優勝
 3コースから捲り差しの山口博司が2番手、5コース差しの渡修平が3番手で大外進入の清水は捲り差しを狙うも4番手までで、4カド外マイの出本正博が5番手。
しかし2M清水の全速戦で引き波を受けた渡は最後方に下がり、2艇を差した出本が3番手に浮上。でも出本は2周1Mこれまた外全速戦の清水に捲られ4番手に後退。ここで清水が単独3番手に上がります。そして2周2M鋭い差しで遂に山口を捕らえた清水が3周1M山口の締め込みを振り切って先マイ。これが成功した清水は大逆転の2着ゴール。昨年12月近江琵琶湖のJLC杯(一般競走)動画)を彷彿させる大逆転劇を遠江浜名湖でも魅せました。

戸田スポーツ報知ウインターカップ最終日

 優勝戦は1号艇都築正治が3日目ななレース水樹奈々誕生日記念動画)を制した山口剛の3コース捲りに抵抗しての逃げで先頭、4カド差しの岡本慎治と山口で2番手を争います。そして2M先マイのオカモトが都築の懐飛び込もうとして流れたのに対し、鋭く差した山口はオカモトの突進で流れた都築にも迫る勢い。しかし2周1M都築が山口を締め込んで先に回ったのに対し、山口は2号艇中岡正彦の突進を貰って哀れ最後方。都築は通算39回目にして戸田初優勝です。そして2周1M外を回って突進を免れたオカモトが2着。

 競艇マクールSNSも開設されて景気づく9Rマクール通算145号記念動画)は1981年1月24日生まれの1号艇川田正人が2日目4R花村みずき来月でデビュー1周年記念動画)に続くイン逃げ勝利及びバースデー勝利を狙うも、5コースから全速ツケマイの切れ味を見せた平野和明のマクールを貰ってしまい3着まで。1着の平野はまさにレース名にふさわしい勝ち方でした。

福岡スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦

 2号艇5カド進入の愛知91期4199北川潤二が見事な捲りでデビュー初優勝
3号艇大外進入から捲り差しで続こうとした福岡96期4350篠崎元志のターンは流れ、イン踏ん張った岡部浩が2着です。

三国むつき第2戦はおは特制した勢いそのままに金田諭のVゴール

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年の初優勝へロックオン。むつき第2戦はフィナーレ優勝戦第12Rを迎えています(動画)。ゆっくりと外から襲いかかるタイミングを窺っています6号艇の小川晃司が大きく旋回の輪を描いて最アウト指定席へと向かっていき、並びはインから123/456の順でスタートしました。
 初日おはよう特賞を制した勢いそのまま、三国選抜4着以外全て1着の1号艇金田諭がVゴールまっしぐらでイン戦決めトップ力走、今年早々幸先良くV発進はここ三国から。三国初・通算9回目となる優勝のゴールイン。むつき第2戦は金田で始まり金田で終わりました。
三国は来る度優出中、近況も年明けから優出中。相性ばっちり調子もOK、意欲はますます膨らむ2号艇横澤政彦動画)もとい横澤剛治が大外16トップスタートから捲り差し狙った小川をブロックしての差し順走、最後は金田に迫っての2着ゴール。横澤は昨年のむつき第1戦に続いて今年も2号艇で2着でした。そして新年は浜名湖静岡新聞社・静岡放送New Year's Cup江戸川新春金盃に続いて3節連続優出2着です。
1M横澤が壁になって後方、しかし2M差しで単独4番手に上がった小川晃司が2周1Mで前を行く4号艇高橋正男に突進気味の先マイ。これが見事に決まって逆転3着です。以上でございました。

平和島報知杯優勝戦

 1号艇のミスター平和島野澤大二がここはイン逃げを決め、2005年11月のボートピア呉徳山開設13周年記念競走以来通算32回目の優勝
後続は2コース順走の石田政吾が2番手、3コース外マイの重野哲之が3番手という隊形も2M切り返しから先マイの重野が接戦に持ち込み、激しい2着争いは3周2Mぶ〜んと回った重野が内の石田を引き波に嵌めて決着。
野澤大二


江戸川日刊ゲンダイ杯2日目

 ショートシリーズとなります今回の江戸川競艇は各レーサーいずれも1ポイントでも0.5ポイントでもプラスしたいポイント争いであります。白熱したレースが期待されます水面上は第4Rを迎えています。動きが注目される4号艇には初日連勝の菊地孝平が乗っています。 そして11トップスタートを決めての鮮やかなカド捲りで勝利のカーブを描いて1着と無傷の3連勝。
 菊地は後半12Rも2コース差しからの2M先マイで4連勝。明日の5号艇1回乗り11Rを勝てば完全優勝にリーチです。

 第3Rにおいて4カドから差しを狙った深澤勉が2号艇青山登に追突して艇が煽られスプラッシュしエンスト。
そして青山はHSで内の3号艇待鳥雄紀と2番手を併走、事故艇付近内側艇優先で本来なら待鳥が2着になるところですが、2周1Mアグレッシブに待鳥を締め込んでシャープに先マイした青山が2着となっています。ですが代償として青山は競技規程23条関連(優先艇保護違反)で賞典除外となりました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ