ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

西村美智子

みっちゃんみちみちみっちぃ西村美智子ショーin習志野

美智子スマイル 今日はJLC381ch「SGスペシャル'09 番組対抗舟券バトル!」を14時ちょい前まで見てから、丸亀地元スター西村美智子トークショーのボートピア習志野に行ってきましたよ。ちなみにBP習志野はグラチャンの他に常滑と下関と桐生も売ってました。
 まずはぷよぷよさんと一緒に見たニコリンコなトークショーの内容を箇条書きで。

丸亀のモーター差は激しい
いいモーターは5号機、24号機、9号機
減音&ナイター化で以前よりイン弱に
展示は出す方
師匠はペラ上手の福田雅一
みっちぃもペラ上手
7月から初A2
好きなタイプは優しくて面白い人
5月女子リーグで優出した話
丸亀地元スターの立場&女子リーグの時が地元唯一の優出だった事を振り返って、地元唯一の出場で優出も決めたグラチャンの平石和男を応援
(旧)丸亀地区スターから引き続いて丸亀地元スターになったのを新聞記事で知った
今年の女子王座でG1水神祭を挙げた話
選手陣は普段のオール女子と一緒でも周りの雰囲気やお客さんの数が違う女子王座
次の目標はA1昇級と初優勝
今年中に初優勝します!と宣言
ファンあっての競艇です。


 今回はG1京極賞キャンペーンということで、通常の習志野イベと異なりBP市原でトークショーをしてからBP習志野でトークショーを行うダブルヘッダーになってましたが、下の写真を見ての通り本日の司会は藤堂みちえアナ。ということでみちことみちえのWみっちぃでした。
Wみっちぃステージ

 次に、全国発売競走期間恒例のBP習志野ご当地メニューの紹介。今回の開催地は深谷ねぎでおなじみ埼玉県とあって、ねぎ丼でした。ねぎ丼はうなぎとねぎとごぼうを卵で閉じたものでした。
ねぎ丼


戸田SGグランドチャンピオン決定戦優勝戦

 本場入場者約20000人と、2008年度本場売上全国1位を誇る戸田競艇場の集客力を実証した最終日。昨日お会いしただいこんおろしさんも彼女同伴で競艇場に行ったようで、昨日ご一緒したsaitamaさんからツーショット写メールが送られてきました。
 さて、二宮淳一アナが実況した白黒つけるファイナルバトルは枠なり3vs3の進入から予選1位の4号艇今垣光太郎が15トップスタートからスリット後の伸びで他を圧倒し、一気のカド捲りでグラチャンV2となるSGV7・前走地G1三国モーターボート大賞に続く記念25回目・通算69回目にして戸田初優勝。イン戦残した1号艇服部幸男が2Mで2号艇寺田祥を捌いて2着。
 今年のガッキーは多摩川SG総理大臣杯は予選1位で準優1着も待機行動違反、続く福岡SG笹川賞は準優1着も不良航法でSG連続賞典除外の不運。3度目の正直で今回やっと今年のSG初優出を決めましたが、「今年3度目の正直で迎えた今大会、懸ける思いは人一倍です。静かに闘志を燃やし、今度こその捲土重来。SGの借りはSGできっちりと返しました。(動画」と、見事憂さを晴らしたガッキーはゴールでやや立ち上がり気味に歓喜のガッツポーズ。その時、BP習志野でも自然に拍手がわき起こりました。

常滑外向発売所オープン記念青海特別優勝戦

 BOATBoy Presents 水上の格闘技 THE 競艇ナイト2会場だったお台場の江東区青海とは全く無関係の常滑青海特別は、火曜日にオープンしたミニボートピア級の規模を持つ外向発売所ウィンボとこなめオープン記念。
 新鋭チャンプの6号艇松下一也と第8代名人位の4号艇大嶋一也、ヤングとシニアの一也が揃った優勝戦は14/2/356の進入から3日目12R4号艇3着以外全て1着の2号艇山崎哲司(愛知)が捲って先頭も+01のフライング。
 山崎哲司前退きにより先頭はイン残した1号艇長野壮志郎と差した一也(松下)の争いになり、2M先行した一也(松下)を差した長野がHS舳先をねじ込んで2周1Mを先行。差した一也(松下)は内を突いてきた一也(大嶋)を行かせた分遅れをとり、長野はデビュー初Vだった2007年7月青海特別以来となる青海特別V2にして常滑2回目・通算7回目の優勝

津ツッキー&ツッピー特別最終日

 男女W優勝戦の4日間決戦、先ず女子戦の11Rツッピー優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇垣内清美(三重)が20トップスタートの速攻で2号艇加藤綾(三重)の差しを振り切って2002年7月7日三国G3女子リーグ戦クイーンカップ七夕競走以来となる通算15回目の優勝
 G1津モーターボート大賞イメージガールの加藤綾は惜しくも初優勝なりませんでしたが、地元ワンツーでカッキー久々のVに花を添えました。

 男子戦の12Rツッキー優勝戦は3号艇淺香登(三重)がインを奪った312/456の進入から1号艇滝沢芳行(埼玉63期3381)が14トップスタートを決めて捲りきり、慌てず騒がずの2コース戦を成功させたタッキーは同期3388ガッキーSGVと同日に今年2回目・通算50回目の優勝。差した4号艇田中豪が2着。

ジャパンネット銀行杯児島ゴールデンレース優勝戦

 児島競艇ガァ〜コの部屋ピース姫ブログ「☆気ままな姫の日記☆」で直撃インタビューを受けた艇界屈指のゴールデンレーサー中野次郎(次節G1江戸川大賞初日ゴールデンレーサー賞選出)が1号艇でしたが、中野次郎は優勝戦本番でピット遅れてスタート展示の枠なりから一転、回り込んでのスロー4コースになり2351/4/6の進入隊形に。
 そして、インを取った2号艇市川哲也が12トップスタートも5号艇吉永泰弘に飛びついて流れ、この展開を突いて差しきった3号艇森秋光(岡山)が抜け出し通算48回目の優勝
 中野次郎は2番差しで2番手につけ、2M差して浮上した4号艇川上清人を2周1M行かせて捌き2着。

下関G3企業杯サンデン交通杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇富永正人が08トップスタートから絞りに行くも、3号艇山本隆幸が抵抗した分捲りきれず、この間に逃げの体勢を固めた1号艇西島義則が華麗なるインモンキーの弧を描き切って今年2回目・通算71回目の優勝
 後続は2号艇鳥飼眞と6号艇高沖健太の差し合戦になり、2M先行した高沖を差した鳥飼が2周1M先行して2着。ペリカンさんと鳥飼のバードワンツーになりました。

桐生東京中日スポーツ杯G3新鋭リーグ戦第7戦優勝戦

 太田市の隣みどり市にある桐生競艇場の新鋭リーグは枠なり3vs3の進入から1号艇毒島誠(群馬)が05トップスタートの速攻で3号艇馬場貴也の捲り差しを振り切って今年3回目・通算11回目の優勝。ちなみに関東地区スターブス島の今年V3は3月みどり市発足3周年記念・市議会議長杯に5月G3企業杯サッポロビールカップ、そして今回と全て地元桐生です。

西村美智子がグラチャン最終日の28日、BP習志野とBP市原に来場。

 丸亀サッポロビールカップ出場中の丸亀地元スター・女25歳競艇にかける西村美智子
 まるがめブルーナイターCMでは先月BP習志野でトークショーを行った重成一人と共に出演したり、競艇学校在学中の2004年には「NHKにんげんドキュメント〜女20歳競艇にかける」で特集されたり、デビュー前から注目されてて知名度も人気も高い選手ですが、戸田SGグランドチャンピオン決定戦最終日の28日に千葉県2箇所のボートピアで京極賞キャンペーントークショーを行います。

ボートピア市原13時16分頃から
ボートピア習志野15時30分頃から


 なんで今回の習志野トークショーが1回だけなのかと思ったら、その前に市原でトークショーするからだったんですね。当日はもちろん西村美智子を見に行きますが、さすがに市原と習志野のはしごはしない…と思います。


【船橋オート〜永井DAISUKI】

 競艇発祥の地大村でSG開催が発表された翌日の今日、オートレース発祥の地域船橋で開催中のG1共同通信社杯プレミアムカップを見に行ってきました。プレミアムカップ期間中は生ビール450円が通常の黒ラベルからプレミアムビールのエビスに変わってますが、お値段と量はそのままのプレミアムサービスがありです。

 さて、船橋で今勢いに乗るオールスター男といえば永井大介ですが、今日はサタデーナイツフィーバー永井佑一郎のトークショー(撮影禁止)が。
 ナイツナイツオールナイツ、エブリナイツ小松菜イツフィーバーは8R発売中でしたが、永井佑一郎は9R発売中に自分がもつ焼食ってホッピー飲んでる最中に目の前を通り過ぎてとっとと帰途。
 よって永井大介の10Rは永井佑一郎が見てナイツ買ってナイツだったですが、8番車の永井は5番車に張られたのが響いてウッイナ〜になれず3着。
欲しい獲物は、奪い取れ。共同通信社杯節間プレミアムイベント


江戸川サンケイスポーツ杯初日

 「江戸川競艇をごらんの皆様、お待たせいたしました。サンスポの題字でおなじみサンケイスポーツの冠が付きました今シリーズ、サンケイスポーツ杯も回を重ねまして今回が第33回目。どうぞ6月25日までの6日間シリーズ、江戸川競艇存分にご堪能下さい。(動画
 という平山信一アナの口上で始まりましたオープニング第1R。捲り差しの4号艇森作広大(茨城在住東京支部99期やまとチャンプ4421)と逃げ込み図る1号艇庄司泰久で先頭を争う中、2号艇三瀬譲は1M小回り3番手から2M小回りで庄司を抜いて2番手に上がり、2周1Mで森作を差して先頭に並び、2周2M内から先行して逆転1着。サンスポ杯はサンセさんの逆転勝利で始まりました。

 第2Rの2周2Mで後方にいた2号艇・哀戦士井上大輔が2周2Mブイ際で責任転覆を喫する事故もありました初日の水面上、メイン12R江戸川選抜は、昨年のG1江戸川大賞IN蒲郡で優出した2号艇福来剛(東京)が07トップスタートの早差しで1号艇泥谷一毅を捕らえ1着。個人的に残念なのは福来の次節がG1江戸川大賞ではなく丸亀G1京極賞ということです。
 2番差しで3番手の4号艇山崎義明が2M小回りで泥谷に並び2周1Mを先行。泥谷は差し返して2周2Mを先行しますが、ここを山崎義明が差し返して2着争いを制しました。

 ここで本日の自分の行動ですが、BP習志野で東京3場の前売舟券購入後、船橋オートレース場へ。永井レース終了後サテライト船橋に行き、大津びわこG1高松宮記念杯競輪11R準決勝を見に行って来ました。
 夜は船橋から船堀へ移動し、友人2人と合流して船堀ホルモンおいで屋で飲み食い。時間が過ぎるのを全く感じなかったくらい楽しくて、気がついたらあっという間に23時になってました。ありがとうございました。

男女混合まるがめ競艇マクール杯優勝戦は女子選手のワンツー

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
亀のスマイル君 電投ポイントサービスのまるポクラブことまるがめポイントクラブや、亀のスマイル君でお馴染みファミリーレジャーまるがめ競艇今節は男女混合の6日間シリーズ競艇マクール杯。ちなみに携帯マクールでは2月末から地区スター西村美智子(95期4313)による「美智子のスマイルブログ」が始まってます。

 その西村美智子が11R準優勝戦6号艇5コースマクール(動画)で通算3度目の優出を決め、初V目指し3号艇で乗艇した優勝戦。同じく地元の1号艇大西隆洋にとっては2000年3月宮島一般競走以来となる通算2回目のVが懸かる一戦。

 しかし枠なり3vs3の進入から大西が先行体勢も西村美智子のマクールを意識し過ぎて痛恨のオーバーターン。西村美智子も大西に張られてしまい、地元両者がやり合う展開を突いて差し抜けた2号艇日高逸子ワースト機を克服して通算57回目・丸亀4回目の優勝動画)。この優勝でグレートマザーは56回で並んでいた鵜飼菜穂子を抜いて女子選手史上2位の優勝回数になりました。ちなみに1位は山川美由紀(香川)の60回です。
 グレートマザー圧勝の一方2番手争いは激戦で、大西やや優位ながらも4号艇一瀬明と5号艇山田豊と6号艇垣内清美の差しが迫り、2Mは最内の垣内を締めきった山田ゆが先行。大西が差して食らいつき、2M最後に回りながらも豪快な競艇マクールを見せた西村美智子も山田ゆの外にぴたりと接近。
 そんな中、2周1Mは山田ゆが大西を捲りきって単独2番手に上がり、西村美智子が大西を差しきって単独3番手に。で、BSぐいぐい伸びた西村美智子が一気に山田ゆとの差を詰め、2周2M一気に艇を伸ばして艇を合わせる事に成功。やや艇が浮いた山田ゆに対し西村美智子は掛かり鋭い絶妙な小回りで一気に優位に立ち、3周1M内から先行して遂に逆転。地区スター西村美智子が1周BS最後方から驚異の追い上げを見せ、遂にはびわこG1V4の実力者山田豊に競り勝っての価値ある2着。妹弟子でもある先代地区スターの98期4387平山智加(通算V3)に続いて初優勝を挙げる時も近そうですね。
 ちなみにグレートマザーは2007年に「NHK福岡にんげん交差点〜ママはトップレーサー」、西村美智子は2004年に「NHKにんげんドキュメント〜女20歳競艇にかける」と共にNHKで特集を組まれた実績があるワンツーでした。

いわき平競輪開設58周年記念G3いわき金杯争奪戦決勝戦

 昨日までの自分は青梅市に献金してましたが、連休明け勤務初日だった今日の自分は腕をまくって針をさす、すなわち献血をしました。そんな今日は江戸川競艇でお馴染み平山信一アナが実況するいわき平競輪場の開設記念最終日が。ということで今日はいわき市に献金しました。
 待機行動から実況リプレイが聞ける競艇の動画と違い、競輪の動画はダイジェスト版なのが残念なところでありますが、決勝戦(動画)はジャンが鳴る勝負所で9番平原康多(埼玉)が一気にまくって先頭に立ちそのまま逃げ込み態勢。最終周回に入る所で4番坂本健太郎(福岡)が8番大槻寛徳(宮城)と接触して落車する場面はありましたが平原先頭の状態は変わらず。しかし最終周回6番手の2番伏見利昭(福島)がバック線から一気にまくりを放ち、最後の直線平原を力強くさしきり平開催の開設記念V5達成。他場も含めれば開設記念V22です。

濱野谷憲吾競艇ダービー杯参戦!〜美智子すごいよ美智子

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年は平和島東京ダービーV4を達成すると同時にムテキング襲名とお伝え(動画)された東都の大エース濱野谷憲吾。3月には同じ平和島でSG総理大臣杯を制し、優勝後海外で家族旅行を満喫した濱野谷ですが「自分への褒美は終わり。新たな目標に向かってチャレンジです。」と平和島では有言実行と書いて濱野谷憲吾は早速蒲郡G3企業杯中日カップでニヒルなダイナミックケンゴ様を襲名(動画)し、続く多摩川さつき杯では約7年8ヶ月ぶりの多摩川Vで苦手水面を克服。そして6日のTokyo bay pirates結成記念イベントでは白いスーツをニヒルに着こなしハマーノヤリムジンから颯爽と降り立ったのでした。

 その東京ダービー王濱野谷が「全国の水面を制覇するため彼らは動き出す。見逃すな!」のTokyo bay piratesキャッチコピー通りに2004年SG笹川賞以来約3年ぶりのセンタープールを制覇するため昨日から超目玉として尼崎競艇ダービー杯に参戦。
 記念以外では1997年7月の日刊スポ−ツ杯争奪伊丹選手権競走以来なんと約10年ぶりのセンプル参戦となる濱野谷ですが、今までは感性の男。しかし今年はペラを研究で努力の男。結果の出方も違います。今まで以上にスケールアップ完成度増して驚異の強さを今年は披露(by高橋貴隆アナ)してますから優勝お持ち帰りはノルマといっていいでしょう。
 
 ということで競艇ダービーを発行し、かつてはダービーレグノの馬主としてもお馴染みだったダービー社のタイトル戦はスペシャルなメンバーで少々非日常を感じさせる4日間決戦です。もちろん濱野谷はその中でも特にスペシャルな存在ですが、6号艇1回乗りの初日競艇ダービー選抜戦は3コースに入るも18とスタート後手を踏んでしまい、先捲りで抵抗も無理捲りで武庫川方面に流れ5着敗退。かかり命の濱野谷にかかりが来ませんでした。

 点増しとはいえ5着に終わった初日の巻き返しを期したい今日の濱野谷、1号艇の12Rは必勝態勢でしたがイン28と立ち遅れた濱野谷は白浜になってしまい、5号艇カワカミプリンス川上昇平の4カド捲りを許してしまい、小回りで2着に残すのがやっと。優出へ向けて連勝条件となった3日目は11R2号艇と、シード番組8R4号艇の2回乗りです。

 ちなみに濱野谷の2日目は11Rの他に9Rも5号艇で乗艇。この9Rは6号艇で乗艇予定だった菅沼佳昭が前半3Rでイン戦も山野陽一の4カド捲りに抵抗しての5番手追走から2M差しで3号艇小暮茂を抜いて4番手へ。しかし2周1M菅沼が振り込んだところに小暮が突っ込み、転覆した菅沼は妨害失格に。菅沼は負傷帰郷となって9Rを欠場、5艇立てになったのでした。
 5艇立てとなって勝利への可能性がぐんと高まった濱野谷は2コースに入り必勝態勢を敷きますが、にんげんドキュメント女23歳競艇にかける4号艇西村美智子が4カド01トップスタート捲り一撃で突き抜け1着。美智子濱野谷に勝ったよ美智子
 美智子に捲られた濱野谷は大外二段捲りの3号艇村上彰一にも捲られてしまう苦しい展開。それでも2M差しで2艇を捌いて3番手を確保し、最後は2着の村上に0.1秒差まで追い詰めましたが、美智子の3着に負けた事にかわりありません。

 2007年賞金ランキング1位の濱野谷を負かす大金星を挙げた美智子はこれで予選得点率トップ。95期生として2004年11月にデビューして約2年半、「デビューしてから一番の足。こんなに出た事がない(破顔一笑)」と、携帯マクールのコメントからも美智子超抜だよ美智子が伝わってきます。得点率2位の白石健も「西村さんには…もう…無理…」と足に関しては白旗健です。
 競艇学校に合格する前は教職目指して神戸女子大学に入学した過去を持ち、いわば美智子にとって兵庫県は準地元。そのセンプルで大仕事が出来るか、3R1号艇と10R6号艇がひとつの踏ん張りどころですね。以上でございます。

若松日本トーター杯争奪戦優勝戦

 多様化する公営競技運営に即応するITから、ファンの夢を広げる未来構想にいたるまで、公営競技にベスト・ソリューションを提供する日本トーターのタイトル戦は4号艇守田俊介が4カド13トップスタートも機力劣勢でスリット後全く伸びず、内艇に伸び返され何も出来ず6着。
 対して2コース26と2番目に遅いスタートながら機力と1号艇イン川北浩貴の33スタートもあって2号艇松本博昭がすんなり先捲りで先頭に立ち通算4回目の優勝。大外から捲り差した6号艇森定晃史が2着でした。
東京G2京王杯スプリングカップキルトクール】

 実質牡・せん馬限定の1400m戦、キルトクールはエイシンドーバー。右回り(6.6.1.5)に対し左回り(0.0.1.3)と左回りが苦手なのが最大の根拠。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ