ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

角ひとみ

【田中美洋引退開催】唐津G3企業杯酒の聚楽太閤杯開幕

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 聚楽太閤鳴滝酒造の企業杯にして唐津競艇2007年度最終開催G3企業杯酒の聚楽太閤杯は今日から23日までの6日間シリーズにして唐津競艇の実況を四半世紀に渡って務めてきた田中美洋アナの引退開催。本日の田中アナは4〜6Rと10〜12Rを担当しました。

 いよいよ初日のメインレースドリーム戦の登場となりました。やはり最アウトに構えるのは5号艇の阿波勝哉。前半5Rは6コースから6着でしたが、最アウト一本勝負で真価を発揮してきています。さあ、5号艇の阿波はペラを換えての最アウト。3vs3、インコースから123/465の並び今スタートいたしました第12R(動画)。センター2艇好発進、さあ3号艇4号艇この2艇が出て行きます。1周第1マークの旋回3コース捲りは3号艇捲り差しの展開は4号艇の徳増。ということで3号艇渡邉英児(静岡)が捲った展開を突いて4カド10トップスタートから捲り差しを決めた4号艇徳増秀樹(静岡)が1着。えいじが2着で、1M捲り差しから2Mぶん回しで先行するみどり色の6号艇峰竜太と2周1Mの小回りで三根峰を追い詰めた1号艇瓜生正義による3着争いは、3周1M小回りのウリ坊がここで遂に峰竜太を捕らえ、3周2M先行して逆転3着。若さの峰竜太にウマさでアピールしたウリ坊の逆転劇でした。

若松JAL杯争奪オール女子戦優勝戦

 津G1企業杯JAL女子王座決定戦から間を置かずに開催されたJAL杯の女子戦。JALのCM(動画)といえば相武紗季ですが、本日の平和島競艇場は相武紗季とOCNのCMで共演するおじゃるずのショーがあったでおJAL。
 さて、JAL女子王座で池千夏が帰郷した事により追加斡旋となったのが角ひとみ。追配ながらドリーム戦メンバーにも選ばれ、足の方も節一に仕上げて予選トップ通過。他2つの準優が大荒れになった中唯一1号艇で勝ち上がり、もちろん優勝戦1号艇。
 枠なり3vs3の本番、ひとみのイン戦は艇が浮いてターン流れ、2号艇谷川里江の差しが入ってりえ先頭、ひとみは2番差しの3号艇福島陽子にも並ばれひとみピンチ。ですが、2Mで内のようこを包みきったひとみはりえにも差し迫り、舳先を掛けて2周1Mを先制と急浮上。しかし1994年浜名湖と1995年多摩川でJAL女子王座連覇の実績を持つりえも差し返し両者ほとんど同体。そして内のりえが2周2M先に回り、ひとみの差しを振りきって単独先頭に立ったかにみえますが、超抜足のひとみが瞬く間にりえとの差を詰め、締め込もうとするりえに抵抗して舳先を入れきったひとみが3周1Mを先行して単独先頭(動画)。3周2Mりえが差しで粘るも、足で圧倒するひとみが振りきって若松2回目・通算では昨年12月平和島日刊ゲンダイ杯以来となる26回目の優勝。女子王座の副賞はハワイへのJAL往復切符でしたが、今回の副賞は北九州−東京間のJAL往復切符でした。
 ちなみにひとみが今回使用した61号機は今年正月からの使い出しで今回が初優勝。今後も注目のモーターです。

平和島G1トーキョー・ベイ・カップ4日目

 Tokyo bay piratesの似顔絵をフィーチャーした今節のポスタービジュアルで艇に乗って一番目立ってるのは濱野谷憲吾。その濱野谷は8R5号艇1回乗りで準優へは3着条件。枠なり3vs3の5コースに入った濱野谷は捲り差しに行くも3号艇久田武に前を塞がれる形になって不発。それでも濱野谷は内に潜り込んで2Mを久田の次に回りますが、ここでもたついてしまい3艇に差されて5番手まで後退(動画)。それでも3着圏内にはつけ、3周1Mで先行する6号艇宮武英司を差してようやく3番手争いで有利な状態に。しかし3周2M先に回った濱野谷は宮武に差されてしまい、やや不利な状態でゴール。写真判定に持ち込まれましたが、判定の結果同タイムの4着に終わり、「平和島では負けない」を年頭公約に掲げた東京湾海賊団の濱野谷はまさかの予選敗退です。

 今度は勝負駆け成功の話題。Kasado bay pirates吉村正明6R3号艇1回乗りで準優へは1着条件。162/345の4カド進入となったまちゃあき海賊団長はここで鮮やかな差しを決め見事勝負駆け成功の1着ゴール。児島SG総理大臣杯でSG初出場となる笠戸湾海賊団のまちゃあき海賊団長は準優12R4号艇で登場。

 明日の予告はベイカップの準優3個レースをお送りします。「出足強力。他も完璧。」な予選1位上瀧和則が1号艇の12Rは差しが入らなければ上瀧でしょう。差しが入っちゃって競り合いになったら3日目6Rで同期濱村芳宏に競り負けるターンスピードなので波乱の余地が。

【市川山田】松竹初のイン戦で江戸川初勝利【W哲也】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日は魚家グループのつきじ市場食堂東陽役所市場店小林亜里紗キャスターの母校深川高校の近く)で忘年会だったのですが、今日は第9Rまで場にいた江戸川ラリーズカップ2日目魚谷智之3連勝のG1鳴門モーターボート大賞を併用発売)は冬の青空のもとでレースが進みました。

 第7Rが始まりました。松竹といえば市川家でお馴染み松竹歌舞伎と男はつらいよ山田洋次監督で有名ですが、ここは1号艇松竹大輔(100期4442)が6号艇市川哲也の捲りと2号艇山田哲也の差しを振りきり、デビュー初のイン戦を江戸川初1着で飾っています。さすがは100期トップクラスの大型新人。賞金王も制し、SG完全優勝の実績もあるSGウイナー中のSGウイナーであるテチャーン相手に逃げ切ったのは今後の自信になるでしょうね。

 他のレースですが、第4Rは1Mで伴将典がターンマークにぶつかり転覆(動画)しますが、前方では捲り差しを決めた6号艇山口裕太が2M差し返す1号艇渡辺浩司を振りきって事故艇付近を先に回って1着。ちなみにバンショーテンの転覆は選手責任です。

 第8Rが始まりました。ここは差した4号艇落合敬一が二段捲りの3号艇上野秀和を捕らえて2Mを先制し1着になりましたが、2周1M後方では5号艇柴田友和が転覆。これにより、全速攻撃で上野を追い詰め2番手争いに持ち込んだ2号艇茶谷信次が3周1M事故艇付近内側艇優先ルールに泣き3着です。

 上記の通り、今日は第9R終了まで江戸川競艇場にいて江戸川と併用発売の鳴門MB大賞をやってたのですが、忘年会の為早めに帰宅後は江戸川ネット中継と中山G1朝日杯フーチュリティステークス地上波中継を見つつ大村ボートピア金峰開設3周年記念5日目をリアルタイム電投。マイルクラブ大村24は電投を買えば買うほど色々特典があって、しかも本日は急遽マイル2倍デーだったのです。大村は入場3570人に対し利用者21788人ですから、いかにマイルクラブに釣られた電投購入者が多いかわかりますね。

戸田隼杯優勝戦

 実質第3回加藤峻二杯の第2回隼杯は35歳未満限定の4日間決戦。優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇山本英志32歳がカドから隼捲りを決め戸田初、通算では2004年12月大村長崎県MB競走会会長杯争奪戦競走以来となる4回目の優勝。後続は捲り差した6号艇奥田誠27歳が2番手、小回り踏ん張った3号艇今井貴士23歳が3番手も2M握った奥田が大きく流れ後退。内で的確に回った今井が逆転2着になってます。

平和島日刊ゲンダイ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川上剛が35とスタート遅れ、2号艇飯島誠が絞り捲りに行くも川上が抵抗の構え。しかし川上はターンマークにぶつかり転覆し、乗り上げた4号艇梶野学志も転覆(動画)。
 こんなアクシデントがありましたが、事故艇の内をすり抜けた5号艇角ひとみが2003年10月の当地G3女子リーグ戦府中市長杯以来となる通算25回目の優勝。同じく内をすり抜けた6号艇飯山晃三が2着。
瞳の約束…は特になし。でもお菓子くれた(*´∀`*)


三国しわす第2戦優勝戦

 1年が足早に過ぎていこうとする中、しっかりと結果を残し、しわす第2戦のエンディングを飾る6メンバーによる優勝戦はインコースから123/456の順です。1秒前、スタートしました。1号艇中里英夫が1Mトップクリアーで先頭、2番差しの4号艇岡部哲が2番手も、2Mで中里のターンが艇が浮いて流れてしまい、ここで中里を差した岡部が通算7回目となる優勝のゴールイン。1M差し順走不発で3番手の2号艇山口浩司は2M差しから2周1Mの小回りで中里に並び、2周2M先制で逆転。3周1M内から先に回った中里を行かせて差しきり、最後は岡部にも迫る勢いで2着のゴールイン。
三国峠でお馴染み群馬県に続いて三国競艇も制した岡部哲


蒲郡師走特別優勝戦

 4号艇中西長松が超×のピット離れで大外になり、進入は123/564とちょっと不穏になりましたが、1号艇石田政吾がすんなり押し切り、通算38回目の優勝。後続は2号艇沖島広和が1M順走から2Mダイナミックに握って押し切り2着。
 石田政吾はガンバリマシテ尼崎競艇ニュース杯丸亀市議会議長杯に続く3節連続となる今年V5。13日からの男子王座決定戦大村G3企業杯JAL杯と25日からのびわこ年末ファイナルで総理杯ロックオンを狙います。

浜名湖スポーツ報知ビクトリーカップ優勝戦

 「競艇王チャレンジカップ謝恩レース!」と銘打たれた5日間シリーズは初日1走目8R2着以外は6戦6勝だった1号艇飯山泰がイン19トップスタートの速攻で今年3回目、通算15回目の優勝。3コースから捲り差した3号艇東健介が2着。

江戸川さわやか杯初日は地元1号艇選手が3人フライング

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 44名のスカッとさわやかなレーサー達によって白熱したレースが6日間に渡って行われます江戸川さわやか杯は初日の競走水面。スカッとさわやかな人気者中野次郎(神奈川から東京に転居)が1号艇の第8Rでイン速攻で先頭も+01のフライング(返還額1290万800円)に散ったのを皮切りに、3コースから捲り差した伯母芳恒1着になりました第10Rでは伯母に差されて2番手でした1号艇尾形栄治が+04のフライング(返還額1279万9200円)に散り、更には11Rでは4カドつけ回った新地雅洋(優勝者当てクイズ来た新地に投票)と併走しました1号艇宮内由紀英が+02のフライング(返還額1328万6200円)に散ってしまいました。
 1号艇の地元選手が3人もフライングをやらかした結果、本日の返還総額は3898万6200円となり、残った売上は1億1166万7400円(利用13152名)でした。これには東京都六市競艇事業組合も頭が痛いところでしょう。

 ここからはフライング以外の話題でお送りします。スタート展示では枠なりでした第1R、ピット勢いよく飛び出した3号艇椎名政浩がインに入り進入が312/456に。そしてインの利を生かした椎名は逃げを決めて1着になっております。

 オール女子メンバーによるオール女子戦となった第9Rです。熊本出身徳島在住の3号艇岩崎芳美ですが、岩崎良美は江東区出身ということで江戸川区はおとなり。ということで縁ある競走水面で軽快に差しを決めた岩崎よしみが人気に応えて1着になっております。2着にはインから逃げた松村昌子が入ってます。

 オール東京支部メンバーによるオール地元戦となった江戸川選抜です。イン15トップスタートの角谷健吾(神奈川)が逃げ、2コース握った一瀬明(神奈川)が2番手でしたが、2Mを鋭く斬り込んで角谷の内に入り込んだ一瀬が2周1Mを先制して逆転の1着になっておりますが、角谷も2着で神奈川県民のワンツーには変わりません。345の都民ボックス買ってた自分には無縁な結果でした。

 ここから先は10場で行われました本日の優勝戦です。

【本日は10場、優勝戦特集】

 4億8807万3500円を売り上げました平和島G3企業杯KIRINCUPは4カド進入のサムライブルー4号艇服部幸男先生がイン03トップスタートの徳増秀樹に強烈なつけまい仕掛けてこれがのどごし爽快に決まり通算59回目の優勝
キリンカップをサムライブルーが制したのでキリンチャレンジカップのサムライブルーも「ベストを尽くします。」で9日に行われるオシムジャパンの初戦を飾って欲しいですね。
惜しむことに捲られた徳増は5着に大敗し、2コースから差した戸田天皇池上裕次が2着に入ったのでSGレーサーのワンツーとなりました。


 常滑G3新鋭リーグ若獅子杯は1号艇吉永則雄が通算9回目の優勝吉田徳夫のホームプールで吉○のりおが優勝なのねん。でも、「この喜びを誰に伝えたいですか?」という問いには「別に。」と返すクールな吉○のりおなのねん。
2着には5カドからすぱっと捲り差した山口剛が入っているねん。


 この暑さよりも優勝の思いが熱くて夏バテ知らず。三国はづき第1戦スタートをいたしましたぁ!4カド花田和明が捲りで玉砕してブイ際が空き、「急に差し場が出来たので」6号艇柳沢一の5コース差しが入り、QBK柳沢は通算8回目の優勝。大外から捲り差した大阪の森貴洋が2着に入り、愛知vs静岡対抗戦の様相でした今節で肩身が狭かった他地区選手が孤軍奮闘で一矢を報いました。


 びわこ一般競走は初優勝を目指す古結宏が5カド捲りで先頭に立ちますがスタート正常、スタートOKとはならずキンコン!キンコン!キンコン!+01でフライング除外となり、はつゆうしょうのゆめはみずうみのもずくに。
かくして、捲られた後に艇を外に持ち出しての2コース捲られ捲りを敢行して2番手を走っていた白石健が繰り上がって通算25回目、びわこは2回目の優勝


 真夏の水上カーニバル鳴門一般競走は4コースから回り直して大外になった6号艇池上正浩が、メキメキと実力をつけたイケメン新鋭の注目株君島秀三の5カド15トップスタートからの捲りをマークんしての捲り差しで突き抜けて、前付け多用の池上があっと驚く大外進入で優勝。池メンの君くんと3コース小回り差しの池本輝明で2着争いは激しくなりましたが、池メンが2周2Mで池本におっつけていき一度は池メンが抜け出しますが、3周2Mで池本が差し返して0.1秒差逆転、なんにしても真夏の四国でイケ池千夏のワンツーです。


 四国キャンテイーン協賛の丸亀キャンテイーンカップはインから逃げようとする高濱芳久と4カド捲り安田政彦が喧嘩する展開を突いて2コースから上田隆章が差し、更に5コースから星野政彦が2番差し。そして2Mを内から先制したほしのが通算47回目の優勝、上田隆あきが2着となった結果ほしのとあきでほしのあきワンツー。こういう万舟が欲しいの…


 徳山黒神杯争奪戦は134/5/26の進入から、黒枠2号艇嶋田貴支が5カド07トップスタートから絞り捲りを決めて通算13回目の優勝。そして2コース小回り差しの大神康司が2着に入り、黒枠と大「神」で黒神ワンツー完成。


 芦屋オールジャパンフラワーカップは4カド捲り差した山川美由紀と5コースから差した角ひとみで併走になりますが、2周1M内から先マイの山川を差そうとした角がターンマークに激突(動画)!落水こそ免れたものの足がピョコンと浮いてカエルみたいになってしまった角は最後方まで下がり、以降は山川が独走となり優勝のゴール、通算では49回目となる勝利の花を咲かせました。
2コース捲りの寺田千恵と3コース差しの宮本紀美がテラッチややリードの状態で3番手を争い、2周1M角の後退により2番手争いに繰り上がり、3周1Mで宮本を包みきったテラッチがここで宮本を突き放して2着をものにしています。


 公営競技を活気づかせる総合情報誌公営ジャアナルのタイトルが懸かりました福岡公営ジャアナルカップはインから逃げた原田富士男が通算33回目にして福岡3回目、今年4回目の優勝を飾りました。2着には2コース順走の今村暢孝が入り、福岡支部ワンツー完成。
今年2月の大村公営ジャアナル杯で完全優勝を飾った山下和彦は公営ジャアナル社杯連続優勝を狙って3号艇で参戦しましたが捲り届かず、BSは5コース差しの3661さんこと柳瀬興志と併走の3番手まで。結局連覇の夢破れた山下は2Mで柳瀬を差しての3着でした。尚、この優勝戦には3661さんの同期連番73期3660長谷川親王殿下もいましたが、大外からの遅れ差し不発で出番が無く6着でした。


 名古屋タイムズ杯争奪蒲郡スピード王座決定戦はイン16トップスタートの金子良昭が速攻押し切り、通算50回目となる優勝のゴルィン、今年V6となりました。
 物腰同様ハンドルも柔らか、2コースから俊敏に順走の大場敏が2番手で静岡ワンツー濃厚だったのですが、4コース外マイで3番手集団の一角だった愛知の久田武が2M差しで斬り込んでターボチャージの猛パワーでぐぐぐぐぅ〜っと伸び、内側に入り込んだ大場をフルターンで呑み込みあとは出る出る出る。かくして久田が逆転の2着に入り、静岡ワンツーを阻止。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ