ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

遠藤晃司

【矢橋vs坂元】MB記念前日の江戸川でヘビー級マッチ第2弾

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇第32回日刊スポーツ杯。6日間のロングランシリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。4号艇森永淳が40とタイミング逸した以外はほぼ揃ったスタートで、今シリーズ選手代表の1号艇遠藤晃司がすんなり逃げて江戸川3回目、通算26回目の優勝。順走の2号艇白井友晴が2着に入り、混戦の3番手はスタート凹んだはずの森永がブイ際小回りで立て直し、2Mもインサイドを巧みについて主導権。ですが、2周1Mで5号艇森脇徹の差しが入り3番手逆転。しかし、2周2M差し返した森永が3番手を奪い返し3連単は760円の一番人気決着でした。ということで優勝戦は選手代表遠藤晃司(1964年2月28日生まれ)が2月28日の当地一般競走に続く今年2回目の優勝を飾りました。しかし、本日の最注目は優勝戦ではなくひとつ前のレース。

 選抜戦の11Rが始まりました。「このレースには50kgの選手が3選手登場。重量調整を行わない最軽量ということになりますが、2号艇と4号艇はその重量調整なんか関係ないと言わんばかりに無視しての64kg。超重量級です。64kgが最重量かもしれません。さて、どういった展開になりますか。(動画
 ということで4日目11Rに続く重量級直接対決となった一戦は、枠番と軽量を利して逃げる1号艇毒島誠50.0kgが1着になりましたが、注目の超重量級コンビは順走の2号艇矢橋成介64.1kgと捲りの4号艇坂元真一63.5kgで2番手争い。この2番手争いは2Mで大きく明暗が分かれ、矢橋三重本部長は巧みに捌いて2着を獲りきったのに対し、坂元は外側でもたついてしまい最下位に落ちてしまいました。尚、3着は1M竜鯱まくり差しから2Mチャージをかけてきました6号艇片山竜輔56.7kgです。

浜名湖食堂グルメアタック優勝戦

 もみじまんじゅう島田洋七の母校広陵高校の偉大な監督は中井哲之(自分は中井監督の言動を支持)ですが、重野哲之の地元浜名湖で広陵OBの島川光男が優勝戦3号艇で乗艇した浜名湖食堂グルメアタックは、そのミツオが見事4カド捲りにアタック成功で今年は前節スポニチ杯広島ダービーに続く4回目、通算では52回目の優勝。浜名湖食堂のうな丼は新スタンド2Fのピットインが昨年3月に食べた時、多分600円でお得だったのです。
 デビュー初優勝ならなかった1号艇の地元94期佐藤旭ですが、イン小回りで残し2着に入っています。
ミツオ優出者インタビューin夏の広島ダービー


住之江日刊スポーツ盾争奪しぶき杯競走優勝戦

 今節最大の目玉石田政吾は準優1枠取れなかったのが響いて優出できませんでしたが、鬼神Ogreと化した大賀広幸は7戦6勝2着1回の準パーフェクトペースで勝ち進んで優勝戦1号艇。
 ですが、節間0勝の4号艇宇土泰就が他を圧倒する5カド15トップスタートからの捲り差しで突き抜け、住之江では初めて、自己通算では2004年12月鳴門テレボート杯競走以来となる3回目の優勝。先マイ実らず宇土に差された大賀は2着でした。

下関G3新鋭リーグ戦カモン!FMカップ優勝戦

 76.4MHzCOME ON!FMのタイトルが付いた新鋭リーグ戦はイン07トップスタートの1号艇岡崎恭裕(福岡)が2号艇吉村正明(山口)の直つけまいをガッチリ受け止めた堂々たる逃げで通算4度目の優勝。60日のF休み明け初戦だった福岡支部の岡崎は、福岡支部の偉大な艇王植木通彦元選手が本日来場した下関で復帰即優勝です。
 後続は4艇接戦ながら、5コース2番差しの5号艇大峯豊(山口)と4カド捲り差しの4号艇松村敏がややリードで両者牽制し合って2Mへ。ですが、3コース差し不発で大峯と松村に挟まれる形になった3号艇山口剛が2M流れ気味に両者へつっかけ、一番外にいた松村は消波装置に激突してコースアウトによる失格(動画)。これにより、3艇まとめて差しきったまちゃあき海賊団長が2着に。そして3番手航走の山口は妨害失格となり、大峯が3着に繰り上がりました。

若松アサヒビール杯争奪戦優勝戦

 3コースから果敢なつけまい放った4号艇岡本慎治と4カド差しの3号艇一宮稔弘でBS併走となり、2M先制の一宮を差したオカモトが今年5回目、通算59回目の優勝
 ちなみに優勝したオカモトの次節は9月4日から平和島スポーツニッポンゴールデンカップで2着一宮の次節は9月4日から江戸川デイリースポーツ杯。両者共東京都区内に登場です。

唐津一般競走優勝戦

 Vゴールは熱く、そしてクールに。しかし1号艇繁野谷圭介は28とスタート立ち遅れてしまい、2号艇小畑実成の捲りが。しかし5コースから捲り差しのハンドルを入れてきた5号艇窪田好弘が小畑を捕らえて2Mを先に回り通算28回目、唐津2回目の優勝

大村九州スポーツ杯真夏の王者決定戦優勝戦

 お盆真っ盛りの前節蛭子能収杯真夏の女王決定戦では無く、時季外れのこちらがお盆扱いの優勝賞金84万2000円という不思議な5日間開催は24場対応新マークカード導入後初の開催。
 長崎3人vs遠征3人となった優勝戦は4号艇の不思議な岡山県民山室展弘さんが4カド01タッチスタートからの捲り一撃を決めるも、直外5コースの5号艇落合敬一(長崎)が捲り差しで先頭に。2M山室さんが差し返しを見せるものの、不思議な山室さんはあっさり引いて艇を外に持ち出したので落合の独走となり、落合は通算36回目の優勝
 尚、6号艇津留浩一郎(長崎)が+05のFに散りましたが大外で展開作れず、山室さんと落合の間を割れずの3番手でした。

【明日から蒲郡SGモーターボート記念

 本日は前検という事で入り待ち抽選試運転とあったわけですが、甲子園を沸かせた広陵のOBであるミツオが優勝を飾った浜名湖から競艇甲子園MB記念が開催される蒲郡までは40km650円。もしMB記念が集合時間の遅いナイターSGでなく12時集合の昼間SGなら入り待ちから浜名湖へのはしごもできたでしょうね。

 さて、初日メインは各地区1名ずつが集まったドリーム戦。枠番はこうなっています。このレースはギャンブル王争奪!競艇予想大会対象レースとなっております。また、SGということで自分も参加しているK-BATTLEの方も始まります。今回大会『水上の仕事人を探せ!』のルールはこちらです。

1:松井繁 2:瓜生正義 3:濱野谷憲吾 4:原田幸哉 5:辻栄蔵 6:田村隆信

 各地区1名ずつということで、水上の侍六人衆から山崎智也今垣光太郎が外されており、ウリ坊と田村が繰り上がってます。でもやっぱりここはポスター通り侍の4人から勝利者が出るでしょうね。
水上の侍

【美艇旋風】長州力の故郷徳山でJAL女子王座決定戦でおジャル

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ど真ん中を行くストロングスタイルと目ん玉飛び出るハイスパートレスリングで長年プロレス界を沸かせるマグマの中心長州力ミュンヘンオリンピック出場から35年の今年、長州力の故郷周南市で昨日から始まっている徳山G1企業杯JAL女子王座決定戦
 3025人の入場を集め10億3251万200円を売った初日選手紹介動画)と美艇ドリーム戦出場選手インタビューを中心に行われ、胸を打つ弔辞を述べた佐藤幸子から登録番号順に登場(選手代表鵜飼菜穂子のみ立ち位置の関係で真ん中辺)した後ドリメンが登録番号順に登場し、最後に登場した今節が昨年10月3日の丸亀オータムカップ争奪オール女子戦以来の負傷欠場明けとなる85期4050田口節子の選手紹介
おはようございます。長期欠場してしまいファンの方々にご迷惑をおかけしてすいませんでした。この場に立てたことに感謝し、支えてくれた方々と、ここに来れなかった佐々木裕美ちゃんの分まで一生懸命走りたいと思います。応援してください。
につい目元が潤みました。そして片岡恵里による選手宣誓とプラグスーツを身にまとうビューティーセンセーションズによる花束贈呈の後に本来なら全国モーターボート競走会連合会蔭山幸夫会長のごあいさつがあるのですが蔭山会長は悲しい事情で住之江に残りましたので、替わりに解説の佐藤正子元女王がステージに登場し場を盛り上げました。
 それでも時間が余ったので選手紹介でテノールソング「千夏が女王になって」を熱唱した池千夏がイケイケドンドン再登場(動画)。あの大きなおふだを振りかざしてみたい「千夏が女王になって」をもう一回歌いました。ただ、おもしろかったけど原曲が故人を偲ぶ歌「千の風になって」というのはちょっと…

 ともかく、選手紹介を大いに沸かせた開会式女王池千夏は選手紹介を制した勢いに乗って初日連勝。7R夢へテイクオフ!女子戦行脚3周年記念を1艇図抜けた08トップスタートで豪快な大外捲り、11Rまるたんカップ春の思い出作りたくてが05トップスタートで旋回半径の大きい豪快なイン戦と、共に抜群のスタートでテイクオフしたのでした。今節勝利者にはインタビューで美艇旋風Tシャツが贈呈されるのですが、池面レーサーなだけに美艇旋風Tシャツも二枚目ですね。「キャラが濃いんでみなさんに飽きてもらえるように、飽きるまでここに来ます。」とウィットの効いた優勝宣言も出ました。

 初日メイン美艇ドリーム戦大束・橋本徳山遠征記念はCANAEと書いてきゃなえと読む横西奏恵1着で、カレー色のカポックをまとう海野ゆかりが5カド捲り差しで2着。
注目の復帰初戦田口節子は5ヶ月ぶりの実戦でレース勘が鈍ってたのか、それとも前日の悲報で憔悴しきってたのか元気なく、4コースカド受けから41と大きく凹んでしまい6着でした。しかしここは暖かく見守って復帰後初勝利を挙げるのを待ちたいです。


 初日を上回る11億4683万9500円を売った2日目の今日、イケッチは美艇ドリーム戦と同じ冠協賛スポンサーの10R橋本浩司徳山競艇旅打ち記念3号艇1回乗り。3コースから01ドッキリスタートでスリット放ったイケッチは2コース全速06スタートの宮本紀美に伸びられて先捲りを許し、捲り差し入りきれずの3着。まあ3連勝だとTシャツが三枚目になってしまうので池面にはちょっとアレといったところでしょうか。
ユウたんとサリーちゃんの応援を受け、柾田敏行からはペラの提供を受けた結婚20年目のミセス府中宮本紀美はシリーズ初の1着になりました。

 「横西さんの大ファンで徳山まで大阪から、来ました。これからも徳山競艇ガンバレ“カナピョン”」のモンキーターンさんがスポンサーの12R女子最強を目指してガンバレ時計台前は願いかなえられたのか目出度く横ちん3号艇で登場。しかし3コースの横ちんは谷川里江の2コース捲りを捲り差しで捕らえる事が出来ず、逆に5コースの長嶋万記に差されて横ちんは3番手集団の一角。カナピョン応援レースで1着をりえに取られた横ちんは2M巻き返しを狙っての全速きゃなえターン流れて5番手まで下がりましたが、2周1M小回りで3番手集団に回復し、2周2M外2艇を牽制しての先マイで3着争いは制しました。でも、大外から展開突けず最下位に敗れた7Rの失点を取り返す為にもここは勝っておきたかったところでしょう。

江戸川最終日

 選抜戦の11Rが始まりました。波高15cm北向かい風8mの水上でイン29トップスタートの佐々木和伸がきゃなえターンで逃げを決めるかに思われましたが、3コースから捲り差しの村田浩司が佐々木を捕らえて1着のゴール。2日目まで得点率トップと今シリーズ台風の目でした村田はシリーズの最後を勝利で飾りました。
尚、村田に捲られた2号艇の玄馬徹
おっと2号艇ターンマークにぶつかって転覆です動画)」
となり、玄馬徹の事故現場を無事に通る事ができなかった6号艇伊藤雄二はエンスト失格です。

 江戸川競艇2月開催の最終節、4日間の短期シリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。1964年2月28日生まれの今シリーズ選手代表遠藤晃司が誕生日に手にした1号艇をきっちり生かしきっての27トップスタートを決めての独走ぶっちぎりで優勝。3コースから捲り差しで続いた尾形栄治が2着に入り、地元選手のワンツーです。
 誕生日に優勝という名のプレゼントを自ら頂いた遠藤晃司は通算25回目の優勝で、江戸川は1992年以来2度目の優勝です。

【オール女子戦川崎G2キヨフジ記念エンプレス杯

 元JRA現船橋の7枠10番トーセンジョウオーが前付けインで逃げ、2番手につけたG1馬フサイチパンドラの差しを振り切り重賞V4となる優勝。関東オークス馬がオークス2着馬を従えた格好となりました。
 尚、湯浅三郎調教師引退レースだったレマーズガールは道中4.5番手も勝負所置いてかれてしまい、直線盛り返すも上位2頭から離された4着でした。そして2月で引退した瀬戸口勉厩舎の元所属馬で、現在は弟の瀬戸口悟厩舎に所属する愛知の白馬レイナワルツは道中先行するも勝負所で失速して8着に敗れました。

【十六種類の厳選素材】若松今年最後の昼間開催十六茶杯ファイナル

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 若松競艇今年最後の昼間開催となる5日間シリーズアサヒ飲料十六茶杯争奪戦は本日が最終日。クセがないのにクセになる十六茶のようにホットでもクールでもオイシーとヘルシーのグッドバランスがとれた厳選素材6名の優勝戦は1号艇が鈴木賢一、2号艇が長野壮志郎と壮賢美茶なコンビになりましたが、インの鈴木は逃げて優勝を飾ったものの、2コースの長野は差し順走も1974年2月28日生まれの4号艇荒井輝年による4カド強つけまいをもらった長野は3番手となり、それでも2Mは内の利で長野が先制したものの荒井がゴッドハンド輝の差し技であっさり長野を差しきり2着確保と壮賢美茶ワンツーではなく73期ワンツーでした。ちなみに自分は16茶ということで16の出目を本線で買ってましたが、6号艇津留浩一郎は07鋭発も大外では苦しく、仕掛けられずの遅れ差しで4着でした。
 鈴木賢一は通算19回目の優勝で今年は桐生週間レース社杯津きさらぎ賞に続くV3。上昇桐生に乗って津、わかま津と勝ち進んできたのですね。
 尚、KinKi地区から参戦した注目の十六茶谷信次準優11R6着で優出できませんでした。

 さて、3月4日から始まる江戸川関東競艇専門紙記者クラブ杯には茶谷信次も鈴木賢一も荒井輝年も長野壮志郎も津留浩一郎も優出5号艇大川茂実もと、十六茶杯のメンバーが大挙参戦します。住之江からの転戦で一緒に走る予定でしたあの人の分までアグレッシブで果敢な走りを期待したいですね…

平和島東京スポーツ賞優勝戦

 インから行ったぁ〜で痛ぁ〜なスタートになった1号艇西島義則と、4カドつけまい一発流れたぁ〜で痛ぁ〜なスタートになった4号艇滝沢芳行。ペリカンさんは先頭に立ったものの、+01のタッキーと共にフライング(+03)。5コース捲り差しの守田俊介と大外捲り差しの大澤普司でラップになりますが、2周1M内から回る大澤に外からしゅんしゅんのつけまい一発決まったぁ!これで抜け出したしゅんしゅんは横断幕の応援に応えて通算37回目の優勝とお伝えしておきます。
 尚、優勝戦のF返還8302万6800円は優勝戦総売上の約97%を占め、F返還分を差し引いた最終日総売上は2億円割れの1億8316万4500円と、主催者がしゅんとなった事をお伝えしておきます。

江戸川3日目

 今シリーズ選手代表の遠藤晃司。2日目まで得点率8.33の2位につけていましたが、予選最終日の本日に猛スパート。2号艇の前半第6Rを果敢なつけまい攻撃で1着として優出を当確にした勢いで、3号艇の後半第10Rも巧みな差し技で1着とし、予選1位通過を決めました。


 優勝戦ベスト6強が決まりました。

1:遠藤晃司 2:繁野谷圭介 3:尾形栄治 4:村越篤 5:川上剛 6:石塚久也

 1964年2月28日生まれの遠藤晃司ですが、多摩川競艇HP内「TOKYOレーサーズ」で特集されております。今シリーズ選手代表がVでバースデーを飾るイキな演出を成功させるかに注目ですね。

【明日の予告とキルトクール】

 明日は時間の都合で省略した徳山G1企業杯JAL女子王座決定戦(初日との2日分)とオール女子戦川崎G2キヨフジ記念エンプレス杯を江戸川と共にお送りします。
 湯浅三郎調教師引退記念エンプレス杯の◎はもちろん5枠6番レマーズガールですが、キルトクールはポールポシジョン1番枠のペディクラリス。根拠は芝でのものとはいえ、左回りは3回走って3回とも掲示板にも入らない惨敗ということ。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ