ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

金子良昭

松本勝也1000勝達成記念開催の浜名湖+新鋭戦準優のびわこ

 初日の18日土曜日には福永達夫新選手会長来場、2日目の19日日曜日には上げ潮コンビナイツによる漫才があって盛況だったらしい浜名湖競艇のW準優制5日間シリーズ日本モーターボート選手会会長杯

 そんな今節の主役は2日目5Rで2号艇1コースから爽快な逃げを決め通算1000勝を飾ったSG常連レーサー松本勝也
 「センプル軍団の中で誰よりも早くモンキーターンを取り入れて、現在の兵庫躍進の礎を築いた裏六甲のスピードかっちゃん松本勝也。お尻を高く跳ね上げて旋回半径極小のモンローモンキーはまさにターンの芸術品。そんな華麗なるコーナリングを駆使してデビューから丸18年。史上795人目の1000勝へと向かいます。(動画」と工藤浩伸アナに言わしめた兵庫支部文明開化の礎を築いた男が、1000勝レースと同じ2号艇で乗艇した優勝戦
 予選1位だったマツカツはW準優の着順点で2号艇になりましたが、波高4cm北西追い風6mで安定板使用の水面で123/465隊形の2コースから11スタートを決め、19スタートの1号艇勝野竜司(兵庫)をたっぷりマイシロを取った状態から余裕綽々に差しきり、1000勝達成記念シリーズを今年2回目・通算28回目の優勝で締めくくりました。
 差された勝野は2番差しの4号艇金子良昭(静岡)を2M外全速戦で振り切り2着を取り切って兵庫ワンツー完成。

 尚、3号艇沖島広和との3番手争いを2周2Mの差しで競り勝った金子良昭ですが、新年度から自らが出場する浜名湖開催の指定日に抽選でファミリー1組をスワッキールームに招待する「KANEKOボックス」を始めました。KANEKOボックスの企画意図と本人コメントは「競艇徒然ぶろぐ〜KANEKOボックスへ皆さんをご招待!」に掲載されております。

びわこ新鋭リーグ第4戦関西スポーツ新聞5社杯争奪G3新鋭戦

 今年で44回目を数える伝統の新鋭戦はベスト18メンバーが出揃った準優3個カードがメインの5日目。
 準優1つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から05トップスタートの2号艇安達裕樹が19スタートの1号艇平本真之を捲りきって1着。捲られた平本は粘りきって2着。
 尚、3着争いを演じていた5号艇岡祐臣が2周1Mで捲り差しに構えた際、内から来た3号艇岡村仁と接触して転覆。岡祐臣は負傷帰郷となってしまいました。

 準優2つ目の11Rは枠なり3vs3の進入から渾身の02トップスタート踏み込んだ4号艇・びわこ地区スターの是澤孝宏(京都98期4388)が一気にカド捲りを決め1着。捲られた17スタートの1号艇篠崎元志は粘りきって2番手を航走し、1M差しハンドルから2M篠崎に押っつけてきた3号艇古賀繁輝を行かせて捌き優出確保。

 準優3つ目の12Rは枠なり3vs3の進入から1号艇峰竜太(佐賀県)が逃げ切り1着
 10トップスタートから捲りに行った3号艇毒島誠は振り込んでしまい、2番手争いは2号艇今井貴士と4号艇吉川喜継(今節選手代表)と6号艇西山貴浩の3艇による差し合戦に加え、ブス島と今井の間を捲り際した5号艇山口高志(佐賀県)も2番手争い。
 その中から2M翼を広げて外全速の今井貴士と豪腕差しを入れた山口高志のWたかしが2着争いを優位に進め、2周1M内から艇を伸ばして来た吉川を包みつつ今井を牽制した剛球ターンの山口高志がここで一歩抜けだし、2周2M再び艇を伸ばして来た吉川を行かせて捌き佐賀県ワンツー。


 優勝戦にCatchUp!

1:峰竜太 2:安達裕樹 3:是澤孝宏 4:篠崎元志 5:平本真之 6:山口高志

 ここを最後に斡旋が無い峰竜太が休養前最後の一戦をVで飾るのか、それとも地区スターの是澤が元99期訓練生で今節GOLDEN BOYSリポーターの濱野智紗都(京都)が見てる前で初V飾るのか?はたまた篠崎がカド捲り決めるのか?
 インが弱いびわこなだけにエース機&今節イン戦4戦全勝&唯一のG1ウィナー&休養前最後の一戦で気合いが入る峰竜太といえども絶対視はできないかと。

金子良昭42歳、イン屋細田昌弘42歳に捧げる勝利で完全優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 桜満開のもと、ファイナリスト達のボルテージは最高潮。戸田東京スポーツ杯優勝戦細田昌弘引退記念動画)は枠なり3vs3の進入から3号艇仲口博崇が捲り差し入れるも1号艇金子良昭と2号艇寺田祥に挟まれてバウンドし3番手まで。金子良昭とテラショーのトップ争いになり、舳先が入りきったテラショーが2Mを先制するも出口で少しバタつき、差してきた金子良昭に差を詰められます。舳先を入れられそうになったテラショーは締め込んで2周1Mを先制しますが焦りで大きく膨らんでしまい、小さく冷静に回った金子良昭が遂に並びます。そして2周2Mを先に回った金子勝利のカーブを描いて遂に単独先頭。戸田では1998年11月のG1モーターボート大賞優勝など勝利へゴーゴーの金子が7戦全勝の完全優勝というおまけつきで通算55回目の優勝。ちなみに完全優勝は金子ワンツーとなった2000年7月の三国一般競走以来2度目。
 ということでさいたまのイン屋として鳴らし、2月26日の津フェニックス賞で無事に引退した57期細田昌弘(1964年5月14日生まれ)の引退記念競走は細田と同年齢(1964年10月29日生まれ)の54期金子良昭が完全優勝で勝利しました。

 ちなみに一般戦の8Rでは金子勝利が会心の5コース捲りでシリーズ2本目の1着。会心の4カド捲り差しで勝利した2日目2R同様に2着が橋本開新だったのが特筆されます。

【16時30分の男、東京ベイに現る。】

 平和島関東競艇専門紙記者クラブ杯優勝戦は初日から12Rに必ず登場してきた1号艇湯川浩司(大阪)がイン04トップスタート速攻も、4号艇山来和人の4カド捲り差しに並ばれそうになります。が、機力に勝る湯川が大型映像前伸び返して振り切り単独先頭。
異次元の旋回スピードを武器に初日から格下相手でも容赦ない攻めのレースを見せる1号艇の湯川。まさに今シリーズ最終には異常な強さを見せます湯川浩司。まさに湯川浩司改め湯川16:30とお伝えしておきます。(動画
ということで通算12回目の優勝を飾った艇界の大木こだま・ひびき改め艇界の江頭2:50を襲名した湯川浩司は2005年大晦日の宮島日刊スポーツ栄光楯競走以来久々のV。そして平和島では初優勝となり、1号艇で敗れた昨年当地SG総理大臣杯の借りを返しましたでチッチキチー。
 後続は大外差し3番手も2M鋭いターンで山来の内に入り込んだ大平誉史明(大阪)が時計前山来とラップに持ち込み、2周2Mで完全に山来を突き放して逆転2着。大阪ワンツーとお伝えしておきます。

 ところで、江頭2:50といえば大川興業。実況担当ベイ吉アナが元大川興業という噂はもしかして本当なのでしょうか?

三国坂井市制1周年記念競走優勝戦

 圧倒的な前評判に応えて優勝戦1号艇に陣取ったみくにのスーパースター今垣光太郎がイン08トップスタートで逃げの態勢を作りきり通算60回目の優勝。2コース29と凹みながらも差し構えから2番手集団に残った松本勝也が2M全速戦で2着を取り切っています。

 尚、結果5着も優出は果たして現在の立間スペシャルペラがみくにでも通用する事を示した6号艇立間充宏。5日からのみくに次節うづき第1戦に登場する寺田千恵に明るい材料ですね。

江戸川スポーツニッポン杯2日目

 12Rが始まりました。このレースは1号艇渡邉英児がインから押し切り1着、4号艇岡祐臣が捲り差しで2着になったレースですが、最初の1Mにおきまして後方大きくもつれました。岡の内側にいた3号艇金子順一が捲り差し態勢からターンマークにぶつかり、金子は2号艇北岡淳と5号艇後藤博に乗り上げられてアイタタタ。更には差しを狙った6号艇高橋勲が他艇との接触こそ免れたもののターンマークに乗り上げてしまう大きなもつれでしたが、全艇無事に完走(動画)。金子順一が不良航法を適用されたに留まりました。

 不良航法を適用された金子順一は各レーサーが激しい競り合いを展開しました第3Rにも4号艇で登場。金子順一はチルトを+1.5度に跳ね上げた6号艇金子猛志に絞られてしまいますが、絞り捲りの金子は流れて後方。対して差しで立て直した金子順一は3番手争いを演じます。
ところが2Mで3番手争いに敗れた金子順一は金子猛志との4番手争いに。そして2周1Mで金子猛志に差された金子順一は結局金子対決にも敗れて5着でした。

【競艇はっぴー】G1東海地区選手権優勝戦不動明王杯

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 Sports@nifty競艇特集のレースレポートがあったり冠協賛だったりと兎に角競艇はっぴーな浜名湖G1東海地区選手権優勝戦不動明王杯は「不動明王のごとく、戦の神のごとく、強い競艇選手としての称号を与えられ、これを機にはばたいて行ってほしい。(動画」という思いで付けられた冠協賛レース。
 6号艇には柳沢一が昨日の準優10R人と未来のエネルギーを創造・エネジン杯で艇界のNAZOSHIKO都築正治の必殺あこターン3コース捲りに5コース捲り差しで続き2着に入り、柳沢は生ゴミ処理機のエネジン杯で2連単12420円3連単70230円の万舟を産む機械と化して記念初優出となりました。
 優勝戦本番は枠番通り6コースとなった柳沢はブイ際差しを狙います。ところが3コースの都築が振り込んでターンマークに接触。進路上に「急にボートが来たので」避けようがなかった柳沢は都築に乗り上げて転覆。前日万舟を産む機械となった愛知コンビは昨日の続きといかず共に失格となり、愛知コンビ記念初優勝のゆめと自分の舟券は、遠江浜名湖のもずくになってしまいました。尚、エンストの都築は妨害失格です。
 さて、静岡ペラグループ二大巨頭の内枠2艇による優勝争いの方は待機行動から白熱し、2号艇の服部幸男先生が回り込んでイン水域にさっと入るも1号艇の金子良昭が艇をぶつけて激しく枠を主張し割り込み。すると服部先生は艇を横に向けてさっと移動し楽な起こしの2コース。スリット後は金子が激しく外へ斜行しマイシロをたっぷりとってのイン先マイ。これに対し服部先生は角度をつけての張り差しで金子に対応し完全に舳先を入れます。このまま服部先生が2Mを先制と思いきや、2M手前で急に金子が切り返し。でも服部先生は無理に締め込んでの先マイはせず、2周1Mに事故艇がいるのを見越したか金子を行かせての差し。とはいえ艇が浮いてしまいHSは外の金子がややリード。
ですが、2周1Mに事故艇がいるのでちょっとでも舳先がかかってれば内の服部先生に優先権。とうことで逆転には至らなかった金子ですが3度目の記念タイトルと賞金450万円に目の色を変えたか、2周1Mでなんと締め込みにかかり先マイ狙い。これに激しく抵抗した服部先生はバランスを崩し危うくネトロンに激突しそうになります。でもターンマークをややかすめた程度だった服部先生は立て直しに成功、締め込みから外大回りに軌道修正した金子に抜かれなかった服部先生はSG4つを含む21度目の記念優勝で不動明王襲名。前節唐津G1全日本王者決定戦に続く記念優勝で当地では昨年12月のG1浜名湖賞に続く記念優勝。通算では62回目の優勝で前出の唐津G1に続く2節連続優勝です。
 とはいえ、不動ではなく水上の格闘技を地で行く激動のレース内容に服部先生は表彰式で「ちょっと複雑な気持ちですね。」とコメントしてます(動画)。

多摩川G1関東地区選手権5日目

 最初の準優バトル準優10Rは予選1位の金田諭(埼玉)が優出1号艇目指してインに入りますが、6号艇の江口晃生が動いて3コースに入り進入は内3艇がやや深い126/3/54。マイシロも余り取れなかった金田ですが06のトップスタートで乗り切り1Mを先制。逃げ切り体勢に見えましたが、2号艇2コース22号機は2月22日生まれ山崎義明埼玉支部長がエース機パワーでぐいぐい差し伸びて金田を捕らえきり2Mを先制。さいたまワンツーながらここは年の功で山崎が1着となり、予選1位で2着の金田は優出4号艇が決まりました。

 オール東京支部の準優11Rは1号艇の白い道着を纏う齊藤仁が3コースから攻める石渡鉄兵を有効にブロックしての技ありなイン戦で1本取り、齊藤じんじん痺れる走りで1着。てっぺーちゃんと4コース差しの5号艇高橋勲でBS2番手接戦になりますが、2Mぐっとサイドを掛けて外のてっぺーちゃんを張っての全速旋回を決めた勲が競り勝ちました。尚、大外から差して4番手だった6号艇作間章が2Mで勲に張られたてっぺーちゃんを内から抜き去った結果、内房の師弟対決は枠番不利な弟子に軍配が上がりました。

 準優12Rはファン投票2位で予選も2位な1号艇中野次郎が勝てば優出1号艇のプレッシャーに負けずに堂々イン戦決めて1着。2コース順走の平石和男が2着。
昨年の桐生に続いて今年も山崎選手が優出です齊藤仁は加齢臭がきついらしいですよ(本人弁)明日勝ってNo.1になれば次郎から太郎に!

 優勝戦の枠番はこうなりました。

1:中野次郎 2:齊藤仁 3:山崎義明 4:金田諭 5:平石和男 6:高橋勲

 東京支部と埼玉支部が3人ずつ優出してG1関東地区選手権のファイナルは昨日の鳴門四国地区選手権や今日のG1東海地区選手権ばりに2支部対抗戦の絵図となりました。さあ、優勝して優木まおみから表彰されるのはどの選手になるでしょうか。

【競艇『2周』戦桐生競艇『匠』戦優勝戦

 Over40限定の今節は水面が荒れに荒れ、優勝戦も波高14cm北西追い風12mで2周戦。レースは1号艇岡本慎治43歳がイン08トップスタートから慎重に先マイしてきっちり優勝。優出メンバー中最も若手のオカモトは今年2回目・通算56回目の優勝です。3コースから捲り差した山田省二47歳が二着となりましたが、2コースの佐久間理59歳が1Mでターンマークにぶつかり、避けきれなかった5カドの新井敏司58歳もターンマークにぶつかります。佐久間はぶつかっただけでしたが、新井敏司名人位はターンマークに乗り上げて転覆してしまいました(動画)。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ