ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

金子龍介

【福岡・唐津】今日は3場が優勝戦【丸亀】

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は3場が優勝戦でした。

福岡日本財団会長杯争奪戦優勝戦

 優勝賞金130万円の日本財団会長杯は枠なり3vs3の進入から1号艇金子龍介が08トップスタートを決めて2号艇大神康司(今節選手代表)のつけまいを受け止め、4号艇中村亮太の差しを振り切り、金龍は初の博多金龍となる福岡初V・通算33回目の優勝初日12Rファン選抜4号艇2着以外全て1着の準完全V。

 2着は中村亮、3着は差し続いた6号艇別府正幸(福岡)。
博多金龍


丸亀琴参バスカップ優勝戦

 琴参バスの第1回タイトル戦は7日間開催で、優勝戦は1423/56の進入から1号艇興津藍が04トップスタートの速攻を決め、昨年2月の唐津日本財団会長杯以来となる通算17回目にして丸亀初優勝

 後続は差し順走の4号艇柏野幸二が2番差しの3号艇新美進司を2M行かせて捌き2着。
 尚、6号艇加藤高史が2M最後方で振り込み選手責任転覆を喫しました。

唐津スポーツニッポン杯優勝戦

 124/356の進入から1号艇古賀繁輝(佐賀)が押し切り、唐津5回目・通算14回目の優勝

 後続は外枠2艇の差しが2番手争い優勢で6号艇西山貴浩が2Mを先行しますが艇が暴れ、ニッシーニャを行かせた5号艇安東幸治が1M捲り差しから2M外握った4号艇吉田徳夫を振り切って2着。

【福岡】山一鉄也完全優勝と金子龍介完全準優勝【尼崎】

ブログネタ
競艇 に参加中!
 福岡競艇の2009年最後を飾る優勝賞金80万円の歳末特選レースは今節選手代表の中洲ダーツキング山一鉄也が節間9戦全勝で自身初の完全優勝にチャレンジ。

 優勝戦本番は2号艇・ミスター6コース小川晃司が指定席の大外に出た134/562の進入から3号艇平賀圭が57と大きくスタート凹んでしまい山一は壁無しになってしまいますが、連日鉄の信頼を集めた山一證券配当を提供した山一鉄也は6号艇貫地谷直人の捲り差しに差されそうになるも振り切り、今年4回目・通算24回目の優勝で自身初の完全優勝達成。

 2006年大晦日住之江ファイナル競走以来となる3年ぶり通算3度目の優出だったとは思えぬ見せ場たっぷりの捲り差しだったちりとてちん貫地谷は2Mで内突いてきた同県広島の4号艇池本輝明を行かせて捌き2着を守りました。

尼崎アクアコンシェルジュ杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走優勝戦

 「センタープールの丑年バトルもこの一戦でモー終わりです。地元同士も容赦なし。白黒はっきりつける時が来ました。アクアコンシェルジュ杯争奪第22回歳忘れ今年もありがとう競走(動画
 ということで、尼崎名物今年もありがとう競走は株式会社ヤマトのアクアコンシェルジュ杯が懸かった優勝賞金84万2000円の6日間開催。ちなみに尼崎センタープールのアクアコンシェルジュはどんな仕事をしてるかというのがヤマトの雑記帳で紹介されてます。

 さて、オール兵庫支部になった優勝戦は4号艇金子龍介が節間7戦オール2着で完全準優勝に王手でしたが、枠なり3vs3の進入から展開をじっくり見据えて差した金龍は優勝戦でも2着に入り、第22回目のありがとう競走で見事?完全準優勝達成。
 ひまひまデータさんによると1996年以降で完全準優勝は1998年4月若松G1全日本覇者決定戦の王者松井繁以来2度目との事。今世紀初となる完全準優勝は完全V以上に珍しい記録であります。

 尚、優勝はインからしっかり押し切り尼崎2回目・今年2回目・通算V6を飾った1号艇稲田浩二
 3月の初代若松G3新鋭リーグ戦競走第2戦植木通彦フェニックスカップ優勝者として名を刻んだイナダは2009年末レースながら2010正月レース扱いでもある同レースを優勝したことで2010正月レース最初の優勝者としても名を刻みました。
道頓堀名物金龍ラーメン


江戸川京葉賞5日目

 自分の仕事納めだった今日は、夜から大山の肴菜yaで忘年会兼競艇POG会議。指名選手は年明けに公開するとして、ここからは今日の江戸川競艇を紹介します。

 準優の前に、まず第1Rの出来事を。1周1Mで5号艇永田秀二が滑り気味に外握り込むも振り込み選手責任転覆。続いて1M外マイで3番手の3号艇大城戸学が1周2Mで先行艇に乗り上げ選手責任転覆(動画)。
 この結果、3連単は1-6-4で決まりましたが、人気を集めてたのが転覆した2人だったこともあって2連単7790円3連単47480円と1号艇の頭なのに本日一番の高配当。

 また、初日江戸川選抜にも乗艇した優勝候補ながら無念の予選落ちに終わった毒島誠第3R2号艇2コースから差しを決め、妻の池田幸美が三国競艇場で引退セレモニーを行った日に待望のシリーズ初1着。
 続く第7R5号艇では1号艇に事故パンベタ降り大外回りの須田秀一がいた関係で4カドが手に入り、捲り差しで本日連勝。


 ここからは優出3着条件となる2つの準優勝戦を紹介。
 波高10cm南追い風8mで安定板着用になった1つ目の11R動画)はシリーズリーダーの1号艇鈴木賢一が19と一番遅いスタートになるも伸び返し先行体勢。
 しかしスズケンはキャビってしまい失速、2号艇杉山貴博の捲りが決まった形になり僅かに先頭。
 先頭の杉山を追走するのは二段捲りの6号艇柴田光と、差した4号艇伯母芳恒と5号艇本橋克洋
 そして2M先行して後続の追撃を振り切った杉山が抜け出し1着、内しっかり回った本橋が2着、外握った柴田はややバタつき流れてスズケンに差を詰められたものの3番手を守り、その後もスズケンの追撃を振り切り3着。
 かくしてスズケンが準優敗退という大波乱になりましたが、意外にも3連単は16990円しかつきませんでした。4万舟の1Rよりこっちの方が遙かに難しい舟券だと思うのですが。
 尚、スズケンには予選1位の活躍から「予想屋さん特別敢闘賞」が与えられました。

 11Rと同じ波高10cm南追い風8mで安定板着用になった2つ目の12R動画)は12トップスタートを決めた5号艇久田敏之が絞りに行きますが、3号艇萬正嗣が抵抗の先捲り。
 しかし萬の捲りは1号艇芦澤望にブロックされ不発に終わり、捲り差しにチェンジした久田が先頭に。
 捲り差しで続く濱崎直矢と26ネコスタートから立て直した2号艇秋山直之と望が2番手接戦で追走。
 2M先行する久田に対して濱崎と秋山にゃんが握り合う形になり、望は握り合う2艇と内突いてきた4号艇飯島誠を行かせての差し。
 望の差しは久田にも届き、舳先掛かったところで久田が艇を伸ばして望を振り切り2周1Mを先行しますが、ここで波に引っ掛かった久田はもたついて懐をがら空きにしてしまい、望の小回りと濱崎の差しが入って久田は3番手に後退。
 そしてここで望が単独先頭に立ち1着も、2番手争いの混戦は続き、2番手の濱崎に対し2周2M久田が内に斬り込み先行。
 濱崎は久田を捌いて2番手を守ったものの、ここで飯島を行かせて捌き4番手争いから脱出した秋山にゃんが久田の内に入って3番手に上がり、3周1Mで前を行く濱崎がもたついた所を秋山にゃんは内に潜り込み、艇を合わせきった秋山にゃんが一気に2番手浮上。
 秋山にゃんに対し久田の差しが迫りますが、秋山にゃんは振り切って3周2Mを先行し2着。差し届かなかった久田は逆に3周2M濱崎の差しきりを許し、土壇場で濱崎が3着になり、最初先頭だった久田は4番手まで後退して優出失敗。


 2009年江戸川競艇の最後を飾る優勝戦(賞金84万2000円)のメンバー。

1:芦澤望 2:杉山貴博 3:秋山直之 4:本橋克洋 5:濱崎直矢 6:柴田光

 東京支部2人と群馬支部3人と埼玉支部1人が優出し、今節出場の関東3地区全て優出。
 また、秋山にゃんはここで優勝すれば年間V5になり、選考勝率も7点あることから優勝すれば総理杯当確に。逆に優勝できなかった場合はV5で勝率ボーダー上の鎌田義が総理杯当確になります。

 尚、すっかり江戸川競艇大晦日恒例行事になったマグロ解体ショーは第5R発売中と第9R発売中です。

若松日本財団会長杯争奪クリスマスナイター優勝戦

 山一が完全優勝、金龍が完全準優勝と来た後の若松ナイターでは1号艇井上恵一(我勝手隊)が初日1走目7R5号艇2着以外全て1着で準完全優勝に王手。
 しかしオール福岡になった優勝戦は波高10cm西向かい風10mの安定板着用水面で、1364/25の進入から井上は4号艇白水勝也(我勝手隊)の捲りを受け止め先行するも、3号艇松尾宣邦(我勝手隊)の差しと松尾の内を突いた2号艇篠崎仁志(我勝手隊)の捲り差しが迫り、大ピンチに陥った井上恵一は2M外を回るも荒水面にもたつき大きく流れて後方に下がってしまい準完全優勝ならず。
 そして2Mは最内の篠崎弟が先頭で回りますがこちらも流れてしまい、4番手から松尾の内に潜り込んだ我勝手隊のプロペラマイスター白水が愛弟子篠崎弟をも差しきり、2周1M先行して突き放した白水は今年8回目・通算31回目の優勝で優勝賞金134万2000円を獲得。
 師匠に差されて初Vならなかった篠崎弟は2周1M→2周2Mと松尾を包みきって2着に入り師弟ワンツー。

びわこ日本モーターボート選手会会長杯争奪年末ファイナル優勝戦

 枠なり3vs3の進入から15トップスタートの2号艇大平誉史明が1号艇齊藤寛人を差しきり、今年3回目・通算30回目の優勝。2着は齊藤寛人。

 尚、1周1Mで大平と齊藤の間を突こうとした5号艇沢田昭宏は3号艇川下晃司と接触してバランスを崩した勢いで引き波にのまれて転覆。

決定戦覇者金龍は競てい王CC3R3艇Fで脱落&中村尊初V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日から始まっている丸亀SG競艇王チャレンジカップは2日目。下関G1競帝王決定戦を制して今年の競てい王に決定した金子龍介は昨日3着5着とチャレンジャー達の勢いに押され競てい王らしからぬ成績に終わったので今日は巻き返したいところ。
足はまあまあで、乗り心地も悪くないですよ。」とのコメントなので1回乗りの3R4号艇、得意の4カド戦でいいところ見せたかった金龍は見事に4カド捲りを決めて先頭に立ちましたが、残念無念+02のフライング。起死回生の一発逆転を狙った決定戦覇者は2日目にして自爆でチャレンジャーに屈してしまいました。
他のダッシュ勢、5号艇5コース5藤後藤浩と6号艇6コース烏野賢太もそれぞれ+05と+02のフライング。これにより、4番手争いを演じていた1号艇イン辻栄蔵と2号艇2コース白井英治がめぐ麻Re:1着争いになり、2周2Mで内から先マイした白井が競り勝ち1着となっています。素うどんがおいしい香川で白井といえば現川崎市民の白井さん。
尚、3Rは6183万2600円の返還で残額は1526万2700円でした。1日トータルが差引後14億5379万8700円だっただけにこの返還は主催者丸亀市にとって大きな痛手。

 前半最後の6Rは1号艇作間章が1Mで初動を入れようとしたところ派手に振り込み転覆(動画)。ここに6号艇6コース魚谷智之が乗り上げ転覆、4号艇4カド川崎智幸も完走こそしたもののさくまに接触して大きく遅れをとり、Wともゆきを妨害したさくまは「1番艇、反則失格!」と、妨害失格になってしまいました。

 本日最後の12Rは2コースからの差しハンドル決まった賞典除外済みの深川真二1着になりましたが、後方では5号艇5コース仲口博崇が前レース負傷で12R終了後帰郷した6号艇6コースさくまと最下位争い。そしてこの最下位争いは2周1Mの出口、ヒロタカマンがカメラにほとんど写らないところでこっそり振り込み選手責任転覆をやらかして決着が付きました。

 最後に、この日の土器土器水面は9R太田和美が待機行動違反、1R1回乗りだった児島のプリンス平尾崇典が同レースを最後に負傷帰郷(どこで負傷したかはわかりません)しています。

戸田関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦

 ☆3661☆柳瀬興志の競艇選手ブログ10万hit記念を優勝で飾れるかが注目だった3661さんこと1号艇柳瀬興志でしたが、自身イン06スタートも4カド全速05トップスタートを決めた地元新鋭中村尊の伸びが勝り、抵抗及ばず捲られた3661さんは5着。
 燃えるカド捲りを決めた中村尊はデビュー初優勝を地元水面で飾りました。5コースから差した山口博司が後続の追撃を振り切り2番手を守りました。

 さて、捲られた3661さんと初優勝の中村尊。2人の次走は共に12月1日からの尼崎センタ−プ−ル杯争奪ニッカングロ−リ−賞競走。果たして阪神ファンの3661さんは甲子園から3駅のセンタープールで中村尊にリベンジなるかに注目です。

鳴門5日目

 準優日の一般戦4R準優10R出場予定の3号艇山川美由紀が3コース09トップスタートからの小回り差しで5号艇5コース上野秀和の捲り差しをこらえて1着、ボンバヘッド上野が2着、大外差しからBS伸びて来た準優10R出場予定の石塚久也が道中の3着争いをものにして3着に入った結果2連単2220円3連単8950円3連複2840円という配当でしたが、2連複がなんとなんと衝撃の9230円!
 この衝撃に腰を抜かしたということはまず無いでしょうが、みゆきはこのレース中のどこかで負傷、肝心の準優10Rを欠場してしまいました。

決定戦覇者金龍は競てい王CC1R1号艇3着&伊藤宏完全V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日から始まった丸亀SG競艇王チャレンジカップには下関G1競帝王決定戦を制して今年の競てい王に決定した金子龍介も登場。
 決定戦覇者として他選手のチャレンジを受けて立つ立場の金龍ですが、選手紹介動画もあり)では
おはようございます。やっと魚ちゃんとここに立つことが出来ました。チャレンジカップなんで挑戦して帰ります。応援よろしくお願いします。
とチャレンジャー精神で謙虚にごあいさつ。
 そしてオープニングの1R1号艇で堂々5艇のチャレンジを受けた金龍は選手代表山崎昭生の4カド捲りチャレンジを受け止めます。山崎を飛ばすことは出来なかったものの捲りはこらえた金龍でしたが、山崎の捲りに乗って大外進入の中野次郎と5コースの横澤剛治が捲り差しをチャレンジ、金龍は2艇に差されて3着に敗れ、決定戦覇者がいきなり2連単5260円3連単48130円の波乱を提供。
 金龍の後半8Rは6号艇で不利枠をどう克服するかが見物でしたが、枠番通りの大外発進となった金龍は捲り差し狙うも前が壁になって間を割れず5着。競てい王決定戦覇者の初日得点率は4.00で、他選手のチャレンジを受け止めきるのにちょっと暗雲が立ちこめてきました。

 7Rで好ピット離れからクリーンにインを奪い、08のトップスタートをびしっと決めて逃げ切り1着となった2号艇市川哲也。その勝利者インタビューでは正義感溢れるテチャ-ンが痛快な一言を決めてくれました。
開会式お客さんが盛り上がってくれて、僕らもいい開会式が出来たと思ったんですけど。ボール投げした時に子どもが持ってたボールを、おばさんが無理やり取ったんですよね。ステージのちょうど前だったんで見てたんですけど、やっぱりああいうことするとみんなが嫌な気持ちになるんで。応援にきてくれるのは凄く嬉しいんですけど、みんなが気持ちよくレースも開会式も、ファンの皆さんも応援が出来るようにして欲しいです。やっぱり子どもからボールを奪うのはよくないですよ。選手みんな怒ってたんで、はい。
強奪イクナイ(・A・)

 選手紹介で「おはようございます。ここは初優勝の地、節間(フライング)2本の地です。今節はどっちかな〜?
と言った深川真二11Rで痛恨のフライング(+01)。今節はどっちかな〜?で凶に出てしまいましたが節間フライングは1本に留めておきたいところ。

 大分気温も上がりましたドリーム戦は1号艇の王者松井繁が弘法も筆の誤り、王者ピット離れで出遅れますが2号艇坪井康晴も謎の急減速。つボイは減速しながら大きく流れ、これで王者は楽イン。こうなれば王者や!
ということでイン先マイを決めた王者が1着、得意のイン戦大成功であります。存在価値を評価して欲しい1号艇の松井繁。応援ヨロシク!
結婚記念日に3コースから鋭い捲り差しを入れた中村有裕は出口で艇がバタつき、王者を差せませんでしたがスピードを保ち2番手。4カド差した魚谷智之を2M先に行かせての差しで2着だじょ〜。ちなみに「2コースから行きます」と宣言した2コースのつボイは王者を捌けなかったばかりか中村有裕に捲られた途端に振り込んで失速。最下位に終わり「丸亀の2コースは難しい。」というコメントを残してます。

 最後に、チャレカ期間中K-BATTLEは「SG第9回競艇王チャレンジカップ一発逆転」を実施中です。参加者が多い方が楽しいのです。

浜名湖アロマジックサービス(株)アロマスーパーアタック優勝戦

 レースタイトルとなったアロマジックサービス株式会社はマット・モップ・タオルのリース、ビルメンテ、業務用香料・脱臭芳香剤の製造・販売を行う会社。そんな開催の頂上決戦1号艇は元光通信時給90円、前走芦屋ヤングスター選抜戦を制してヤングスターの頂点に立った伊藤宏が勢いそのままに芦屋の2日目12Rから10連勝。完全優勝にリーチをかけたヤングスター伊藤宏はインコースから20のトップスタートを決めてしっかり押し切り完全優勝達成。先月に江戸川の名物レースナイタイスポーツ杯で今年の初Vを飾ってから勢いに乗り、今年V3となったヤングスター伊藤宏。通算ではV9です。
2コース順走の2号艇原田富士男が2着に入り、福岡ワンツーは2連単250円3連単510円の大本命配当に。

【明日の予告】

 明後日が祝日なので多分更新は夜中ですが、明日は戸田関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦。1号艇は☆3661☆柳瀬興志の競艇選手ブログも大好評の柳瀬興志となりました。
blog開設のきっかけとなった大村マクール杯競走以来となる久々のVといきますでしょうか。

1:3661さん 2:野長瀬正孝 3:平田忠則 4:中村尊 5:山口博司 6:小羽正作

 のながせとヒラチュウを振り切って3661さんが優勝すれば自分の舟券もきっと当たるはず。

競帝王金龍が徳山初Vで山口県を制圧!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 6日間に渡って開催された徳山競艇ノンタイトルシリーズのファイナル優勝戦は5号艇・兵庫の金子龍介が5コースつけまい一気で、逃げ込みを図る1号艇野長瀬正孝をあっという間に置き去りにして徳山初優勝。3日目の8Rで1000勝(関連エントリー)を達成したのながせが残して2着。
 優勝した金龍は今年V4で通算V21。今月9日の大一番下関G1競帝王決定戦では記念初Vを果たしチャレンジカップを待たずして今年の競てい王に決定、そして今日の徳山初Vで1ヶ月の間に山口県を完全制圧。昨日の福岡SG全日本選手権では同じ兵庫の魚谷智之がSG初Vにして兵庫支部約46年ぶりのSG優勝となりましたが、またしても兵庫支部に勝利の凱歌が。こりゃ金龍焼肉のたれで焼肉パーティもんのお祭りですね。そして魚民道頓堀店で二次会の後の締めはもちろんミナミの名物金龍ラーメン
金龍ラーメン

 ちなみに徳山は金子が勝利しましたが金龍の地元尼崎センタープールで今日から開催の日刊スポーツ杯争奪伊丹選手権に出場の金子勝利は実に静かに始まりました(動画)オープニングの1Rが3コースから果敢に捲り、後半の9Rが4カド差しから追い上げの2周2M逆転、と共に内容たっぷりのレースながら勝利に一歩及ばずの2着であります。

【胸高鳴る多摩川スポーツニッポン賞優勝戦

 ほのぼのしつつも滑舌の良いしゃべり(動画の7分過ぎから)に好感度大の好漢関口智久が自分で自分を褒めたい程の快進撃でシリーズ7勝を挙げ、1号艇獲得と共に来期A1も獲得。そして6号艇井川正人が2コースに入り進入は162/345。
この進入隊形から関口はしっかり逃げを決め、のながせを従えて優勝した昨年5月の一般競走動画)に続いて当地連続優勝です。通算ではV5。
2号艇吉田徳夫が3コースからの捲り差しで2着に入り、3号艇君島秀三が4カド捲り差しから2M井川の突進をかわして3着に入ってます。

【競帝王決定戦】旬の技、ふくさしで緑の金龍が記念初優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
金龍ラーメン G1ながらSG競艇王チャレンジカップ(別名:瓜生正義チャレンジカップ)よりも格上のレースである権威高きレース下関G1競帝王決定戦
 決定戦の最後を飾る壇之浦決戦、何といっても注目は寺田千恵が1号艇になったこと。日本女性会議2006しものせき(ちなみに下関次節は13日の金曜日から日本女性会議2006しものせき記念レース)と同時開催だった今年に相応しいですね。
同時出場だった夫の立間充宏(予選落ちも4日目11R頭で20万舟提供と穴男として存在感発揮)がピットで見守る中、記念初優勝となりますでしょうか。

 しかし1号艇だからといってもインの弱い下関水面では1号艇といっても旨味はそんなにありませんし実際、スタート展示ではインに入った4号艇今村暢孝と今村○たかに抵抗して枠を主張した2号艇熊谷直樹の内に入り込み枠を主張したテラッチは今村○たか&クマ同様深い進入となり不快な起こし位置で進入は124/365。これでイン主張深インどか遅れで敗れたあの唐津SGグランドチャンピオン決定戦の二の舞が濃厚になりました。もともとイン戦が下手な白ヘマッチですからこれでほぼ優勝は絶望的に。
 そして2連単10倍以下0点という超混戦で、3号艇ながら4カド進入濃厚で人気の中心となった馬袋義則が予想通りの4カドから00タッチスタートを放って絞りに行きますが、これにカド受け05スタートの今村(偽)が先ず抵抗し、次いでクマがドーン!とうまを弾き飛ばし、クマに飛ばされたうまは最後方。
 ということでテラッチは「お嬢さんお逃げなさい」とうまを飛ばしたクマさんに守られて先マイしましたが、自身も深イン&スタート19と後手を踏んだ事で焦ったのかターンが流れ、6号艇5コース金子龍介&ピット遅れて大外になった5号艇井口佳典の差しが入ります。そして井口の2番差しを振り切った金龍が記念初優勝。通算20回目の区切りのVで大魚を釣り上げました。表彰式(動画)で聞かれた優勝の気分は「もう最高ですねぇ!」と一言。
 尚、3番手を走ってたテラッチは2Mで切り返してきたクマさんを行かせて差しに構えますが、ここで突っ込んできた今村○たかにドーンと接触、「ハァハァ・・・千恵ヌレヌレじゃないか・・ハァハァ」と落水してしまうアクシデントにピットのタツマッチは目の前で起きたアクシデントに前記の気分どころではなく、真剣に悲しみ心配したんじゃないかと思います。
ということで3番手争いで2Mを先制したクマさんは2周1Mも内から艇を伸ばして一気に井口逆転2番手浮上を狙ったものの井口に包まれ今村○たかに差されで4着まで。井口は2着を守り、テラッチを落水させた今村○たかがちゃっかり3着になってます。

 優勝した金龍ですが、得点率5.50ながら4日目8RでFした今村豊賞典除外による繰り上がりのめぐ麻Re:で予選最下位通過藤丸光一と同点も3着数の差で当選)を果たしたツキを生かして準優12Rを大外2段捲りで奮起し2着ゴール。そして壇之浦決戦では馬袋と2&3コースがやり合う隙を突いてのめぐ麻Re:もありましたが、展開を見据えた走りとピット離れ悪い井口から5コースを奪った進入も光りました。きっと今年初優勝だったびわこ日本財団会長杯争奪大阪スポーツ後援におの湖賞表彰式でサブミッションの鬼藤原喜明組長から表彰された事でミッション遂行に向けての勢いが付いたのでしょう。ちなみに6号艇の兵庫といえば大村G1海の王者決定戦星野政彦(大阪在住兵庫支部)も6号艇でしたね。

 それにつけても気になるのは準優11R宮武英司と接触して落水、負傷帰郷した兵庫支部人気No.1でSG笹川賞常連の記念未勝利レーサー松本勝也。これで神戸カンパニーの後輩金龍にまでも追い抜かれる形となってしまいましたし、帰郷だから後輩金龍の水神祭にも立ち会えず…。

 ここからは今日行ってきた東のメッカ戸田競艇場(入場11275人)を含む6場の優勝戦。三国以外は競帝王決定戦との併用開催でした。指定席に入って平針の巨匠田中信一郎(仮名)氏&ほしのあきひこ(仮名)氏と合流しました。

戸田一般競走

 後半2日間が競帝王決定戦(埼玉のホワイトシャーク白井友晴は予選落ち)との併用だった短期決戦の優勝戦はSGレーサー服部幸男先生が1号艇インで圧倒的な人気でしたが、新美一族にして服部先生の教え子後藤正宗が13トップスタートから4カド捲りを決めて師匠相手に価値ある優勝。後藤は前走児島マンスリーKYOTEI杯に続く連続優勝で通算4度目の優勝。
 教え子に捲られた服部先生ですが、5コースから差してきた宮本紀美に舳先を入れられるも2Mで宮本を差した服部先生は2周1Mで宮本を突き放して2着。師弟ワンツーと相成りました。そして3着には2コース36とドカ遅れながら小回りで立て直し4番手につけた安田政彦が2周2Mで宮本を差しきっての逆転で入ってます。
 尚、人気対抗格の3号艇白井英治は競帝王決定戦不参加の憂さを晴らすべくこの一戦に臨みましたが、3コースカド受けからスタート26と後藤にあっさり捲られ、捲られた後に後藤と服部先生の間を割ろうとしますが、ターンかかりが効かずに流れて振り込み終了。大差の最下位でした。

 ところで、戸田競艇場では10月29日にクリスタルキングが公演を行いますが、戸田指定席フロア内にある食堂は「ビュッフェ クリスタル」です。
優勝した後藤正宗。内枠勢は即席サイン会中


福岡アイビジョンプレスカップ

 4号艇柏野幸二が4カド63ドカ遅れスタートから1M振り込んだ勢いでターンマークの内側に接触し回り直した準優12R動画)を柏野の動向とは無関係に、貫禄のオーラを放ってイン戦圧勝だった艇王植木通彦が優勝戦も1号艇。
 5号艇の今年V9戦士金子良昭が前付けしますが、それに動じずにインからしっかりと回った艇王植木が4号艇本橋克洋の4カド捲り差しを振り切って優勝、月末の当地SG全日本選手権でもドリーム戦メンバーとして大きな期待が寄せられる今シリーズ不動の主役がきっちり期待に応えました。これで艇王植木は福岡では3年半ぶり6回目のV。今年4回目にして通算72回目のVです。

 ところで今節は福岡のフリーペーパーAI VISION PRESSのタイトル戦ですが、AI VISION PRESSでは「博多美人は眠らせない!あなたの一票が、彼女たちをより輝かせる!!」をキャッチフレーズにHAKATAグランプリ'06なるミスコンを開催中。ちょっと水分高めのメンバーかつ一般戦の朝メン並みに投票を迷う混戦模様のメンバー構成ですが、優勝者には賞金100万円が贈られます。

蒲郡日本財団会長杯争奪戦

 他艇をブレークショット。パワーもテクニックも頼もしいダントツの1番人気林美憲が04トップスタートから不動のイン速攻戦でぶっちぎり今年V4、通算では27回目となる優勝のゴルィン。
4コースカド受け22スタートから差し場を狙い澄まして2&3コースを差しきった丸尾義孝が2着に入り、ここは徳島ワンツー。

三国G3企業杯ペプシコーラ杯

 三国競艇場の指定席に入っているフリードリンクはペプシコーラ。今節はそのペプシコーラを扱う北陸ペプシコーラ販売の企業杯。
 そしてレースは2号艇山下和彦が09トップスタートからの2コース捲りを決めて猿人全開の走りで今年V7となる優勝。通算では39回目のVゴール。
5コースから差した最低人気の5号艇佐々木輝雄が差して2番手につけ、大外から差した人気薄の松村康太が3番手でしたが、2周1Mで内から突進してきた4号艇森脇徹を佐々木がかわすのに手こずる間に佐々木を叩いて捲りきった松村が2着と、遠征のシニアを地元の新鋭が逆転しています。いずれにしても山下のヒモが人気薄だったので3連単は86780円の大波乱。

児島一般競走

 2コース08トップスタートから捲った2号艇山口剛が前走江戸川デイリースポーツ杯に続く2節連続にして2号艇での連続、今年3回目にして通算4回目の優勝。完全に勢いが付いてきました91期新鋭です。
4カド差しの冨成健児が2番手も、5コース捲り差し不発4番手からの2M差しで3番手に上がった亀山高雅が2周1M外に艇を持ち出してのぶん回しで冨成を捲りきり逆転、2周2Mで冨成に差し返されるも3周1M全速つけまいで再び冨成を逆転して2着ゴール。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ