ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

金田ヘ

三国むつき第2戦はおは特制した勢いそのままに金田諭のVゴール

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年の初優勝へロックオン。むつき第2戦はフィナーレ優勝戦第12Rを迎えています(動画)。ゆっくりと外から襲いかかるタイミングを窺っています6号艇の小川晃司が大きく旋回の輪を描いて最アウト指定席へと向かっていき、並びはインから123/456の順でスタートしました。
 初日おはよう特賞を制した勢いそのまま、三国選抜4着以外全て1着の1号艇金田諭がVゴールまっしぐらでイン戦決めトップ力走、今年早々幸先良くV発進はここ三国から。三国初・通算9回目となる優勝のゴールイン。むつき第2戦は金田で始まり金田で終わりました。
三国は来る度優出中、近況も年明けから優出中。相性ばっちり調子もOK、意欲はますます膨らむ2号艇横澤政彦動画)もとい横澤剛治が大外16トップスタートから捲り差し狙った小川をブロックしての差し順走、最後は金田に迫っての2着ゴール。横澤は昨年のむつき第1戦に続いて今年も2号艇で2着でした。そして新年は浜名湖静岡新聞社・静岡放送New Year's Cup江戸川新春金盃に続いて3節連続優出2着です。
1M横澤が壁になって後方、しかし2M差しで単独4番手に上がった小川晃司が2周1Mで前を行く4号艇高橋正男に突進気味の先マイ。これが見事に決まって逆転3着です。以上でございました。

平和島報知杯優勝戦

 1号艇のミスター平和島野澤大二がここはイン逃げを決め、2005年11月のボートピア呉徳山開設13周年記念競走以来通算32回目の優勝
後続は2コース順走の石田政吾が2番手、3コース外マイの重野哲之が3番手という隊形も2M切り返しから先マイの重野が接戦に持ち込み、激しい2着争いは3周2Mぶ〜んと回った重野が内の石田を引き波に嵌めて決着。
野澤大二


江戸川日刊ゲンダイ杯2日目

 ショートシリーズとなります今回の江戸川競艇は各レーサーいずれも1ポイントでも0.5ポイントでもプラスしたいポイント争いであります。白熱したレースが期待されます水面上は第4Rを迎えています。動きが注目される4号艇には初日連勝の菊地孝平が乗っています。 そして11トップスタートを決めての鮮やかなカド捲りで勝利のカーブを描いて1着と無傷の3連勝。
 菊地は後半12Rも2コース差しからの2M先マイで4連勝。明日の5号艇1回乗り11Rを勝てば完全優勝にリーチです。

 第3Rにおいて4カドから差しを狙った深澤勉が2号艇青山登に追突して艇が煽られスプラッシュしエンスト。
そして青山はHSで内の3号艇待鳥雄紀と2番手を併走、事故艇付近内側艇優先で本来なら待鳥が2着になるところですが、2周1Mアグレッシブに待鳥を締め込んでシャープに先マイした青山が2着となっています。ですが代償として青山は競技規程23条関連(優先艇保護違反)で賞典除外となりました。

【施設改善】G1開催で芦屋はダイヤモンドの輝き。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 5日目の13日までJLC1Mbps試験放送開催のG1芦屋ダイヤモンドカップ初日は12R中11Rで1号艇が3連対(一覧)。唯一飛んだのは2R廣瀬将亨だったのですが、内容はアジャストしてのイン17スタートから2コース26スタートの地元原田富士男に捲られての5着という酷い内容です。

 「おはようございます。いまものすごいわくわくしています。今節はたくさん経験をして帰りますので応援よろしくお願いします。」と選手紹介で語り、今節がG1デビューとなる地元94期岡崎恭裕(選手宣誓担当)の初戦は7R。大物感あふれる3コース捲りで先頭に立ちG1水神祭一直線と見せかけましたが残念無念、初めてのG1は+01のフライングに散ってしまいました。これもたくさんある経験のひとつとしてステップアップの一過程としていきましょう。
兵庫県芦屋市の六麓荘と奥池南町のようなダイヤモンド級の高級感ある輝きを放つゴールデンボーイ岡崎には賞典除外後も残り5日間見せ場を作ってもらい、ひいてはG1水神祭を期待したいですね。

 Wドリームの初日版ドリームレースは4カドの4号艇魚谷智之がインから逃げる1号艇濱野谷憲吾を差しきって1着。2コース順走の今垣光太郎が切り返しから2M先マイしますが、これを難なく差した濱野谷が2着です。

 ちょっと戻って5R動画)はインの2号艇今村暢孝と3コース捲りの寺田祥が大競りとなり、この展開を突いて1号艇荒井輝年が2コースから差しきり1着となりましたが、ここで4カド捲り差しを狙おうとした深川真二が荒井に接触して転覆、更にターンマーク出口では大外差しで2番手の勢いだった山田竜一が振り込み失速と二重のアクシデント。
そしてアクシデントはこれに留まらず、5コース捲り差しの石野貴之と今村暢孝で2番手争いのところ、2M内から張って回った石野に今村暢孝が飛ばされて今村暢孝も転覆です。
 でもこの2人は明日も無事出走し、負傷帰郷したのは10Rの2周2Mで最後方追走から振り込みターンマークにぶつかった江口晃生でした。

江戸川JLC杯初日

 9月の一般競走に続く当地連続優勝を狙う金田諭に、地元中野次郎といった辺りが有力処な今シリーズは14日までの6日間シリーズです。

 北寄りの向かい風が4m吹いています競走水面は第6Rの開始です。
2コース13トップスタートから捲りに行く三宅爾士と3コースから2段でつけまいを放ちに行く埼玉支部飯島誠に対しインの96期増田大雅が激しく抵抗し、3艇共倒れになります。
この展開を突いての4カド差しで先頭に立ったのは地元97期前沢丈史。内寄り3艇と前沢の間を捲り差した6号艇の金田が2番手で続きます。しかし2M差して舳先を入れ、2周1Mを先行して回った金田が抜き成功で1着。前沢が2着で、5コースから差した山崎俊介が埼玉支部飯島の追撃を0.1秒差こらえての3着。
このレース、三宅・飯島・金田の3艇に人気が集中した3艇番組だった為に金田の頭にもかかわらず3連単109500円で金だ諭吉が10枚。

 埼玉支部の飯島が4カド捲り先頭も+05のFに散った11Rの後には本日最後の江戸川選抜
金田がインの利を生かして1着となり、2コース順走の中村守成が2番手で4カド2番差しの中野が3番手でしたが、2M先マイの中村を中野がうまく差して逆転。じろちゃん2着ゴールです。


 この部分は10日1時に加筆。今日は足元の悪い中、江戸川競艇場にカレンダーを貰いに行き、優勝者当てクイズにも投票(金田諭に投票)して来ました。でもあまりに寒かった上に雨も降っていたので舟券もレースも暖かい4F第5投票所で済ませ、土手には出ず。
 で、競艇場にいる時に名古屋から帰郷してた田中信一郎さん(仮名)からメールがあったので第10Rが終わったところで、江戸川選抜が家で見られる時間に帰宅。芦屋1Mbp中継を始め、江戸川や常滑師走競走三国しわす第2戦の中継を見て、こないだの江戸川競艇ガラポン大会で当てた海鮮ちゃんこ鍋を食べてこのエントリーを書き上げてから大山駅に向かい、肴菜yaで最終的にタナシンさん始め服部幸男さん(仮名)と熊谷露西亜さん(仮名)と村上暢彦さん(仮名)が集まり、22時半頃まで飲んでたのでした。ちなみに飲みで盛り上がったのが外国語禁止の縛りトーク。

アサヒグマキルトクール】

 中山G1朝日杯フーチュリティステークスのキルトクールはドリームジャーニー。父がステイゴールドで母の父がメジロマックイーンだなんて、晩成の長距離血統同士の配合でどう考えても2歳のマイル戦向きには思えないからキルトクール。もしこれで来たら血統の常識を覆す鬼っ子でしょう。

 ◎は完熟アップルフライングアップル清水成駿も「アップル今が完熟」と推奨する同馬は今が旬。ふぞろいの林檎も完熟して今が旬の完熟アップルなのです。

 ところで、朝日杯FSはギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★の対象レースであります。皆さん、奮って参加しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ