ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

長野壮志郎

江戸川標準型モーター最終開催優勝者は長野壮志郎

ブログネタ
競艇 に参加中!
 標準型モーターのエキゾーストノートが奏でる江戸川ミュージックと現行ファンファーレのの聴き納めとなる標準型モーター使い納め開催日本モーターボート選手会会長賞は本日遂に最終日。

 「耳になじんだこのファンファーレ。土手に響き渡るのは今日が最後です。江戸川ボート第9回日本モーターボート選手会会長賞。6強が奏でますエキゾーストノートをどうぞご堪能下さい。(動画
 という平山信一アナのフレーズで始まりました優勝戦は2号艇西川新太郎がスタート判定の対象になるものの、西川の差しを振り切った1号艇長野壮志郎が先頭に立ち、昨年10月の前回当地内外タイムス社リアルスポーツ賞の優出2着からステップアップした長野は通算8回目・江戸川初優勝

 1M差しもたつくもBS伸びて3番手につけた3号艇平尾崇典が2M西川に押っつけ、判定の結果00タッチスタートだった西川はスタート判定に動揺してたか長野を差す事に気をとられてたか平尾にまともに押っつけられてしまい後退。
 序盤3連勝も4日目以降リズムダウンしてた平尾ですが、最後は軌道修正して逆転2着です。


 ここからは優勝戦以外のレース。
 第3Rは今節初めて内枠が回ってきた1号艇中田竜太が大外に出た234/561の進入になり、捲り差しを狙う4号艇浅和重哉と差しを狙う5号艇川田正人がそれぞれ振り込み、直後に、捲りにいった中田氏も振り込みますが、選手責任転覆を喫した浅和以外は立て直し完走しました。

 2号艇山口哲治と3号艇山口高志の近鉄阪急戦が3日目第10Rに続いて実現した第4Rは山口哲治が差して1着になったのに対して、山口高志は捲り差し入れずの3着で、山口哲治が3日目第10R6着のリベンジに成功。

 10R選抜戦は江戸川で強そうな名前の地元品田直樹が1号艇でしたが、直樹を差しきって1着になったのはねじりはちまきが似合う男の2号艇佐野隆仁でした。

 江戸川に最後の現行一般戦予選ファンファーレ(6月5日頃まで視聴可能の動画)が流れた11R選抜戦は1号艇後藤正宗が1着になりましたが、ごまは1月に開催された第1回KTCカップ優勝者。
 ちなみに江戸川次節は減音モーター&新ファンファーレ導入記念開催の第2回KTCカップなので、ごまが今節でなく次節に斡旋されてればKTCカップ連覇が懸かってましたね。
 つけ回った3号艇兼島敏弘が2着に入りましたが、1991年のG1江戸川開設36周年記念V歴がある沖縄在住東京支部兼島敏弘と同郷田村美和(旧姓大嶺)が月曜の大村夢の初優勝W決定戦マンスリーKYOTEI杯で初Vを飾ったのは今週の明るい話題でしたね。

桐生埼玉新聞社杯優勝戦

 群馬県みどり市の桐生競艇場で開催される桐生ボートの埼玉新聞社杯は戸田地元スターの100期4444桐生順平(今節斡旋なし)を擁する埼玉支部から1号艇須藤博倫と6号艇鈴木賢一が優出。

 そして、枠なり3vs3のインから須藤が3号艇村上純の捲り差しを元気に振り切り、桐生2回目・今年2回目・通算31回目の優勝。村上純が2着で、スズケンは1M差し届かなかったのが響いて6着に敗れました。

【力と技の宝庫桑島孝春引退式】

 江戸川準地元スター桑島和宏の父、南関東船橋競馬所属の騎手桑島孝春千葉県騎手会長が今日の浦和競馬8R(特選C2四組)のハローオンザヒルを最後に引退しました。
 ラストレースは2着だった桑島孝春は40201回の騎乗で4713勝を記録しました。
 また、2着だったもののロッキータイガーに跨がり馬と自身と水車ムチを一躍全国区にした1985年の東京G1ジャパンカップはJC初の日本馬ワンツーにして地方馬初のJRAG12連対レースで、競馬史上に残る名場面です。

 下に貼り付けた引退セレモニーの動画には桑島和宏も映ってますが左腕を負傷してるようでして、今月8日に江戸川富士通フロンテック杯初日第8Rで負った傷が治ってないようなのが心配です。
桑島孝春騎手ラストラン後の引退セレモニー(浦和競馬場)

長野通算V6!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 歌手の井上昌己が音楽賞レースのグランプリを獲得…ではなく、アテネオリンピック銀メダリストの井上昌己KEIRINグランプリを獲得した30日ですが、KEIRINグランプリ当日に自分の自転車がパンクした今夜は勤務終了後に大山の肴菜yaで名古屋から帰京中の田中信一郎(仮名)さんたちと忘年会。その席上で2009競艇POG会議も開いたので顔ぶれは元旦にでも紹介しようかなと。そして嬉しい電話も掛かってきて、大晦日出勤の予定だったのが替わりの出勤希望者がいたおかげで大晦日は休みに。これで30日の夜は終電気にせず酒が飲めて、大晦日は濱野谷憲吾がいる多摩川競艇に行けるわけです。ということでこれ書いてるのは大晦日の朝9時。


福岡歳末特選レース優勝戦

 福岡4人vs広島2人の対決になった一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇西島義則(広島)が09スタートも、11スタートの3号艇・光の巨人長野壮志郎(福岡)がTake me Higherなよしもと高みあるつけまい強襲決めて先頭。しかし小回りで2番手に残したペリカンさんは2M差して長野と同体に持ち込みます。ですが、2周1Mで54.2kgのペリカンさんに対し56.4kgの長野がまたも重みあるウルトラつけまい浴びせ、再び単独先頭に。2周2Mペリカンさんの差しを振りきってマッチレースを制した長野は今年3回目の優勝。90期生として2002年5月11日に芦屋一般競走でデビューしてから6年7ヶ月、少年野球チーム飯塚レパーズから福岡第一高校を経て競艇界に入った筑豊ブラックダイヤモンズの長野は遂に通算V6メンバー入りです。


尼崎アクアコンシェルジュ杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走優勝戦

 正月扱い賞金の年末名物レースは枠なり3vs3の進入から3号艇安田政彦が26とスタート凹み、対照的に08トップスタート決めた4号艇廣瀬将亨が一気の絞り捲りで今年4回目・通算7回目にしてセンタープール初優勝。捲られるも立て直して艇を外へ持ち出し、二段捲りのような感じになった2号艇金子龍介が2着。
 尚、これがデビュー初優出だった尼崎地区スターの6号艇長岡良也(97期4356)は1M差して3番手航走も、2周1Mで唯一の外様・5号艇村上純(岡山)に押っつけられて並ばれてしまい、2周2M先行を許し4番手後退。そして3周1M振り込んで選手責任転覆を喫してしまい、センタープールで泳いでしまった長岡良也は苦水を飲んだ初優出になってしまいました。


びわこ年末ファイナル競走優勝戦

 三重が三人乗艇して三重三重ジェットストリームアタック番組になった一戦は152/346と5号艇古場輝義(富山在住大阪支部)が2コースに入り、1Mは古場が外を止めての握りマイで三重勢をブロック、古場にガードされた1号艇太田和美(奈良在住大阪支部)がF休み明けなんのそので今年3回目・通算44回目の優勝
 後続は3号艇島川光男と黒い2号艇安達裕樹(三重)の差しが優勢で、これに4号艇新田雄史(三重)の捲り差しが続く展開。2Mは内のミツオが安達に押っつけながら先行するも流れ、ミツオを行かせた格好の安達は差してきた新田に押っつけられ、HSでは新田が4番手から2番手争いの主役に浮上。安達を締め切って新田に艇を併せてきたミツオを新田は2周1M内有利に先行して振りきり逆転2着と三重勢最先着。

【チョコ】森永ラブ枝尾賢と林明治で明暗くっきりの平和島【牛乳】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日が予選最終日の6日間シリーズ平和島神奈川新聞社賞。既に優出は無くなった今節の看板選手阿波勝哉ですが、5日目にして本領発揮。3Rはイン01スタートの1号艇坂野泰章と2コース+01スタートの6号艇木村隆、内側2艇が際どいスタート。しかし大外15スタートから両艇をも一気に捲って待望のシリーズ初1着
 9Rは2コースの4号艇山口哲司が+01の飛び出しを見せるも、圧倒的な伸びの違いで飲み込んでここも1着。優出には間に合いませんでしたがやっときましたチルトサンドまつり。

 11R森永ラブの枝尾賢が2コース差しで1着になって優出を決めた後の12Rは3着条件の林明治が1号艇。明治としては森永とのW優出と行きたいところでしたがまさかのスタート遅れ。それも79と致命的な数字です。
 しかし波乱はこれに留まらず、優出当確の2号艇笠原亮が27スタートながら楽に先捲りと行きたいところでしたが、4カド12スタートの4号艇柴田明宏が2段捲り。抵抗空振りに終わった笠原は出口でキャビり、そこに優出当確の5号艇後藤正宗が突っ込んで後藤が転覆するアクシデントで人気2艇とイン艇が共に1Mまでに消える大波乱に。
 さて1着は捲りきった柴田…ではなく柴田の捲りもやや流れて柴田逃げられず3コースの3号艇河上哲也に差されて柴田捕まります。そして2M先に回った河上を柴田は差そうとするもHS舳先を入れきれずに勝負ありとなりました。2連単21240円で3連単は82440円でしたが、柴田と河上の着順が逆でしたら10万舟だったとお伝えしておきます。


 優勝戦のメンバーです。笠原は12Rなんとか完走の5着でしたが、貯金がものを言って1号艇です。でも、シリーズ4勝全て2コースの枝尾がここも2コース戦なので初優勝のチャンスかもですね。

1:笠原 2:枝尾 3:向後龍一 4:後藤 5:丸尾義孝 6:橋口真樹

 平和島レディースカップ長嶋万記は優出なりませんでしたが、今節のまきたんは6号艇ながら優出に成功致しました。


 さて、本日は大森銀座商店街の麺矢 龍王で一三五&半めしを食って腹一杯にしたところで、阿波ーズ後半の部に合わせて平和島競艇場に到着。舟券購入時はベイプラザ3F、レース観戦時はスタンド3Fにいるというパターンで過ごし、アワカツが勝った直後にアワカツファンのR/Callさんと会ったりして自分は前夜版配布時間までいたのですが、舟券はF返還すらない全滅でございました。
 レース後はもちろん牛小屋へ。ビール飲んで煮込みライス食べてビール飲んでマスターとしゃべってという感じで過ごしてたら、19時頃に良2さんとB1ゆーとぴあさん、それに愛媛から京極賞さんが来店。京極賞さんが牛小屋に来たのにはびっくりしました。なんでも三嶌誠司が出場する桐生SGオーシャンカップの前検と初日に参戦する為の前泊とのことです。

名古屋タイムズ杯争奪蒲郡スピード王座決定戦

 愛知の身近でドラマチックなニュースをお届けしています社団法人名古屋タイムズ社杯を争奪するスピード王決定戦は1号艇中尾誠がインから09トップスタートの快足攻で他艇をシャットアウトしての圧勝劇で蒲郡スピード王に決定。通算7回目の優勝となった中尾は早くも今年V5と大舞台へのカウントダウン進行中。
 後続は3コースからつけて舞う4号艇中島真二と4カド差しの号艇冨成謙児に指定席の大外から捲り差す3号艇小川晃司が加わる3艇接戦。2Mつけながら舞う大胆なショットの中島と斬り込んで内を掬う小川がHSややリード。2周1Mはかぶせて締めた中島が先行も、くるっとボートを回した小川がリードし、更には冨成も小川に差し続いて中島と併走。しかし2周2M中島が小川と冨成のポケットを突き刺すぅ!中島に捲られた冨成はここで脱落。中島に差された小川は3周1M全速戦で食らいつきBSも併走保つも、3周2M内有利に回った中島が2着争いを制してます。

常滑青海特別優勝戦

 レース名は東京テレボートもとい東京テレポートパレットタウン大江戸温泉物語がある〒135-0064江東区青海と同じ「あおみ」。しかし、〒479-0004常滑市青海町に加えて市内にある青海中学校青海公民館は「せいかい」。なぜに町名と同じせいかいではなくあおみなのか、正解は謎です。
 レースの方はデビュー初優勝を目指す1号艇長野壮志郎のイン戦に対し、3コースまで入ってきた地元の6号艇吉田徳夫が捲り差しで捕らえ舳先を入れます。しかし海苔オのターンは5コース捲り差し3番手から切り返してきて2M飛び込んだ中村亮太を抱いて回った分膨れ、2艇を差した長野がHS海苔オに舳先を入れ2周1M内から先制して嬉しいデビュー初優勝。レース後には水神祭も行われました。

宮島フマキラーカップ優勝戦

 ベープベープベープ広島、広島ベープなフマキラーのタイトル戦は1号艇草場康幸がイン13トップスタートも2&3コースが凹み、4号艇野澤大二の4カド捲り差しがジャストミート。記念4つを含む通算33回目の優勝を飾ったミスター平和島野澤大二は31日からのG3企業杯キリンカップで平和島に凱旋です。

 ちなみにフマキラー、蝿や蚊は駆除できてもフライングは駆除できません。最終日は1Rの2号艇村上彰一7Rの5号艇本岡勝利11R選抜戦の1号艇古賀繁輝と2号艇長田頼宗、3つのレースで4人の選手に早いスタートがありました…。

 ここで話題を変えて、宮島競艇オリジナル動画コンテンツモン太チャンネルでは新作として59期3267宮武準元選手の引退セレモニー映像が公開されています。メタルマスター宮武準はタイガーマスクの覆面を被って壇上に上がるエンターテイナーぶりを引退式でも見せています。ライブハウスと革細工の店を開くメタルマスターの今後に乞うご期待。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ