ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

須藤元気

今年の東京ダービー王は戸崎圭太!

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
 今夜はBR平和島の東京ダービーと並ぶ勝島運河2場の名物、TCK大井競馬場の東京ダービーを見に行ってきました。
 地方馬限定戦としては全国一の優勝賞金4500万円を懸けた争いは、今年のトーキョー・ベイ・カップ優勝馬のマグニフィカが逃げてペースを握りますが、単勝1.8倍の1番人気マカニビスティー(元JRA)が鋭く差しきり、鞍上の戸崎圭太G1東京優駿7着からの巻き返し成功でTCK東京ダービー王に。
 2着にはゴール寸前で岩田康誠騎乗の12番人気ガナールがマグニフィカを差しきり入線。東京優駿で1番人気3着だった岩田は1つ着順を上げることに成功。
 尚、東京優駿優勝騎手の内田博幸は4着に終わり、東京優駿と東京ダービーのW優勝という史上初の快挙はなりませんでした。
戸崎圭太勝利騎手インタビュー東京ダービーの記念撮影

 今日は表彰式プレゼンターとして磯幸須藤元気と国民新党的美少女中村静香が来場。レース前にはトークショーも行われました。
磯幸須藤元気と国民新党的美少女中村静香の東京ダービー予想会

 レース後は世田谷区野沢に大事な本店があるせたが屋の品達店で食べてきました。ちなみに今年の平和島東京ダービー王は野澤大二です。
野沢名物せたが屋のラーメン


徳山トライアングルカップ競艇ドリーム決戦優勝戦

 山口県のタウン情報誌トライアングルの名を冠した競艇ドリーム決戦は兵庫支部トライアングルになりましたが、レースは枠なり3vs3の進入から1号艇鎌田義(兵庫)が06トップスタートの速攻でぶっちぎり、今年3回目・徳山2回目・通算35回目の優勝
 3号艇白石健のつけまいはやや流れて兵庫支部ワンツーならず、捲り差した4号艇小野信樹を差し捕らえた5号艇前川守嗣が2Mを先行して2着。

 ここでカマギー情報。尼崎HPで5月25日にインタビュー特集「鎌田義、語る。」が公開されました。

【錦雄一婚約記念】須藤、元気に埼玉選手権初優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日は昨年12月30日の忘年会以来足かけ1年ぶりに再会した平針の巨匠田中信一郎氏(仮名)と共に埼玉選手権・スポーツニッポン杯争奪戦最終日戸田競艇場へ。さいたまさいたまヽ(゚∀゚)ノ
 田中氏と行く時はいつも特観なので10時半に着いて指定席に入ろうとしたら何と既に売り切れ!ということで1人で行く時いつも入る5F一般席へ。約16000人の入場(売上6億6738万6800円)で普段より人口密度は高かったもののこちらは座れたのです。とはいえ特観売り切れでテンション下がったのですぐに飯。本日はワールド兇離ツカレーにしました。

 今節は金田諭が初日のレース前に、松本浩貴が初日の8Rで負傷帰郷したので5日目から鈴木詔子と昨年12月23日に行われた埼玉支部ファン感謝祭のヒロイン中西裕子、東京在住埼玉支部の両名が追加されて男女混合のオールさいたま。
で、その優しい雨鈴木詔子が出てた1Rで鈴木詔子は2周2M3番手を走るも張り切りすぎて振り込むアクシデント。そこに大きく離れた最後方を走っていた有田岳が前方不注意だったのか吸い込まれるように突っ込み2艇エンストと相成りました(ノ∀`)アチャー

 6R発売中に行われた優出者インタビュー(司会由木優子)は大勢のファンが集まり、1号艇は15年ぶりの埼玉選手権優勝が懸かる戸田天皇池上裕次。インタビューでこれを聞かされた戸田天皇は「えーっ!15年っ!そんなにやってないですよ!」と激しく反応しましたが「今年最後のチャンス」と意気込んでました。
優出者インタビューの外枠3人は先ず4号艇須藤博倫が「5号艇の先輩が恐い」と語り、続く今節選手代表山崎義明埼玉支部長が「須藤君が入れてくれたら動きます」と語り、最後に6号艇西村勝が「5号艇の恐い先輩が動いたら一緒に動きます」と、外枠3人は共通の話題で客席を沸かせました。
第37回埼玉選手権1号艇は戸田天皇第37回埼玉選手権2号艇は飯島あきひろ第37回埼玉選手権3号艇は前年覇者中里昌志第37回埼玉選手権4号艇は元気な須藤博倫第37回埼玉選手権5号艇は両脇が恐れる山崎義明支部長第37回埼玉選手権6号艇はまちゃるたん

 そして本題の優勝戦錦雄一婚約記念は枠なり3vs3。イン受難の水面でイン逃げを決めたい戸田天皇でしたが、前年覇者中里昌志に3コース強捲りをもらって戸田天皇15年ぶりのVはだめぽ。
この展開で浮上したのは4カドから元気に捲り差しのハンドルを入れた須藤博倫29歳。捲った中里にパクリンと舳先を入れ、2Mを先マイし引退だなんて言わせない元気な走りで埼玉選手権初・戸田6回目・通算22回目の優勝です。
2番手を走っていたディフェンディングチャンピオンの中里ですが、大外差しで3番手にいたまちゃるたんを2M行かせて差すつもりが掛かり悪くバウンドしてしまい後退、まちゃるたんを差すはずが外マイ4番手の山崎義明に舳先を入れられて一気に舟券圏外まで去ってしまうへたれぶりは1Mの豪快ぶりと対照的でしたヽ(`Д´)ノ
ということで2着まちゃるたん、3着支部長でここは外枠3人のワンツースリーとなりました。
テレたま(゚∀゚)生中継中・一番右が中村尊


江戸川京葉賞4日目

 今シリーズはW準優勝制の5日間シリーズ。後半で3着以内に入れば明日に行われます優勝戦に進めます。1つめのW準優後半11Rが始まりました。オフィシャルの写真が未だに本栖仕様な1号艇は81期3911鈴木猛33歳がイン戦押し切り1着。2コース順走の山本英志と3コースからの捲りは届かなかった齊藤仁による2着争いは2周2Mで内から齊藤仁を牽制して回った山本が競り勝っています。

 2つ目のW準優後半12Rが始まりました。インから逃げたい桑原淳一に2コースから品田直樹が舳先を入れ、2Mを先取りした品田が桑原を振り切って1着ゴール。
3番手争いは3コースの佐口達也に張られて外マイになった4号艇4カド前田光昭(埼玉)と大外から差した村田孝雄(埼玉)のさいたまコンビによって加熱しましたが、2周1Mで村田を差した前田太尊が主導権を握ったところで迎えた3周1M。逆転狙って差しを入れようとした村田ですが…
差しきれなかった波に引っ掛かった村田、万事休す。(中略)6号艇の村田、大きくリードを取られてしまいました(動画)。
かくしてタイソンが3着でゴールしました。


 優勝戦のベスト6強です。

1:齊藤仁 2:鈴木 3:山本 4:品田 5:桑原 6:タイソン


 後半で1着だった鈴木と品田ですが、W準優前半6Rで鈴木が5着、W準優前半7Rで品田が6着と敗れており、W準優前半6Rを4カド捲りで2着にまとめた昨年の東京ダービー王齊藤仁が後半3着ながら優勝戦1号艇となっております。

徳山九州スポーツ杯争奪お正月特選レース優勝戦

 実況の二宮淳一アナは戸田開催中の為女性実況だった今節。優勝戦は4カド進入の3号艇江本真治が仕掛けインの1号艇新良一規が張りに行った展開を利して、優出メンバー中唯一の遠征選手・4号艇3コースの木村光宏(香川)が捲り差しに行きますが、ミッチーの内側を捲り差した5号艇5コース小林昌敏(今節選手代表)が先頭に。2M外全速で逆転を狙ったミッチーは流れて選手代表の小林が正月タイトルの他地区流出を阻止して徳山12回目・通算45回目の優勝です。2Mミッチーが流れた所を差した新良が2着です。

 尚、準優10R4着で優出はなりませんでしたが今節3日目の昨年12月31日7R柳瀬興志がイン逃げで通算500勝を達成しています。ということで2006年内に500勝できた3661さんでした。

市長杯争奪まるがめ競艇大賞優勝戦

 準々優勝戦、W準優勝戦と来た7日間シリーズの頂上決戦は香川支部不動のエース三嶌誠司が順当に1号艇。「お客さんの大事なお金を背負って走る」という心意気で誠実に走るミシマさん、格の違いで順当にイン戦押し切ってまるがめ12回目・通算38回目の優勝です。2着には5カドから捲り差した平池仁志が入り、同県同期のワンツーとなりました。

下関日刊スポーツ杯争奪関門大賞

 徳山競艇場でも併用場外発売が行われた7日間開催、最後の関門は1号艇の白井英治(山陽小野田市)がイン07トップスタートの速攻戦で通算29回目の優勝。岡山から参戦の5号艇小野信樹が2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ