ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

骨付鳥

【丸亀MB記念】うどん県骨付鳥市に行ってきました

ようこそまるがめボート 今日はSGモーターボート記念特設サイト)開催中の、うどん県骨付鳥市丸亀ボートに行ってきました。

綿谷のスペシャル肉ぶっかけ 丸亀駅到着後まるボーに行く前に食べた朝飯は麺処 綿谷の肉ぶっかけ。

MB記念さぬきUDON祭 芦屋サンライズレース併用発売のため早朝から開門してたまるボーでは「さぬきUDON祭」として日替わりで名店が出店。
 本日はあたりやでした。

あたりやのひやあつ ということであたりやのひやあつ。
 ひやあつとは水で締めた麺と熱いつゆの組み合わせです。

おか泉のひや天おろしぶっかけ 14時過ぎに一旦まるボーを出て、隣町宇多津にあるおか泉でひや天おろしぶっかけ。

まるボー名物たこ天 まるボー名物のたこ天串。
 旧スタンド時代の名物は新スタンドになっても健在でした。

骨付鳥一鶴本店のひなどり 実質予選最終だった11R終了後に場を出て、骨付鳥の元祖一鶴の本店で夕飯。
 横浜の支店にも行ってますが、同じ味でも本店で食うのは気分が違います。


びわこデイリースポーツ杯争奪オールニッポン選抜戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇草場康幸が04トップスタートの速攻を決め、2011年7月の当地サンケイスポーツ杯争奪さざなみ賞以来となるびわこ2回目・通算15回目の優勝
 2着はカド捲りの4号艇・地元青木玄太49.5kg。

【昼は骨付鳥】丸亀料理を食べてきました【夜はうどん】

一鶴の骨付鳥 ニクの日に丸亀名物骨付鳥 一鶴横浜店のひなどりととりめし。キャベツを肉汁につけて食べるのがまた(゚д゚)ウマー。ビールがサッポロなのも実に(゚д゚)ウマー。

小麦房の温玉ぶっかけうどん 横浜から東横線に乗って終点の渋谷で降りて食べたのは道玄坂にある本生さぬきうどん小麦房。店名が本生だけあってビールがアサヒスーパードライでした。
 丸亀SGモーターボート記念5日目のダイジェストとボートピア横浜で見たヒロタカマンショーは別記事で。

【一鶴千金全日本選手権準優】丸亀名物、骨付鳥を食べてきました!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
一鶴営業中 自分はAQUABOOさんの競艇ニュースRSSをいつもチェックしてるのですが、それで知った四国新聞の記事によると
 「丸亀名物「骨付鳥」をさらに多くの人に食べてもらおうと、丸亀市観光協会は9日、「丸亀とっとの日」を前に同市内2カ所でキャンペーンを実施。揃いのTシャツを着た協会スタッフが店舗マップを配り、PRに努めた。骨付鳥は鶏の骨付きもも肉を1本丸ごと焼いたもので、JR丸亀駅近くの居酒屋が発祥の地とされている。同協会は2005年、ごろ合わせから10月10日を「とっとの日」と決め、認知度アップを図っている。

 その「とっとの日」キャンペーンとして次の場所でもPR。「SG全日本選手権を開催中で、県外からの来場者も多く見込まれる丸亀競艇場(香川県丸亀市富士見町)にはスタッフ4人が参加。この日のためにあつらえた黄色い「丸亀とっとの日Tシャツ」を着て、来場者に骨付鳥が食べられる17店を紹介した店舗マップを手渡した。10日には割引サービスを行う店舗もあり、丸亀発の味の魅力を発信する。」※ちなみに「とっと」とは鶏のことで、香川県内の方言です。

 ということで、丸亀とっとの日から2日後の今日は骨付鳥 一鶴横浜西口店へ骨付鳥を食べに行ってきました。骨付鳥を食べるのはこれで3回目ですが、相変わらずジューシーでおいしいですね。ビールがサッポロビールなのも個人的に高ポイントです。ただ、今月から値上げしてたのと、それに合わせてランチタイムクーポンが無くなってたのは残念でした。
骨付鳥&とりめし&鳥スープ&キャベツ&ビール

 骨付鳥買い、まことに満足したあとはもちろんまるがめ競艇ということで、横浜から電車で2駅のボートピア横浜へ。本日は丸亀の他に多摩川関東日刊紙競艇記者クラブ杯桐生G3企業杯サッポロビールカップ蒲郡菊花ナイト特別4日目を発売していたBP横浜はこれで3回目ですが本日は初めて指定席に。入ったのは完全1人席のAクラス2000円です。とてもゆったりした椅子で座り心地がよかったですね。入口に無料のステレオイヤホンが置いてあるので、それを使えば卓上モニターの音声もばっちりです。ちなみにドリンクは基本有料ですが、17時から18時の間はホットコーヒーの無料サービスがあります。尚、まるがめ最終日の祝日は海野ゆかりがBP横浜に来場します。
ボートピア横浜のAクラス指定席


【SG全日本選手権の準優勝戦】

 1つ目の10Rスタート展示オールスローの152346から、本番では5号艇原田幸哉が展示2コースから単騎ガマシに切り替えて12346/5の進入スタイル。そして絶対スロー主義の6号艇今村豊が抜群の伸びで捲りに行きますが、これを受け止めきった1号艇瓜生正義が逃げ切り1着
 後続は今村豊が捲った展開を突いて捲り差した原口が2番手を航走するも、1M原口に差されながらも原口が今村豊を牽制しに行った展開を突いて内に切り返した2号艇石田政吾が2M先行体勢。原口は石田を差して捌きに行くも、外全速ターンの今村豊がHS原田に並び、機力上位の今村豊が2周1M締め込んで先行しようとするも、抵抗した原口が先行。今村豊は差しに切り替えるもやや差し遅れ、内をくるりと回った石田が2艇やり合う展開を突いた形で急浮上し、2周2Mを先行して逆転2着。ちなみにこの10Rはひまひまデータさんによると歴代最優秀新人対決だったそうです。

 2つ目の11Rは枠なり3vs3の進入スタイルから2号艇魚谷智之と3号艇鎌田義の兵庫コンビがややスタート凹むも、それをものともせずに1号艇今垣光太郎が押し切り1着
 後続は捲り差し入りきれなかった4号艇井口佳典に対しカマギーを叩いての差しハンドルを入れた6号艇木村光宏(香川)が届き、2Mは内のみちみちみっちぃに対し井口は全速戦で応戦するも、ここで井口がバランスを崩し勝負あり。選手宣誓も担当した地元のみっちぃが6コースを克服してニコリンコにSG初優出です。
 みっちぃといえば2004年2月の四国新聞記事「青い鳥さがして」で「養護施設の星に 不屈の魂水上駆ける」と紹介され、その壮絶な生い立ちに大きな衝撃を受けましたが、今節はマンスリーKYOTEI直前激白東スポ企画記事kyote異jinでも壮絶な半生が語られています。3つの記事はおおむね同じ内容ですが、それぞれに違う内容も書かれてますので、みっちぃが気になるファンは3つとも読んでみるのをお薦めします。

 最後の12Rは枠なり3vs3の進入スタイルから1号艇丸岡正典が薄氷の01タッチスタートから押し切り1着。予選1位のマルちゃんはSG初優出がいきなりポールポシジョンで、SG初優出初優勝のビッグチャンス。
 後続は順走の2号艇松本勝也が、差し伸びる6号艇池田浩二を2M包んで振りきり、2周2Mでいちかばちかの突っ込みを見せた池田をここでも楽々かわして2着。初日1Rの3コース強捲り大成功の1着で今節のかつやは一味違うところを見せてくれましたが、オープニングの勢いに乗ってSG通算2回目の優出を果たしました。尚、2周2Mの突っ込みが空振りに終わった池田はここで4号艇濱野谷憲吾に差されて4着。今節の予選は5戦オール3着の池田でしたが、優出2着条件のレースで勝負に出た結果連続3着記録がストップしました。


 優勝戦の枠番です。自分の予想はK-BATTLE『競艇ダービー新たなる伝説』のコメント欄に書きます。

1:丸岡正典 2:今垣光太郎 3:瓜生正義 4:石田政吾 5:松本勝也 6:木村光宏

 ところで、優勝戦のハンドリングが注目されますマルちゃんのお父上が小林亜里紗アナのblogリポーター小林亜里紗no☆arinkoテケテケ日記☆こちらこちらで紹介されてます。教習所の教官を務めますマルちゃんパパの顔はやっぱりマルちゃんに感じが似てるのです。ともあれ、マルちゃんファンも必見なありさブログなのです。

【一鶴横浜店】骨付鳥かい、まことに今日極上!【そして平和島へ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 丸亀G1京極賞優勝の骨付鳥飼眞カエカエ☆競艇ぶっかけ丼昨日のエントリー参照)に触発されて、今日の昼遂に骨付鳥 一鶴横浜駅西口店へ行ってきました!
 ひなどりの骨付鳥にとりめしを食べ、それにサッポロ生ビール2杯を飲んだのですが、舌も腹も大満足になりました。
骨付鳥とは、スパイスを振った鳥ももを窯で蒸し焼きにした丸亀発祥の料理。表面はパリっと香ばしく、一口噛むと熱い肉汁とスパイスの旨味があふれ出て非常に美味。一緒に付いてくるキャベツを肉汁に漬けて食べるとこれまた美味。鳥の旨味が染みこんだ炊き込みご飯のとりめしととりめしに付いてくるとりスープも美味でございました。


(めんたい味)うまい棒限定パワーアップ「ペラ棒」 骨付鳥を食べた後京急に乗り、骨付鳥飼眞が2002年にG1トーキョー・ベイ・カップで初めての記念を獲得した思い出の地・東京ベイ平和島競艇場に参戦し、平和島の舟券を買いつつ(交通費分浮く)篠田和之アナの勝利者インタビュー中継を聞いていたのですが、着いてからしばらくして福岡SG全日本選手権キャンペーンを発見。
うまい棒ペラ棒1年分や10万円旅行ギフト券が当たるオープン懸賞に参加し、寄せ書きを書いて写真のうまい棒ペラ棒を貰ったペラ。でもキャンペーンガールのめぐ麻Re:はいなかったペラ。

 めぐ麻Re:は野中めぐみ小畑麻美のコンビですが、全日本選手権の2日目10月25日には小畑麻美と共にポケットガールズを組み、顔は微妙に野中めぐみ似な安めぐみ福岡競艇場に来ます。でも安めぐみをめぐ麻Re:に入れて安めぐ麻Re:にすると一気にギャラが高騰しそう。


 レース終了後は電車で1駅蒲田へ行進、先月10日蒲田駅西口にオープンしたサウナ(ビル1Fのパチンコ弘城が経営)でひとっ風呂(90分1650円)。
この和、ただのサウナと侮るなかれ。つくりこそ典型的な駅前サウナで狭めの浴場ながら、実は黒湯の温泉でしかも掛け流し。更に加温掛け流しの浴槽に加えて加温無しの源泉水風呂まであるすぐれものです。

平和島関東日刊紙競艇記者クラブ杯3日目

 先ず、8Rでは残酷な天使のテーゼが。艇界のサードチルドレン登番sakusakuな81期3939渡辺真至(まさしの妻はセカンドチルドレン3000番台ラストナンバー83期3999大瀧明日香)が3コースから差しを狙うも引き波にはまってターンマークそばで転覆(動画)。そして大外から差しを狙った田中太が真至に乗り上げ転覆。太を巻き込んだ事で真至は妨害失格になった上に真至は負傷帰郷し後半11Rを欠場してしまいました。だって真至の替わりはいなかったもの。

 3日目を終わってシリーズリーダーは9.50の高濱芳久昨年当レースに続く連覇目指してディフェンディングチャンピオンの貫禄といったところですが、10Rは冷や汗物。6号艇2コースから痺れるスタートを放ち、Fの恐怖から中途半端な捲りでイン小菅文隆の逃げ切りを許し、自身は3コースの2号艇川原正明に差され3番手に甘んじました。しかし00タッチスタ−トで生き残ってスタート正常になった途端に2M→2周1Mで前年覇者の貫禄を感じさせる全速フルターンを連発して川原を競り負かし2着になっています。

 真至が抜けて5艇立ての11Rは人気の中心別府昌樹(広島)がイン戦決めて1着、そして人気対抗格山本隆幸(王者の愛弟子だけど兵庫支部)は3コース捲り差し狙うも高濱の引き波で流れて4カド2番捲り差しの上之晃弘(長崎)に差されて3番手。しかし2M鋭い差しキターッ!王者の愛弟子ならではの鋭い差しを見せて山本は上之を逆転。人気2艇のワンツーで長崎支部3人を従えた結果、3連単480円の大本命配当が飛び出しました。
 しかし、このレースはレース後にオチがありまして、1着の別府が待機行動違反を取られて減点。これが響いて別府は節間唯一オール2連対ながら9.00の3位(2位は9.33の山本)に甘んじている事をお伝えしておきます。

 尚、地元の大将格にして今節選手代表の西田靖は昨日まで4戦3勝3着1回6Rの1周2Mで振り込んだキャビッた(動画)のが響いて6着敗退。優勝戦1号艇を狙えた位置から8.17の4位に後退してます。

L'Arc-en-CielvsL'Arc-de-Triomphe

 まずは名牝ラインクラフト急逝と人気先行駄馬シンボリグラン回避で4歳馬0頭となった中山G1スプリンターズステークスのキルトクールから。
今回のキルトクールはビーナスラインで。平坦指向が強く直線に急坂がある中山はもともとマイナス材料なばかりか差し馬には致命的な1番枠。逃げ馬のイン戦は買いですが差し馬のイン戦は消しです。ところで、外国馬4頭の中ではレザークが良さそうですね。
 当日は住之江G1高松宮記念特別競走(前哨戦若松SGオーシャンカップ優勝の王者松井繁が最有力)の4日目ですが、外国馬を迎え撃つ日本馬の筆頭格は中京G1高松宮記念特別競走優勝のオレハマッテルゼでしょう。個人的には高松宮記念の前哨戦中山G3夕刊フジ賞オーシャンステークス優勝の中山巧者ネイティブハート(高松宮記念5着)が出走権取れなかったのが残念です。

 ついでにボートピア名古屋オープン記念ボートアイランドステークス中京ポートアイランドステークス(オープン)もキルトクール。今回は4歳短距離界の低レベルを象徴する存在であるペールギュントをキルトクール。早熟&喉なり&距離延長とマイナス要素が相次ぎ、買える要素は平坦コースになったことぐらい。それなのに印から予想するに相変わらず人気は下がらなさそうなので迷わずキルトクール。
 同じ4歳でも、中距離でしぶとく活躍するコンゴウリキシオーはイケそうですね。金剛力士王といえば2004年12月19日の阪神新馬戦動画)で日本中に深い衝撃を与えてデビューしたのが今でも心に強く残ってます。デビュー戦でワンツーした馬とわざわざ同日のレースに出てきた心意気も買いたいです。がんばれ金剛力士王。


 実質この日のメインレースといえるロンシャンG1凱旋門賞は日本時間2日の0時半過ぎに発走予定。日本代表ディープインパクトが出ますが、ディーパクをキルトクール。
はせず、木星帰りのニュータイプ競走馬シロッコをキルトクール。

展開としては
勝てると思うな、武!!
から
シロッコ、動け!シロッコ!なぜ動かん!
となり、失速します。

 水の国日本から愛をこめて応援を送り、ディーパクの体を通して出る力がファンの後押しでフル発動の末に先頭でゴールして光の輝きを放ち、嬉しさから放心状態になる絵馬シーンを想像し、後々凱旋門賞が刻を越えて日本競馬の歴史的神愉美談になることを祈ります。
 ちなみに有名競馬blogは「君は生き延びることができるか?」が合い言葉のニュータイプ競馬さんなので真面目な予想はニュータイプ競馬さんを見ましょう。
★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★

【土器土器水面】丸亀G1京極賞は骨付鳥かい【丸亀とっと】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 夢うどんの城下町讃岐丸亀は骨付鳥のふるさと。そんな町のファミリーレジャーまるがめ競艇場で栗のおいしい季節に行われたG1京極賞は今日がシリーズのトリを飾る優勝戦
 その優勝戦は1号艇鳥飼眞がしっかり逃げ、骨のある博多のわんぱく剣道小僧が骨付鳥発祥の地で通算3度目の記念優勝
鳥飼の対抗馬となるはずだった松井製麺所のUDON王者松井繁は2コース10トップスタートから差し狙うも鳥飼の引き波をまともに踏んでしまい最下位。そして3コースからつけ回っていった婆娑羅大名佐々木康幸どうよもふにゃっと流れてさようならとなり5着。
そんなわけで4カド差した九連宝燈応援ヨロシク平石和男が2着、大外から差した濱野谷憲吾が3着でした。

常滑ソニージャンボトロンカップ争奪若鯱大賞優勝戦

 まるがめととこなめの共通項はラスト1周の打鐘。そんなとこなめで行われた今節はG1京極賞との併用開催でした。でもメンバーは6人中3人が名人戦世代でレース名とは裏腹に熟鯱大賞。
そして地元の4号艇大嶋一也48歳が2コースからの差しを決め、内臓疾患からの復帰5節目にして復帰後初、通算では55回目の優勝を飾り、復活のゴーゴー。
イン残した小林昌敏50歳が2着に入って鯱大賞は名人戦世代のワンツーでした。
ということで唯一の若鯱高濱芳久33歳は冴えない結果に終わり、3コースから捲り差しを狙うも流れて5着敗退でした。

住之江G3女子リーグレディスカップ優勝戦

 シリーズリーダーながら抽選に敗れて2号艇になった71期3618海野ゆかりが2コース13スタートでイン07スタートの71期3611岩崎芳美と3コース05トップスタートの永井聖美に挟まれる苦しい展開ながらも強捲りで岩崎を捲り、差した永井とBS併走。そして併走の末に岩崎を挟み撃ちする形となり、挟まれた岩崎は行き場を無くして派手に転覆(動画)。
2Mは内側を回った永井がやや優勢で、外側の海野はやや不利な体勢。しかし2周1M、BSの事故艇を意識して落として回った永井に対し、海野が強つけまいで一気に逆転。永井はここで差してきた4号艇淺田千亜希(4カド捲り差し不発も岩崎転覆で3番手浮上)にも抜かれて3着まで落ちてしまいました。
 通算20回目の優勝を飾った海野ゆかりは住之江2回目、レディスカップは昨年に続いての連覇。中継でもはっきり分かるくらいにヤジと大歓声の両方が聞こえた表彰式でも王者の風格を漂わせてましたが海の王者ゆかりはかっこよく強い、そんな海の王者打倒を目指して明日からは大村G1海の王者決定戦が始まります。

下関JLC杯競走優勝戦

 台風にも負けず予定通りに日程を消化、そして福井支部vs福岡支部対抗戦となった優勝戦は枠なり4vs2の進入となり、3コースから捲ろうとした吉田弘文(福岡)と、それに抵抗した2コース萩原秀人(福井)がやり合う展開となり萩原は転覆でしゅん。よって萩原は三国JLCカップ1号艇優出も3着に敗れた義兄守田俊介の敵討ちといかなかったでしゅん。
これでインの中渡修作(福岡)に展開が向いたかに見えましたが、それ以上に4コースの齊藤寛人(福井)に展開が向き、差し場がら空きの展開でスパっと差しきった艇界の芦原温泉広報部長は通算17回目にして下関初優勝。まるでこっちが三国JLCカップみたいな結果でしたね。
 ちなみに唯一の仲間外れ山本隆幸(兵庫)は5カド差しで中渡と併走、2着を狙える展開でしたが、2Mで中渡に包まれて中渡の引き波を渡って外へ流れた結果4着敗退でした。

三国ながつき第3戦初日

 9月3つ目の短期決戦です。ながつき第3戦は初日を迎えました。気持ちを新たに挑む選手陣の攻防にどうぞご期待下さいませ。また本日は最終日を迎えたG1京極賞併用発売です。あっちこっちお楽しみは2倍の三国競艇で今日1日ごゆっくりとお過ごし下さいませ(動画)。
 初日メイン三国選抜スタートを致しました。インから逃げの体勢を作る倉谷和信に対し、5カドから果敢につけ回った千葉は木更津の作間章が倉谷に粘られたものの捲りきって1着となっています。
 さくまあきらつながりですが、今日自分はボートピア習志野HPが開設されたのを確認しました。その中で千葉県民レーサーを扱うCHIBA Racersのコーナーがあるのは見逃せません。もちろんさくまもいます。

 BP習志野の明るい話題もある反面、暗い話題も。11月2日からの当地G1モーターボート大賞に斡旋されていた坂谷真史の斡旋が消えていたのを今日確認しました。不快な出来事が原因でしょうが残念です。以上でございました。

【婆娑羅戦】丸亀G1京極賞はUDONと骨付鳥の準優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 婆娑羅戦と銘打たれた丸亀G1京極賞は今日が準優勝戦。丸亀を舞台にした映画UDONの主演は王者松井香助役を演じたユースケ・サンタマリア(本名中山裕介)ですが、準優勝戦はその中○ユースケが桑田佳祐とデュエットしたMUSIC TIGERを強烈に連想させる工藤浩伸アナの実況でした。

 先ず準優10Rは4号艇の西島義則がインに入りますがこれはかなり際どいスタート。速攻決めて先頭に立ったペリカンさんですが+06ほどはみだしており「4番艇、失格!
2コース順走で2番手の1号艇佐々木康幸が繰り上がって1着になりました。めぐ麻Re:の片割れ小畑麻美(愛媛)が昨日と明日来場しますが、ここは恵まれでの決着。
1M3コース20凹みスタートからの差し不発で2M後手を踏みHS最後方も2周1Mずぼっと3艇まとめ差しで2着になったのは、服は迷彩しかし役は九連宝燈(動画)応援ヨロシクのメタラー平石和男です。

 松井製麺所のUDON王者松井繁が堂々の1号艇で登場は準優11R
そしてUDON王者は3号艇3コース03トップスタート魚谷智之の捲り差しを許さず、赤魚に引き波を踏ませ外へ流す王者の逃げで見事1着、ぅどんなもんだい。
2着には2コース順走の濱野谷憲吾が入ってます。

 ら・夢う丸亀市富士見町、にあるのはファミリーレジャー丸亀競艇場、そのまるがめ競艇で行われるG1京極賞最後の準優勝戦は準優12R
骨付鳥のメッカ丸亀でインに構えて猛スピードの先行策が成功した1号艇鳥飼眞1着となり、エンジンは抜群とニッコニコの2号艇湯川浩司が2コース順走で着順もニッコ2個。ということでここは骨付鳥と湯だめうどんワンツーで丸亀名産ワンツーチッチキチー。


 ということで優勝戦はご覧の枠番。

1:骨付鳥飼 2:UDON王者 3:佐々木 4:平石 5:濱野谷 6:湯川

 近江を発祥とする京極佐々木氏(初代宗主氏信)は、室町時代初期の著名な婆娑羅大名佐々木道誉(京極高氏)によって繁栄し、その後戦国時代に衰退し浅井氏によって近江を追われるも江戸時代に丸亀城主となって再興した京極佐々木氏は以降約200年丸亀を統治したのです。
 ということで今年のキャッチコピー婆娑羅とぴったり合致する婆娑羅大名京極佐々木氏が優出してきました。その内側の枠にも骨付鳥とUDON王者松井製麺所がいるから優勝者は内枠3人の誰かで決まりでしょう。

 ちなみに当日は常滑ソニージャンボトロンカップ争奪若鯱大賞優勝戦(京極賞との併用開催)があります。若鯱といえば、ちゅるうまカレーうどんの若鯱家。つまりはカレーなるうどん併用開催。

桐生下野新聞社杯優勝戦

 足利将軍家でおなじみ下野。その下野の文化を伝える下野新聞の初代タイトル戦となった今シリーズのファイナルは人気の中心畑和宏がイン逃げ、人気対抗格の池上隆行が3コース捲り差しでBSは広島両名がラップ。
そして差し伸びた池上が2M先制で広島対決を制して優勝。ちなみに池上の優勝は1999年9月20日の宮島報知エキサイトカップ競走以来丁度7年ぶりで5回目とのこと。
しかしレースのハイライトは先頭が固まった後のHSにあり、大外単騎進入の外マイから2M差しで3番手に上がった長崎の中嶋誠一郎が切り返しで畑の内側に入ろうとしたところ畑の艇の後部に接触、2艇もつれ合い転覆(動画)、ヤマトの地元でラフプレーを犯したナカシマは妨害失格にこそなりませんでしたがこれには3-1絡みを持ってたゲストの皆様もお怒りでしょう。繰り上がった2番手は5号艇中村尊と2号艇大山博美がラップでしたが内側艇優先につき2周HS内側を走っていた大山が2着になっています。

宮島長月賞競走優勝戦

 新モーター新ボートのフレッシュな開催は、インから逃げた人気の中心渡邉英児が宮島2回目にして通算24回目の優勝
6月のG3企業杯広島テレビ杯競走に続く当地連覇を狙って5カド07トップスタートから捲り差した人気対抗格沖島広和が渡邉英児には届かなかったものの2着に入っています。

多摩川東京スポーツ賞優勝戦

 さあ行こう優勝戦、スタートを切りました!チルト+3度の男上島久男特攻隊長が07トップスタートから突撃しますが、3コースの山地正樹に抵抗されて是政方面へ。この間に逃げの体勢を固めた1号艇大場敏がエンジン音も軽快にがんがん飛ばして力走快走、来年の平和島SG総理大臣杯に大きく近づく今年V5、多摩川2回目にして通算では30回目の優勝を飾っています。
隊長を飛ばしつつもサイドが効いた捲り差し狙いのターンで大場追走に成功した山地が2着に入ってます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ