ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

高山秀則

平和島イーバンク銀行杯&豪華メンの下関開幕+高山初代名人引退

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ネット投票の友イーバンクのタイトル戦平和島イーバンク銀行杯が今日から開幕。目玉の濱野谷憲吾が足の故障で急遽斡旋辞退して師匠の乙津康志(O2ブランド総帥)が追加で呼ばれたり、その前には寺島和典公称64kgが斡旋辞退(ちなみに8月8日浜名湖マルユーチャレンジ杯アタック2日目9R2着後途中帰郷して以降の斡旋を全て辞退)して替わりに吉田弘文が追加斡旋されたりのメンバー変更はありましたが、濱野谷の代理で出場した乙津が初日絶好調。
 先ず5号艇で登場の3Rは12/5346と3カド進入を敢行し、07スタートの乙津は04トップスタートの6号艇・チルト+1.5度上島久男隊長と先捲りの2号艇木山誠一がやり合う展開を突いてのオツな捲り差しで初戦1着
 次いで2号艇で登場の11R。2コースの乙津はオツなハンドリングで1号艇金田諭を差しきり初日連勝の1着ゴール。ちなみに乙津は今節選手代表も務めてます。乙津かれ様です。

 3号艇に福岡80期3898平田忠則、5号艇に福岡80期3899吉田弘文と同県同期連番のライバル同士が顔を揃えたものの、濱野谷の斡旋辞退で4月の兵庫vs静岡対抗戦関東日刊紙競艇記者クラブ杯以来となる関東勢0人の平和島選抜戦は枠なり3vs3から6号艇山口剛が02トップスタートを放ち、ヒラチュウも06スタート。ですが山口には吉田が抵抗し、ヒラチュウには1号艇白水勝也(福岡70期3576)が抵抗し、そんな展開を突いてずっぽり差し抜けたのは4カド25ドカ凹みスタートの4号艇大場敏。大場は2M白水の差し返しを振りきり前半5R4着の汚名を返上する1着ゴール。
 2番手の白水は2周2M切り返しから突進してきた2号艇高濱芳久に当てられて大時計前ラップとなり、3周1M外全速流れて3番手に後退。更に3周2Mでも大きくターンマークを外した結果、ヒラチュウにも抜かれて白い白水は4着に終わってしまいました。

下関一般競走初日

 新しい?実況アナの声と共に始まった1Rおはよう特賞は枠なり3vs3から一号艇谷村一哉(山口)が3号艇寺本昇平のつけまいを貰うもこらえきり、2M先行して人気に応える1着ゴール。

 今節から導入された進入固定競走9R。起こし位置は1と3がターンマーク付近、残り4艇がダッシュ戦となり、一号艇井上恵一が4号艇原田篤志のつけまいを振りきって先頭も、2M原田の全速戦が見事に決まり、けいいちくんを捲りきった原田が1着

 ノンタイトル戦とは思えぬ豪華メンバーのドリーム戦は枠なり3vs3から1号艇瓜生正義(76期3783)が逃げ切り1着
 後続は2番差しの4号艇田村隆信(85期4028)に順走の2号艇西村勝、外から攻めた3号艇横西奏恵(76期3774)の3艇で接戦になるも、1M捲り差し不発で5番手だった5号艇森高一真(85期4030)が2M内に切れ込んで艇を伸ばし突っ込み態勢。田村は森高を包みきるも流れ、鋭いマチャルターンを見せたまちゃるの差しが勝って2番手浮上。2M2番差しの横ちんが田村を捕らえ、2周1M田村の差し返しを振りきり3番手に。そして2周2Mは横ちんが内からまちゃるに先行して2番手浮上と76期ワンツーを狙いますが、まちゃるは横ちんをあっさり差しきり2着死守。

 最後に、今節は銀河系85期4042丸岡正典が斡旋辞退した替わりに、91期たけし軍団長の愛弟子西山貴浩(福岡97期4371)が斡旋されています。

【お疲れ様でした】

 本日、宮崎36期2672高山秀則59歳が、還暦を迎える11月11日を前にして本日引退。最後のレースはF2の足かせをものともせずに優出した福岡競艇マクール杯優勝戦4着でした(動画)。尚、通算2324勝目となった最後の1着は3号艇前付けインで制したマクール杯の10R準優勝戦で、通算82回目となった最後の優勝は昨年10月の福岡ボートボーイカップでした。
 36期本栖チャンプとして1973年11月に若松でデビューし、1990年の住之江SG賞金王決定戦に1996年の多摩川SGグランドチャンピオンとSGV2、そしてG1V17のうち自分も印象に残ってるG1競艇名人戦では共に住之江で開催された第1回と第3回の2度優勝。特に初代名人位を襲名した第1回は完全優勝の偉業でエベレストの如き存在を示した高山名人でした。還暦を目前にしての引退は残念ですが、約35年弱の間お疲れ様でした。

G1江戸川MB大賞3日目は5艇Fの大損失&カジノ水神祭

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズはG1江戸川モーターボート大賞。6日間のロングランシリーズの今日は開催3日目の競走水面。10分以上締切が延びまして大変お待たせ致しました。第5Rが始まりました。お足元が悪い中、この人目当てに多くのファンが選手紹介に駆けつけた2号艇湯川浩司が飛び出して行っての捲りで先頭、同じく飛び出した今シリーズ選手代表の4号艇作間章が差しで2番手、この両名に挟まれた形の3号艇作野恒は2段捲りから3番手、インスタート立ち遅れた飯島昌弘は4番手という隊形でしたが、ピンポンパンポン♪
お知らせ致します。このレース2番、3番、4番、5番と4選手がフライングによる返還欠場となりました。4選手がフライングによる返還欠場です。舟券の方は大切にお持ち下さい。4選手がフライングに散りました。2選手の競走になってしまいました。(動画
なんとなんと湯川とさくま(共に+06)だけでなく、さくのと5号艇中村有裕までが共に+01でフライングに散ってしまいました。
 これで中村有裕の昨年G1江戸川モーターボート大賞に続く当地G1MB大賞連覇と昨年当地一般競走で完全優勝を果たしたさくのの当地連続優勝のゆめ、なかがわのもずくに消えてしまいました。
 かくして前3艇がゆめのもずくと消え、10ドカ遅れスタートで4番手の飯島が1着、最後方追走ながら01で生き残った三品隆浩熊谷直樹の言う通り生涯最後の記念になるのか?)が2着となりましたが、3189万9900円の大返還で残った売上は単勝2800円と2連単72000円のみ。2連単配当は返還前の約45倍(競艇ダメダス.NETより参照)でしたが、72000円中59500円が的中分なので100円戻しに大幅値下げ。ちなみに三品の頭は返還前全て2連単万舟でした。
 ちなみに本日はトップレース第1Rでも3号艇向達哉が飛び出して捲って行くも+04のFに散り、620万7800円の返還となっています。

 第4Rが始まりました。捲る3号艇飯山泰はちょ〜っと膨れた。「お〜っとスピンしてしまいました。お〜とっと転覆になってしまいました。(動画」と選手責任の転覆です。
 さて、このレースでインから逃げて1着になった畑和宏は後半第10Rでも5コース捲り差しで1着となりシリーズ3連勝のゴールを決めましたが、3番手争いの2周1Mでアグレッシブに追い抜きを狙った1号艇高橋勲は前方を走る三号艇三嶌誠司に舳先が引っ掛かってしまい残念無念転覆です。

 そんな中、ボート界の精鋭陣が鎬を削る今日の競走水面ではひとつ明るい話題が。SGレーサーの仲間入りをした1号艇魚谷智之を差した2号艇梶野学志が2M先制で単独先頭に立ち勝利のカーブを描き、G1初1着のゴール。選手宣誓では「頭が弱くて申し訳ありません。次回はもっと頭のいい選手にやらせますから。」と3200熊谷直樹にダメ出しされたカジノが3222魚谷直樹の親戚相手に見事水神祭です。本来なら多摩川G1ウェイキーカップに出場予定でしたが怪我で棒に振ったカジノ、このシリーズがG1初の参加でした。

 明日は第6Rで999勝レーサー川崎智幸が2号艇で通算1000勝と予選突破を狙います。マヨわず、カワサキ!

三国しもつき第1戦優勝戦

 新鮮な味、ベテランの味、そして名人の味。秋の味覚ならぬしもつき第1戦は味わい深いシリーズとなりました。そのスパイス効かせた6メンバーで優勝戦競います(動画)。1秒前、スタートを致しました!
シリーズ2日目の11日に58歳の誕生日を迎えた1号艇高山秀則名人が新鋭泥谷一毅25歳の2コース直つけまいをこらえきってイン逃げ成功させ、三国3連続優勝のゴールイン。そして通算81回目となる優勝は2004年7月の三国ビクトリーチャンネル杯競走以来約2年4ヶ月ぶりです。熟成された技は三国で無敵。7戦6勝2着1回の快進撃でバースデーシリーズを飾りました。

戸田オムロンカップ優勝戦

 今シリーズ圧倒的な一枚看板として戦前から不動の優勝候補、そして前評判通りの好成績でずしりと重い人気を背負った1号艇秋山直之はイン24ネコスタートをやらかし、3号艇2コース13スタート70期3588新藤哲三相手にスリット劣勢となりますが、スリット後の伸びで新藤を圧倒した秋山にゃんはあっさりイン先マイを成功させ独走。道中も華麗な弧を描き続け1.46.0の好タイムでゴールしたスーパーファンタジスタのカリスマレーサー秋山にゃんは通算17回目、戸田は2回目の優勝
 同期3589西村勝の地元で健闘した新藤が外を止めての差し順走で2着に入り、JLCニュースワイドで今日艇〜チョップ!かました実績がある者同士でワンツーとなりました。

鳴門徳島県MB競走会会長杯優勝戦

 愛知75期12972金子貴志とは別人の4号艇金子貴志と、金子貴志とは血縁関係がない6号艇金子猛志が揃って優出した一戦は、徳島県MB選手会所属の3号艇近藤稔也が3コースから+03のはみだしスタートで捲ってレースを壊しますが、壊し屋の近藤がいなくなった後は激しいデッドヒート。
近藤に捲られるも小回りで立て直した2号艇2コース杢野誓良に大外から差し伸びて2M先マイの金子たけ志、更に5コース捲り差しからの切り返しで2M杢野の内側に入った小野信樹も加わり、差しで対応した杢野も入れてHSは3艇併走。
そして外の金子たけ志が締め込んで2周1Mを先マイしますが流れ、内から冷静に小回りした杢野がここで抜け出し先頭。愛知81期3929杢野は通算6度目の優勝

丸亀スポーツニッポンカップ優勝戦

 スポーツニッポン宅配休刊日の今日行われた優勝戦は1号艇鎌田義が03トップスタートからかまいたちのような鋭いカーブを描いてのイン速攻で今年V4、通算17回目の優勝
6号艇ながら2コースに入ったフレディ・マーキュリー似の井川正人が差し順走で2着に入り、地元の宮武英司は5カド進入も22の最下位スタートで主導権握れず、差し不発の4着に終わりました。
 ちなみに丸亀次節SG競艇王チャレンジカップではさぬきUDON祭として宮武が22日に出店します。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ