ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

高沖健太

86期本栖チャンプ大橋純一郎がサプライズな展開で初優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 北九州市若松区赤岩町にある若松競艇の今節は北九州市長杯争奪戦競走
 昨年までだと北九州市営小倉競輪のG1競輪祭がありましたが、競輪祭は晩秋に移行したため、今年はF1開催のスーパーナイター濱田賞(世界の北野武史水口由紀の夫伊藤保文も出場)を24日まで若松競艇と並行開催。

 そして競輪の2日後に迎えた競艇の優勝戦は枠なり3vs3の進入から若松初Vに燃える福岡県遠賀郡芦屋町出身の4号艇郷原章平が06トップスタートから剛腕捲り。
 郷原はスロー勢を一気に飲み込むものの、艇が浮きながらも捲り差しを入れきった5号艇岡瀬正人に並ばれトップ併走。
 後方では1号艇高濱芳久がターンマークにぶつかってスピンし、その内をうまくすり抜けた2号艇宮武英司と外マイの6号艇大橋純一郎で3番手争い。
 そして先頭争いは外の郷原が内の岡瀬を剛腕で包みにかかり岡瀬を引き波にはめますが、郷原自身も大きく膨らむバッドサプライズをやらかしてしまい結果共倒れ。
 先頭争いの既成勢力が流れて後退したことにより3番手争いが一転先頭争いに変革し、内の宮武を差した純一郎が2周1Mを先行。
 宮武は差して抵抗勢力になろうとするも純一郎はこれを振り切り、剛腕ゴウハラマジックがもたらしたドラマチックなレース展開をものにした純一郎は通算20回目の優出にして念願のデビュー初優勝

 静岡86期4073大橋純一郎の同期はG1V3の4075中野次郎を始め、4074柳沢一や4072森永淳や4055吉田俊彦のG1ウィナーを擁する精鋭揃いですが、そんな中でも純一郎はなんてったって本栖チャンプ。
 その本栖チャンプ純一郎が5月のデビュー10周年を目前にして遂に初Vを実行しました。おめでとうございます。

 尚、単独ナイター効果から優勝戦だけで1億円以上の投票がありましたが、純一郎を支持したファンには2連単14970円3連単6-2-5で71800円の高配当がもたらされています。


平和島東京スポーツ賞優勝戦

 第23回東スポ賞は12346/5の進入から1号艇高沖健太(三重)が押し切り、中国地区5人を相手に通算12回目の優勝。また、平和島では2008年5月の第22回東京スポーツ賞以来となるV2でKENTAは東スポ賞連覇となりました。
 外マイから3艇を捲った6号艇寺田祥が2着、3着は4号艇前本泰和と5号艇田口節子がほとんど同時でゴールも僅かに前本が先着。


 さて、次節日本財団会長杯2日目の31日から、従来の東京テレシアターをリニューアルした日本一の外向発売所平和島競艇劇場をオープンさせる平和島競艇。
 外向発売所ながら有料席が全部で292席あるなど、もはやボートピアな競艇劇場オープンで、場間場外時の本場スタンド開放が大幅に縮小されそうな予感がしますが、今までは平和島→大井競馬だったはしごの流れが平和島→ナイター競艇場外にもシフトしていきそうですね。

児島G3企業杯シモデンカップ優勝戦

 23日に都築あこと76期3779原田幸哉が来場、24日に江頭2:50と寺田体育の日が来場した児島競艇の企業杯シモデンカップ。

 さて、優勝戦は枠なり4vs2の進入から3号艇伊藤宏(福岡76期3782)が08トップスタートから捲りきって先頭。
 捲られるも立て直した2号艇山崎智也が捲られ捲り差しで追いかけるも伊藤宏は振り切り、76期リーダーの伊藤宏は優出メンバー唯一のA2ながら堂々の自力戦を決め通算25回目の優勝

江戸川日刊ゲンダイ杯3日目

 序盤4個レースが2周戦だった3日目の水面は第2Rで2番手航走だった2号艇岩永節也が最終2周2Mで3号艇宮地元輝に差された直後、波高15cm北西向かい風6mの水面に煽られ落水(動画)。

 3日目は悲しい出来事があり、第4Rで差し狙うも直内の1号艇泉祥史がターンマークにぶつかった影響で失速、避けきれず泉に接触して6着に終わった2号艇都築正治
 そのツヅッキーは後半12Rで1号艇でしたが、3号艇玄馬徹の攻めをブロックした直後の現場でツヅッキーは振り込んでしまい4着。そして接触と振り込みの影響かツヅッキーは負傷帰郷してしまいました。
 尚、12Rは差した2号艇石塚久也が先頭でしたが、3周2Mもたついた石塚を差しきった5号艇山田雄太が大逆転で1着ゴールです(動画)。

しもつき第3戦最終日はあざやかなしもつき競走最終日。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 11月も中旬。対岸の紅葉にも目を奪われつつも間近の水上戦に目線は釘付け。思わず気分もうわつき気味になってしまう三国競艇のしもつき第3戦は最終日を迎えております。メインの優勝戦には追加でも主役と高沖健太が、助演では地元初V狙いの中辻博訓と内枠固める中、安定した走りで小野信樹奥田誠岡田憲行、そして1943年11月19日生まれの万谷章第7代名人位と枠番名を連ねた面々。どんな結末となるのか興味津々のフィナーレとなりそうです。どうぞ最後までごゆっくりとお楽しみ下さいませ。それでは今日のオープニングカードおはよう特賞第1Rです。インから162/345の順です、スタートいたしました。思い切ってスタートした4番5番でありますが、このレーススタートは審議中。スタートは審議中でございます。お手元の舟券大切にお持ち下さいませ。「5番、欠場。(動画」ということで審議の結果4号艇塚原武之は+01でセーフだったものの5号艇藤堂里香は+06でアウト。残念ながらデビュー初のフライングを記録してしまいました。
 尚、堂々のイン戦を披露しトップでゴールインしたのは節間高沖に土をつけた白星が光る1号艇久田敏之。外2艇をブロックしつつのカド捲りを打った3号艇山崎康弘と差した2号艇荒田泰明による2着争いは2M差した山崎が2周1M先回りも、ここで荒田の差しが決まって勝負が付きました。

 モチベーションキープして戦ってきたシリーズも最終日の攻防。迎えました水上はこれより第5Rの開始です。節間高沖に土をつけた白星が光る5号艇酒井雄一スタート展示は4コースでしたが、より積極的に動きましてインから5123/46の順です。1秒前、スタートしました。4コースから3号艇塚原武之(埼玉)が思い切ったスタートを見せますが、1号艇有田岳(埼玉)が塚原を止めての先捲りを決めトップでゴールイン。おは特は01で生き残った塚原、ここは生き残れず+04のフライングとなってしまいました。

 いつもより早く初雪の便りと冷え込み厳しい中挑み目指したファイナルステージ。しもつき第3戦は優勝戦第12Rを迎えています。インから123/645の順です、スタートしました。追加参戦もオール2連対の得点トップ。抜群の安定感でシリーズの話題をさらった1号艇高沖健太がここも11トップスタートから安定感抜群な旋回で堂々の逃げ圧勝で通算V6となる優勝のゴールイン。浜名湖SG競艇王チャレンジカップ出場の為に欠場した山口剛に替わって出場した三重の銀河系戦士KENTAは意外な事に2005年9月下関G3新鋭リーグ戦COME ON!FM CUP以来となる久々のVでした。2号艇中辻博訓の差しはずるずるっと大きく流れ、斧爆弾捲りでつけ回った3号艇小野信樹が2着でゴールイン。以上でございました。
三国競艇の対岸。でも緑の季節。


津G3企業杯マキシーカップ優勝戦

 三重交通のハイデッカー観光バスに由来するマキシーカップの優勝戦は通算1800勝を達成するなど節間9戦7勝の活躍で1号艇に座った山室展弘さんがイン07トップスタートも、今年V6目指す2号艇白石健の2コース差しが入り2Mはしらけんが先制。しかしここで鋭い差しを入れた我らが山室さんがしらけんを差しきり逆転。2006年6月常滑さざなみ特別以来優勝から遠ざかってた山室さんが通算93回目の優勝を飾っております。エントランスホールで行われる表彰式は本場限定で中継無しということで、こちらの現地レポートによると

25年以上仕事をしている。
昨日の夜で優勝できると思った。
1マークは見事に差された。
新聞がコメントを聞きに来ない。
日高さんじゃなくてすみません。
津競艇をよろしく。


って感じだそうで。今後の斡旋は27日からびわこ一般競走、12月6日から福岡JLC開局15周年記念レース、12月19日から蒲郡ファイナルカップ、12月27日から三国しわす第4戦(三国今節欠場の山口剛も出場予定)が控えております。

唐津一般競走優勝戦

 唐津競艇場前のメインストリートは見事な紅葉の並木道。秋色に染まった唐津からお送りする5日間開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇中尾誠が捲りに行くも1号艇山本寛久の抵抗に苦しみ、3番差しの5号艇岩津徹郎が中尾に舳先を入れて2Mを先制。しかしマイシロ無かった岩津のターンは流れ、これを差しきった地元中尾が今年7回目・通算9回目の優勝。1M2番差しで3番手の3号艇石川哲秀が2M岩津と中尾の間を割って2番手に上がり、逆転優勝こそ石川かなえられなかったものの道中も中尾に食らいつく見せ場ある走りで2着に。
 ちなみに唐津競艇場前のメインストリート写真は携帯マクール唐津競艇コーナーで大好評連載中エンタ亭カナエの先走りブログで紹介されてました。綺麗な写真だったのでもっと高解像の写真を見たいところ。

平和島日本トーターカップ優勝戦

 発券機メーカー日本トーターのタイトル戦にふさわしくマークカードが新調された開催はチルト+3度の青木義一にオール6コースの小川晃司に「勝率ワーストエンジンに選手の体重がワースト体重なんで出る要素あんま無いと思うんですけど。」と勝利者インタビュー(動画)で語った矢橋成介64.9kgに、矢橋を追う坂元真一63.6kgといった個性派が多くいた開催でしたが、そんな個性派選手のひとりである森岡満郎(節間6戦中5戦がイン)が6号艇で優出。
 しかし森満ここはぁ〜4コースに入るのがやっとで1236/45の進入隊形。この隊形から1号艇吉田徳夫が模範的な逃げを披露いたしまして今年7回目、通算60回目の優勝を2005年1月10日常滑初夢競走と2005年1月20日蒲郡愛・地球博協賛競走の2節連続完全優勝以来となる7戦完全優勝で飾りました。個性派の眉毛が光る永世A級レーサーの海苔オには日本トーターから副賞としてデジカメが贈呈されております。でも、2日目12R(2号艇向井康博負傷欠場により5艇立て)のスタート展示不参加による強制大外進入は模範的でなかったですね。それでも差し伸びて勝つ辺りは模範的。
 後続は順走の2号艇原田富士男に2番差しの森満、捲り差した4号艇新良一規が続きましたが、2M内から艇を伸ばした森満が日本トーターカップで富士通フロンテックを連想させる選手に負けるわけにはいかないとばかりにフジオへ突進。フジオは後方に下がり、2艇を差した新良が2着に。森満は3着でした。

住之江あざやか霜月競走優勝戦

 フレッシュな顔ぶれとすっきりな顔ぶれになった優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇原田篤志が09トップスタートからのあざやかな逃げで独走に持ち込み、道中「先頭の1号艇の藤田ですが動画)」となるアクシデントはあったものの、これで今回は得点トップの活躍でデビューは7年7ヶ月目、22度目の優勝戦チャレンジでデビュー初優勝。メッカ住之江では前節日本財団会長旗争奪住之江王冠競走の岩津徹郎に続く水神祭レーサーの誕生です。
 後続は2番差しの5号艇宇佐見淳と順走の2号艇藤田竜弘で接戦も、2M外豪快に回った藤田がうさみを捲りきって2着争いを制しています。

戸田一般競走優勝戦

 ミクロスターター勝負師哲也との異名通りに1号艇渡邊哲也がインから他を圧倒するコンマ02スタートを見せるも、2コースの2号艇萩原篤が前日10Rの選手責任転覆をものともしない抜群の足色で差し抜け、昨年の当地鬼怒川金谷ホテル・鬼怒川温泉ホテル杯以来となる戸田連続、通算4度目の優勝。くしくも昨年と同じ2号艇2コースから1号艇の静岡支部(昨年の1号艇は重野哲之)を差しきっての優勝でした。尚、差された哲也は2M全速戦で2着を取りきってます。

大村SKYPerfecTV!杯優勝戦

 G1海の王者決定戦でお馴染み大村競艇の4日間シリーズSKYPerfecTV!杯は126/345の進入から3号艇坂口周がスカイパーフェクトなカド捲りを決め今年V6、大村初、通算16回目の優勝で総理杯出場をほぼ当確に。母校宇治山田商業高校陸上部の後輩である野口みずき(前日東京国際女子マラソン優勝)に続きましたね。
 後続はターンマーク坊やの4号艇海野康志郎が捲り差しで2番手、外マイの5号艇泥谷一毅が3番手。更にBS内から2号艇大場敏も艇を伸ばす混戦。2Mは内の利で大場が先制もうんのが差して2番手を死守。しかし2周1Mうんのの外から捲ろうとする泥谷をうんのが肘打ちのごとく飛ばした間にHS切り返して内に潜り込んでた大場が小回りでうんのを捕らえきり2周2Mを先制し、対するうんのは外握ろうとしたら踏ん張りきれずサイフォン式にクルンと振り込んでしまいエンスト失格。若さが出てしまったうんのこーしろーに対し、大場ナツキアナの実況をバックに大場敏が熟練の技を披露しました。尚、うんののエンストにより6号艇福本忠治(長崎)が3着になりましたが、福本は8月6日の当地G2競艇祭4日目2Rで転覆した市川哲也(広島)を瞬時の判断で避けきり大事故を防いだ事で今節前検日の15日に、(社)全国モーターボート競走会連合会から未然事故防止選手表彰を受けております。

G3女子リーグ戦びわこプリンセスカーニバル優勝戦

 1号艇横西奏恵のイン戦は2コースの2号艇海野ゆかりに差されそうになるも何とか振りきって今年V7、通算27回目の優勝。尚、2着のゆかりはこーしろーとの海野一族同日優出でした。
 尚、表彰式にはサプライズゲストとして松居一代と父の17松居修元選手が登場しております。

高沖健太追配参戦の三国しもつき第3戦は今日からの4日間決戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ホームページがリニューアルされた三国競艇、今日から開催のしもつき第3戦は女性レーサー8名を含め、またルーキーまじえて42名で戦う男女混合戦です。互いに刺激を受け合い挑む4日間決戦にどうぞご期待下さいませ。それではオープニングカードおはよう特賞第1Rです(動画)。インコースから1235/46の順です。1秒前、スタートしました。今節追加出場となっていますがもちろんV狙いでダントツの一番人気に推されています1号艇高沖健太が19トップスタートから人気を乗せて逃げ切り独走となりトップでゴールイン。
 後続は捲った5号艇有田岳と順走の2号艇池浦千登志、2番差しの4号艇本岡勝利、更に3番差しからBS最内伸びる6号艇小山隆で4艇混戦になりますが、2Mで小山を行かせて捌いた本岡が単独2番手に。しかし、2周1M小山が本岡に突進を仕掛け、その小山に池浦が突進を仕掛けた結果池浦が2番手に浮上しそのまま2着でゴールイン。尚、ここで有田が振り込んで選手責任転覆です。そして2周2Mで切り返し内に潜り込んだ小山が3号艇酒井雄一の突進も抱いてかわして3着でゴールイン。尚、酒井は待機行動違反を適用されております。

 輝く未来へと希望は満ちあふれていよいよデビュー戦を迎えました藤堂里香選手。熱い思いをバーニングハートを胸に秘め、この第2Rに登場です。インから123/456の順です。1秒前、スタートしました。2号艇松尾美和子が捲ってトップでゴールイン。イン戦も松尾に叩かれた1号艇魚谷香織は小回りで踏ん張り、2M全速で2番手を確保。そして松尾を追いかけ最後は0.2秒差まで詰める内容の2着でゴールイン。敗れたとはいえ三国で威力発揮しそうな名前の貫禄を見せつけました。尚、藤堂里香は行き場無くしての外マイで6着とほろ苦いデビューとなりました。

 シリーズ主力と推されたメンバーをピックアップ。三国選抜は第12Rの開始です。インコースから126/345の順です。1秒前、スタートいたしました。2号艇小野信樹がインにプレッシャーを掛けながら差すも、その小野を差しきった6号艇高沖健太がトップでゴールイン。追加出場ながら三国選抜に選出された実力をおはよう特賞に続いてフルに発揮しました。ちなみに高沖が追配された理由は当初斡旋のあった山口剛浜名湖SG競艇王チャレンジカップに選出された為です。

 ところで、福井のA1選手でただいまF休み中なのが金子貴志特集)であり、本日の西武園F1デイリースポーツ賞争奪戦後節で優勝した愛知のS級選手も金子貴志。なぜ金子貴志の名前が出てくるのかというと、法典の湯のサウナで見た本日のNHKニュースウォッチ9和歌山電鐵貴志駅貴志駅長が紹介されたからです。たまにはこういう癒し系駅長もいいんではないかと。

【2歳児にも東京スポーツ

 府中の東スポCLIMAXG3東京スポーツ杯2歳ステークスのキルトクールはダノンインスパイア。歴代勝ち馬の距離適性上限が全て2000m以下という名マイラー養成レースの勝ち馬に、メンバー中最もクラシックを意識した配合であるこの馬は似合いません。マイラーが完成度の違いで勝つ東スポ杯ですから、ここは距離不足で負けるでしょう。ちなみに東スポ本誌予想は戦績からマイラー色の強いスズジュピターです。ここは東スポに乗ってみるのが正解ですね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ