ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

黒崎竜也

快速みえ黒崎竜也が初の完全Vで地元初V!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 4日間決戦日刊スポーツ3社合併記念津グランプリシリーズ第7戦は350psのカミンズ製C-DMF14HZBエンジンを1両あたり2基搭載した高性能気動車キハ75を使用するJR東海の快速みえ快速みえ得ダネ4回数券を使えば名古屋-津間1枚あたり750円!)にちなんだニックネームを持つ地元黒崎竜也が予選5戦全勝。

 TSUグランプリシリーズ第7戦の優勝戦は快速みえ黒崎竜也にとって初の完全Vと初の地元Vが懸かる一戦になりましたが、スタート展示では2号艇石川真二にインを取られて213564の2コースに。
 ですが本番、快速みえは枠を主張して枠なり5vs1の進入になり、快速みえは27とスタート遅れてしまうも快足仕上げのエンジンパワーで伸び返し、石川の差しを引き波にはめて押し切り、当地G1企業杯JAL女子王座決定戦と同日の2008年3月9日鳴門商工会議所会頭杯競走以来となる通算8回目の優勝
 自身初の完全Vと初の地元VをWで手に入れた快速みえ黒崎竜也は副賞としてデカ盛りで有名な新玉亭の炭焼きうなぎも獲得。表彰式の写真はこちらです。

 差しが引き波にはまった石川は艇が暴れて快速みえに接触して後退。捲り差した6号艇井川大作が2番手に付け、内伸び返す5号艇新美恵一を2M行かせて捌き、内に潜り込んで2周1M再度先行する新美を再度行かせて捌いた大作が2着を取り切り、2連単3190円3連単1-6-5で16240円のヒモ荒れ配当を提供。


芦屋スポーツニッポン金杯新春特選レース優勝戦

 まるでライブコンサート会場な多目的ホール「夢リア」を持つ芦屋競艇のスポニチ金杯は芦屋5連覇を目指す峰竜太が1号艇でしたが、枠なり3vs3の進入から峰竜太のスタートが15だったのに対して06スタートの2号艇福田雅一が心を込めたスマートギアフルスロットルの伸びで峰竜太を圧倒し、ドラゴンファングを剥く事が出来ずあっさり捲られた峰竜太は3号艇中嶋誠一郎の捲り差しを張るのがやっと。
 峰竜太を捲りきった福田雅一は中嶋の捲り差しが不発だった事もあって独走になり、獅子が舞い多くの福ある新春夢ファクトリースポニチ金杯で芦屋初・通算41回目の優勝
 正月はお休みだった福田雅一にとって今節は仕事始めでしたが、スポニチ金杯勝って幸先良いスタートですね。

 後続は差した4号艇中島友和と6号艇藤本佳史、つけ回った5号艇津留浩一郎でBS併走になり、峰竜太も2M手前で内に切り返して巻き返し体勢。
 そんな中、最内の藤本を全速包んで回ろうとした中島が大きく流れて消波装置にドンッ!と激突(動画)。
 中島は完走したものの完全に脱落し、峰竜太も津留浩に捌かれ、2番手争いは先行した藤本と差した津留浩に絞られます。
 2周1Mで内から先行した津留浩は単独2番手になりますが、2周2Mで藤本の差しが近づいて再び接戦に。
 しかし3周1M内から先行した藤本を差し返して2番手争い再び優位に立った津留浩は3周2M藤本の差しを辛くも振り切り、スポニチ金杯ゴールデンアワーの2着争いを制しました。

江戸川KTCカップ3日目

 かつて3カメの一角だった新宿東口のさくらやが新春の雨と共に散った本日、2日目まで3戦全勝の後藤正宗の勢いはさくら満開で今日も止まらず、6号艇の前半第4Rが21トップスタートからの大捲り、5号艇の第10Rが06トップスタートからの絞り捲りと、外枠克服で連勝を5に伸ばしました。

 最終の12Rは1号艇大串重幸が02トップスタートの速攻で先頭に立ち、1Mつけまいで2番手に付けた4号艇片山竜輔の2M差しを振り切って1着。
 しかし勝った大串も2着の片山もレース後帰郷。帰郷理由は片山が負傷帰郷で大串が本人辞退ですが、片山の負傷は恐らく3号艇の前半第5Rで1Mつけまいから2M差しを狙った際に、4号艇井坂友則61.3kgと6号艇相原利章の競り合いに巻き込まれ消波装置まで飛ばされたのが原因かと思われます。

【吉村正明SG初出場】横西奏恵JAL女子王座決定戦V3!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 男の中の男より、女の中の女。LOVE&VICTORY津G1企業杯JAL女子王座決定戦は月曜日の選手紹介動画)から始まったロングランシリーズでしたが、今日はいよいよ最終日。

 晴れた空そよぐ風の優勝戦(東追い風2m波高1cm)は準優12Rで80m級の深インを見事克服した1号艇横西奏恵が圧倒的な支持を集めましたが、準優の深インから一転枠なり3vs3の楽インになった横ちんは貫禄の11トップスタートで逃げの態勢を作りきり、かなちゃんには本当にかないません強さで通算29回目にして女子王座3回目の優勝特設サイトでは表彰式動画が公開されており、ジャルカップやパールティアラや憧れのハワイ航路を獲得する場面が見られます。ちなみにウイニングランはド派手な女王様ボートに乗って行われましたが、女子王座@cafe(最終日)、横西選手V3の舞台裏!では女王様ボートにまつわるちょっとした舞台裏が。
 この後は初日メインダイヤモンドレーサー決定戦メンバーに選出された平和島G1トーキョー・ベイ・カップと、既に出場権を獲得済みの児島SG総理大臣杯、更には学生時代を過ごした準地元開催G1戸田グランプリと記念斡旋が続きます。
 後続は捲り差した3号艇栢場優子が2番手でしたが、33スタートから差し伸びたF2持ちの5号艇海野ゆかりが2Mでうん、好旋回。巧みな腕で栢場の内に潜り込んだうんのは2周1Mも的確に回り、2着の座をものにしました。本日は住之江デイリースポーツ杯争奪サザンカップ初日に出場中のいとこ海野康志郎も連勝と、どちらのうんのも頑張りましたねヽ(・∀・ )ノ
派手な女王様ボートでかなえ様がウイニングラン

 さて、既に総理杯出場権を持っていた横ちんがめでたく女子王座を制したことでまちゃあき海賊団長の吉村正明が繰り上がり、SG初出場を決めました。おめでとうございます!ちなみに名古屋国際女子マラソンは「Qちゃんもがんばるので私も頑張りたいですね。」と優出者インタビュー(動画)で語った栢場優子より年下の高橋尚子が27位惨敗の衝撃でしたが、優勝した中村友梨香(ちなみに名古屋市交通局のプリカはユリカ)は天満屋の所属。そして3月29日朝に自分は天満屋バスステーションにいる予定だったりします。
まちゃあき横断幕シール



 結局節間101億2624万3700円を売上げ、目標の90億も期待値の100億も上回った女子王座決定戦でしたが、本日の朝は津競艇場に向かうファンを困らせるこんな事故がありました。

 6時50分ごろ、津市半田の近鉄名古屋線の踏切で津市神戸、自称派遣社員のボリビア人ルイス・グシ・ジョージ・ダニロさん(24)が無免許運転していた乗用車と名古屋発難波行きの特急「アーバンライナー」が衝突。ダニロさんが全身を強く打つなど重傷を負った。乗員・乗客74人にけがはなかった。 現場は遮断機のある踏切で、津署の調べでは踏切の遮断機が根元から折れ、路上には車のブレーキ跡が無かった事からルイスさんが遮断機の下りている踏切に突入したのが原因とみている。この事故で近鉄名古屋線は津新町-伊勢中川間の上下線とも運休していたが、同日15時過ぎに運転を再開した。

 と、交通ルールを守らないドライバーのせいで現地参戦組は一苦労したでしょうね。そんな本日の自分は女子王座と多摩川四市競艇事業組合40周年記念3日目を昼間発売していたボートピア習志野へ。BP習志野では全国発売競走時にご当地料理を期間限定で出すのですが、今回は伊勢うどんと手こね寿司のセット500円でした。ちなみに前回の丸亀G1企業杯新鋭王座決定戦スペシャルメニューは讃岐うどんとたこ飯のセット500円でした。その時宮本紀美&横西奏恵トークショーで生横ちんがいましたね。習志野でも横ちんの人気は高かったのです。
BP習志野女子王座キャンペーンメニュー「伊勢うどん+手こね寿司」のんちゃん&横ちんトークショー


鳴門商工会議所会頭杯優勝戦

 鳴門商工会議所のタイトル戦はキハ75快速みえこと1号艇黒崎竜也(三重)が枠なり3vs3のインから14の快速攻で押し切り、カミンズ社製350馬力エンジン×2に例えられる軽快な足で水面を駆け抜け昨年3月桐生JLC杯以来となる通算7回目の優勝。順走の2号艇遠藤晃司が2着。

 ちなみに黒崎の愛称となりつつある快速みえは名古屋と津を1時間以内で結ぶ気動車快速。そして「快速みえ得ダネ4回数券」を使うと名古屋と津を1枚あたり750円で移動できます。通常なら1230円、近鉄特急なら1850円ですからこれはお得ですね。カミンズエンジンのエキゾーストノートと1時間1本の運転本数と通常2両・最長4両編成という欠点に目をつぶれば速くて安い魅力的な快速です。但し、青春18切符使用時は別料金490円が必要なので注意。

徳山山口県モーターボート競走会会長杯優勝戦

 135/246の進入からイン07トップスタートをぶちこんだ1号艇井口佳典(三重)が2号艇島川光男の4カド攻撃をがっちり受け止める圧巻の逃走劇で通算23回目の優勝。地元女子王座に出ていた真弓夫人は予選序盤スタートぶちこめずに苦戦しましたが、夫の方はオール2連対で貫禄のV。女子王座最終日の本日は三重支部選手も2優勝と絶好調でした。
 後続は4号艇牧宏次が5号艇廣光尚治を叩いての差しで2番手、順走の3号艇吉田一郎と外マイになったミツオが牧を追いかける展開になりましたが、2Mでイチローとミツオが牽制しあう間に小回りの廣光が浮上し、イチローを捲りきったミツオと廣光で3番手併走。2周1Mでは内から飛び込んできた廣光を牧が包みきるのに手こずり、廣光を差したミツオが牧にも接近。2番手を守った牧は2周2M先行するも流れ、ここで内に潜り込んだミツオが遂に牧を捕らえます。そして3周1Mミツオが牧を張って飛ばし逆転2着。張られた牧を差したイチローが逆転3着となり、激しい2着3着争いの末に3連単は340円という一番人気決着となりました。

福岡日本モーターボート選手会長杯争奪戦優勝戦

 125/346の進入から1号艇平田忠則が3号艇飯山泰のカド捲りをしっかりブロックした無敵・素敵・完璧!な逃げで昨年末の歳末特選レースから当地連続Vの福岡V4にして通算29回目、今年は早くも3回目の優勝。先輩占部彰二が応援に駆けつけて気合いが入ったそうです。2着は順走の2号艇森永淳でした。

 福岡次節は13日から16日までいよいよお待ちかね燃える闘魂!アントニオ猪木杯。4日間とも三国G1北陸艇王決戦との併用発売ですが、最終日に実施されるアントニオ猪木トークショーに地元97期コンビの池永太西山貴浩が参加する事になりました。このイベント及び表彰式の司会は大串理彩キャスターが務める予定なので、行けない自分としてはKYOTEIブログ〜理彩日和でのイベントリポートに期待してます。

蒲郡弥生特別優勝戦

 グリーンチャンネルを放映するBP習志野2Fで見た中山G2報知杯弥生賞は中山2000mの鬼マイネルチャールズが3連勝を飾りナンテコッタイドンガバチョになったのですが、こちらの弥生特別は1号艇上田隆章がイン04トップスタートの速攻で確固たる逃走態勢を築き2006年1月福岡スポーツニッポン杯争奪戦以来となる通算10回目の優勝
 後続は人気対抗格の2号艇倉谷和信が差しに構えるも上田の引き波にはまる盆倉谷で失速。捲った3号艇堤健一と差した4号艇長野壮志郎の2着争いになり、2M全速で長野を包みきった堤が2着。捲られた長野はここで引き波にはまり、長野を差した倉谷が3着。 

桐生JLC杯優勝戦

 152/346の進入から1M先制の1号艇星野政彦と2コース差しの5号艇深川真二による一騎打ちとなりますが、深川の差しを振りきったほしのが通算49回目の優勝。この優勝はほしの人生最高の秋だった大村G1海の王者決定戦以来でした。

【明日の予告】

 4日間開催ながら優勝賞金114万円の多摩川四市競艇事業組合40周年記念優勝戦は以下のメンバーに。

1:小畑実成 2:湯川浩司 3:藤丸光一 4:古谷猛 5:市川哲也 6:峰竜太

 初日四市組合選抜から5人が優出。一角を崩したのは岡山のベテラン古谷猛58歳でした。そして一角を崩されたのは地元の元府中市民熊谷直樹でした。それはさておきレースの方は節間オール2連対のイーグル会長小畑がSGV2湯川の差しを振り切れるのかが焦点でしょうね。小畑の成績が(1.2.1.2.1.2)と来てるので明日は1着になりそうな気はしますが。

池田居るねの江戸川競艇は最後も池田要るねの競走水面

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今シリーズ大いに活躍しました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。江戸川競艇の日本モーターボート選手会会長賞優勝戦の開始です。6精鋭が南寄りの風を背に受けながらレースコースへと進入してきました。どういった結果が生まれますか。6選手必勝を期してレースコースに進入です。ぐんぐんとスピードを上げてきました6精鋭がスタートをしました!優勝戦スタートを切りました!さあキーポイントの1M、トップスタート(12)を決めた1号艇池田浩二が伸びていく。2号艇岡瀬正人は差し狙いもなんとターンマークに当たってキャビテーション。これに4号艇前野竜一が追突してしまいました。更には今シリーズ選手代表の5号艇三品隆浩がこれを避けての減速を余儀なくされています。
 当面の相手と見られた岡瀬がもたつくのを尻目にすんなり先頭抜けました池田、当地は2003年G1モーターボート大賞以来約3年4ヶ月ぶりの登場とはなっていますが、そのブランクを見せつけることなく連日軽快な動きを見せました。
桜はまだ満開にはなっていませんが、1号艇の池田浩二選手は今シリーズはまさに桜花満開といったところでありましょう。(動画
かくして池田(゚∀゚)イルネを大いにアピールしました池田浩二が今年3回目・通算20回目となる優勝のゴールイン!
 池田は遙か前方も、猛然とつけまい放っていきました6号艇須藤博倫(83期3983)と外マイで岡瀬の難を逃れた3号艇古川誠之(83期3988)が2番手を争い、古川の上からぱくりんと食いついた須藤が2M古川を行かせて内に潜り込み、2周1M内の利で先制を果たした須藤が元気に2着のゴール。

桐生JLC杯優勝戦

 2コースから25のトップスタートを放った黒枠の2号艇黒崎竜也がスタート34と遅れたイン小野信樹を軽々捲りきって優勝。クロサギ通算V6というNEWSです。
 5コースから差した杉山正樹が2番手でしたが、大外差しも杉山に差し場塞がれて最後方の森高一真が2Mおっつけて杉山にはかわされるも3号艇滝沢芳行の進路を塞ぎ、タッキーの翼を折ることに成功し5番手に浮上。その森高、2周2Mでは小野を捲って4番手に上がり、更には3周1M4号艇鈴木唯由を捲って3番手に浮上。そしてなんと3周2Mエッジの効いたターンで杉山の内に潜り込んだ森高は杉山と同体に持ち込み、0.1秒差届かずの3着もF2の身で大いに見せ場を作る大健闘(動画)。渡良瀬橋から最も近い競艇場で春の嵐を呼んだ森高でした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ