ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

BOATRACE下関

【シーボー】ちょうふのBOATRACE下関【シーモ】

BOATRACE下関 今日はアプスシステム杯3日目開催中の下関競艇場へ2008年12月以来約3年半ぶりの本場観戦に行ってきました。
 今回の遠征メインは日曜の芦屋SGグランドチャンピオン決定戦最終日ですが、せっかくだから2日で2場行った方がいいじゃないかと思って今日は下関です。

シーボーとシーモ 場内ではマスコットのシーボーとシーモがお出迎え。
 ちなみに今日芦屋でなく下関にした理由は、下関が薄暮開催のアフターファイブレースだから遅い時間に行ってもたっぷり楽しめるからというのもあります。
 実際、着いたのは15時半過ぎでしたが後半6つをまるまる楽しめました。

長府駅 場は3年半前とあまり変わってませんでしたが、場そばの長府駅は駅舎新築で大きく変わってました。
 3年半前は地上駅舎で2面3線だった長府駅が、橋上駅舎で1面2線になってました。
 これにより駅は綺麗になってましたが、以前あった立ち食いうどん店が無くなってしまいました。

下関HPが水神祭などの限定MOVIEを集約して公開

ブログネタ
競艇 に参加中!
 シーボート下関はHPで表彰式があった開催の動画を一般戦でも公開してくれる場ですが、それに加えて18日付けで新たに水神祭などの下関オリジナル動画をひとまとめにした「ココでしか見れないMOVIE」コンテンツが公開されました。
 コンテンツ名は「Shimonoseki MOVIEs」です。

 Shimonoseki MOVIEsで現在公開されてる動画は以下の8つです。

4578藤山雅弘選手(大阪)デビュー初勝利 水神祭
3036吉本正昭選手(山口)1,500勝達成 水神祭
4479矢野真梨菜選手(福岡)デビュー初勝利 水神祭
4481前田梓選手(愛知)デビュー初勝利 水神祭
3774横西奏恵選手(徳島)1,000勝達成 レースリプレイ[2011.5.8 第7R]
3774横西奏恵選手(徳島)1,000勝達成 水神祭
4244鈴木成美選手(静岡)デビュー初優勝 レースリプレイ[2011.5.9 第11R]
4244鈴木成美選手(静岡)デビュー初優勝 水神祭


 全ての水神祭でビデオカメラが回ってたわけではなさそうなので、昨年9月の西京波者結成1周年記念でデビュー初Vを飾った地元末永祐輝の水神祭など動画が無いのもありますが、それでも下関の動画コンテンツは24場の中でもかなり充実してると思います。

さらば下関準優ファンファーレ

ブログネタ
競艇 に参加中!
 日曜日は職場のPOG会議でした。指名馬に関しては月曜付で公開します。
 ということで、日曜付は下関をはじめとする3場の優勝戦を紹介。

下関日本スポーツエージェントカップ争奪戦優勝戦

 バルセロナオリンピック71kg級金メダリスト古賀稔彦、プロボクシングWBC世界Jフェザー級チャンピオン畑中清詞、プロトランポリン選手中田大輔、そしてヴィーナスアスリート中西裕子りんが所属する日本スポーツエージェントのタイトル戦。

 レースは枠なり3vs3の進入から1号艇上之晃弘が2号艇原田秀弥の捲りをブロックして押し切り、今年2回目・通算5回目の優勝
 原田秀弥は差してきた4号艇海野康志郎(山口)を2M全速包んでかわし2着。

 ところで、今月からファンファーレが新しくなりましたがBR下関も今節から新ファンファーレに。
 そして、下関準優勝戦だけで使われてた旧ファンファーレも、予選と同じ通常のBOATRACEファンファーレ(動画)に統一されてしまいました。

 もうひとつ。BR下関では29日から始まる男女混合戦WEB競艇TV杯争奪戦特設サイトを開設。
 写真を全面的に押し出した新全国スター魚谷香織特集もあります。
下関競艇準優勝戦ファンファーレ使い納めレース


常滑黒松特別優勝戦

 チルト+3度の3号艇澤大介が大外に出た124/563の進入から、5号艇樋江井愼祐(愛知)が09トップスタートを決め、2007年7月宮島フマキラーカップ以来の優出だった樋江井ざんは澤捲りに激しく抵抗するも澤大介は樋江井ざんを捲りきり、次に抵抗した1号艇今村暢孝も捲りきりますが、先頭に立ったのは澤大介でなく小回り差しに徹した2号艇上平真二
 澤大介と今村暢孝がやり合う展開がどんぴしゃにはまった黒枠の上平真二は通算25回目の優勝

 2番手の澤大介に対し、2M外に持ち出した今村暢孝が2周1Mでは一転切り返して澤大介の内に潜り込み、押っつけ気味に艇を合わせきって逆転2着。
 ここ小回りの4号艇倉谷和信も澤大介に艇を合わせて同体に持ち込み、2周2M先行して逆転3着。

スポーツニッポン杯争奪蒲郡ボート大賞優勝戦

 競艇からBOAT RACEになり、俄然タイムリーなレース名になった蒲郡ボート大賞。
 レースはピット離れ遅れた5号艇福島勇樹が回り込んでカド受け4コースに入った1235/46の進入から1号艇重野哲之が3号艇川北浩貴の捲りを張りに行った展開を突いてゆーき王子が捲り差しを決め先頭。
 ピット離れ遅れたのが逆に幸いしたゆーき王子は2Mマラソンマン重野の差し返しを振り切り、以降も追撃する重野を振り切って、デビュー初Vだった2003年7月蒲郡ボート大賞を含む蒲郡ボート大賞V2で蒲郡V4・通算14回目の優勝

江戸川一般競走2日目

 南寄りの強い風が吹いて前半6個レースが2周戦だった江戸川。第2Rでは1周BS後方で6号艇浜田博が南バック向かい風9m波高15cmの水面にひっかかって転覆する出来事もありました。

 今節は4日制の為、3日目は早くも予選最終日。以下は2日目までの得点率上位者です。

10.33宮地秀祈 9.67山崎毅 9.25島川光男 9.00松本勝也 8.50白水勝也 8.00嶋田貴支 7.75中西宏文 7.67谷口勝田中定雄竹腰正樹
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ