ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

JRAサンクスデー

【OgreBattle】赤鬼大賀広幸が前付け大成功とお伝えしておきます

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 走る軍艦島であります山口博司48歳が1号艇は平和島東京中日スポーツ杯優勝戦スタート展示は123465で5号艇杉山貴博チルト+3度とお伝えしておきます。
 しかし本番さあ早くもアクシデントか。3号艇大賀広幸が動きました。3号艇大賀ここは掟破りの1コースを取ってきます(動画)。1号艇山口は2コースとなってしまいました。
かくして3/12/465となった本番はベイ吉アナ一押しのチルト+3度から捲り一発決める予定の杉山が27とスタート遅れてしまいます。これで赤鬼と化してインを奪った大賀には有利な展開となり、ぐぐっとかかりが抜群に効いたターンで山口を牽制し、3コースの中岡正彦をも見事にブロック。深インを鋭いターンで克服した大賀は奇襲前付け成功で通算55回目の優勝とお伝えしておきます。
山口が行き場を失い、中岡も力無い外マイとなった展開を突いて5コース捲り差しから2番手に来たのは人気薄の6号艇草場康幸。草場は2M突っ込んできた山口を行かせて捌き2着を取りきりました。
2Mで草場の2着がほぼ決まり、HSでは山口と中岡がラップ。内の山口が優位に進めてましたが2周1M出口で山口がまさかの振り込みでどうした後退。軍艦沈没とまではいきませんでしたが3着争いからは完全に脱落、平和島巧者の中岡が3着であります。

三国しわす第3戦優勝戦

 2006年、一足お先にラストシリーズ。今年最後の勝利へと懸ける思いをいまここに。いよいよ水上はしわす第3戦優勝戦第12Rを迎えています(動画)。年の数と同じだけのVゴール狙います3号艇荘林幸輝51歳がスタート展示よりも積極的に動きインコースに入り、自力で1枠掴んできました渡邊雄一郎20歳は2コースになり進入はインから315/246の順です、スタートしました。
差し合戦の様相を呈する混戦の1Mをスパッと割ったのは大外捲り差しで抜け出した6号艇原田秀弥。トップでゴールインした原田○やは三国初優出の初優勝、通算ではV3です。
混戦の2番手は5コースから差した小林茂幸が2M先マイも流れ、2コース差しの渡邊雄一郎が2Mバランスを崩しながらも小林を行かせての全速旋回で抜け出し2着ゴールイン。大阪ワンツーとなっています、以上でございました。

津G3企業杯マキシーカップ優勝戦

 三重交通自慢のハイデッカー貸切観光バスMAXYのタイトルが付いた企業杯はインから逃げの体勢を作った山本浩次が前走地徳山JLC杯競走に続く2節連続通算38回目の優勝
2コースから斬り込んだ守田俊介が2番手、4カド2番差しの瀬尾達也が3番手で、大外から捲り差しを狙った香川のロナウジーニョ小野寺智洋は4番手でしたが2Mでしゅんしゅんが波にひっかかってしまいもたつき後退(動画)。内を突いた瀬尾と外から握ったロナウジーニョで2番手併走になり、3周1Mを先に回った人気薄のロナウジーニョが瀬尾に競り勝ち3連単は2万舟。津でもりとたつやと負かしての価値ある2着で津。

唐津優勝戦

 初雪が舞い降りた唐津水面を制したのはイン12トップスタートの速攻戦で魅せた勝野竜司。唐津2回目・通算23回目の優勝です。唐揚げにカツに竜田揚げ、揚げ物にも色々ありますが最後は勝野が勝つの。
後続は4カド捲り差しの長野壮四郎に大外捲り差しの細川明人が差無く続く展開で、2M内突っ込んで先マイの細川を行かせて差した長野が一度は単独2番手となりますが、2周1Mで長野は3号艇吉永泰弘に突進されて4番に後退。しかし2周2Mで長野が切り返しからの先マイで挽回に成功してのHS3艇併走から3周1M内の吉永につけまいを食らわして混戦を抜け出しました。

大村日本MB選手会長杯争奪戦3日目

 通年薄暮開催の大村競艇、11時15分過ぎの発走となる1Rは生憎の雨で北西左横風9m波高8cm。インの東京都港区三田系レーサー西本二郎(福岡)は16スタートで2&3コースの04スタートに対してスリット劣勢でしたが、2&3コースがやり合う間に逃げの体勢を固めて1着
でも本題はニンニクヤサイアブラカラメのジロリアンではなく、6コースにいた森久保亨(東京)。どさくさに紛れて99のタッチスタートをやらかしてます。(動画

JRAサンクスデー

 ということで今日は12時頃に中山競馬場へ卓上カレンダー「Challenge for Dreams〜世界の舞台を駆け抜けた名馬たち〜」を貰いに行ってきました。カレンダーに出てる馬は以下の通りです。

表紙と1月ハーツクライ
2月エイシンプレストン
3月アグネスデジタル
4月デルタブルース
5月トゥザヴィクトリー
6月シーキングザパール
7月アグネスワールド
8月タイキシャトル
9月エアシャカール
10月シーザリオ
11月エルコンドルパサー
12月ステイゴールド



 卓上カレンダー貰ってPOG馬クランエンブレム出走の7Rと東西重賞の馬券買ってクランちゃんが8着惨敗してどよ〜んとなったところで銀髪の王者松井繁の事を考えつつ競馬場内臨時出店の銀だこを食べて小腹を満たし、食べ終わったところでちょっと本八幡へ。本八幡の王者魂麺まついでメインディッシュです。
 たこ焼きに魂麺まついの王者フルコースで腹を満たしたところで、やっと次の目的地ボートピア習志野です。着いた時は丁度中山メインのG3女子リーグフェアリーステークス発走時間だったので先ずは2Fで松岡俊道アナ司会のグリーンチャンネルを視聴。POG馬マイネペローラがブービーに敗れた上にナンテコッタイドンガバチョな馬が2着に来るいや〜んな結果でした。

 失意の中山から競艇モードに切り替え、本日発売の平和島及び尼崎G3女子リーグクイーンロード準優勝戦(本日の売上5億2753万2400円)、それに常滑ドラゴン大賞準優勝戦のラスト2Rずつ&ナイターの蒲郡ナイトキング決定戦2日目を検討。短時間だけど4場併売だからレース数は多いのです。で、競馬競艇全部合わせて当たったのは帰る寸前の蒲郡6Rだけ…。

 今日が3度目のBP習志野でしたが行く度に人が増えてて今日が一番混んでました。指定席も2Fあかねビジョン200円と3F茜倶楽部シングル席4000円とペア席6000円は完売。江戸川が開催してない日曜日というのもあるんでしょうが初回の入りと比べたら大分活気が出てきましたね。22日にはモンスター野中和夫選手会長が来場します。元選手コンビ・鍵和田勇か羽尾勉のどちらかも競艇大学と銘打ち、メインホールのそばで毎日予想してます。
Challenge for Dreams〜世界の舞台を駆け抜けた名馬たち〜馬まかせの人生なんて淋しすぎるぜ、マイフレンド。

GOLDEN BOYS2006。新鋭王座決定戦ファン投票は21日まで

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 来年の話をすると鬼が笑うといいますが、来年1月23日から始まる大村G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦で行われるドリーム戦と企画レース「イケメン選抜戦」のファン投票が12月21日24時まで特設サイトGOLDEN BOYS2006にて行われています。ドリーム戦に関しましては携帯マクールでも行われています。
 ドリ戦とイケメン戦のファン投票はちょっと違いがありまして、イケメン戦の方は6人選ぶのですがドリ戦は3人だけですので注意が必要です。自分はドリ戦を週前半に携帯マクールから、イケメン戦を週後半に特設サイトから投票しました。2つのレースに投票した選手は以下の通りです。

【ドリーム戦】

岡崎恭裕(94期の出世頭は既に通算V3・G1も経験済)
峰竜太(95期の出世頭は既に通算V3・峰竜太におまかせ!)
福島勇樹(元祖・国体で沸かせた早実のゆーき君)

【イケメン選抜戦】

岡崎恭裕
峰竜太
福島勇樹
古賀繁輝(刺激的な94期のやまとチャンプ)
稲田浩二(デビュー4ヶ月で優勝の94期超キラ星)
吉村正明(唯一のG2ウィナーで記念レーサー不在の今回は一番の格上)


 思いっきり重複してますね。投票の傾向としては94期・95期のフレッシュな選手を重視しました。最年少の岡崎(1987年1月10日生まれ)と最もキャリアが短い峰竜太は今大会の最注目選手です。

【日曜競馬キルトクール】

 女子リーグ戦中山G3フェアリーステークスのキルトクールはサンタフェソレイユ。1400m〜1600mで戦ってきた同馬に1200m戦は流れが合わないとみてキルトクール。
 ところで、当日はISU Grand Prix of Figure Skating Finalなのでニシノマオが飛ぶ確率は0に近いでしょう。この馬の複勝は堅いですよ。

 ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースである新設重賞G2阪神カップのキルトクールは4歳牡馬シンボリグラン。この馬、人気になると鼎膿裕でだとヒモで穴を出す馬なので2番人気濃厚な今回は飛ぶ番と見てキルトクール。3着に来たらメンゴ。

 ところで、日曜日はJRAサンクスデーということで開催3場の入場が無料になる上に卓上カレンダーまで貰えてしまいます。G1の谷間にこういう趣向を持ってくるとはうまいですね。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ