ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

KEIRINグランプリ

長野通算V6!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 歌手の井上昌己が音楽賞レースのグランプリを獲得…ではなく、アテネオリンピック銀メダリストの井上昌己KEIRINグランプリを獲得した30日ですが、KEIRINグランプリ当日に自分の自転車がパンクした今夜は勤務終了後に大山の肴菜yaで名古屋から帰京中の田中信一郎(仮名)さんたちと忘年会。その席上で2009競艇POG会議も開いたので顔ぶれは元旦にでも紹介しようかなと。そして嬉しい電話も掛かってきて、大晦日出勤の予定だったのが替わりの出勤希望者がいたおかげで大晦日は休みに。これで30日の夜は終電気にせず酒が飲めて、大晦日は濱野谷憲吾がいる多摩川競艇に行けるわけです。ということでこれ書いてるのは大晦日の朝9時。


福岡歳末特選レース優勝戦

 福岡4人vs広島2人の対決になった一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇西島義則(広島)が09スタートも、11スタートの3号艇・光の巨人長野壮志郎(福岡)がTake me Higherなよしもと高みあるつけまい強襲決めて先頭。しかし小回りで2番手に残したペリカンさんは2M差して長野と同体に持ち込みます。ですが、2周1Mで54.2kgのペリカンさんに対し56.4kgの長野がまたも重みあるウルトラつけまい浴びせ、再び単独先頭に。2周2Mペリカンさんの差しを振りきってマッチレースを制した長野は今年3回目の優勝。90期生として2002年5月11日に芦屋一般競走でデビューしてから6年7ヶ月、少年野球チーム飯塚レパーズから福岡第一高校を経て競艇界に入った筑豊ブラックダイヤモンズの長野は遂に通算V6メンバー入りです。


尼崎アクアコンシェルジュ杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走優勝戦

 正月扱い賞金の年末名物レースは枠なり3vs3の進入から3号艇安田政彦が26とスタート凹み、対照的に08トップスタート決めた4号艇廣瀬将亨が一気の絞り捲りで今年4回目・通算7回目にしてセンタープール初優勝。捲られるも立て直して艇を外へ持ち出し、二段捲りのような感じになった2号艇金子龍介が2着。
 尚、これがデビュー初優出だった尼崎地区スターの6号艇長岡良也(97期4356)は1M差して3番手航走も、2周1Mで唯一の外様・5号艇村上純(岡山)に押っつけられて並ばれてしまい、2周2M先行を許し4番手後退。そして3周1M振り込んで選手責任転覆を喫してしまい、センタープールで泳いでしまった長岡良也は苦水を飲んだ初優出になってしまいました。


びわこ年末ファイナル競走優勝戦

 三重が三人乗艇して三重三重ジェットストリームアタック番組になった一戦は152/346と5号艇古場輝義(富山在住大阪支部)が2コースに入り、1Mは古場が外を止めての握りマイで三重勢をブロック、古場にガードされた1号艇太田和美(奈良在住大阪支部)がF休み明けなんのそので今年3回目・通算44回目の優勝
 後続は3号艇島川光男と黒い2号艇安達裕樹(三重)の差しが優勢で、これに4号艇新田雄史(三重)の捲り差しが続く展開。2Mは内のミツオが安達に押っつけながら先行するも流れ、ミツオを行かせた格好の安達は差してきた新田に押っつけられ、HSでは新田が4番手から2番手争いの主役に浮上。安達を締め切って新田に艇を併せてきたミツオを新田は2周1M内有利に先行して振りきり逆転2着と三重勢最先着。

江戸川京葉賞4日目+KEIRINグランプリキルトクール

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 30分以上延びた第4Rを筆頭に発走遅延が目立ちました京葉賞4日目の江戸川ワールド。20分以上延びたオープニングの第1Rでは1号艇永田秀二と4号艇大西賢が外に出て235/614の進入に。イン戦が転がり込んだ2号艇鹿島敏弘は好機生かせずにずぶずぶに差されて2M4番手ターンとなってしまいましたが、ここからがスーパーとしひろ。差しハンドルでHS内に潜り込んだ鹿島は2周1M内の利で艇を伸ばしてトップ旋回。4番手から一気に先頭に立つスーパーとしひろぶりを見せた鹿島は食らいつく6号艇廣光尚治を3周1Mで振りきり、自身江戸川初1着

 第10Rが始まりました。差して先頭の2号艇蜷川哲平、それを1号艇内山文典と2番差しの3号艇川名稔が追いかける展開になりましたが、ピンポンパンポン♪蜷川は+09、川名は+05の返還欠場(返還額2101万8100円)で2番手から繰り上がった内山前東京支部長が1着とお知らせいたします。
 ということでここまで5戦4勝3着1回と優出当確ペース、3日目第5Rでは通算400勝も達成したTokyo bay piratesの蜷川はFに散り、今年は川名共々優勝無しで終える事になってしまいました。

 11Rが始まりました。初日江戸川選抜で通算1399勝目を達成した後4連続2着と足踏みが続いていた3号艇熊谷直樹がここで4連続2着の鬱憤を晴らすクマ3コースつけまいを決め通算1400回目の1着を達成しました。尚、本日第5R4着をもって赤坂等が私傷病の為に帰郷しております。


 4日目を終えて得点率上位はこうなっております。

作間章9.57 熊谷直樹9.50 金田諭8.83 藤生雄人8.33 浦田信義8.14 関口智久7.33 牧宏次7.17 本橋克洋6.67 渡辺豊6.50

 蜷川散ってもベイパが今シリーズをリード、ということでベイパの2人が上位を独占。5日目は今シリーズ選手代表のさくまが11R1号艇1回乗り、くまが第8R6号艇と12R1号艇になっております。

浜名湖年末謝恩レース!クロッキーアタック優勝戦

 年間V6狙う4号艇大場敏が動いて142/365の進入になった頂上決戦は3コースからの捲りを決めた2号艇安達裕樹が今年も通算も3回目の優勝。神戸カンパニーの頼もしき兄貴分・1号艇松本勝也は安達に捲られたものの、旋回半径極小のインモンキー(動画)を決めて2着に残してます。

若松JLC杯争奪クリスマスナイター優勝戦

 今年最後の開催にして新モーター最初の開催は最終日6億3121万5900円を販売。優勝戦は142/356の進入から1号艇川上昇平が波高8cm西向かい風8mの悪コンディションを乗りこなして逃げ切り、2004年お盆大村九スポ杯争奪長崎県NO.1決定戦以来となる通算27回目にして若松V6となる優勝。後続は捲った5号艇松村敏が2番手、捲り差した6号艇島田一生が3番手でしたが、2Mで外ぶん回した松村のターンがバタついて流れたのに対し、島田が内を的確に回って着順が入れ替わっております。

唐津RKBラジオ杯さよ姫賞優勝戦

 聴いててよかった。RKBラジオさよ姫賞最後の戦は枠なり3vs3の並びから捲り差した3号艇太田雅美(佐賀県)と差した4号艇新田芳美の争いとなり、内の利で2Mを先制した新田が唐津初・通算7回目の優勝。地元初優出で通算V2を目指した太田雅美は惜しくも2着でした。

立川KEIRINグランプリキルトクール】

 NO KEIRIN, NO LIFEのキャッチコピーを強烈に意識した魚谷智之オフィシャルブログ「No Boat No Life」でも魚谷智之が注目を呼びかけているKEIRINグランプリのキルトクールは山崎芳仁伏見俊昭ライン。理由は自分の車券が小嶋敬二-渡邉晴智ラインの予定だから。コジマとヤマザキのラインは両立しないとみて片方はキルトクール。
 「馬で武豊さん、舟で魚谷さんから買って負けました。その分も取り返さないと。」とリラックスムードながらも闘志に燃えているコジマの激走に期待しております。そういえば、地方競馬のメッカTCK大井競馬場に39027人を集めて地方競馬レコードの25億20万7900円(1日合計45億5670万1800円)を売ったG1東京大賞典は、コジマ一押しの武豊がヴァーミリアンを年間G1V4に導きましたね。果たしてコジマは武豊に続けるかどうか?

さらば吉岡稔真!京王多摩川は吉岡コールに包まれた

ブログネタ
KEIRIN に参加中!
 今日は京葉賞初日にしてまぐろ解体ショーの江戸川競艇場へ足を運んだ後、京王線直通急行で多摩川カップW準優勝戦
ではなく京王多摩川駅そばの京王閣競輪場へ。元旦以来の京王閣参戦です。
 本日の開催は全国競輪場施設協会(加盟各社:西武鉄道株式会社・株式会社京王閣・松戸公産株式会社花月園観光株式会社三生興産株式会社富山地所株式会社)会長平野末吉氏の功績を称えたF1開催平野末吉杯と、平野末吉杯終了後の最終レースに行われるGPKEIRINグランプリ
グランプリだ!京王多摩川駅前の京王閣

 今年一番の売上を残したF1開催平野末吉杯の頂上決戦S級決勝は地元の高橋大作がそうかイに勝ち全国競輪場施設協会会長平野末吉氏本人から優勝杯を貰い、地元バンクで大吉な年の瀬となりました。
 次いで末吉杯の後に行われたメインレース吉岡稔真引退記念KEIRINグランプリは1970年6月15日生まれの65期吉岡より1つ年上の1969年12月13日生まれな64期有坂直樹がグランプリ初優勝。デビュー僅か2年未満の1992年3月に前橋日本選手権を優勝したのを皮切りに同年は平塚KEIRINグランプリ始め特別競輪V3、以降も数々の実績を残し第一線で活躍してきた吉岡からバトンを受け継いだのは遅咲きの年上選手有坂でした。
 そして紙吹雪舞う演出があった有坂の表彰式に引き続いて吉岡から重大発表が。それは大方の予想通り引退発表で、吉岡の両親も出席した引退式は数多く残った場内のファンから声援と別れを惜しむ声が。そして吉岡コールに見送られてバンクを去りました。レースでは勝負所後方に下がり最後まで後方ままの最下位でしたが、引退式でこの日の主役といえる存在感を残した吉岡でした。
 吉岡の引退に際して有坂からもこんなコメントが。
吉岡君がこのレースで引退しましたが、歳も一つしか違わないし、期は一つ下なんですけど、自力でやっていた時は吉岡君と勝負していたんですけど、やっぱり近い年代で、しかも超一流の選手がやめてしまったことで、今までは引退とかあまり考えていなかったんですけど、自分も第二の人生を考えなきゃいけないのかなと思ってしまいました。本当にご苦労さまと言いたいですね。」 

【江戸川競艇の近くには京葉道路】

 A1が5人登場の今シリーズ京葉賞は元旦が中休みで新年4日が最終日の5日間シリーズ。シリーズ4日目の新年3日にはW準優勝戦が行われます。現A1と現A2が3人ずつ集まった初日メイン江戸川選抜は1号艇のA1川名稔が5コースつけまいから道中も追いかけてくる5号艇のA1齊藤仁を振り切り1着。2着には今シリーズ優勝候補筆頭の東京ダービー王齊藤が入り、3着には3コース捲り差しのA1桑原淳一が大外差しから2M先マイのA2佐口達也を2M差して3番手に上がり、以降も追いかけてくる佐口を振り切った結果A1トリオが上位独占です。
 但し、この級別は今シリーズが最後で新年からは新級別。新級別だとA1は齊藤と佐口と2号艇福島勇樹の3人で、川名と桑原はA2陥落で4号艇前田光昭は引き続きA2です。

【年末レースにして正月レース第一弾早くも終了】

 紅白の大トリはサブちゃんのまつりです。尼崎競艇もいよいよ祭りの時を迎えます。年末レースながら正月レース扱い(過去は京葉賞も同じ扱い)の尼崎サンテレビ杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走優勝戦は亥年になる前から猪突猛進、勝利への一途なレースが自慢であります大阪在住兵庫支部白石健が内3艇のスタートが遅れた事もあって一気に一途に4カド捲り。そのまま突き抜けたシラケンがサンテレビ杯でサン然と優勝です。表彰式では嬉しさの余り号泣のシラケンでした。
直外5コースからの捲り差しでシラケンに続いた優出メンバー中唯一の遠征選手前本泰和(広島)が2着に入り、イン33と散々なスタートだった吉田俊彦はシラケンと前本に捲られた挙げ句、2周2Mで振り込み大きく離れた最下位入線であります。以上でございます。

びわこ滋賀県競走会会長杯争奪年末ファイナル優勝戦

 高濱芳久が堂々優勝した昨年は王者松井繁参戦(12月24日12R1着)のプチ賞金王決定戦として大いに注目を集めた年末ファイナル。
 今年はデビュー初優勝目指すチルト+1度の澤大介が注目を集め4カド15スタートから捲り敢行も、インの玄馬徹が抵抗。澤と玄馬がやり合う現場を5コースからの捲り差しですり抜けた野添貴裕が、追いかけてくる玄馬を2M牽制気味の先マイで振り切って通算20回目の優勝。玄馬が野添に牽制されてる2M現場の内を3コース差し3番手からくるりと通過して抜いた松本博昭が2着です。
 ところで、吉岡稔真36歳引退のこの日に吉岡政浩39歳はファイナル2号艇もいいところなく5着でした。

福岡歳末特選レース優勝戦

 1号艇イン池本輝明が4号艇ながら人気の中心荒井輝年の4カド捲り差しを振り切って、今節もイン受難だった福岡でイン逃げを決め通算25回目の優勝
後続は、博多巧者小畑実成が5コース差しから一度は荒井を差し切るも2Mでターンが膨らんで荒井に差され、荒井が一番人気の意地を見せて2着に入り小畑は3着なり。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ