ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

KIRINCUP

【ヒゲダンディKAZUYA】蒲郡キリンカップ【サムライブルージョー】

ブログネタ
競艇 に参加中!
キリンハートランドビール 「選手は一節間当然の如く、禁酒を余儀なくされます。飲んで自分が酔えない分、水面上でファンを酔わせる為に戦います。グレード3のKIRIN CUP、いよいよ豪華メンバーによる優勝戦であります。(動画
 と、高橋貴隆アナの実況が年間で最も冴える開催のひとつである蒲郡競艇の企業杯G3企業杯KIRIN CUP優勝戦

 「キリンビールはホップを追求。この人は究極のイン戦を追求いたします。」1号艇大嶋一也
 「動いて来ているその存在こそがレースに苦みを与えるインパクト。」サムライブルーの4号艇上瀧和則
 「贅沢な大人の黒。玄人もうならせますか」黒い2号艇深川真二
 「澄み切った旨さと贅沢。おハコの強烈ダッシュで一番搾りか?」スタート展示伸びたのは3号艇湯川浩司
 「心にグッと来る刺激感とコクの走り」ビール色の5号艇はイチロー似の太田和美
 「穴党ファンの幸せを呼ぶ四つ葉マークのグリーンハート。レースに対するハートも熱い」グリーンラベルの6号艇は平成のサムライ高橋勲

 進入は上瀧が大方の予想通りに動いた14/2/356の進入から江戸川浩司が10スタートでいい伸び見せるもKAZUYA.Oが05トップスタートで先行体勢。
 江戸川浩司は捲り差しに行こうとするも深川がドンと壁になり、KAZUYA.Oが江戸川浩司を張りながら1Mを先制して単独先頭に。
 「蒲郡はとにかく強い強いイン戦。これで4連続優勝でありますが今年V4であります大嶋一也。超豪華メンバーによって争われ、勝負の世界はそんなに甘くないと展開された糖質0の攻防。その頂点には大嶋圧勝のイン逃げでありました。ファンを酔わせたのは大嶋一也。明日は皆さん素晴らしいレースの二日酔いにご用心でありますが1号艇の大嶋一也。頼もしい、強い、そしてダンディ大嶋。先頭1番の大嶋一也優勝のゴールイン。
 ということで通算76回目の優勝は今年4回目の優勝ですが、内訳は蒲郡3回丸亀1回と全てナイター。52歳にして夜に目が冴えるダンディであります。
 2番手は上瀧と和美の差し合戦になり、BS和美を締めて2Mを先行した上瀧がHS和美の差しを振り切って2周1M先行して2着を取り切り、艇界を代表するイン屋同士のワンツー。

 ちなみに表彰式ではキリンラガービール1年分をもらったKAZUYA.Oですが、ビール好きを公言するKAZUYA.Oといえばサントリーザ・プレミアムモルツのCMでお馴染みE.YAZAWAこと矢沢永吉をキャロル時代から敬愛する大ファンであります。
キリンラガービール1年分獲得のKAZUYA.O


児島「ガァ〜コの部屋」2周年記念競走優勝戦

 おとといの下関G1企業杯JAL女子王座決定戦で防府市出身で福岡育ちの岡山支部65期3435寺田千恵が発走前のスリリングなアクシデントと発走後の圧逃劇という寺田ショーで優勝してから2日、児島競艇の優勝戦は昨年の下関G1競帝王決定戦覇者の岡山支部65期3436柏野幸二が1号艇。

 その2009年度競帝王は6号艇荘林幸輝に前付けされて16/2/345と深インになるも、08トップスタートの速攻で深インを克服し、5号艇寺田祥(防府市)の差しを振り切って今年2回目・通算42回目の優勝はテラッチの同期競帝王とテラショーによるワンツー。

浜名湖アロマジックサービス(株)アロマスーパーアタック優勝戦

 ビル清掃や清掃器具のレンタルを主な業務とするアロマジックサービス株式会社のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇重野哲之(静岡83期3995)が10トップタイスタートも、同じく10トップタイスタートから捲ってきた3号艇赤坂俊輔を飛ばしに行った分流れてしまい、両者が喧嘩した展開に乗って差しきった2号艇石田政吾が今年2回目・通算51回目の優勝
 無念にも差されたマラソンマン重野は2M外全速握ってやや流れたところを5号艇内田貴士(静岡83期3985)に差されかけますが、マラソンマンは2周1M外全速戦で同期うっちーを振り切り2着。

 ちなみに、マラソンマンが2号艇で1着になった3月7日の今節2日目8Rは冠協賛競走「・・・水谷絵理誕生日記念?」でした。
 水谷絵理はゲーム「アイドルマスター」の登場キャラクターであります。
・・・水谷絵理誕生日記念?(浜名湖競艇:2010/3/7)


芦屋ボートピア勝山オープン16周年記念ゴールデンレース優勝戦

 専用場外ボートピア勝山(福岡県京都郡みやこ町)の開設16周年記念は江戸川競艇の護岸工事に合わせて2008年度から始まったゴールデンレースもここで一段落。

 2009年度最後のゴールデンレースは江戸川で活躍する東京支部飯山泰が5人の九州勢(うち4人が福岡)を相手に堂々1号艇でイン10トップタイスタートでしたが、6号艇江夏満(福岡)が前付け2コースに入った162/345の進入で江夏と2号艇石橋道友(長崎)がスタート遅れ、10トップタイスタートも壁無しになった飯山やすしは同じく10トップタイスタートの3号艇白水勝也(福岡)に抵抗及ばず捲られてしまい後方。
 そして、白水が捲った展開を突いて捲り差しを決めた4号艇川上剛(福岡県遠賀郡芦屋町)が先頭に立ち、1M効果的な小回り差しで2番手残した江夏に最後追い詰められるも先頭を守り、福岡支部優出4選手中唯一純粋芦屋系の91期たけし軍団長は芦屋2回目・通算13回目の優勝
 尚、白水は我勝手隊後輩の5号艇岡崎恭裕との3着争いを経て3周2M4番手で回った際に振り込んでしまい選手責任エンスト。

キリンカップ2009を始め8場の優勝戦

 今週開催されるキリンカップサッカー、日本代表は27日水曜日に大阪長居スタジアムでチリ代表、31日日曜日に国立競技場でベルギー代表と戦いますが、キリンカップサッカーより一足早く本日最終日を迎えたのはびわこ競艇のG3企業杯キリンカップ
 先ず昨日の10R準優勝戦について触れておくと、1着の5号艇川原正明が125/346の5コースから捲って勝つも、待機行動違反で賞典除外。3着の3号艇杢野誓良が繰り上がりました。

 かくして優勝戦は以下のメンバーに。

1:角谷健吾 2:吉田弘文 3:北中元樹 4:秋元誠 5:重成一人 6:杢野誓良

 枠なり3vs3の進入からHipHopモンキーケンゴが先行体勢も北中(今節選手代表)と秋元を牽制した分懐が開き、G1びわこ大賞優勝歴がある80期3899大津京弘文天皇の差しが入りそうな展開になりますが、弘文天皇の差しは若干キャビり気味で、そこを鋭く差しきったのは同期3908重成一人。
 重成一人は逃げ込むケンゴをも捕まえきって2Mを先頭で回り、昨年バレンタインデーの丸亀四国地区選手権以来となる通算28回目の優勝
 「男前ですんません。」という名言を残した表彰式では賞金200万円とキリンラガービールを獲得し、競艇マクール今月号では巻頭インタビューに登場している重成一人は31日日曜日にボートピア習志野でトークショーを行いますが最高のモチベーションで習志野にやってきそうなので、ますます当日が楽しみになってきました。


浜名湖ボートピア岩間開設5周年記念茨城新聞社杯

 新型インフルエンザ予防のため表彰式が中止になってしまった今節はレース名のボートピア岩間でも24日に起きたシステムトラブルの影響で本日臨時休館。ちなみに集計システムトラブルの影響で昨日の蒲郡競艇マクールカップ2日目9Rの発走が大幅に遅延(動画)し、10R以降の締切時刻が延長となりました。

 そんなトラブルに見舞われた茨城新聞社杯ですが、優勝戦はトーキョーベイパイレーツシーズンの1号艇齊藤仁に自身初の完全Vが懸かった一戦に。
 対するはトーキョーベイパイレーツシーズンにして、今節前にはIBS茨城放送サンシャイン・カフェSiestaにも出演して開催の宣伝をした茨城県民の2号艇福島勇樹王子。
 新旧ベイパの一騎打ちを予想した一戦でしたが、145/236の進入隊形から5号艇中野和裕が37と大きく凹んだのに対し、16トップスタートのゆーき王子はチルト+1度に跳ね上げた伸びで4カド捲り一閃。
 茨城ゴールデンレースだった昨年の4周年(3着)に続く優出だったゆーき王子は見事ご当地選手としての期待に応え、昨年10月の当地ボートピア玉川10周年記念福島民友新聞社杯以来となる通算8回目にして浜名湖連続優勝。小回り残した4号艇島川光男が2着。ゆーき王子に一本取られた齊藤仁は4着でした。

平和島日刊スポーツ旗優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山田竜一(東京)がジャストミートの05トップスタートで先頭に立ち、今年2回目・平和島4回目・通算37回目の優勝。副賞のワンセグ付きポータブルDVDプレイヤーを獲得した第1期ベイパ山田竜一の次節は上記の第2期ベイパゆーき王子と共に6月4日から江戸川本場再開記念です。
 2番手争いはつけ回った3号艇清水敦揮が6号艇滝沢芳行の捲り差しを振り切ってややリード。そして2M内の利で先行しようとするタッキーを外全速で振り切った清水は2周1Mでも内から先行しようとするタッキーを全速でつぶしていきました。清水の勝ち(動画)。

尼崎サンスポグリーンカップ争奪戦優勝戦

 「子供は学校。大人は競艇場へ。そんな日常、当たり前の風景がようやく戻ってまいりました。マスク姿はもうごめんです。カポック姿に燃えていただきます。(動画」な尼崎界隈のようですが、残念ながら今節も表彰式は中止だったサンスポGC優勝戦は125/463の進入隊形から05トップスタートの3号艇永井源がチルト-0.5度ながら愛知の永井まさに矢のような伸びで一気に絞り込みますが、伸び返した1号艇烏野賢太が1Mを先行して永井は捲り差しに。
 そして、永井の捲り差しを振り切った烏野は2号艇久田武(愛知)に差されそうになりますが、何とか振り切って2Mを先行し、愛知コンビの追撃を退けた烏野は今年2回目・通算69回目の優勝を2001年SG総理大臣杯を制した思い出の尼崎で達成。

芦屋BOATBoyカップ優勝戦

 福岡競艇を除く九州4場が本日優勝戦だったわけですが、締切時間が一番早かった芦屋6日間開催は節間10戦全勝の1号艇小野信樹(岡山)に完全Vと昨年12月2008ファイナルレースからの芦屋連続Vが懸かる一戦でしたが、123/465の進入から外2艇が12のトップタイスタートを決め、6号艇松本博昭の捲りを小野が張った展開を突いて5号艇片山竜輔(岡山)が捲り差しを決めて小野を差しきり、2M小野の差し返しを振り切った片山は芦屋3回目・通算35回目の優勝

唐津一般競走優勝戦

 九州4場のうち締切時間が2番目に早かった唐津5日間開催は4号艇石川真二G1江戸川大賞IN蒲郡優勝者)が好ピット離れも、節間8戦7勝2着1回の1号艇岡崎恭裕が枠を主張。しかし代償として岡崎は深インになってしまい、1/435/26の進入から岡崎は痛恨の38スタート。
 このスリット隊形から16スタートの石川真が先捲りも、11トップスタートの2号艇入澤友治(初代多摩川地区スター)がデビュー初Vかなえようと2段捲り。更に捲り差しの6号艇後藤陽介と小回りの3号艇古結宏も絡んできますが、艇を伸ばした石川真が後藤と古結を締め込みトップターン。差した入澤が続きましてHSでは2艇の先頭争いになりましたが、2周1Mで内に切り返して先行した石川真が入澤の差しを振り切って今年3回目・通算48回目の優勝をかなえました。

大村NCC長崎文化放送杯優勝戦

 九州4場のうち締切時間が昼間開催で最も遅かった大村準優3個制4日間開催はNCC長崎文化放送のタイトル戦。3日目の一般戦7R6号艇2着以外は全て1着の西島義則が1号艇の一戦は、126/345の進入から09トップスタートのペリカンさんが豪快なイン速攻で押し切り、通算70回目にして大村初優勝を準完全Vで達成。
 2番手は差し順走の2号艇山崎義明に2番差しの3号艇倉谷和信が迫り、更にはつけ回った6号艇・ミスターモンキンターン水野要も絡んで3艇接戦。2Mは倉谷を包んで先マイした山崎に水野の差しが迫り、HSは2艇の争いになりますが、2周1Mで豪快にミスターモンキンターンを捲った山崎が2周2Mでもミスターモンキンターンを包みきって2着を取り切りました。

若松マンスリーKYOTEIカップ優勝戦

 九州4場最後の開催は若松パイナップルナイター6日間開催。今節は芦屋との完全重複開催で、芦屋→若松の無料バス(途中下車は有料)を使ってはしごする現地参戦ファンにはたまらない日程。今節はナイター場外を行う各BPでも配布されてるマンスリーKYOTEIカップで、優勝戦は124/563の進入で1号艇今坂勝広が5号艇岩崎正哉の捲りに飛びつきながらもガッツで押し切り、今年4回目・通算36回目の優勝
 後続は差して2番手の4号艇吉田俊彦が差し続いた3号艇伊藤雄二を2M行かせて捌き2着確保。

【ちょっと贅沢な】エビスヨシカズあります。【お盆開催です。】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
蛭子能収杯初日出走表 昨日も文末で書いた様に、全国24場のトップをきって大村競艇場でお盆レースが始まりました。オープニングの1Rでは選手代表の太田国広長崎支部長が華麗なインモンキー!を決め込みましたが3艇に差されて4着発進。

 そして今節はちょっと贅沢な蛭子能収杯ということで10R11Rは長崎出身で競艇歴38年の蛭子能収さん選定による蛭子特選。10Rで地元唯一の参戦でした上之晃弘は4号艇2コース17スタートからイン10トップスタートの松本真吾相手に果敢な強つけまいをかまして松本を叩ききり、最終的には3コースと4カドに差されて3着だったものの強気な攻めと強気な進入はキラリと光りました。

 11Rは一転オール地元戦で、エビスさんがデザインしたTシャツの絵にケチをつけて酷評した山口博司が3コース21スタートから先捲りをしますが、この一戦に気合いを込めて髪を丸めたドラゴンズブルーの4号艇落合敬一が俺流まくり差しで山口博司を差しきり1着になっています。

 そして初日ラストは競艇界随一の芸能ファン芸能界随一の競艇ファンで知られるエビスさん選定の蛭子ドリーム。地元3人vs遠征3人の図式でしたが、1号艇赤坂俊輔(長崎)はイン25と2&3コースより遅いスタートながらも、2コース16トップスタートの飯山晃三(長崎)が早速と差しに構えた事もあり、赤坂は3コースから攻めた平田忠則(福岡)をしっかりブロックして逃げ切り1着桐生SGモーターボート記念大村代表になり勢いに乗る90期チャンプの赤坂俊輔、同じ長崎の森林太に開会式で「打倒赤坂俊輔」宣言される程ビッグな存在になったでしゅん。
 後続ですが、飯山が2コース順走から2M握り込んで2着になりまして、3着には4号艇4カド進入だった中嶋誠一郎(長崎)が3周2Mの差しで前を行くヒラチュウを0.1秒差逆転して入り、上位3艇を地元が独占。そして自分の舟券は遠征3人のBOX買いとまるで正反対(;_;)

【土曜日は平和島G3企業杯KIRINCUP準優

 首都圏初のW準優勝戦開催となる今節、準優は勿論得点率で番組を組んでるのですが、内から得点率11・9・7・5・3・1位で組まれました7RWチャレンジ準優勝前半戦のメンバーが偶然にも韻を踏んでいるにゃん。

メンバーは
1:池上裕次
2:川上聡介
3:秋山広一
4:新美恵一
5:魚谷智之
6:秋山直之


 内2艇が「上」、中2艇が「一」、外2艇が「之」だにゃん。9日は惜敗を惜しむジャパンにならないことを祈るオシムジャパン初戦キリンチャレンジカップ対トリニダード・トバゴ戦だけど、キリンチャレンジカップも連日熱戦の平和島キリンカップに負けない熱戦を期待するにゃん。でも熱戦でも「敗戦を惜しむジャパン」は厳禁だにゃん。

福岡ダービー、徳増秀樹ドリメン内定?&勝負師哲也1000勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日の話ですが、福岡SG全日本選手権のメンバーが発表されました。選考勝率8点以上の選手は以下の8人です。

山崎智也8.33
松井繁8.24
植木通彦8.23
西島義則8.20
徳増秀樹8.14
深川真二8.12
山室展弘さん8.04
辻栄蔵8.00

 例年の傾向からドリーム戦出場選手は勝率上位5人+施行者推薦1名(前年覇者とか地元有力株とか当地実績上位とか)と思われますが、この選出基準ならダービー初出場の徳増秀樹が秀樹感激のドリメン選出濃厚なのです。近況も3場所連続優勝で新期勝率も今のところ1位と、自称静岡で今最も乗れている男徳増秀樹、中洲天神で男になるチャンスたい。

平和島G3企業杯KIRINCUP2日目

 ダービードリメンも見えてきた炎で氷を溶かしてみせる情熱のジャガー徳増秀樹ですが、初日はまさかの6着2本。ということで今日1回乗りの10Rで巻き返したいところ。その徳増、3号艇4カドから捲りを決めて1Mトップターン。秀樹感激のシリーズ初1着で巻き返しへの第一歩。とお伝えしておきます。

 1マークの番人竜鯱まくり差しさん来場の余韻冷めやらぬ8Rにはドラゴンズブルーの4号艇Dragon dAsh森竜也が登場。162/345の進入隊形から4カドの近藤昌義が絞っていき、抵抗先マイのイン笠原亮(6.38しかないのに優先出走権のおかげでダービー出場)のターンミスを誘発したところで、近藤マッチの内を突いた5コースドラゴンダッシュ森竜也が竜鯱まくり差しでマッチを差しきり、シリーズ初の1着に。ドラゴン自体が人気薄なのか、はたまたマッチが人気薄なのか、はたまた初日メイン東京ベイ選抜を制した6号艇2コースの戸田天皇池上裕次が6着に敗れたからなのか。2連単は8340円、そして3連単は42890円の高配当。とお伝えしておきます。

 尚、平和島をいろどるメインビジュアル仲口博崇11R1回乗り。2コースからの差しで今シリーズ初の1着となって得点率トップ。とお伝えしておきます。

【今節限定サマータイムレースびわこ一般競走初日

 がんばれサムライブルーKIRINCUPには渡邊哲也下田哲也山田哲也と、3人の哲也が出場してますが、びわこの8Rに出場した999勝レーサー高山哲也が5号艇3コースから軽快に差しを決めて通算1000本目の1着となり、びわこで1000勝目のゆめを実現しました。

 1Rでは私的にゆめのカードが。親子ほど年が離れた16期1860黒石旦明61歳と96期4338白石佳江22歳がゆめの白黒直接対決。黒石佳江選抜(ちなみに白石健だと黒石健選抜)と勝手に命名しましたこの一戦、残念ながら1号艇イン42とドカ遅れの加恵パパはずぶずぶに捲られ、それでもBSでは3着争いに加わったものの終わってみれば5着、4号艇のびわ娘白石佳江は大外からただ外目を回っただけで見せ場無しの6着と、残念ながら下位ワンツーとなってしまいました。着順を逆から見たら自分の舟券も当たりということですね。ちなみに1着になったのは5号艇松浦勝、鮮やかな4カド捲りでの価値有る勝ちでした。そして2着には6号艇・微妙な判定工作ならお手の物な浪速乃闘拳協栄事務系レーサー金平久美子(1965年6月9日生まれ)、3着には3号艇・1954年6月9日生まれのミスター多摩川高橋四郎が入り、2着3着は共に6月9日生まれの選手が入線しています。そして4着の2号艇・艇界ヘビー級ランカー寺島和典、注目の初日体重は64.0kgでした。

 ちなみに初日メイン記者選抜戦愛知vs兵庫決戦は人気の1号艇伊藤誠二(愛知)がインから押し切り1着でしたが、ぶっちぎりの人気薄で実力でも数枚劣る格下の6号艇古結宏(優勝回数0回)が4コースからの捲り差しで2番手グループに食い込み、2Mを巧みに回って2着に入った結果2連単2420円3連単7740円となっています。
ちなみに古結は兵庫在住兵庫支部ですが大阪の私立北陽高校卒業なので王者松井繁の後輩です。

みくにプールの夏・1番の勝利者はムラッシュでシュ&王者祭余韻

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 梅雨が明けて真夏へスイッチ(動画)。三国プールの夏・一番の勝利者目指して水上はふみづき第3戦優勝戦です。1秒前、優勝戦のスタートがきられました☆
6号艇吉田光が2コースに入ってきますが、1枠Getで最短距離からVゴール狙います村田修次はインを守り、15トップスタートから速攻で逃げの体勢を固めて優勝のゴールイン。これで今年は4度目、通算では21度目の優勝です。当地では2度目のVゴールです。ムラッシュの次回斡旋は8月6日から江戸川さわやか杯です。
 そして3コースから捲り差した2号艇吉川昭男が2着に入り、5カド差した3号艇中尾誠が3着で2連単220円3連単490円は共に一番人気です。以上でございました。

【カレイなる海王者の舞いじゃ!】

 最強ロボダイオージャより強い最強ダコカイオージャ松井繁若松SGオーシャンカップを制してから一夜明け、自分は夜行バスを降りて直ぐに近くのネットカフェワイプ阪急梅田茶屋町口駅前店に入り、マッサージ椅子でご休憩しながら、昨日の3発(初めての1日複数エントリー)

魚藍亭と書いてぎょらん亭
ナツのメグミ、ナツの負グミ。
【時は金なり】マ・イケル海王者の行進が始まった!

にリンクタグと加筆を入れ、ついでに土曜のエントリー
OC準優平和島場外祭りヽ(゚∀゚)ノ&日曜は北九州市で2つの記念が!
も改行等修正して、書き終わった後はシャワー浴びて体が火照るFineな気分になってマターリしたところで王者の優勝を祝してたこ焼きを食べ、そして今更ながら王者の大村G2競艇祭優勝を祝してちゃんぽんを食べて新幹線に乗ったのでした。
で、王者のホームプール住之江で文月ラストの今日から1日フライングで開催されてる葉月たけなわ競走がデイレースだったら帰りを遅らせて行こうと思ったけど、ナイターだったので行きませんでした。次の日が休みじゃないとナイターは行きづらいのです。

 と、前置きが長くなりましたが本題はここから。実は王者は今年度からの賞金体系変更にご不満でして、こんなコメントが飛び出しています。

今のシステムではG1でコツコツ頑張っても意味がない。実力だけではどうにもならない状況だし、SGで一発狙いでいくわ。

 新たなる王者のご金言です。心して拝聴致しましょう。

【明日から平和島G3企業杯KIRINCUP

 平和島メインビジュアルを務める仲口博崇を始め、土曜日には電撃ネットワーク、日曜日にはキリンジョッキーズも来場する豪華メンバーのG3戦はWチャレンジ準優勝戦(予選上位12名が前後半2回の準優勝戦で激突。上位6名が優勝戦進出)という関東初の試みも行われます。
そんなG3戦の初日メイン東京ベイ選抜はご覧のメンバー、多分1-4でしょう。

1:徳増秀樹 2:池上裕次 3:服部幸男先生 4:ヒロタカマン 5:魚谷智之 6:横西奏恵

 選抜漏れしたA1選手としては今節選手代表川名稔を始め、SGレーサー笠原亮秋山直之秋山広一のW秋山、それに新美恵一金子龍介濱村美鹿子新井敏司名人といった辺りがいます。
 そして王者のSG優勝をお岩井!ということで王者永遠のライバルにして同期の盟友服部先生の他にも64期3415松井繁の同期連番、64期3414群馬の貴公子智様こと加瀬智宏(A2)や王者岩井繁(B1)も参戦です。

 王者絡み以外の見所は、渡邊哲也下田哲也山田哲也による勝負師伝説哲也サンマ戦に、初の平和島で見せるか自慢のケンゴスペシャル岡谷健吾のフレッシュな走りも見逃せません。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ