ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

SG

福岡SG全日本選手権準優勝戦は全て6コース頭の珍事

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡SG全日本選手権は5日目の競走水面。ファイナリスト6人の座を巡って3つの準優勝戦が行われました。ボート界の精鋭陣が一進一退のエキサイティングな攻防を展開致しました。
 福岡支部のエース・艇王植木通彦が1号艇で、3連単4億910万6200円2連単5777万900円を売り上げた準優勝戦最初のカード準優10Rは、植木は5号艇のアタック敏ちゃん大場敏の前付け2コースによる深インをものともせずイン02トップスタートを決めましたが、2号艇3コース・遠州三羽烏の武闘派坪井康晴の捲り差しを貰って僅差ながら2番手。
1M後方では大場か振り込んだ影響で差し構えだった3号艇4コース井口佳典と4号艇5コース藤丸光一選手代表が不利を受けており、大外単騎の捲り差しからもつれ合い現場の上を通って難を逃れた6号艇魚谷智之が3番手につけています。
2Mで植木は差しを入れてつぼイに舳先を入れようとしますが、つぼイは締め込み2周1M先マイ体勢。しかしここで植木は強引につぼイに舳先を入れて突進の先マイ(動画)。そして両者大競りとなって流れたところを魚谷がごっつぁんで〜すと2艇まとめて差しきり大どんでん返しの1着。魚谷だけに魚夫の利とはこれいかに。
優出よりも1着を優先して冷静さを欠いた植木にドーンとやられたつぼイは3番手に落ちましたが、つぼイもラフ戦法はお手の物。やられたらやり返せの心意気で2周2Mで植木にドーンと突進して植木を抜き返し2番手浮上。結果兵庫の魚谷と静岡のつぼイが優出であります。

 3連単4億488万6600円2連単5196万5400円と10Rより少ない売上だった準優11Rは1246/35の進入から3号艇・銀河系軍団の優等生田村隆信が5カド15トップスタートを放ち絞り捲りに行き、見事捲りきり先頭に立ちますが絞った際に4コースの仲口博崇が落水(動画)であります。
田村の捲りに大外捲り差しで続いた5号艇・ミスターヘラクレス吉川元浩が2番手につけ、インからくるりと運んで粘る1号艇重野哲之を2M全速で振り切って単独2番手を確保したところで、先頭の田村にヒロタカマン落水の責任を取らされ妨害失格の宣告が出て吉川がめぐ麻Re:で1着。重野が2着に入った結果ここも兵庫と静岡が優出であります。そして地元九州勢はここで全滅であります。

 豪華メンバーで3連単5億4558万6400円2連単6903万2800円を売り上げた準優12Rは6号艇三嶌誠司が前付けして126/345となり、2コース作間章と3コースの三嶌が凹む展開を利して3号艇・笑いのツボより展開のツボを捕らえたい湯川浩司が4カド捲りに行きますがイン11トップスタートの中村有裕はこれをゆうゆう受け止め湯川の華はここで終わりであります。ところで、天神でゆうゆう窓口といったら福岡中央郵便局で、湯川の華といったら競艇場近くの天神ゆの華ですね。
でも中村ゆうゆう逃げ切りとまでは行かず、同県の湯川が捲った展開を利してキルトクール艇だった5号艇6コース・エンジン納得の急上昇、ここは貫禄発揮であります王者松井繁が大外から狙い澄ました捲り差しで突き抜ける王者の舞いで1着。ゆうゆう逃げ切りとならなかった中村有裕は2着でした。この結果、準優3つ全て6コース艇が1着となりました。
福岡ダービー2連単7020円



 関西vs静岡にして阪神vs○○湖になった優勝戦はこんな枠順に。誰が勝っても初めてのダービージャケットです。

1:王者 2:ゲンコー 3:魚民 4:ゅぅゅぅ 5:重野 6:つぼイ

 準優で全て大外が勝った結果、準優5号艇ながら幸運にも1号艇を手に入れた王者が年下5人を相手に年の功を見せつつ、捲られ飛んだ9月の当地G1福岡チャンピオンカップ準優12Rのリベンジを果たすのか、準優で王者に差されるもインコース以外でSGを取る大チャンス(年頭目標はインコース以外でG1を取ること)が巡ってきて、むしろ「インコース以外でSGを獲れるチャンスが巡ってきたので、めちゃくちゃ楽しみです」とがむしゃら度が増した中村有裕が4カド戦でゆうゆう勝利を収めるのか、それとも兵庫と静岡がこの両者を負かしてダービー王の座を勝ち取るのか、見所沢山ですね。

 ところで、今夜のJLCでOAされたSG全日本選手権展望番組にゲスト出演した広島のハンカチ王子亀本勇樹によると、海外旅行が趣味の山室展弘さんはタイへよく行くとのこと。山室さんといえばもうひとつ意外な顔があってプロゴルファーすし石垣キャディを務めたことがあります。

 ここで宣伝。SG全日本選手権優勝戦は東京G1天皇賞(秋)と共にギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースであります。
そしてSG全日本選手権最終日K-BATTLEの対象レース、天皇賞は★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★の対象レースでもあります。皆さん、奮って参加しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★


徳山4日目

 昨日の8Rで2号艇野長瀬正孝がイン42スタートと後手を踏み、4号艇杉江浩明の4カド捲りを貰いながらも2M差しで杉江を逆転、のながせ通算1000回目の1着という明るい話題がありましたが今日は別の話題。
 7Rで2コースから飛び出していった2号艇田上晋六、捲って先頭に立ったところで今期3本目のフライング(+06)は、直外の西和則(+01)を巻き添えにしてのフライングです。
 F3田上はここ5年で2度目のF3キャリアで、前回は2003年前期(2002年5月1日〜2002年10月31日)。4年ぶりにF3をやらかしてしまいました。

【悠仁親王御誕生慶祝キルトクール&紀子・ルーレイロさま】

 悠仁親王御誕生慶祝G1天皇賞(秋)のキルトクールはアドマイヤムーン。父こそ違えどアドマイヤキッスとキャラクターが被る馬で、印象は典型的なトライアルホース。
実際、同距離の中山G1皐月賞では完敗の4着と大舞台での甘さを既に見せている。よってキルトクール。

 話変わって、悠仁親王御誕生慶祝といえば流麗なギタリストキコ・ルーレイロさまを擁するブラジルのNo.1バンドANGRAが今週水曜に新作AURORA CONSURGENSを発売しました。今回は紀子さまのギターが前面に出たギターオリエンテッドな作風になっていて紀子さまファンは悶絶必至。自分もこのアルバムは現時点で今年の最優秀HR/HM作品です。
 そんな訳で、今日は江戸川競艇場に行ってきた後、YODOBASHI AKIBAで紀子さまに加え、イタリアの至宝RHAPSODY OF FIRE/TRIUMPH OR AGONYASIAの至宝WETTON・DOWNES/ICON-RUBICONも購入してきました。
悠仁親王御誕生慶祝「ANGRA/AURORA CONSURGENS」

SG全日本選手権予選1位はゆうゆうよゆうの走りで中村有裕!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡SG全日本選手権は4日目の競走水面。昨日まで4走33点と得点率4位で上位をゆうゆう快走だった中村有裕
 そんな中村有裕、準優進出へは5着2本とよゆうの立場でしたが、SGレーサーとなり艇界の銘柄選手に成長したゆうゆうですからあくまでもがむしゃらです。まず、1号艇作間章がイン戦決めて1着になった6Rでは4カドから差して2コース順走の菊地孝平と2番手を争い、1周2Mでは外全速の菊地に対して内で慎重に回って引き波を乗り越え応戦。そして2周1Mで内から菊地を牽制することに成功して一気に突き放して2着に入り、確かな捌き技を披露。
 次いで10Rは3コース18トップスタートから絞り捲りを放ち、かかりの効いた鋭角ターンで旋回半径を小さくし、差しを許さない圧巻の走りで1着と、同レース出走メンバー中断然の旋回技術&旋回速度(動画)を披露。 
 10Rの勝利者インタビューでは「(2年前のダービーは)成績もボロボロでしたけど、あれは凄い糧になっていますね。ファンの声援が何より大きな力です。残り2日間精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします。」と2年前の屈辱が原動力になってることをコメントしてます。ちなみに指定した相手への通話料が最大30%割引になるゆうゆうコールは月額189円ですが、ゆうゆうへの応援コールと元気玉はプライスレス。

 ここでちょっと話題を変えて、昨日まで予選1位だった重野哲之12R6号艇1回乗りと非常に苦しい番組に組まれましたが、大外から差した重野は3着ゴールと試練を手堅くクリア。しかし予選1位通過を果たす為には2着以上が必要で、重野は僅かの差で予選2位に陥落。激しい得点率争いを制したのはドリーム戦3着の9点が最後の最後で効いた中村有裕でした。

 ここで10R勝利者インタビューからの話題に戻りますが、エース機宝の持ち腐れにした2年前の当地SG全日本選手権以降、屈辱をバネにがむしゃらな活躍で1回りも2回りも強くなり、G1江戸川モーターボート大賞桐生SGモーターボート記念を獲得して艇界を代表するSGレーサーとなって福岡ダービーに帰ってきた中村有裕。そして力をつけた分がそのまま今回の成績となって反映されてますね。しかも予選1位に全く違和感が無いという辺りに超一流SGレーサーならではの風格を感じます。ということで準優12R1号艇のゆうゆうは優勝への最短距離にいます。おそらく準優でゆうゆうを捲れる選手は誰もいないでしょうからターン漏れさえ気を付ければ優勝戦1号艇が待ってるのです。

 ところで、コメント欄で気軽に参加できるK-BATTLEの「競艇ダービー ○○さんに全部」、ルール詳細はこちらです。奮って参加しましょう。

桐生三栄書房杯優勝戦

 競艇マクールニューモデル速報で知られる三栄書房のタイトル戦は埼玉の新鋭濱崎直矢が1号艇でデビュー初優勝を狙いましたが、戸田巧者の鎌田義が2コース04トップスタートからカマギーの握ってナンボ!ということで捲りを放って濱崎の夢を打ち砕き、通算16回目の優勝。3コースから捲り差しで続いた安田政彦が2M捌いて抜け出し2着を取りきり、第1回三栄書房杯は兵庫ワンツーになりました。

蒲郡ヤクルト杯蒲郡菊花ナイト特別3日目

 グリーンホール無料化、中継カメラアングルの変更等いろいろな変わり目となった今節、1号艇川北浩貴が逃げて1着になり準優勝負駆けを成功させた7Rに続く8Rで、準優進出へは1着条件だった深井利寿が2コース15トップスタートから冷静に引いて差して回り、イン山田豊の舳先へ送り込まれて差しが届いた深井は山田を差しきり1着となり、爽快に勝負駆け成功と共に愉快痛快な同支部ワンツーも成功させています。

 ところで、明日の準優11R1号艇で予選得点率1位の市川哲也と6号艇で18位滑り込みの志道吉和が共に出走した今日の一般特賞10R
4カドの志道が絞っていき、インのテチャーンが抵抗したところテチャーンが派手に振り込み(動画)。テチャーンはあわや転覆という状態になり、志道も煽りを受けましたがこのレースは一般レースの為、予選得点率の対象外。両名共に救われた格好になりました。

【武蔵野吸わんステークスキルトクール】

 Winnyを始めとするニッポンハム商品を食べると的中に近づきそうなG3東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスのキルトクールはタイキエニグマ。この馬のベストは府中の場合1400mと思われるので今回の1600mは苦しいとみてキルトクール。
ところで、初ダートのフサイチリシャールは自身の名前を冠した川崎G1フサイチネットJBCマイルではなく弱メンのこっちに出てきましたね。飛ぶか来るか両極端な結果になることでしょうが、少なくとも砂を恐がる気性でダート適性0が明らかだったアエローザよりは上でしょう。

 京都G2毎日放送賞スワンステークスのキルトクールはタガノバスティーユ。1200mがベストの馬で、1400mは苦しいとみてキルトクール。

【SGリレーナイター】

 今日は出張引受で朝から新習志野のティーエルロジコムで運送記を発行してましたよ。で、新習志野といえばピンとくる人もいるでしょうが、新習志野といえば先月27日にオープンしたボートピア習志野の最寄り駅ですよ。出先はBPから徒歩15分くらいのところにあるので17時半に全便出し終わったら、もちろんBPに直行しましたよ。
 着いた時には桐生と蒲郡のナイターを発売中で、蒲郡7Rから参戦しました。場内は前回行った時より明らかに人が多く、朝からいたと思われる客層に加えて、ナイター目当ての背広姿もちらほらいました。
そして前回より入ってると一番実感したのが、在席投票席茜倶楽部の個室が完売!倶楽部内はオープンルームのソファーが残ってただけでした。ということでお目当てのシングルに入れなかったので今回は一般席で。今月一杯無料開放の2Fあかねビジョンを主なポジションにして最終までいました。で、感想としては2Fは無料だったら机と簡易リクライニング椅子があっていいけど、800円払うとなると椅子がビジネスライクな作りでモニターも無く、足元も窮屈なので割高感があります。2Fは500円以下の価格なら払っていいかなという設備ですね。3Fの指定席とは大差があります。ちなみに1Fは椅子がしょぼいのと大型モニターを見上げる形になって目が疲れるので長時間の滞在には辛いという欠点があります。習志野の大型モニターは見上げるより見下ろす方が断然見やすいです。ということで改めてBP習志野のお薦めは3F茜倶楽部のシングル席(2人の時はペア席)ですね。17時以降の1500円は文句なしにお得ですし、通しの4000円でも払う価値はありです。

 ところで、今日は東京支部7選手サイン会が14時からあったようで、自分は仕事中なので行けませんでしたが中野次郎を始め、池田雷太支部長、福島勇樹王子様、野澤大二吉田宗弘福来剛梶野学志が出場予定となってました。都合による変更が無ければこの7人が来場したものと思われます。
 ちなみに土日のイベントはお母ちゃんありがとうキャンペーンです。土曜は15時から、日曜は17時から先着500名様に生活雑貨がプレゼントされます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ