ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

bjリーグ

【basketball japan】bjリーグライジング福岡杯クマーン【bear japan】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ( ・(ェ)・)<福岡競艇で5日から始まったbjリーグライジング福岡(球団代表山本華世)のタイトル戦ライジング福岡杯は本日最終日。初日にはライジング福岡選手イベントも行われ、平和島東京アパッチ選手イベントびわこ滋賀レイクスターズ選手イベント同様、競艇ファンにプロバスケットリーグbjリーグの存在をアピール。実際、自分も平和島のイベントをきっかけにbjリーグを知りました。

 昨日の準優3つを振り返ると、10Rこそ1号艇熊谷直樹Tokyo bay pirates)がすんなり勝ち4号艇一瀬明(Tokyo bay pirates)が4カド捲り差し不発も2M差しで2着に入るベイパワンツーになったものの、11Rは5号艇関忠志の前付けにより1号艇中尾誠が枠を主張しかけるも結局2コースになる波乱。
 中尾はセキチューを捲りきって先頭に立つものの、2周2Mで中尾は3号艇菊池峰晴が4号艇平岡重典に押っつける展開に巻き込まれ3艇接触、菊池は選手責任転覆になったものの中尾と平岡は着順そのままで無事完走(動画)。しかし本当の波乱はレース後に用意されていて、節間オール2連対の中尾は待機行動違反で賞典除外になる大波乱。
 そして最後の12Rは1号艇の博多ん大将藤丸光一(今節選手代表)が2号艇の戸田天皇池上裕次から2コース捲りを貰って4着に敗れる波乱。

 かくして、準優1号艇で唯一生き残ったクマさんが1号艇の白クマになった優勝戦は枠なり123/456でスタートしました優勝戦の第12R。白クマが04トップスタートを決め込んで行きまして、3号艇渡邊伸太郎の捲り差しを振りきりまして2006年10月ときめきフェスタ福岡応援レース以来となる当地連続Vにして通算58回目の優勝。今年はV3で前回Vは6月の鳴門G3企業杯オロナミンCカップ、そして前々回Vは2月3日の2008年江戸川最終開催日本モーターボート選手会会長賞栄三おじいちゃん生誕86周年記念レース動画)です。
江戸川優勝時の熊谷直樹


【ベイのムラッシュと住之江の繁】

 今夜は横浜ベイのムラッシュこと村田修一(福岡県糟屋郡篠栗町出身)が45号逆転3ランを打って岡田彰布率いる阪神再逆転Vの夢を打ち砕き、大牟田に生まれ相模で育った永遠の若大将・ミスターエイトマン原辰徳率いる東京読売巨人軍の優勝に貢献、自身の2年連続ホームラン王にも大きく近づいた一発となりました。ちなみに今夜の原ちゃんは大阪市住之江区育ちの先代エイトマン高田繁率いるヤクルトに勝利後ベイvs虎の結果待ち状態で、旧名朴貴浩選手がライトフライに倒れてベイが勝利した後に胴上げ。
 以上のようにムラッシュのターンが炸裂した横浜ベイでありましたが、本日3日目の桐生G3企業杯サッポロビールカップには東京ベイのムラッシュこと村田修次(八王子市出身)が出場中。2日目まで(233)の着順と着外は無いとはいえピン無しで長打力に欠ける成績でしたが、本日は8R6号艇と12Rサッポロ麦とホップ競走1号艇。
 6号艇の8Rは351/642の4カドから捲り差しで2着に入り、6号艇として悪くない内容でしたが、1号艇の12Rは124/635のイン戦も、巨人ファンを公言する2号艇西村勝にあっさり差されてしまい敗退。2番差しの6号艇今村暢孝にも差されてしまいますが、今村に対しては2M差し返して結局2走共2着。予選通過は問題無さそうですが、1号艇で煮詰めすぎた麦のような苦汁を飲んで敗れたのは非常に物足りないところです。

 野球の話に戻りますが、開幕カードで相模の原ちゃんを圧倒して読売開幕5連敗のきっかけを作ったはずの住之江の繁が終わってみればセ界ふしぎ発見!な13ゲーム差をひっくり返すメークレジェンドを実現した原ちゃん奇跡の胴上げを見せられてしまった…前に巨人優勝の瞬間を見届けることなく、「グライシンガーにやられたね」のコメントを残し、試合が終わるとすぐ帰路についた住之江の繁です。
 そんな本日は、讃州丸亀もとい3周丸亀のSG全日本選手権3日目12Rで1号艇だった王者松井繁(大阪)がフライング(返還金額2億6193万9500円・当該レース残売上878万4400円・1日総売上はG1並みの12億9692万6600円)。
 レースは枠なり3vs3の進入から逃げる王者に対し3号艇坪井康晴の捲り差しが入りますが、王者も先頭のつボイも共に+02の凸者スタートでフライング。王者は関西大学北陽高校の出身ですが、その先輩である岡田監督ともども踏んだり蹴ったりの1日になりましたね。

【常滑G1】無事故完走トリオ集団F+アパッチバスケ軍【平和島】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 常滑競艇開設55周年記念競走、2008年度のG1マーメイドグランプリは本日予選最終日の4日目。今年3月の前年度54周年は5日目に現地参戦しましたが、今年は行かず。ですが、夕食は矢場とん東京銀座店でみそカツ丼を食べて気分だけは愛知。
 ドリーム戦を制するなど4戦3勝3着1本の成績で3日目までのシリーズリーダーだった坪井康晴5R5号艇と9R2号艇で登場。
 5号艇の5Rは123/564の4カドになるも41ドカ凹みつボイ金太まげたスタート。しかし、08トップスタートの1号艇柳沢一が14スタート強つけまいの3号艇中村有裕(1979年9月21日生まれ)を張りに行って共倒れになる等他艇がことごとくターンマークを外す旋回をする中、ツボにはまってバッチ・グ〜な小回りを見せたつボイが差し抜けシリーズ4本目の1着ゴール(動画)。
 この勢いで2号艇の9Rも1号艇原田秀弥のインを2コースから楽に差しきりシリーズ5勝目にして4連勝となる1着ゴール。ノリに乗ってるつボイはもちろん予選1位通過。

 とこなめ競艇チルト+3度解禁初節の目玉として参戦中の阿波勝哉は前半4R6号艇4着に敗れ、11R1号艇は1着勝負駆け。展示航走で4号艇福島勇樹王子が転覆して欠場、5艇立てになった本番は3号艇原田幸哉(無事故当確)がインに入って2号艇新田雄史(無事故当確)が2コース、5号艇白井英治(無事故当確)は3カドを選択した32/561の並び。しかし、「むぉ〜とっと、これはぁ〜きわどい〜ぞぉ〜(動画」とヤバいスタートで、差して先頭の新田(+02)を始め、+01の原口と+03の白井がフライングで無事故当確は水の泡にトンでしまいました。3人は浜名湖SG競艇王チャレンジカップ(11月25日〜30日)と下関G1競帝王決定戦(12月4日〜9日)がF休みになります。今節のFは初日10R1号艇の大嶋一也(今節選手代表)以来ですが、その時も阿波と白井の名が。
 6号艇中尾誠を叩いての差しで2番手争いに加わっていた阿波は中尾と同じ06スタートで生き残り、恵まれながらシリーズ2本目の1着で勝負駆け成功。まあメイドグランプリの公開勝利者インタビューでは終盤2個レースのプレゼンターを務めた夏目ナナから祝福されました。
 ちなみに、この11Rで当確選手が3人消えた事で繰り上がりの予選突破を決めたのは得点率5.83の佐藤大介太田和美、そして5.80の魚谷智之です。

【アパッチバスケ軍+高部i-mode】

北スタンドの閉鎖について 上記のまあメイドグランプリはスポーツニッポンゴールデンカップ2日目併用開催中の平和島競艇場(入場4930人)で見たのですが、昨日BOAT親父ぶろぐさんを見て知った情報が1M寄り北スタンドの閉鎖。9月30日からの次節日刊スポーツ旗が北スタンドの使い納めになります。ちなみに北スタンド3Fの売場は既に閉鎖されております。

 そんな東京ベイ平和島では東尾修社長率いるプロバスケットボールbjリーグ東京アパッチのイベントが。アパッチバスケ軍からは岩佐潤仲摩純平仲西翔自の3選手が参加。初代ミス週プレグランプリ高部あいも出演してフリースローを披露するなど花を添えました。
 競艇とバスケのコラボはびわこ競艇でも行われており、bjリーグ滋賀レイクスターズが8月のびわこ競艇ファミリーカーニバルに出演したりお笑い新鋭王座決定戦の審査員をしたりとコラボしてます。そして極めつけは来月29日から滋賀レイクスターズカップ競走の開催です。更には福岡競艇でも来月5日からbjリーグライジング福岡のタイトル戦ライジング福岡杯が開催されます。
アパッチバスケ軍with高部あい

 さて、今日はあいにくの雨でしたが今節は雨宮昌一(あめみやまさかず)が出場中。1号艇で出場の5Rは5号艇齋藤智裕(さいとうともひろ)と6号艇幸田智裕(こうだちひろ)を相手に枠なり3vs3のインから12スタートを決め、2号艇竹内尉宏(たけうちやすひろ)が24と凹んで絶好の捲り差し展開になった3号艇沖口幸栄(おきぐちゆきひさ)の追撃を振りきり、1着率が低く苦手傾向のイン戦で見事1着。6号艇で登場した12Rは大外捲り差し届かずの4番手も、2周2Mで1号艇中村裕将が3号艇宮迫暢彦に突進して飛ばした展開を突いて3着に上がるラッキーな内容で、雨の日に2走とも舟券絡み成功。
 尚、5Rの4号艇松村敏は3番手争いを演じた3周1Mで外を回ったところ出口でウイリー(動画)。あわやの場面ですが無事着地して完走、後半10Rでは3号艇4カド捲りから2M差しでシリーズ初勝利を挙げてます。

蒲郡トトまるナイト特別優勝戦

 秋雨前線真っ只中の蒲郡トトまるナイト特別は152/436の進入から森秋光が13トップスタートの速攻で押し切り、「後輩の面倒にも尽力を尽くす岡山のプロペラ研究家。近況はペラよりも、なにかレースに集中している感があると道中も攻めに追い上げ、その印象づける走りを存分に披露しました(動画)。」と今年2回目・通算47回目の優勝
 後続は1Mの初動で2号艇遠藤晃司が振り込んで選手責任のエンスト失格、順走の5号艇西田靖と外マイの3号艇藤田竜弘で2番手接戦になり、2番差しから外へ持ち出した4号艇吉永則雄を西田が牽制しに行ったのに対し、BS一番外の藤田は艇を伸ばして一気に2艇を叩いて2Mを先行。最初の1Mで遠藤と接触しそうになる場面もあった藤田ですが、無事に外を通り抜け2着争いに競り勝ってます。尚、3着は2Mでやすしを差しきったのりお。

 尚、森秋光の前に11R選抜戦では森弘行が1号艇。162/345のイン戦も3号艇藤原輝吉のカド捲りを貰い、輝吉マークの捲り差しで1着になった4号艇中谷有希にも捲られで3番手だった森弘行ですが、3周2Mで「3号艇きゃびてぇえ〜しょ〜おん!(動画」と輝吉がやらかした間に内を回って逆転2着。

唐津G3企業杯酒の聚楽太閤杯初日

 銘酒・聚楽太閤を製造する鳴滝酒造の企業杯酒の聚楽太閤杯は今日から金曜日までの開催。今年3月に行われた昨年度は同開催で田中美洋アナが引退、4月には上野名物聚楽台が老朽化で閉店と、今年度までの半年間には聚楽にまつわる区切りの出来事もありました。

 さて、今年2月住之江G1太閤賞覇者の3号艇吉川元浩を始めとする豪華な面々が揃った初日メインドリーム戦は進入隊形3vs3でインコースから123/465の並びです。スタートしました。08トップスタートを決めた1号艇西島義則がイン速攻から吉川の捲り差しを振りきって1着。尚、前走地G1福岡チャンピオンカップで記念初Vを果たした4号艇飯山泰は1M→2Mと差して3番手争いを優位に進め、2周1M先取りで3着を取りきりました。
聚楽台50年間のご愛顧ありがとうございました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ